広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

MATT
現在マニラと大阪を行き来し、将来カビテの自宅で 年金生活を夢見る。時空の旅人
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2012年10月28日
2012.7.7~奇跡の島(ボホール島)


昨夜から降り始めた。寒い雨降る鹿児島県姶良市です。
今日は、早くブログをUPして、一週間分の食料を買出しに行ってきます。

ロボック河観光から、次に【 角刈り君=ドライバー 】 が連れて来てくれた処が、
この海岸沿いに、ひっそり佇む、フィリピンでも最も古い、キリスト教会の一つである
《 バクラヨン教会 》

1595年、キリスト宣教の為、スペイン人によって建てられた世界遺産 的 教会

アジア諸国には、仏教寺院、イスラム教モスク、・・などの古い建造物は在るが、
1500年代の古いキリスト教建造物が在るのは、フィリピンだけです。


大航海時代のスペインは航路の重要拠点で有るフィリピンに力を注いだ。時代の副産物?

《写真=教会中庭》
敬謙なカトリック教徒の嫁は、ロボック河観覧船のバカップル事件の時とは大変身18禁
教会内では、マリア様か天使の様です。・・・どちらも嫁ですガ?変身力凄い!ブル・ブル・

2012年10月21日
2012.7.7~奇跡の島(ボホール島)




前回の続き、フィリピン人バカップル(6人組)の穴=尻で俺たち夫婦がブチキレタ話

桟橋から船に乗ると同時に、バイキングスタイルの昼食をする。船の中央(写真左側)には
料理を並べた大きなテーブルが有り、チキン・豚肉・牛肉・魚・野菜料理各種類、フルーツ類
などがテーブルを賑わしている。各人好みの料理を皿に取り、席に付く頃には、船は桟橋を
離れ川面を進んでいる。


食事を楽しみながら川岸の風景を遊覧する。食事が始まって30〜40分位した頃、船は進行方向右の
川岸に着く、其処は民族舞踊と音楽を船上からも楽しめ、土産物も岸辺に降り買う事が出来る場所に
到着、(残念ながら写真は美味い食事に夢中で忘れました。困ったやっぱりアホでしょ〜)20分位停留し
再び、ロボック河遊覧に出発します。船ドキドキ大

船内でも、ギター・ベース・ドラムの4人バンドが演奏を始めた。食事も雰囲気も最高〜〜やんか。
その時、乗客から「ホール、〃」の歓声!俺は「何、滝?」と思わず振り返った。ゲェ〜滝と言えば滝?
河の段差と言えば段差!の様な、メッチャ小さい滝、皆が認めた滝!だから立派な滝です。落ち込みラブ乾杯
我々夫婦は船首部分のこの場所で食事をし、風景を観覧し、会話を楽しんだ。全ての客は席に着き、
立ってウロウロしないが、ただ首記のフィリピン人バカップル2名は別だ!女はデジカメ、男は
ビデオ・カメラで
人の迷惑顧みず、金持ち風の優越感を撒き散らし転移していたが、
いよいよ、此方に来た拍手男の後を女が続き来た。嫁の後を通る時、男女の腰が、嫁の頭髪に
接触したが謝罪も無い、バカップルはそのまま俺と嫁の狭い空間に入り込み俺が嫁の方向を見ると
鼻先にバカ男の臭い肛門が其処に有る〓その瞬間、嫁の止める間も無く、俺はブチキレ男の穴に
グーで軽くパンチを当て、立ち上がりながら「コラ!オンドリャ〜ええかげんにせ〜嫁の頭に穴当って
も謝らんし、今度は俺の顔に臭いケツ向けやがってシバクゾ〜」は身振り手振りの日本語で捲し立て
最後はやっと浮んだメチャクチャ英語で『ユー!ハブノット、コモンセンサス』この英語が通じたのか?
俺の鬼の形相に恐れたのか?男は「ソリーオオ〜ソリ〜」と帰る方向に引き返した時、バカ女が
「チェ!」の言葉を発して帰ったが。今度は嫁が女の「チェ!」の言葉にブチキレタ〓真打登場拍手
嫁はスグサマ追いかける様に彼ら6人の席に行き捲し立てている。(俺は身構えて様子を静観)
やがて、嫁の凱旋報告では、嫁「あなた達、何故あの日本人(俺)怒るか判るでしょ!
日本人は常識には厳しいし、怒られた後「チェ!」の態度は何?反省するのが普通でしょ?・・・」
の説教を・・学校の女教師の様に・・凛とした態度で!(俺の観察での感じ)して来た。
との事で
バカップル全員から、「ソリー」をもらったとの報告イタダキマシタ!星三つデス!拍手
やっぱり、力こぶ力こぶ力こぶ すごいわ〜嫁!ラブ宇宙人

2012年10月14日
2012.7.7~奇跡のボホール島




鹿児島県姶良市の昨今は、朝晩、少しずつ寒く成って来ました。この季節から益々常夏
フィリピンが懐かしくなる。・・・・さァ〜〜・ラブでは、懐かしいP国、ロボック河遊覧に出発

此処で遊覧船(バイキング食事)のチケットを買い、右方向の船着場に向う、この日、
我々と同じ遊覧船に乗る人々の中には、日本人観光客も2〜3組(いずれも4,5人組)いた。
フィリピン国内を旅行している時に東洋人的(中国、韓国)顔形に出くわすと、つい身構えるが
日本人と判ると『ホットする。』、日本人は大体、節度、常識が有り、何より静か(シャイ)だ。
アウトバカ中国人&アウト祖チン韓国人が居ない遊覧船ウインク 楽しく成りそ〜だ!ドキドキ小ドキドキ小


船は既に乗船位置に停泊し、前乗船客を降ろしている間に、少し河の風景を カメラ 撮影

雨季のこの期間は河の色も、茶色く濁ってる。泳ぐ ・・が、・・ど〜も、季節関係無いみたい?
既に、マニラの河は季節関係無く濁っているがァ〜うんち〓・・・自然環境を大切に・・・祈り!拍手


対岸には、一度泊まってみたい感じの可愛いホテル
写真手前の、この屋根の船で出発したのだが?・・首記で記した。中国人&韓国人に関係無く、
今度はフィリピン人、バカップル(6人組)に、** 俺&嫁がブチキレタはさみ この旅行で唯一、
頭に来た 《 ケツ=穴=尻=沢尻エリカ=でん部=糞の蛇口の有る肉の塊 》・・事件
次回に、UPします。・・・カミング・ス〜〜ンドキドキ大ウインク

2012年10月07日
2012.7.7~奇跡の島(ボホール島)




チョコレート・ヒル観光を終え、次の観光は嫁&友人ガイドの希望=ロボック河遊覧へ向う船

チョコレート・ヒルから国道をロボック河遊覧船着場に向う途中の道路にはフィリピン特有の
高いヤシの木やマンゴーの大木の風景が多いが、途中には、日本国内の田舎で観た林道
に似た風景に出会う。心安らぐ風景に興味が湧きドライバーに頼み車を停車し、車外に降り
周囲の林を見渡し、少しヒンヤリとした空気を大きく吸っていると、角刈り君=ドライバーも
車から降り、オレの横に立った、俺は心の中で 「おお〜君にも、この風景の好さが解る
のか〜笑顔」 ・・・角刈り君の言った言葉は、「CR=トイレットうんち、ヂィト=ココ、OK」
旅番組の俳優気分も、吹っ飛びロケット 俺=「ノ〜、サンキュ〜」心で「バカ・アホンダラ」メガホン宇宙人

教訓=フィリピン人と付き合うには覚悟が必要だ〜〜あァ〜


その名脇役ドライバー角刈君がロボック船着場到着前に連れて来てくれたのが、この吊橋
竹製吊り橋!・・嫁も俺も高所恐怖症。〓 『ドライバー君有難う、色々やってくれるネ〜』 〓


嫁が途中まで行った処で、俺は、思いっ切り橋を揺すってみました。幽霊 嫁の悲痛な叫びは
『バカ日本人なにしてる〜・・私も貴方に、やるよ〜』 〓 「げ〜倍ズケ逆襲か?」
嫁に無理やり取らされたポーズ、この直後、何が有ったか?聡明な皆様は想像つくでしょう。
期待どうりでした。俺はその時、頭の中で、中森明菜の歌が駆け回っていました。走る走る走る
《 揺〜すり、 ユ〜スラレテ、 カーニバル、・・・アモ〜レ〜》〓

ここがロボック河遊覧船の食事付きのチィケット売り場、まず好みの食事を選ぶ売店が、5,6軒
在り、食事のスタイルで船も違う様だ!我々は到着時より一番早く出発する、バイキング食事
スタイル船のチケット(1P≒P1000)を買った。次回はロボック遊覧模様デ〜ス船


×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。