管理人おすすめゲーム集

<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事

広告

posted by fanblog

2018年04月30日

鋼の錬金術師のホムンクルスたちの最後が割と凄まじい件について

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)13:53:48 ID:ZTy

色欲→最も醜い死に方とされる焼死
暴食→食べられて死亡
嫉妬→人間に嫉妬してることを理解され、自死
怠慢→生きることすら面倒臭いと言いながら死亡
憤怒→爽やかな笑顔(=憤怒の真逆)で死亡
強欲→何もいらねぇや…と思いながら死亡
傲慢→ホムンクルスのプライドを捨てたことを指摘され敗北

この因果凄くない?



〜ネットの反応(一部)〜



7: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)14:02:05 ID:0y2

私の城に入るのになぜ裏から入らないといけないのかねみたいなセリフすこ


8: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)14:04:30 ID:F85

ラースは太陽教イシュヴァールを弾圧してたけど
最後は太陽の光に目をやられて太陽教の生き残りにトドメさされるっていう


11: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)14:50:39 ID:ZTy

>>8
ここええよな。
裁かれるとしたら神ではなく人間だろうみたいなセリフも生きてきてるしその後の死に様も素晴らしかった。
敵キャラで一番好きや


12: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)14:53:23 ID:ZTy

解説していくで。
色欲
ホムンクルスである色欲のラストと焔の錬金術師ロイ・マスタングとの戦いで、マスタングが圧倒的に火力でラストを追い詰めた。
最終的なラストの死に様は肉が焦げ、骸骨となるものであり、色欲を象徴する美貌からはかけ離れたものであった。


14: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)14:55:50 ID:ZTy

暴食
ほとんど食べることしか考えていないホムンクルスのグラトニー。普段からセリフはお腹すいた、食べていい?ばかりであった。人も木も合成獣も食べ尽くす暴食、グラトニーの最期は味方のホムンクルスであるはずのプライドに食べられてしまうのであった。


15: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)14:57:12 ID:5dB

皮肉きいててええよな


16: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)14:57:36 ID:ZTy

嫉妬
嫉妬のエンヴィーはやたら人間を小馬鹿にし、下に見る節があった。その理由は弱くても立ち上がる人間の強さに嫉妬しているからであったのだ。それをエドに見抜かれたエンヴィーは自ら死を選ぶのであった。


18: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)14:58:15 ID:r3T

あれは良くできた漫画だった
アニメ一期の方が好きやったけど


20: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)14:58:51 ID:WNI

エンヴィーの最期が一番それっぽかったわね
エンヴィーの目玉に炎打ち込むシーンすこ


21: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:00:37 ID:ZTy

怠慢
怠慢のスロウスは「めんどくせぇ」が口癖であり、仕事するのも、本気を出すのも、やられるのも面倒くさがる。最終的に敗れることになるのだが、その時のスロウスのセリフは「生きることもめんどくせぇ」であった。彼は怠惰のままに生き、怠惰のまま死んでいくのであった。


22: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:01:38 ID:r3T

ホムンクルスって元になった姿と人格ってあったっけ


27: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:07:21 ID:WNI

>>22
一期やな
グラトニー以外あったはずや


41: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:24:57 ID:ZTy

>>40
エンヴィーとプライドは元の姿がある。
ラスト、グラトニー、スロウスの元の姿は本編中には明示されんかったな。死んだり、賢者の石消費しても元の姿には戻らなかったから、そもそも元の姿がないのかもしれんな。


43: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:26:31 ID:r3T

>>41
はえ〜
もし元の人がおるならその人生描くだけでお金儲かりそう


23: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:01:47 ID:5dB

死ぬまで怠惰貫けたから一番強いかもしれない


25: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:06:02 ID:ZTy

憤怒
憤怒のホムンクルス、ラースは元人間でホムンクルスになったのだがその際に憤怒の感情以外を失ったという。そんなラースの最期は自分が望んでいた「何にも縛られない戦い」をすることができた。敗北したものの死顔は満足そうに、怒りの感情のない安らかなものであった。


26: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:06:30 ID:Uqv

アーランドの錬金術士のホムくんくらいのホムンクルスでいい


28: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:07:54 ID:ZTy

強欲
世界の全てがほしいと言っていたグリードであったが、リンの中に入り、対話を重ねることで自分が本当に欲しかった物を理解する。その為には自分の信条である、嘘をつかないことを破り、何もいらない、と満足して死んでいったのであった。


34: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:08:40 ID:8yu

こういう風に考えるととマジで皮肉がかってていいな


35: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:10:13 ID:upq

ホムンクルスの設定は旧アニメの方がええわ、ダークファンタジーしてる


36: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:11:11 ID:ZTy

傲慢
傲慢のホムンクルス、プライドは文字通りホムンクルスとしてのプライドが高く、人間を褒めるラースを窘めたり、肩入れするグリードを非難する。
最期は身体がボロボロになってしまったため、エドを乗っ取ろうとしたが、キンブリーにホムンクルスのプライドがないことを指摘されてしまい、エドに逆に侵入され、敗北した。


42: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:26:14 ID:tYj

映画のセブンみたいな感じやね
荒川さんは本当に完成度高い名作を書いたと思うわ


46: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:29:46 ID:r3T

エドの親父さんもつまるところホムンクルスやなかったっけ


48: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:32:40 ID:ZTy

>>46
ただの人間ではないからな。
単なるホムンクルスでもないし、イメージは人間ベースのホムンクルスに近いんやろな。


53: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)15:45:16 ID:r3T

問題作好まれる気がするけどな
王道もええけど


56: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)16:00:20 ID:r3T

確かに可哀想やけど皆落ちるとこまで落ちてからまた前進してるのはええところやと思う
娘を合成獣にした大泉洋とその娘と犬は可哀想


【このカテゴリーの最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7604996
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。