ファン
検索
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
競馬予想(318)
雑談(237)
プロフィール
マトイさんの画像
マトイ
血統から競馬予想をしています。 HNは馬名に惚れた小田切さんの馬「アシデマトイ」から拝借しています。
プロフィール
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年07月15日

安達太良S他予想

 中京は気温が上がりそうなので、雨の影響はあまり残らないと見ました。逆に福島はちょうど激しく降っていそうな時間ですので、道悪前提です。

福島11R 安達太良S
◎8コスモカナディアン
○6クラシックメタル
▲15モンテネオ
△10キングストーン
△1アドマイヤシャイ

 マーチSでは12着に敗れましたが、ここは力上位と見てコスモカナディアンから。圧倒的に先行馬が多い今回、番手を取るために激しい争いが繰り広げられることが予想できます。その後ろで前を見ながら競馬ができるこの馬にとってはチャンスではないかと。戦ったきた相手関係を考えても負けられないでしょう。

 対抗には灘Sの時計からクラシックメタルを。ずっと狙ってきた馬でもありますし、この人気ならば買わないわけにいきません。末脚がそこまで乱れない馬ということで、ズラリと並んだ先行勢の中でも比較的信頼度は高いと思います。

 以下、福島D1700はネオユニヴァース産駒は入れておきたいのでモンテネオ、重馬場以上ならキングストーン、最内枠も捌きが上手い鞍上が不気味なアドマイヤシャイまで。

 ヒモ荒れ期待の馬連流しと、ワイドと3連複のBOXで勝負します。計24点。

中京11R マレーシアC
◎4ゼウスバローズ
○8ストーンウェア
▲5スモークフリー
△7ストロングタイタン
△9モンドアルジェンテ

 ディープブリランテの全弟ゼウスバローズが本命。仮に水分が残っていたとしても大丈夫な脚質になってきたと感じています。兄とは違い晩成タイプなのではないでしょうか。

 中京芝で唯一2勝しているストーンウェアが対抗です。単穴のスモークフリーと併せて、今回は母父ミスプロ系が2頭だけということで積極的に狙ってみます。

 あとは、鉄砲が不安要素でヒモ扱いのストロングタイタンと、初芝がやけに気になるモンドアルジェンテを。

 ◎からの3連複流しと、馬連のBOXで計16点。

函館11R STV杯
◎11レーヴムーン
○10エリシェヴァ
▲9ディスティニーソング
△12キャンディバローズ
△13トロピカルガーデン

 滞在3戦目の馬の中で結果を残しているレーヴムーンは軸にする他ないでしょう。洋芝に対応できるのはアドマイヤムーンの血もあるとは思いますが、個人的には母父サクラユタカオーが要因かなと考えています。事実、札幌の短いところも含めて、他場の傾向とは明らかに異なるデータが出ていますし。

 エリシェヴァは前走の時計から再昇級戦でも今度は通用するだろうということで対抗評価。無理にハナに立たなくても問題ないはずですけど、位置取りは勝手知ったる鞍上を信頼してみます。

 以下、徐々に馬体が良くなっているように見えたディスティニーソング、速くなるなら出番ありと見てキャンディバローズ、まだ見限ってはいけないはずのトロピカルガーデンまで。

 ◎から馬単裏表と3連複に流して、計14点。

2017年07月11日

週末の更新予定

 今週は重賞が函館記念のみということで、本館での更新はだいぶゆっくりめです。
 別館と合わせても1日あたりの来訪者数が一桁のブログですから、誰も期待していないとは思いますが…。

7月15日(土)
福島11R 安達太良S
中京11R マレーシアC
函館11R STV杯

7月16日(日)
福島11R バーデンバーデンC
中京11R 名鉄杯
福島10R 鶴ケ城特別
中京10R シンガポールターフクラブ賞

 土曜メインはすべてここ別館で予想します。登録馬を見た瞬間に本命馬が決まり、しかもあまり妙味を感じなかったためです。
 ここに挙げた中で面白そうなのは名鉄杯ですかね。ここに自信が持てればWin5も買う予定です。
posted by マトイ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年07月10日

土日の競馬回顧

 夏競馬ってこんなに荒れないものでしたっけ…。根本から間違っている気がしますよorz

土曜中京11R 豊明S
◎1ビップライブリー 3着
○4エスティタート 4着
▲3ショウナンライズ 6着
△8アールブリュット 9着
△10エントリーチケット 5着

 ショウナンライズは不利を受けて脚が止まりました。ツィンクルソードは「いくらデムーロJでも…」とナメたらダメだったんですねorz

土曜函館11R 五稜郭S
◎5バイガエシ 4着
○2ケンホファヴァルト 2着
▲7ブラックバゴ 1着

 もうバイガエシは見限っていいかもしれません…。

日曜函館11R マリーンS
◎3ヨヨギマック 9着
○11テイエムジンソク 1着
▲8アルタイル 5着
△14リーゼントロック 4着
△10リッカルド 7着

 テイエムジンソクは重賞でも通用しそうなくらい強くなりましたね。次走はエルムSでしょうか。

日曜福島10R 天の川賞
◎3ウォリアーズソウル 10着
○7モアニケアラ 6着
▲4フクノグリュック 2着
△1アドマイヤピンク 4着
△マイネルディアベル 9着

 …そうでしたね。自分で混戦だと考えたときは堅い決着になるって言ってましたねorz

日曜中京10R 有松特別
◎5ミリッサ 1着
○6カイザーバル 除外
▲1オーマイガイ 4着
△8ロードプレミアム 3着
△2イレイション 2着

 カイザーバルの返還があったので、馬連370円でもガミにならなかったのが救いですorz

 本命がシンガリ負けをしたり快勝したりと、予想スタンスの是非を問いたくなってきましたorz
posted by マトイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年07月09日

マリーンS他予想

 相変わらずスッキリできない予想ばかりですが、ギャンブルなんてだいたいそんなもんだと自分に言い聞かせながら続行です。

函館11R デルマーサラブレッドクラブ賞マリーンS
◎3ヨヨギマック
○11テイエムジンソク
▲8アルタイル
△14リーゼントロック
△10リッカルド

 滞在効果に期待して再びヨヨギマックから。大沼Sはさすがに位置取りが後ろ過ぎたので、変わり身があるとすればこの馬なのです。

 テイエムジンソクは確かに前走強かったですけど、実はこれまで57キロで勝っておらず、そんな理由で本命評価はできませんでした。時計的にもこの馬がWin5の候補に挙がるとは思いますが、私は疑ってかかります。

 近3走、重賞で馬券に絡んでいるのはアルタイルだけなのに、脚質が嫌われているのか初の北海道が不安視されているのか分かりませんが評価が低いですね。凡走では終わらないと見ているので積極的に買いますよ。

 リーゼントロックはこの枠順ならハナに立つしかないだろうということで推奨。
 地方で重賞を2つ使ったリッカルドを最後に入れてみます。

 テイエムジンソクが来てもおいしい馬券です。手広く馬連と3連複のBOXで。20点。

福島10R 福島商工会議所創立100周年記念天の川賞
◎3ウォリアーズソウル
○7モアニケアラ
▲4フクノグリュック
△1アドマイヤピンク
△マイネルディアベル

 Win5の最難関がここでしょうね…。

 八海山特別で叩きが済んだと見てウォリアーズソウルを本命にします。今回のこのメンバーならば楽に番手で競馬ができるのではないでしょうか。なんなら逃げてくれてもいいとさえ思います。

 モアニケアラは近走結果が出ていませんが、昨年このクラスは勝ち上がっているので事実上はずっと降級馬なわけです。メンバー構成が控える馬たちばかりなので、ここは久々のチャンスではないでしょうか。

 以下、叩き3走目のフクノグリュック、唯一のキンカメ産駒アドマイヤピンク、数少ないナイキアディライト産駒のマイネルディアベルまで。

 ワイドのBOXのみで。10点。

中京10R 有松特別
◎5ミリッサ
○6カイザーバル
▲1オーマイガイ
△8ロードプレミアム
△2イレイション

 2歳時から追いかけていたシンハライトの半妹ミリッサを本命にします。500万を勝ち上がったばかりですから52キロも当然と言えば当然なのですが、チューリップ賞はソウルスターリングの4着だった馬ですからね。

 ダンスインザムードの仔カイザーバルが対抗。初の中京ですが、走りを見る限りでは平坦よりは急坂のあるほうが向いていると思います。

 オーマイガイは再昇級戦となります。前走の時計も優秀でしたし、逃げ馬の最内枠は大きなアドバンテージではないでしょうか。

 あとは、距離短縮がプラスに働きそうなロードプレミアムと、現級3着2回のイレイションを。

 ミリッサはこんなところで負けていられない馬だと思うので軸信頼で。馬連流しのみで4点。

2017年07月08日

豊明S・五稜郭S予想

 3場とも天気は大丈夫そうです。が、どれも少頭数な上に人気が偏っていてあまり面白くなさそうです…。

中京11R 豊明S
◎1ビップライブリー
○4エスティタート
▲3ショウナンライズ
△8アールブリュット
△10エントリーチケット

 素直に降級馬狙いで良いのではないでしょうか。中でも安定感のあるビップライブリーから。トリトンSの勝ち馬だったトーセンデュークがCBC賞でもそれなりに見せ場があったことを考えると、この準オープンなら抜けている可能性すらあると思います。

 エスティタートはフラガラッハの半妹ですが、父デュランダルのフラガラッハが長いところを走り、父ドリームジャーニーの妹が短いところを走るというのも配合の妙なんでしょうね。実際のところは心斎橋Sでビップライブリーにも勝っているので、展開次第ではこちらが上という場面も考えられるでしょう。

 あとは、再昇級2戦目のショウナンライズ、叩き2戦目で侮れなさそうなアールブリュット、52キロがコワイ3歳牝馬のエントリーチケットを。

 2頭軸の3連複流しのみで。3点。

函館11R 五稜郭S
◎5バイガエシ
○2ケンホファヴァルト
▲7ブラックバゴ

 復活があるならやはり函館だろうということでバイガエシを信じてみます。

 ケンホファヴァルトは逃げて粘れるのが魅力的。洋芝も苦にしないように思います。

 ブラックバゴは脚質自在な部分から3着以内は堅いだろうということで単穴評価です。

 手を広げてもガミるだけなので 遊びで3連複1点勝負ですね。

2017年07月04日

土日の更新予定

 ちょいと多忙のため、本館での重賞展望は明日と明後日に回したいと思います。

7月8日(土)
中京11R 豊明S
函館11R 五稜郭S

7月9日(日)
函館11R デルマーサラブレッドクラブ賞マリーンS
福島10R 福島商工会議所創立100周年記念天の川賞
中京10R 有松特別

 先週同様、土曜の福島メイン阿武隈Sは本館で予想しますので。

 ざっと見た感じ、いかにも荒れそうなのは日曜中京の有松特別ですかね。なかなか500万下を気合入れて予想することも無いので、これもまた夏競馬の醍醐味だと思います。

 七夕ウィークということで、星に願いをかけるならば「特大万馬券を!!」ということだけです。
posted by マトイ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年07月03日

土日の競馬回顧

 的中したのは「嫌な予感」だけでした。お後がよろしいようでorz

土曜中京11R 白川郷S
◎10スノーモンキー 13着
○2ヘルツフロイント 14着
▲15ナムラアラシ 5着
△13イーストオブザサン 8着
△6ヒデノインペリアル 9着

 結果表を下から見ていく辛さったら無いですねorz

土曜函館11R TVh杯
◎5ヴァイサーリッター 14着
○12オデュッセウス 4着
▲6アルマエルナト 9着
△3タマモブリリアン 2着
△9アドマイヤゴッド 6着

 ヴァイサーリッターは逃げてナンボの馬だと思うんですよ…。

日曜函館11R 巴賞
◎6サトノアレス 1着
○2ダンツプリウス 4着
▲7アングライフェン 2着
△1マイネルディーン 7着
△5トウシンモンステラ 8着

 このレース、結局シンガリ人気のナリタハリケーンが3着で結構な配当となりました。あれだけ洋芝はダートを走っていた馬を狙うと豪語しておきながらこのザマですよorz

日曜福島10R 福島市制施行110周年記念さくらんぼ特別
◎2ハッピーノリチャン 3着
○4キョウワゼノビア 9着
▲12アペルトゥーラ 5着
△13レジーナフォルテ 1着
△15ナンヨーアミーコ 2着

 獲れてませんorz
 そもそも予想の根本が間違っているんだから、堅いと踏んだレースでこそ手を広げるべきなんですね分かります…。

日曜中京10R 香嵐渓特別
◎5ピースマーク 6着
○10スターカットダイヤ 3着
▲16タイセイエクレール 10着
△1メイショウグジョウ 8着
△8アディラート 2着

 ケイマは過去の経験から類推して飛ぶパターンだと思ったんですよorz

 当てるのが難しいです…。毎年夏競馬は同じことを言っているような気がしますorz
posted by マトイ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談

2017年07月02日

巴賞他予想

 7月初日の競馬は1レースもかすりもしないという惨憺たる結果でしたorz
 嫌な予感しかしません…。

函館11R 巴賞
◎6サトノアレス
○2ダンツプリウス
▲7アングライフェン
△1マイネルディーン
△5トウシンモンステラ

 8頭立てで5頭選んで外したら立ち直れない気もしますが。

 サトノアレスは格が違うだろうということで本命です。鞍上も含めて差し損ねる可能性は低いと見ました。Win5もここは1頭でいいような気がします。

 対抗にはそろそろ復活してくれないと困るダンツプリウスを。初の洋芝がそのきっかけになることも十分考えられますね。もしかするとこの馬が逃げるのではないかと踏んでいます。

 以下、着は伴っていなくとも歩んできた路線からアングライフェン、小回り巧者っぽいマイネルディーン、1年ぶりの1800を走るトウシンモンステラまで。

 6−2の馬連に大きく、6から3連複に流して計7点。

福島10R 福島市制施行110周年記念さくらんぼ特別
◎2ハッピーノリチャン
○4キョウワゼノビア
▲12アペルトゥーラ
△13レジーナフォルテ
△15ナンヨーアミーコ

 福島巧者のハッピーノリチャンが本命です。ローテーションが脆さを露呈しているような気がしますが、3着までなら堅いのではないでしょうか。

 キョウワゼノビアは前走の勝ち方がなかなかだったのでここでも推奨。印上位の2頭が少し人気を被り過ぎなので、必然的に馬券は絞らなくてはなりませんけど。

 あとは、福島中央TV杯でキョウワゼノビアから0.3秒差だったアペルトゥーラ、初めて52キロになるレジーナフォルテ、父ハービンジャーでもスプリントを走れるのは母父サンデーの奥深さだろうなということでナンヨーアミーコを。

 ◎○2頭軸で3連複の流しですね。3点。

中京10R 香嵐渓特別
◎5ピースマーク
○10スターカットダイヤ
▲16タイセイエクレール
△1メイショウグジョウ
△8アディラート

 1400という距離のためか前の馬と後ろの馬にくっきり分かれそうな感じがします。こういう展開の時は前の馬だけ買っておけばだいたい獲れるんですけど、そういうわけにもいかないのが中京Dなんですよね…。

 本命はピースマーク。前走重馬場とは言え、厳しい流れの中で粘り切っての2着は評価できます。無理にハナを主張しなくても競馬ができる点から一番上に採りました。

 同じく3歳馬からスターカットダイヤが対抗。端午Sはまったく競馬をしていないので再度狙います。おそらく馬混みがダメなので、今回はある程度前に付けるのではないかと。

 タイセイエクレールは本命でもいいくらいの降級馬ですが、大外枠で位置取りが難しそうなので単穴止まりにします。

 以下、後ろから差せる可能性があるとすればメイショウグジョウ、ローテが気に入らなくて印をかなり落としたアディラートまで。

 ◎頭だとかなり付くので馬単流しと、3連複のBOXで。14点。


 さて、Win5はこんな感じです。

中京10R 5
福島10R 2,4
函館11R 6
中京11R 12,18
福島11R 12

 4点ですね。外れても痛くも痒くもないのが正しいWin5の買い方だと思います。

2017年07月01日

白川郷S・TVh杯予想

 3場の中で馬場が持ちそうなのは梅雨が無い函館だけになりそうですね。特に中京はかなり渋りそうです。

中京11R 白川郷S
◎10スノーモンキー
○2ヘルツフロイント
▲15ナムラアラシ
△13イーストオブザサン
△6ヒデノインペリアル

 中京成績と道悪成績からスノーモンキーに白羽の矢を立ててみます。昨年の3着ということがあまり評価されておらず、狙い目としては最適ではないでしょうか。ファスリエフ産駒は凡走続きのあとの激走があるので、軸でも買ってみたいですね。

 ヘルツフロイントは中一週で叩き3走目になります。そろそろ障害帰りの効果を期待しても良い頃ではないかと思います。母父ローソサエティと言えばマンハッタンカフェをはじめとして数々の名馬が名を連ねる配合で、リボーの血を最も伝えている馬だと思うのです。 

 以下、降級2戦目のナムラアラシ、このクラスでも通用しそうな脚を持つイーストオブザサン、4代目以降がクロスだらけのヒデノインペリアルまで。

 ◎から馬連、ワイド、3連複の流しと、押さえで3連複のBOXを。計24点。

函館11R TVh杯
◎5ヴァイサーリッター
○12オデュッセウス
▲6アルマエルナト
△3タマモブリリアン
△9アドマイヤゴッド

 良馬場の洋芝ならヴァイサーリッターから。ペースが速くならなければという条件付きですが、新潟千直を経験して得意の舞台に帰ってきた点は評価できます。内目の枠なので、できれば叩いてでも前に出て欲しいという希望的観測での本命。

 昨年も何度も書いてきた通り、札幌・函館はファルブラヴの仔を狙うというマイルールがあるので、オデュッセウスが対抗です。唯一の降級馬なのに近走成績とトップハンデから人気がありませんが、見限るにはまだ早い4歳馬だと思いますよ。

 アルマエルナトは近走後方一気の競馬が続いていますが、実際は前でも運べる馬です。マクリがハマるならこの舞台しか無いだろうということで単穴評価にします。ネオユニヴァース×グレイソヴリン系はスプリントでこそ要注意なのです。

 あとは、前走で洋芝も走れることが分かって見直すべき1頭のタマモブリリアンと、2キロ減なら準オープンでもやれて不思議ではないアドマイヤゴッドを。

 BOXで買うのが正解だと思います。ワイドと3連複を。20点。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。