ファン
検索
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
競馬予想(318)
雑談(237)
プロフィール
マトイさんの画像
マトイ
血統から競馬予想をしています。 HNは馬名に惚れた小田切さんの馬「アシデマトイ」から拝借しています。
プロフィール
リンク集

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年09月17日

仲秋S予想

 厚めの印を打った馬がことごとく直線で失速するのはどうしてなんでしょう。呪いかなorz

阪神11R 仲秋S
◎11レッドアンシェル
○5キーナンバー
▲1レインボーフラッグ
△12テラノヴァ
△10サフランハート

 重賞3着やオープン勝ちのある馬がこの準オープンに出てくるのですから、58キロでも買わなければいけないですね。レッドアンシェルから入ります。馬体がある馬ではないので、ある程度前に行って粘りたいところではないでしょうか。あとは1400がどうかという部分なのですけど、もみじSで一度走って勝ってました。

 キーナンバーは逆に3キロ減が狙う理由です。成績だけ見れば鍋底ですけど、3歳時はアレスバローズにも勝利しており、スプリント適性は疑いようもありません。

 以下、阪神芝1400では連を外していないレインボーフラッグ、最軽量の53キロが美味しそうなテラノヴァ、阪神芝コースでは掲示板以外が1度だけというサフランハートまで。

 馬連のBOXでガミが回避できるか微妙ですがとりあえず10点で。

2018年09月16日

ラジオ日本賞予想

 2週間ほど更新を休ませていただきましたm(__)m

中山11R ラジオ日本賞
◎9アルタイル
○6ヒラボクラターシュ
▲4クインズサターン
△2ゴールデンバローズ
△7ラテンロック

 アルタイルは58キロでも勝負になると見て重賞ではなくここを使ってきたのでしょう。実績的には買わなくてはならない1頭だと思います。マーチSでのクインズサターンとの着差は1馬身以下ですから、仕掛けのタイミング次第でどうにでもなるはずです。

 中山コースなら53キロのヒラボクラターシュは外せません。既に馬体は出来上がっているように見えるので、個人的にはレパードSはフロックではないと思います。

 クインズサターンは鉄砲も効く馬だと思うのですが、大きく馬体重の変動があるときに取りこぼしも目立つので、安易に信頼はできない気がします。そんな理由から単穴までとしました。

 あとは、右回りに疑問は残るもののハマれば強いゴールデンバローズと、キャリア初の1800に怪しい気配を感じたラテンロックを。

 馬連のみでガミ回避です。10点。

2018年09月02日

丹頂S予想

 9月に入ってしまいました。あと4ヶ月で昨年と同じ収支まで持っていけるでしょうか…。

札幌11R 丹頂S
◎4ハートレー
○14リッジマン
▲13コルコバード
△6ブレスジャーニー
△8ヴォージュ

 ここで勝たないと2歳の頃の栄光だけで終わってしまいそうなハートレーから。長ければ長いほど脚が活きるタイプで、あとは洋芝が合うかどうかでしょう。馬券圏内は堅いという見方で合っている気がするのですが。

 昨年の夏の北海道で絶好調だったリッジマンを対抗にします。上のクラスで通用するか未知数のコルコバードよりはダイヤモンドS2着の実績を買ってみたいというのが正直なところです。

 以下、時計的には文句の付けようが無いコルコバード、函館の競馬を見て洋芝もいけると見たブレスジャーニー、速くならなければ十分あり得るヴォージュまで。

 軽重付けて馬連のBOXを買います。10点。

2018年08月26日

小倉日経OP予想

 今週はWASJということで、いつもより大きく狙えます。書きませんけど。

小倉11R 小倉日経OP
◎3マサハヤドリーム
○7エンヴァール
▲2キョウヘイ
△5レトロロック
△6タムロミラクル

 マサハヤドリームは前走福島でマクリの競馬を見せ、好時計で勝利しました。メンバー的には今回のほうが全然楽という理由から本命です。過去にGIを使っているのはこの馬の他にもいますが、いずれも大敗組なんですね。

 ワンパンチ足りない印象で対抗にしたのがエンヴァール。戦ってきた相手が錚々たるメンバーということから人気になっているんでしょうけど、前走の垂水Sはキョウヘイに負けていたり、どうも勝つ場面が想像できないんです。

 以下、馬体面から詰めて使っているのが気になって印を下げたキョウヘイ、小倉は相性抜群で関門橋Sも好時計だったレトロロック、3年半ぶりの芝でも頭数に恵まれたタムロミラクルまで。

 8頭立てですから3連単しか買えません。3−2,7−5,6でどうでしょう。4点。

2018年08月19日

NST賞予想

 実は一番狙いたいのが新潟だったりします。金額は書きませんが大勝負だと思ってくださいな。

新潟11R NST賞
◎12オールドベイリー
○5ドリームドルチェ
▲1ヴァーノン
△13サイタスリーレッド
△2ベストマッチョ

 ダート5勝、前走好時計、軽めのハンデ、そしてゴドルフィンの馬という諸々の理由からオールドベイリーを本命にします。父トゥオナーアンドサーヴはボールドルーラー系。日本ではそこまでの活躍馬がいませんが、バーナーディニ産駒の種牡馬です。4、5代前に相当なクロスの入るダートスプリント向きの馬でしょう。

 ドリームドルチェはこのコースで4勝。3着内率86%という猛烈な相性を持っています。1F長かったここ2走の成績は無視しても良いのではないでしょうか。

 終わってなければという条件付きでヴァーノンを買ってみます。格下感は否めませんが、最内枠で思い切って逃げたりしたら激走があって不思議ではないと思います。

 あとは前走重賞組の2頭、サイタスリーレッドとベストマッチョを。

 人気薄が絡んでくれることを期待して馬連のBOXを厚く、3連複のBOXは抑えめに買います。20点。

2018年08月12日

西部日刊スポーツ杯予想

 博多Sが7頭立てなのでパスして10Rを。

小倉10R 西部日刊スポーツ杯
◎2スターペスマリア
○9キタノユーリン
▲11クリノシャンボール
△1アグネスエーデル
△6ハトマークレディ

 行き脚比べになると見て、前走脚質転換を図ったスターペスマリアを狙ってみます。2キロ増は馬体の成長を考えれば問題ないはず。ここは通過点ではないでしょうか。このクラスまでならパイロ産駒を買っても損は無いと思います。

 対抗にも牝馬を据えます。キタノユーリンは前走で1200も長いことが分かったのでここは狙い所でしょう。父ルーラーシップ母父ディープインパクトと言えばキセキを思い出しますが、こちらはミスプロの4×4が入ることで短距離に出ているのかもしれません。

 以下、この舞台は買い条件のクリノシャンボール、最内枠に期待のアグネスエーデル、馬体の無さをスピードでカバーしているハトマークレディまで。

 馬連と3連複のBOXを。20点。

2018年08月05日

UHB賞予想

 7月があまりにもひどかったので、ちょっと様子見で土曜はケンにしてました。メイン3レース中2レース的中だったので来週からは復活するかもしれません。

札幌11R UHB賞
◎9デアレガーロ
○2アドマイヤゴッド
▲7クードラパン
△8タイセイスターリー
△1クリーンファンキー

 今回の来日も恐ろしいほどの勝率、連対率、3着内率を残しているモレイラ騎手。デアレガーロから入る以外の選択肢は無いと思います。京都牝馬S2着のこの馬に53キロはボーナスステージでしょう。札幌は初めてとなるものの、函館で2つ勝っており、適性も問題ないと見ます。

 経験から言えばアドマイヤゴッドもコワい1頭です。函館SS4着ですから、力的にはまったく違うのではないかと思いますね。あとは降り続いた雨でどの程度馬場が渋っているかだけでしょう。

 以下、クラスの壁はあってもキャリア最軽量の50キロを背負うクードラパン、ミッキーアイルの半弟タイセイスターリー、前走と前々走で洋芝適性を見せたクリーンファンキーまで。

 別館はBOX買いが基本なのですが、ここはさすがに◎から流しても良いでしょう。馬連と3連複で計10点。

2018年07月29日

佐世保S予想

 土曜は地元の夏祭で、前日の夜からてんてこ舞いでした…。
 さて、小倉は台風の影響で開催が微妙ですが、現在の勢力からすると瀬戸内海あたりで消滅しそうな気がするので、予想だけはしておきます。

小倉11R 佐世保S
◎4スカイパッション
○6ブラッククローバー
▲7パーリオミノル
△8レインボーフラッグ
△2ニシオボヌール

 毎年水無月S組の次走は狙い目という持論があるためスカイパッションから入ってみます。この舞台の連対率が8割と抜けていますが、むしろ小倉でしか走らないと言ったほうが正解かもしれません。

 ブラッククローバーはその水無月Sで3着だった馬。小倉では速い時計のレースで馬券に絡む傾向があり、開幕週ならぜひとも買ってみたい馬になります。

 アイビスSDの本命をレジーナフォルテにした以上、パーリオミノルにも印を打たなくてはならないでしょう。テレビユー福島賞は典型的な前傾ラップの中で唯一差して馬券に絡みました。小倉の展開にもハマりそうです。

 以下、キャリア20戦で掲示板を外したのが3回だけというレインボーフラッグ、昨年の北九州短距離Sで0.1秒差5着のニシオボヌールまで。

 オッズが分からないので控えめに馬連のBOXだけで。10点。

2018年07月22日

福島テレビオープン予想

 金曜土曜と出張だったのをすっかり忘れていて、更新お休みのお知らせができませんでしたorz
 まぁ、予想してても当たってないですけどね…。

福島11R 福島テレビオープン
◎12ライジングリーズン
○6ゲッカコウ
▲9タイセイサミット
△10テオドール
△4ワンダープチュック

 10ヶ月ぶりの競馬となりますが、ライジングリーズンはぜひとも狙ってみたい1頭です。あとは仕上がっているかどうかという部分だけで、重賞勝ち馬としての力を発揮することができれば馬券圏内は十分に有り得ると思います。

 対抗にも牝馬を据えます。福島巧者とも言えるゲッカコウは買わずにはいられないでしょう。時計的にも衰えた印象は無いですし、さすがに相手が悪いレースが続いているだけではないでしょうか。

 以下、高レベルの米子S2着のタイセイサミット、距離延長が買い要素のテオドール、実質格上挑戦でも力的に引けは取らないワンダープチュックまで。

 馬単のBOXしかガミを回避する方法が無さそうです。20点。

2018年07月15日

バーデンバーデンC・名鉄杯予想

 土曜はケンにして正解でした。一つも当たってませんorz

福島11R バーデンバーデンC
◎5クラウンアイリス
○9タマモブリリアン
▲1ゴールドクイーン
△2ノットフォーマル
△3アイライン

 最高気温の予想がとんでもないので牝馬から。しかも49キロで、コース相性も最高のクラウンアイリスは買わずにいられません。荒れるとすれば立役者がこの馬になるのは予想しやすいかなと思います。

 タマモブリリアンも牝馬。北海道を使ったあとは馬体が締まる印象があり、今回はさらに52キロということで期待できそうです。

 ゴールドクイーンは葵賞勝ち馬なのですが、ハンディキャッパーさんの評価は低く、51キロと恵まれました。ただ、初の古馬との対戦の割に人気が被りすぎですんで印を下げています。できれば来てほしくない1頭ですね。

 あとは、路線をスプリントに定めたのがいかにも活きそうなノットフォーマルと、条件戦なら買えることが分かったアイラインを。

 馬連と3連複のBOXで。20点。

中京11R 名鉄杯
◎10コパノチャーリー
○9ドラゴンバローズ
▲7クラシックメタル
△14マインシャッツ
△5ジュンヴァルカン

 コパノリッキーの半弟コパノチャーリーから。昨年の3着なのに近走成績からオッズがかなり美味しいので狙ってみます。中京コースは適性が物を言うと考えてますし、この馬のようなタイプはいかにも終わったように見せかけて、蓋を開けたら実は走るという場面を見てきました。

 ドラゴンバローズも似たような考え方から対抗です。中京Dで掲示板に入れなかったのは東海Sのみで、成績は実に2,3,0,2なのです。ここで買わないとバチが当たりそうです。

 クラシックメタルは急坂があるコースでこそだと考えていまして、中京は初ですが、合うような気がするんです。暑い時期も得意だと思います。

 以下、オープン特別までなら常に堅実に走るマインシャッツ、ダート適性は半信半疑でも能力的には抜けているかもしれないジュンヴァルカンまで。

 馬連とワイドのBOX。それに9,10の2頭軸で3連複の流しを。計23点。
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。