広告

posted by fanblog

2020年06月18日

アメリカでの野球人気低下が叫ばれる3つの理由と野球の未来





0A355C54-AF9E-41BD-93DE-280D87068833.jpeg

どうもこんにちわマスモリです!
「野球の本場アメリカで野球人気が低下している」
野球ファンの皆さんなら一度は耳にしたことのある話題なのではないでしょうか
今回はなぜ野球人気の低下が叫ばれるようになったか、その理由を見ていきましょう!

BF539613-46ED-4B40-B9D5-BC7F09079136.jpeg

<目次>

 視聴者層の高齢化

 MLBの観客数激減︎

 スターのいないMLB

 選手の年俸は上がり続けている

 若者離れに立ち向かうMLB





・視聴者層の高齢化



いきなりですが、アメリカの野球ファンの平均年齢は57歳と言われています。
10年前の統計では平均年齢が52歳と言われていたので、野球ファンの高齢化は深刻です

ギャロップ社がアメリカ人に対して行ったアンケートで、
「どのスポーツを見るのが好きか」という調査をしました。

その結果アメリカンフットボールが37%、バスケットボールが11%、野球は9%で3位でした。
1965年の初めての調査では、野球は1位だったので野球人気が落ちていることはわかると思います。
さらに恐ろしいデータがあります。
若年層と言われる18〜34歳に絞ると、野球はサッカーにも負けてしまいます

他にも、MLBの頂点決定戦、ワールドシリーズの視聴率も近年苦戦しています。
かつては視聴率20%前後あったが、近年では1桁も珍しくありません
昨年のワールドシリーズも第7戦までもつれる名勝負となったにも関わらず、
最も注目の集まる第7戦の視聴率は13.1%と過去最も視聴率の低いワールドシリーズになってしまいました。

FCD2D68A-4995-456C-BF00-CF2D7B535243.jpeg

MLBの観客数激減︎


昨年のMLB平均観客動員数は2万8339人でした
これだけ見るとそんなに少なくないように思いますよね
ですが、MLBの観客動員数はピークを迎えた2007年の 3万2785人 から右肩下がりなのです
実際昨年は日本のプロ野球の方が平均観客動員数で上回ったほどです(これは良いのか悪いのか)
ただ、MLBは年間の試合数もとても多く、マイナーリーグを含めると
年間の観客動員数は優に1億人を超えるというのがとてつもないですよね(世界のスポーツリーグで唯一)

しかしそんなMLBも大きな問題を抱えています。

【タイムセール・50%オフ・5/30〜6/30】【激安・ポッキリセール】NEW ERA ニューエラ【キャップ】【帽子】【海外限定】【即日発送】NEW ERA MLB 9FIFTY SNAP FOIL SNAPBACKNew York Yankees・Navy【返品交換不可】

価格:1,500円
(2020/6/18 14:38時点)
感想(0件)




BFE40F82-63A0-414F-85C7-08DCD4FE338D.jpeg

・スターのいないMLB



みなさん日本の野球選手いまパッと思いつきますか?
イチロー選手、松井秀喜選手、大谷選手などなどすぐに思いついた方が多いと思います

ただ、アメリカでは、全米全土で知名度のある野球選手というのがいないのです

ニューヨークタイムズの調査によると、NBAのスーパースター、レブロンジェームズの全米知名度は91%
そしてNFLのスーパースター、トムブレイディの知名度は88%という結果が出ています。
それじゃあMLBのスター選手はどのくらい知名度あるのかというと、
マイクトラウトというMLBきってのスーパースターの知名度は、なんとたったの43%でした。

正直なところ、「え、50%切るの?」と思いました。ですがこれが現実です。
アメリカでは、MLB中継というのはあまり全米中継されません。
地元の放送局で地元のチームを放送するということが多いです。
そのため全国的なスーパースターが生まれづらいのです。

子供は分かりやすいスターに憧れることが多いので、若年層人気を高める上で、障壁になるかもしれません

ここまでネガティブな話題ばかり書いてきたのですが、
もちろん子供や大人も憧れるポジティブな内容もありますので見ていきましょう!





AA00EF60-03DD-4608-BEC6-60480EC0E935.jpeg

・選手の年俸は上がり続けている



メジャーリーグではほぼ毎年100億円を超える超大型契約が結ばれています。
昨年もゲリットコール選手がヤンキースと9年総額352億3300万円で契約しました。(えぐすぎ
これは夢しかないですよね......
これだけの年俸を払えるのは放映権料の高騰にあると言われています。
それにしても、これだけのお給料をもらえて、人気が出ないなんておかしいと思っていましたが、
最近アメリカでの野球人口に気になる変動がありました





252777AD-F746-49BD-BF14-F28AC3750001.jpeg

・若者離れに立ち向かうMLB



MLBでは長年若者層を取り込むことが最大の課題とされてきました。
その中で若者人気が落ちている理由で毎回あげられるのが試合時間の長さでした。
平均3時間を超える試合をYouTubeの5秒広告でさえ退屈に感じる若者は興味を持ちづらいということです

視聴者数の増加はまだ結果が出ていないが、
MLBのあるプロジェクトにより、野球人口が増加しているのです!

そのプロジェクトというのがMLBが2015年に始めた「プレーボール」というもので、野球ができる人数が集まらなくても、子供たちにバットの振り方やボールの投げ方や捕り方などを教えるものです。
これに参加するとプラスチック性のバットとボールがもらえるそうです
こうしたものの効果が出てきたのか野球の競技人口は2014年から2018年の間に270万人ほど増加したそうです

これはかなり良い傾向ですよね!!
競技人口が増えれば、そのうち見る人も増えると思うので、ぜひこのプロジェクトは続けて欲しいですね!

今回はアメリカでの野球人気について書いてみました!

ブログランキングにも参加してみましたのでよかったらポチッとお願いします

人気ブログランキングへ





「野球本場アメリカで野球人気が低下している」
野球ファンの皆さんなら一度は耳にしたことのある話題なのではないでしょうか
今回はなぜ野球人気の低下が叫ばれるようになったか、その理由を3つ見ていきましょう!
posted by マスモリ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | MLB
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9945645
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
マスモリさんの画像
マスモリ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。