2014年09月05日

海外に住みたがらない日本人(2)


日本の農産物は、香港や台湾、中国などアジアの富裕層に大人気で、

日本国内の値段より高くても売れています。

縄文時代から森を守ってきた日本の水は質も良く、

良質な水で作られる農産物の美味しさが人気の秘密です。

日本製の工業製品や農産物が輸出されていますが、

最も輸出してほしいのは、実は【日本人】なのです!

プラントを途上国に輸出しても、維持・管理を現地の人々に任せてしまうと、

大変なコトになり、結局、日本人技術者が派遣されないと、うまく機能しないのです。

中国や韓国などが日本製品をマネてイロイロ作りますが、

日本製品を超えるモノ作りは、彼らにはできません!

なぜなら、日本の品質の高さは、

日本人による暗黙知(カン、コツ、ツボ)によるからです。 

ハードな物づくりも日本人というソフトがなければ、

日本製品にはならないのです。

コレは、日本国内だけで暮らしている人々にはわからない現実です。

日本では、あらゆるコトが空気のように当たり前過ぎて、

どこが凄いのか? 自覚をせずに一人一人が
【当たり前】のようにやるコトがスゴ過ぎるのです。

先日、サッカーのワールドカップで、試合終了後、

負けてもスタジアムの客席のゴミ拾いをして、

キレイにして帰る日本人サポーターが称賛されましたが、

このような些細なコトでさえ、世界では驚がくされるのです。

ちなみに、韓国人サポーターも一度は日本人のマネをしたそうですが、

試合に負けたら、頭にきて、そのままゴミを散らかして

帰ったそうです。www  ( ̄▽ ̄)

つまり、日本の国柄をマネようとしても、

結局、続かないのです。

台湾は、戦前、日本が統治した親日国です。

台湾の中華料理は、大陸の中国と比べると、

繊細で美味しいのですが、大陸の中華料理は大味で

日本国内の中華料理の方が美味しいです。

この違いは、何から来るのか? と考えたら…

台湾人は、日本風の教育を受けた人々がいるからかもしれません。

味覚も日本人に近くて、台湾の中華料理は日本人に合います。

台湾は、日本人が行っても食文化で、困るコトはない!と思います。


日本人一人一人が細やかな心配りを縄文時代から2万年以上して

森や自然を大切にしてきたので、日本の水質は優れているのです。

味覚、品質に対するこだわりがウルサイ日本のモノは、

どこへ出しても通用する立派なモノなのです。

日本の指導層は、本当は、日本人を世界中に輸出したいのでしょうが、

なかなか、日本人は勝手の違う海外に行きたがりません。

人材育成というコトを考えれば、なぜ、日本の大学はアジア各国に

日本語で授業をする大学を設立しないのでしょうか?

日本人の博士はオーバードクターで、大学教員になれず、

あぶれている高学歴の日本人はたくさん、います。

海外で英語で授業するのではなく、日本語で授業をするのであれば、

オーバードクターの日本人を活用できます。

政府は中国から日本に来る留学生、一人に1300万円も注ぎ込んでいます。

一方、日本人学生は貧しくても給付型の返還義務のない奨学金はありません。

もし、アジアなどの日系大学の授業料が無料で、生活費も奨学金が支給されるなら、

日本人学生は、海外体験をしながら、大学を卒業できるでしょう。

留学生を日本に招くより、日本人学生をアジア各国の日系大学で学ばせ、

現地の日本企業で採用するというコトも必要だと思います。

日本人が日本語で大学教育を無料で受けられるなら、

若者は、喜んで海外に出るのではないでしょうか?


欧州では、ごく少数の私立大学を除いて、公立大学の授業料は無料です。

中国から日本に留学生を招く人数は減らし、中国に日本語で授業をする日本の大学を作り、

そこで、多くのアジアの学生を教育する方が人材育成に貢献できると思います。

中国のODAで援助をした分、予算を軍事費に回されるより、

日本人による日本語で教育をする大学を作り、人材育成する方が

国際貢献になるのではないでしょうか?

オーバードクターで能力を発揮できずにいる日本人の博士たちを

海外の日系大学でアジアの人々を教育させればいいのに! と感じます。

言葉の壁があり、海外に住みたがらない日本人が多いのですが、

日本語で働ける大学をアジアに設立すれば、ハードルはなくなります。

また、日本に留学するのと同じ教育が日本語で受けられるというのは

学生にとってもメリットがあります。

日本人は海外に出たがらないからこそ、親日国では日本人が歓迎されます。

工業製品や農産物の輸出から、【日本人の輸出】に時代は変わるでしょう。

何を作っても日本人以上のモノがアジアでできない秘密は、教育にあります。

日本人が日本語で教育をし、人材育成を海外ですれば、

日本人にとって、ビジネスがしやすい環境になります。

今、国内でオーバードクターで職につけずにいる博士を

海外の日系大学で活用すれば、百年後、日本の資産になって帰ってきます。

海外に住みたがらない日本人が、働きたくなる場を提供する知恵が

まだまだ足りないのではないでしょうか?

posted by marcheps at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2744793
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ぷちそれいゆさんの画像
ぷちそれいゆ
ブログ
プロフィール
最新記事
メインサイトhttp://petitsoleil.co

 ネットショップ

【Marcheぷちそれいゆ】


【Maisonぷちそれいゆ】

【Modeぷちそれいゆ】

【Jardinぷちそれいゆ】

【Porteぷちそれいゆ】

【アマゾン・マーケットプレイス】

【お支払い方法】

【配送について】

【領収書について】

【お問い合わせ】

カテゴリアーカイブ
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索