2014年08月17日

日本特有のラジオ・ショッピング


ラジオ・ショッピング…

世界広しと言えども、ラジオで物販をやっている国は

日本ぐらいのモノ。

テレビ・ショッピングやネット・ショッピングであれば、

モノを写真や動画などで確かめて買うコトができます。

でも、ラジオでは、モノがどんな感じだか

サッパリわかりません。

それでも、スポンサーがつくから、ムリ無理、

番組を作っている感じがします。

多分、聴取者からの電話とかもヤラセくさいし、

ラジオを聴いて人は買い物をするのか?

大いに疑問を持ちました。

大体、モノが見えないのに、話術だけで商品が売れますか???

目かくしをして、買い物する人なんていません!

では、何の目的で電波を使っているのでしょうか?

一つ妄想できるのは、陰謀論サイトなどでウワサされている

暗号のメッセージの伝播です。

商品の値段やモノが、何かの象徴として使われ、

国内の組織の仲間に伝わるという都市伝説…。

ふつうの人が聴いてもわからない暗号が

ラジオ・ショッピングを通じて発信されているのではないか?

311大震災のときも、某カルト団体の人々は、

神のご加護で難を逃がれたとか…。

本当にそうなんでしょうか?

ラジオで販促ができる代表的な商品は、音楽です。

歌や音楽をラジオで何度も流すコトは、

ヒットにつながります。

映画音楽やテレビドラマの挿入歌なども

ラジオで売るのは可能でしょう。

CDや映画などの場合、歌手や俳優がラジオに出演すれば、

プロモーションになります。

販促効果もデータ測定可能なのです。

◯◯地区でラジオのスポットCMや皿回し(オンエア)何回を

特定期間に行い、CD店舗などの売り上げに

どれくらい跳ね返るか?  追っかけ調査もできます。

音楽会社の各販社からメールやファックスで

地区ごと日々のCDの売り上げ枚数が本社に報告され、

そのデータとつきあわせれば、ラジオの反響がわかるのです。

音楽の販促にラジオは、試聴できるので非常に効果的です。

でも、ふつうの商品の場合、実際に試用できるはずもなく、

商品の知名度を多少、上げても、売り上げに結びつくのか?

実際、検証がされているのでしょうか?

欧米の方が、各種の媒体を使うマーケティングは経験があります。

その欧米でラジオ・ショッピングなど、全く、ないのですから、

日本だけのガラパゴス現象なのです。

ラジオ単体での広告は難しいです。

ローカル新聞に広告を打ちながら、テレビ・ショッピングも絡ませながらでないと

ラジオでの一般商品の物販は厳しいです。



だから、ラジオ・ショッピングは、暗号のために使われていると

都市伝説を妄想してしまいます。(^_^)





posted by marcheps at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2673991
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
プロフィール
ぷちそれいゆさんの画像
ぷちそれいゆ
ブログ
プロフィール
最新記事
メインサイトhttp://petitsoleil.co

 ネットショップ

【Marcheぷちそれいゆ】


【Maisonぷちそれいゆ】

【Modeぷちそれいゆ】

【Jardinぷちそれいゆ】

【Porteぷちそれいゆ】

【アマゾン・マーケットプレイス】

【お支払い方法】

【配送について】

【領収書について】

【お問い合わせ】

カテゴリアーカイブ
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
検索