2015年05月24日

ライオンズタワー板橋?! 板橋駅西口地区再開発・板橋駅改良工事で板橋駅が生まれ変わります!!

関連記事

(仮称)板橋1丁目計画新築工事 大学いも 合格屋一時移転 リビオ板橋?!
http://fanblogs.jp/mansion48/archive/339/0 ※こちらは計画が遅れているようです

十条駅再開発でタワーマンション建設へ 埼京線も高架化へ 新日鉄興和不動産と東急不動産が事業主
http://fanblogs.jp/mansion48/archive/459/0


以前から噂のあった話が現実のものとなりそうです!!

JR埼京線板橋駅西口の再開発が始動します!!

現在ドラッグストアや喫茶店などが入る小規模ビルがある場所です。

地図はこちらです↓

※画像はクリックすると大きくなります 当該箇所は赤丸付近です
板橋駅.PNG

タワーマンションの高さは41階建て!!

大京が関わっていますからライオンズタワー板橋という名になるのではないでしょうか??

板橋区内のJRの駅って実は板橋駅だけ。

板橋区の玄関口でもあるのに駅にはエスカレーターもエレベーターもなく古い駅舎があるのみ。

西口側はプラウドシティ池袋本町が竣工したことで少しは見栄えがよくなったものの、現状では玄関口とは呼べません。

板橋区も唯一のJR駅ですから黙ってはいません。

JR東日本へ駅のバリアフリー化を再三求めてきました。

板橋区は駅西口に用地を確保し、いよいよ話が進んできました。

※画像はクリックすると大きくなります
板橋駅2.jpg
画像出典:東日本旅客鉄道公式HP

上記の画像を見ての通り具体的な話が進んでいます。

それにのっかったのが今回の板橋駅西口地区再開発計画です。

権利者たちがまとまり一体開発をしようじゃないか!と立ち上がったのです。


順調にいけばですが、タワマンと駅のバリアフリー化は2020年頃に完成できるそうです。


あれ?

お隣の十条駅再開発と同じ時期じゃないですか!!

あちらのタワマンは2021年完成予定。

こりゃ北区VS板橋区で面白くなりそうだ!!

板橋駅前再開発に参加するのが野村や三菱でなくて残念という気持ちもありますが、大京さんなら無理な価格設定はしないはず。

十条駅前タワー、板橋駅前タワー、マンマニがどちらかを買う可能性は90%以上ある気がします。

あー楽しみ!!


以下日刊建設工業新聞様より引用

板橋駅西口地区再開発(東京都板橋区)/15年度内に都市計画決定へ/準備組合 [2015年5月21日4面]

 東京都板橋区のJR板橋駅西口地区の再開発を計画している「板橋駅西口地区市街地再開発準備組合」(萱場晃一理事長)は、総延べ床面積約4・5万平方メートル規模の再開発ビル2棟を建設する方針を固めた。本年度中の都市計画決定を目指す。16年度にも本組合を設立。18年度までに東京都から権利変換計画の認可を取得し、着工する予定。20年度の完成を目指す。再開発事業の対象区域は板橋1の16〜19(区域面積0・6ヘクタール)。計画によると、高層と低層のビル2棟をAとBの2地区に分けて整備する。
 南西側のA地区(敷地面積3260平方メートル)に整備する高層ビルは、RC造地下2階地上41階建て延べ4万3200平方メートルの規模。低層階に商業施設や公益施設、中高層階に住宅を配置する。北東側のB地区(同540平方メートル)に整備する低層ビルは、RC造5階建て延べ1600平方メートルの規模。地域の商店街との一体感を創出する店舗や事務所を入れる。準備組合には事業協力者として大京が参画。事業コンサルタントは都市空間研究所、設計コンサルタントは浅井謙建築事務所、都市計画コンサルタントは上野計画事務所が担当している。地権者は約70人。準備組合は、本組合設立までに人数と面積でそれぞれ8割の合意を目標としている。区は、再開発予定地を含むJR板橋駅西口周辺地区(区域面積18・5ヘクタール)を対象に「板橋駅西口周辺地区まちづくりプラン」を策定。駅を中心に防災性が高く、板橋の玄関口にふさわしい街づくりを目指している。


Twitterもフォローお願いします
https://twitter.com/mansionmania

『アーバンガール』もご覧ください
http://fanblogs.jp/urbangirl/

2015年05月23日

「私のお気に入りマンション」 マンションコミュニティ様の座談会に参加しました!!

前回に引き続きマンションコミュニティ様の座談会に参加しました!!

マンコミ様、参加者の皆様ありがとうございまいした!!

今回のテーマは

「私のお気に入りマンション


座談会の様子はこちらです↓
http://www.e-mansion.co.jp/information/zadankai/05_01.html


※画像はクリックすると大きくなります
座談会.PNG


今私が住んでるマンションもお気に入りです。

何十件、何百件モデルルームを見学した中から選んだのだから当然です。

ただ、買わなかったけどもお気に入りのマンションというのはもちろんあります。

座談会内でもお話ししましたが

「唯一無二」

「地域No1」

のマンションが好きなのです。


私が検討している地域というのはどちらかというと郊外です。

郊外のマンションを買う人って

家賃よりお買い得だから

という理由で買う人がほとんどで、都心部みたいに

資産形成のため

って人はごくわずかです。

座談会内でも突っ込まれました。

リセール重視ならマニアさん都心で買ったら?


はい。それは百も承知です。

でも自分の好きな街で買えたらな〜という意思が強くて。

正直言うと今までの購入タイミングには都度彼女がいて、その彼女と住むのが前提なんで都心部って選択肢がなかったんですよね。

千葉の子と付き合っているときは千葉で買ったし、車がなきゃ嫌だっ!って子のときは自走式駐車場のマンション買ったし・・・。

住宅をどこで買うのかってのは独身貴族で家族のしがらみがない人以外は場所が限られるのが現状ですよね。


私のブログ読者様も子供がすでに小学生で〜とか奥さんの実家が浦和で〜とか郊外で選ばなければいけない理由がある方が多いです。

でも郊外で新築マンションを買うというのはかなりのリスクを背負います。

入居したら価値が2割、3割下がるなんてざらです。

ではどうすればいいの??


座談会でも言いましたが

地域No.1マンションを買いなさい!!

ということです。

郊外とはいえ人口が0になることは私たちが生きている間は戦争でもない限りありえません。

必ずそこの駅で家を探す人はいるわけです。

そんなときにその駅でNo.1のマンションを持っておけば損をする可能性が極めて低くなります。

DJあかいさんが発言してくれましたが、No.2のマンションってすぐに3、4,5と順位を落としてしまうんですけど、No.1のマンションって早々順位を下げません。


わかりやすいのは北戸田ファーストゲートタワーですかね。

北戸田駅東口のロータリーに面していて、ここよりも駅に近いところにタワマンが建つことはないんです。

仮に西口側で駅前のタワマンができたとしても同率No.1になるだけです。


では駅前マンション以外は駄目なの?

基本的には駅前が無難です。

でも早々タイミングよくでるわけではないですし、他にもコツはあります。

小学校の学区です。

中古マンションを買う人って地域を絞っている人が多いのです。

○○小学校の学区で探している。と。

その学区内でより駅に近かったり、学校に近かったり、大型商業施設に近かったりというマンションも比較的下がりにくいです。

とくにそこそこの大規模になるとお子さんの同級生が○○マンションに住んでいて、「あそこのマンションいいわよ〜」なんて話が出てきたりします。

そうすると 指名買い が発生します。

指名買いとは ○○マンションの中古が出たら買う ということです。

もうそこしか検討しないんです。

私の得意地域だとリボンシティレジデンスや東京メガシティがその例に当てはまります。

けして駅近じゃないんだけど人気があるマンションで、指名買いが多いため値下がりしにくいのです。


ぜひとも入居後に値崩れしない

・No.1マンション

・指名買いマンション

を選んでいただければと思います。


関連記事

[新築時価格表あり] 北戸田ファーストゲートタワー 友人宅を訪問してきました!!
http://fanblogs.jp/mansion48/archive/299/0


Twitterもフォローお願いします
https://twitter.com/mansionmania

『アーバンガール』もご覧ください
http://fanblogs.jp/urbangirl/
プロフィール
マンションマニアさんの画像
マンションマニア
マンションマニアと申します!! マンションが大好きすぎてマンションについての研究ばかりしています! 得意地域 ・板橋区 ・北区 ・練馬区 ・豊島区 ・さいたま市 ・戸田市 ・川口市 ・和光市 モデルルームを訪問したり、現地へ写真を撮りに行ったりしたことをブログへupしていきますのでよろしくお願いします☆
ブログ
プロフィール
<< 2015年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
カテゴリアーカイブ