写真ギャラリー
最新記事
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年03月26日

モロッコ旅行3泊4日A前編

モロッコ旅行2日目に突入!
今日は1日マラケシュ散策です。


IMG_0769.JPG
※バヒア宮殿

朝は宿泊しているホテル「Riad Casa Sophia」で朝食をいただきます。
パン、クレープ、バカリール(モロッコのパンケーキ)、バター、ヨーグルト、お茶。
タジン鍋の形をしたミニ皿で出てきました。
IMG_0702.JPG

IMG_0704.JPG

IMG_0705.JPG

歩いて市内観光スタート。
馬車も車も道路を走ります!
IMG_0711.JPG


「Souk el Kheir」という名のマーケットに行きました。

魚屋さん
IMG_0712.JPG

卵屋さん。これは新鮮に違いない!
IMG_2828.JPG

鶏肉屋さんが肉を解体しております。
羽がたくさん床にあります。生きた肉をその場で食べられる状態にしてるのかな。
新鮮に違いない。
IMG_2829.JPG

食用に売られている鶏。
すごく静か・・・。
IMG_2830.JPG

きれいにパックされた鶏肉を食べている日本じゃ、
日ごろから食材を手に入れられる食品店でこのような光景は見ないですよね。
お国によっては、道端に食用の鶏が売られているからびっくりです。

マーケットを後にして街を歩きます。
IMG_0716.JPG

エル・バディ宮殿。
建てられた当時(16世紀)は、金・大理石などが使われかなり厳かだったそうですが、17世紀末からモロッコを統治していた王様により破壊されたそうです。建設年数25年。
IMG_0722.JPG

というわけで、破壊されたと思われる場所に鳥さんの巣を発見!
IMG_0723.JPG

IMG_0745.JPG

水がきれいですね
IMG_0731.JPG

オレンジが実ってますよ、みえますか!?
IMG_0739.JPG

茶色?ピンク?街の壁の色綺麗ですよね。マラケシュはバラ色の街とも呼ばれているらしいですよ。
IMG_0741.JPG


歩いてさらに5分程度でバビア宮殿(イスラム建設)。
総理大臣クラスの偉大なお方のための邸宅だそうで、14年かけてつくられたそうです。
IMG_0748.JPG


ちなみにイスラム建設っていうのは、ぺルシア,ビザンティン,西ゴートなどの文化を独自の様式にしていったものらしいですよー。なんかペルシャ絨毯思い浮かびません?通りでなーって思いましたよ。
IMG_0752.JPG

噴水結構登場しますよね。なぜなのか調べてみたんです。
イスラム的な意味としては、@儀式で身を清めるのに使う A乾いた気候に潤いのイメージをもたらす
この2つがあるようです。
モロッコ文化においても、水は重要だったようで(乾燥してるし、水不足のようだしなあ)、
だからこ噴水があるのではないか説がありました。
IMG_0757.JPG

モスクっぽい、ペルシャ絨毯っぽい。
IMG_0760.JPG

こんなところにも噴水。点々と置かれています。
IMG_0764.JPG

きれいだー。
IMG_0765.JPG

ひと休憩。そしてここから迷宮に迷い込みます。なんとか出られたけれど笑
IMG_0768.JPG

ステンドグラスもきれいですよ♪
IMG_0774.JPG

宮殿をあとにして、街歩き。
スパイス屋さん。山盛りですね!写真撮りたくなるの、わかりますよ!!
IMG_0776.JPG

人が結構並んでいた観光地に気分で立ち寄りました。
サアード朝(16世紀初頭〜1659年)の墳墓群。
サアード朝はオスマン帝国の拡大を阻止したそうですよ。強そうですね!
そしてこの時代のアフメド・アル・マンスール王といえば、
先ほどアップしたエル・バディ宮殿つくらせた人です。
IMG_0781.JPG

荘厳な雰囲気がすごいです!
IMG_0782.JPG

IMG_0784.JPG

墳墓群をあとにします。
IMG_0787.JPG

マラケシュで1番美しいというわれているらしい、アグノウ門。
綺麗なものを見すぎて、すごさがいまいちわからなかった。。。
IMG_0791.JPG

門の前でUberタクシーを拾い、マジョレル庭園へ。
フランス人で画家であり植物収集家であった、ジャック・マジョレル氏が造園したそうです。
彼の遺灰がこの庭園にまかれているそうです。
本当にこの庭を気に入っていたんでしょうね・・・。
IMG_0802.JPG

IMG_0803.JPG

IMG_0818.JPG

IMG_0822.JPG

IMG_0828.JPG

IMG_0832.JPG

庭園の中にはカフェがあります。
モロッコ風のお茶を楽しめます♪
モロッコのお茶は急須を手がまっすぐに、ピン!となるほど上に伸ばして注ぎます。
ミントティー(アッツァイを頼むとでてくる)が砂糖たっぷり入っておいしいんです。
私ミント好きじゃないんですが、モロッコのミントティーは格別においしかったです!
IMG_0833.JPG

IMG_0842.JPG

IMG_0844.JPG

でかいサボテン!!!
IMG_0846.JPG

異国情緒あふれる、青のコントラストが美しい庭園でした。

ながーくなったので2日後半は次回!

2020年03月25日

モロッコ旅行3泊4日@

ブログ更新遅くなりましてごめんなさい!

ヨーロッパからところ変わりまして、モロッコを紹介♪
2017年の3月3日から6日まで、4日間の滞在をしました。

IMG_0693.JPG
※マラケシュのフナ広場で夜に開く屋台

モロッコが気になり始めたのは、シャウエンと呼ばれる青い建物群がある地域を知ってからでした。
行ってみたくて行ってみたくてこの度・・・行ってないんです!!!涙 行きにくい!
結果、今回はマラケシュに行くことに。
いつかスペインから船でモロッコに上陸して、シャウエンに行く日を夢見ています◎

でもでも!短い期間でモロッコのいいところを堪能するならマラケシュを中心にするのがおすすめ☆
ということで、マラケシュ空港に降り立ちました!

茶色の建物が印象的なお国のマラケシュ。土でできてるの??
IMG_0654.JPG

空港からフナ広場がある中心地まではUber移動。
国の治安に合わせて地元のタクシーは使わないのが賢明!

フナ広場に到着後は、細い路地を歩いてまずは宿泊施設へ。
猫もたくさんいます♪
IMG_0660.JPG

宿泊したホテルは「Riad Casa Sophia」という宿。
立地はフナ広場という中心地から近いし、朝食付き、スタッフさんのホスピタリティも最高で、コストパフォーマンスのいい宿です。
また、手軽にリヤド(モロッコ独特の宿泊施設のことです)を楽しみたい方におすすめします◎

こじんまりとした古めかしい宿。ですが、お掃除は行き届いていて清潔です。
IMG_0664.JPG

明るい色のお部屋です
IMG_0665.JPG

外にでると吹き抜けになっていて、下には朝食会場があります。
屋上では真っ白な洗濯物が干されていました。
IMG_0669.JPG

宿に荷物を置いて、フナ広場にあるレストランで昼食を食べます。

フナ広場を見ながらご飯を楽しめるレストラン
IMG_0674.JPG

モロッコでの食事では、パンとオリーブがよく登場します。
まずはパンを食べながら食事を待つ!!!
IMG_0672.JPG

タジン鍋登場!
お野菜&豆がいっぱいで女子にうれしいお食事です☆!!!
下にクスクス(パスタ!米粒の5分の1くらいの大きさ。やわらかいです。)がたっぷり入っていました。
IMG_0676.JPG

食後もゆっくりレストランで休憩。
IMG_0678.JPG

そして日が暮れる。
この日は仕事の翌日モロッコ出発だったので、ちょっと疲れていましたね。
夜にまたフナ広場へ行きました。

夜に現れたゲーム屋台。
釣り竿の先についている紐の輪にペットボトルをくくりつけて持ち上げて、
自分のところまで移動させるゲーム。有料ですよー◎
IMG_0684.JPG

屋台はとっても数が多いです!その中から2つ選んで入りました。まず1店目。
IMG_0689.JPG

牛肉と羊肉の煮物だったかな。まずまずのお味だった。
IMG_0690.JPG

次の店!ここがおいしい!!!
エビのから揚げと、なすの炒め物?・・・いや揚げ物なの??
ガーリック風味しっかりしいて、やみつきな味でした。
IMG_0692.JPG

この看板を見たらぜひ試してください!
最初の画像もこちらのお店のものです。
大人気のお店でした☆
IMG_0694.JPG

本日はこれにて終了!
次回はバビア宮殿やマジョレル庭園という、青が美しい建物が登場します☆

2020年03月20日

♢お知らせ♢ ブログ4日間程休憩します

このブログのディスク使用量が規定を超えてしまったため、ただいま画像容量追加申請中です。
最低でも3日程かかりそうですので、少しの間ブログを書くことができません!
ご了承くださいませ!

スェーデン旅行2泊3日☆後半

スウェーデン、ストックホルムでの1日後編です◎

スカンセン博物館について♪

☆スカンセン博物館とは?
時代の流れとともに消えて行くストックホルムにあった生活や伝統、家や街並みを大切にしたい、残したい、という思いから昔のストックホルムの街並みと生活の様子を再現した場所。

取り壊されそうになった家をこの博物館にもってきて、当時の街やお店を再現しています。
入場料はかかりますが、かなりおすすめの観光スポットです☆
※ブースによっては追加で料金を払っての入園が必要です。

スパイス屋さん?それとも調味料屋さん?
IMG_8918.JPG

ガラス製品工場かな。左側にガラス製品が並んでいます。
IMG_8896.JPG

住んでるんじゃないかってくらい、生活環が感じられる街並みでした。
当時の格好をしたキャストさんたちが、このように普通に街を歩いています。
IMG_8898.JPG

IMG_8901.JPG

IMG_8904.JPG

この写真は一般家庭かな?薄いパンのような、ガレットのようなものをとうもろこしから作っていました。
IMG_8909.JPG

IMG_8912.JPG

IMG_8929.JPG

パン屋さんです!本当にパンを買うことができます◎
IMG_8922.JPG

パン屋さんの裏側です
IMG_8928.JPG


活版所。銀河鉄道の夜でジョバンニが活版所で働いていたシーンを思い出します。
IMG_8913.JPG

IMG_8914.JPG

薬屋さん
IMG_8939.JPG

IMG_8940.JPG

農家さん。鶏が放し飼いされて走り回っていましたよ!
IMG_8941.JPG

きれいに整備された庭ですね!
IMG_8942.JPG

鶏ではなく、なぜか孔雀。
IMG_8953.JPG

北欧スタイルの屋根。草を屋根にのせるのは、家のなかを適温に保ってくれるからです。
IMG_8956.JPG

ストーブ
IMG_8964.JPG

昔の西洋トイレかな?
IMG_8967.JPG

校長室だったかな?昔ながらの教室もありましたので。
IMG_8977.JPG

動物園もあります。めずらしい動物がいっぱいいました。

さるブースでは にわとりは道を走り回り、牛は草をむさぶってます。 名前のわからないシカのようなトナカイのような動物、イタチのような熊のような動物もいます。

まずは、猿ブース。世界最小級の猿、ピグミーマーモセット
IMG_8979.JPG

IMG_8995.JPG


ワオキツネザル
IMG_8984.JPG

なまけもの
IMG_8989.JPG

名前を調べきることができませんでした( ;∀;)
IMG_8991.JPG

バフーンでしょう。アフリカに似た子がいたもの。
IMG_9016.JPG

ミーアキャットかな?それにしてはちょっと大きい気が。。。
IMG_9019.JPG

おそらくデグーマウスとサンショウウオ。大きいなサンショウウオ。
IMG_9028.JPG

ジャングルみたいな中へ入ると猿が自由に木から木へと飛んでいました。
IMG_9033.JPG

ワニ!
IMG_9035.JPG


IMG_9055.JPG

そのほか、鹿やクマ、トナカイや狼もいましたよ♪
とにかくおすすめなスカンセン博物館!
動物たちの写真たくさん撮っているのですが、このときスマホの調子が悪く、うまく撮れていないのです。
なので詳細は直接HPなどでご覧ください☆
https://www.skansen.se/ja/willkommen-in-skansen

以上でストックホルムの1日は終了です!
次はどこの国の紹介にしようかな〜。

イタリア★トリノ1泊2日ファームステイはこちらから♪
https://tabitoshokunomanpukuki.hatenablog.com/entry/2020/05/17/154352




2020年03月19日

スェーデン旅行2泊3日☆前半


デンマークのコペンハーゲンを出発して、お次はストックホルムです♪

1日目  デンマーク空港出発
     ストックホルム空港到着
     ホテル到着
2日目  ストックホルム市内観光
3日目  ストックホルム空港出発


ストックホルム市内は1日だけの観光です。
足とトラム、水上バスを使って、1日でも十分楽しめることができました。
ちなみに水上バスと書きましたが、ストックホルムは14の島から成り立っていて、
水上バスが普通に日常的に使われています。

今回はストックホルムでの1日を2回に分けてお伝えします♪

IMG_8874.JPG
※ガムラ・スタン

宿泊したのは、空港近くのホテル「Best Western Plus Park Airport Hotel]です。
朝食の品揃えが素晴らしいホテルでした!街から遠いものの、物価の高いストックホルムで
お得に泊まることができました。

IMG_7625.JPG

IMG_7626.JPG

IMG_7627.JPG


薄い真ん中に穴の開いたパンはおそらく、スウェーデン風の薄焼きパン。
真ん中の穴の謎については、竿にかけて乾燥させる説がありました。
IMG_7629.JPG

IMG_7630.JPG

IMG_7631.JPG

IMG_7632.JPG


ストックホルム中央駅から旅はスタート。
歩いて観光スポットが集まる ガムラ・スタンへ行きます。
IMG_7634.JPG

IMG_7645.JPG

ガムラは古いという意味、スタンは街という意味で、趣がある街でした。
IMG_8870.JPG

ガムラ・スタンにあるストックホルム大聖堂です。
カトリックということで、華やか。
IMG_8844.JPG

聖ジョージとドラゴンの彫刻。デンマークとの戦いでスウェーデン軍が買ったことを記念して
彫刻したそうです。カシの木とシカの角からできてるらしいですよ!
IMG_8850.JPG

IMG_8851.JPG

1535年4月20日に、空に6つの謎の光の環が現れたときのことを絵にしたもの。
え、宇宙人がきたの!?それを絵にしたの!??とはしゃいでましたが、
幻日という名の大気光学現象をただ書いたもので、つまりオカルトではありませんっ!
IMG_8856.JPG

IMG_8854.JPG


ドイツ教会。外観撮っただけ。
IMG_8877.JPG


毎年ノーベル賞の授賞式とその晩餐会が行われるスウェーデン・ストックホルム。
ノーベル博物館があります!
IMG_8857.JPG

ノーベル賞を受賞した方々が食べるアイスクリームが博物館内のレストランで食べられます!!
上品な見た目と味!美味しかったです◎
IMG_7662.JPG

しかも椅子の後ろには、ノーベル賞を取った方の直筆のサインあり!
私たちが座った椅子はこちら。
IMG_8860.JPG

小林昌俊さん。2002年にノーベル物理学賞を受賞された物理学者です。
田中耕一さん。2002年にノーベル化学賞を受賞された科学者、エンジニアです。
IMG_8861.JPG

☆ノーベル賞の始まりについて。。。
ダイナマイト発明して、批判も受けてきたノーベルさん。
本人も自分の発明したダイナマイトが殺人兵器になってしまったことが悲しく、
遺言に以下のように残しました。

「私のすべての換金可能な財は、次の方法で処理されなくてはならない。私の遺言執行者が安全な有価証券に投資し継続される基金を設立し、その毎年の利子について、前年に人類のために最大たる貢献をした人々に分配されるものとする」(wiki ノーベル賞より)

このようにしてノーベル賞が始まりました。

赤十字社創設アンリ・デュナン
IMG_8862.JPG

ノーベルとベルタ・フォン・ズットナー
IMG_8864.JPG

これまで受賞してきた人たちの写真と説明、彼らが持っていた物などが飾られてます。
ノーベルの人生についても知ることができます。

それっぽい衣装もあります笑
IMG_8868.JPG

ベルリンの壁の破片もありました
IMG_8867.JPG

次はストックホルムイチオシの観光地、スカンセン博物館についてご紹介します♪


オランダ1泊2日ブログはこちらから★
https://tabitoshokunomanpukuki.hatenablog.com/entry/2020/07/03/133009





カテゴリーアーカイブ
検索
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。