写真ギャラリー
最新記事
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年04月19日

世界の車窓からの風景〜キュランダ鉄道ツアー〜(オーストラリア・ケアンズB前編)

熱帯雨林を上空から眺める旅〜キュランダスカイレール〜
ケアンズ3日目です。この日はvertlaのツアーに参加しました(参考URL:https://www.veltra.com/jp/oceania/australia/cairns/a/1051)。日本語のガイドさんつきです。他社ツアーと比較しても、外国語ツアーとさほど料金も変わらないし、ツアー内容は充実、自分たちだけで行ったとしても、同じくらいにお金もかかりそうでしたので、こちらのツアーに決めました。

熱帯雨林の上を登っていくキュランダスカイレール
RIMG0943.JPG

出発駅はスミス・フィールド駅。終点駅はキュランダ鉄道駅です。
キュランダのスカイレールですが、自然に優しいロープウェイであることでも有名です。スカイレールのために合計36本の支柱を建てたそうですが、そのすべてヘリコプターで運輸したそうで、伐採した木の本数はなんと15本だけだったとか・・・!

一緒に乗ったのは、年少さんの男の子とそのご家族。このあたりの地域で有名な、見たら幸せになれるという青い蝶を探してずっと下を見ていました。
キュランダ_200419_0028.jpg

ケアンズの街も見渡せます
キュランダ_200419_0027.jpg

スカイレークでは、途中で滝や川が見えたりしますが、基本的には、見渡す限りこの熱帯雨林の景色です。
レッドピーク駅というところで1度降り立ち、熱帯雨林を歩きます。

レインフォレストステーションでコアラと記念撮影◎
レインフォレストステーションはコアラ抱っこ&記念撮影を撮れる人気の観光スポットです。コアラさんなんていつも眠っているような生き物なのに、私が撮影したいがために起きていただいて大変申し訳ないのですが、やっぱり1度は抱っこしてみたい。ということで、わずかな時間ですが、写真撮影をさせていただきました。撮影料&抱っこ料がかかります◎

まったく眠くなさそうなコアラだった!!笑
キュランダ_200419_0001ver2.jpg

オーストラリアならではの動物も集結☆
レインフォレストには、コアラとの写真撮影スポット以外に、オーストラリアならではの動物たちと触れ合えるブースもあります。(参考URL:https://www.rainforest.com.au/jpn/wildlife.html

カンガルーがこのように園内で放し飼いされています!
なでなでできますー♪
RIMG0970.JPG

カソワリィ。生きた化石と言われている鳥です。数百万年の時を生き残っている種で、日本では首の赤さから火食い鳥とも呼ばれているようです。この子も園内を自由に移動中。
キュランダ_200419_0025.jpg

カンガルーと似ていますが、これはワラビーです。
カンガルーよりも小さいのがワラビー。なにやらしっぽをなめていますね。かわいい。この子も園内放し飼い。
RIMG0989.JPG

ワニもいます!
RIMG0993.JPG

見た目は犬のように見えますが、中身は狼のように獰猛!ディンゴです。
キュランダ_200419_0026.jpg

ウォンバットです。無防備な体勢寝ている姿がかわいくてたまりませんっ!!
キュランダ_200419_0021.jpg

タスマニアデビル。こちらも木の中で居眠り中で顔は見えません笑
RIMG1003.JPG
水陸両用バス(アーミーダック)乗車はおすすめ!
レインフォレストで大人気の乗り物です!ガコガコ揺れながら急な坂道を登ったりくだったり、細い道もどんどんすすんで走ります!
RIMG1014.JPG

猛毒をもつ植物や、絞め殺しの木と呼ばれる巻き付いた木を枯らす植物、バナナやマンゴーなどの果実植物など様々ガイドさんが紹介しながら進みます。

水辺でバスは船に変わります!
RIMG1022.JPG

アーミーダックのコースに動物はいませんが、日本にはない熱帯雨林ならではの植物が見ることができます。トカゲもいました。運が良ければ、幸せの青い蝶が見られますよ!ここでついに少年と我々は青い蝶を見ることができますよ。

カテゴリーアーカイブ
検索
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。