写真ギャラリー
最新記事
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年04月15日

トルコ旅行5泊6日D

メデューサが見守る貯水池(地下宮殿)
トルコ旅行5日目です◎
この日は、イスタンブールにある貯水池に行きました。
IMG_4319.JPG

水質のあまりよくないイスタンブールに、
ビザンツ時代(ローマ)からつくられはじめたそうです。
IMG_2476 2.
JPG
薄暗く湿った空気の漂う貯水池。
まるで宮殿のような姿をしているので、地下宮殿と呼ばれています。
柱の足元にはうっすらと水が張り巡らされています。


意外なものを発見しました!
石に押しつぶされているメデューサです!!
IMG_2478 2.JPG
いや、違うか。顎で石を押し上げるメデューサか。
メデューサは強いもの!

ここには横のメデューサもいます。
なぜ通常の姿勢でメデューサを置いてあげなかったのでしょうか。
目を見たら石になるからではないかという説もありますが、
私は石の高さを合わせるのにただ単純に横にした説に1票です。

メデューサをどこからどうして持ってきたのか、
その理由についても謎だそうですが、
魔力を期待してではないかという説があります。

黒海デイクルーズで小さな港街へ
イスタンブールではクルーズツアーも人気です♪
我々はAnadolu Kavagi(アナドル・カヴァウ)という
小さな港街へ行く黒海ツアーに参加しました。
IMG_2509 2.JPG
船の上からイスタンブールの街並みを見下ろす

乗船したのは、ランチつきのクルーズです。
IMG_2487 2.JPG

ビュッフェスタイルです
IMG_2490 2.JPG

船ではアナウンスつきで、
名の知れた建物や、
目に留まる建造物の説明も英語でしてくれます。


Anadolu Kavagiは、
港側にシーフードを出す屋台が並んでいます。
港から離れると
小さなこんもりとした山があるのどかな街です。
IMG_4395.JPG

魚料理がメインです!
IMG_4389.JPG

くしに刺さってさかな、さかな〜
IMG_2514 2.JPG

やっぱりサババーガーが1番おすすめ
IMG_2515 2.JPG

レモンと合います◎
IMG_2518 2.JPG

ワンちゃんほんとかわいい。
前から歩いてきたと思いきや、
こんなところにちょこんと座りはじめました。
IMG_2522 3.JPG

おまけ
イスタンブールのラウンジすばらしいのでのせておきます!

入口
IMG_2544 3.JPG

ラウンジは2階建てでとっても広いです!
ごはん飲み物の種類もかなりあるし、
数か所に設置されています。
シミュレーションのゴルフゲーム、テレビゲーム、
鉄道の模型もありましたよ。
IMG_2547 3.JPG

読書エリア
IMG_2546 3.JPG

トイレ
IMG_2549 3.JPG


ほんと一部だけしか載せてませんよ!
各国様々なラウンジ使ってきましたが、1番豪華でした!
イスタンブールで乗り換えのある方は、
ぜひ使ってみてください♪

以上でトルコ旅行終了です◎
お次はオーストラリア旅行編を載せたいと思います!

2020年04月14日

トルコ旅行5泊6日C後編

このブログ書くの3度目です。
下書きしたらエラーなんて、どうしたんですか、ファンブログ。
もうやだ心折れるー。

はい、気を取り直してトルコ4日目後編です。

はい、ブルーモスクでーす。
オスマン帝国の産物でーす。
IMG_2407 2.JPG

いまも使われているモスクでーす。
IMG_4167.JPG

無料で布借りれまーす。
イスラム教なので、露出はさけまーす。
IMG_4182.JPG


はい、アヤソフィア。
広いですね。いまは博物館になってますよ。
ビザンツ帝国時代は教会でした。
オスマン帝国強くって、オスマンの王朝に変わりましたので、
「教会いらないから崩すか、いやでもここきれいだし」となりましてー、
そのままモスクになったそうです。
IMG_4197.JPG

教会跡にモスク建てたもんだから、
ちょっとミフラーブが建物に対して変な位置になってて違和感なんですよここ。
ミフラーブは、イスラム教徒の人に礼拝する方向を示すものです。くぼみです。
でもとりあえず向きさえあってればOKだよね。
IMG_2423 2.JPG

あれ、イスラム教徒って、人物画だめだよね!?と思った方。
そうです、ダメなんです。モスクだったときは隠されていたんです。
でも博物館にするための修復工事で出てきたんですー!!!
IMG_4215.JPG

地下です。
親指をこのくぼみに入れて回すと願いが叶います。
ただし、親指以外の4本指が壁から離れたら夢叶わないからねー!!
IMG_4229.JPG

ヴァイキングも来てましたー!
しっかり来た証を残したのね、いたずら書きで。
金目になるもの見つけたかなー。
IMG_4218.JPG

アラビア文字も飾ってますね。
それにしてもふと思ったんだけど、
キリスト教の聖堂にしても、モスクにしても、
なんで円形の場所多いの??
IMG_2413 2.JPG

ちなみにどこも徒歩で気軽に行ける範囲に観光スポットがあります!
なんて観光しやすいの、イスタンブール!

さあ、ランチタイム。
ここ、おいしかったかな!ジャガイモ料理と肉料理。
トルコは肉料理おいしいよね!
さすが世界3大料理のトルコ♪
IMG_2432 2.JPG

IMG_2430 2.JPG

IMG_2428 2.JPG

IMG_2431 2.JPG

街歩き。
観光客も、地元客っぽい人もいっぱいいました!
IMG_2437 2.JPG

食器屋さんですね!
IMG_2441 2.JPG

ガラタ橋です。
釣りスポットですよー!!!
IMG_2445 2.JPG

行先はガラタ塔!
夕暮れ最高にきれいに見えます◎
ここはなんとアジア大陸とヨーロッパ大陸の境界線なんですよ!
IMG_2447 2.JPG

IMG_2451 2.JPG

さてさてお家に帰りましょう。
気づけばワンちゃんも横で一緒に歩いてました!
IMG_2468 2.JPG

トルコには、ワンちゃんたくさん歩いています。
野良犬だったり飼い犬だったり。
トルコでは野良犬、野良猫用の餌も買えるんですよ!
みんな街にいる犬はなつっこい子たちばかりでした。
野良でも病気予防の注射を受けるそうです。
殺処分0との情報もあります。
本当かどうかはわかりませんが、通りすがりの人たちにかわいがられていましたよ♪

橋のたもとでサババーガー購入!
これは絶対食べたほうがいい!おいしいから!!
IMG_2471 2.JPG


ほか晩御飯はこちらをホテルで。
おなかいっぱいだったので、カッパドキアで買ったナッツと
カップ麺とビールです。
IMG_2472 2.JPG

4日目トルコ旅行これにて終了〜

2020年04月13日

トルコ旅行5泊6日C前編

4日目はイスタンブールです!
IMG_2374 2.JPG
トプカプ宮殿内

朝カッパドキアを出発。
飛行機に乗って、イスタンブールに着!
タクシーで市街にあるホテルまで移動します。

何やらイベントがあるらしく、街中この旗でにぎわっていました。
IMG_4093.JPG

アパートらしいものが建ち並んでいました
IMG_2314 2.JPG

ホテルに到着。旧市街にある洋風なホテル『ホテル サファイア』。
おすすめです!
立地、観光地へのアクセス、
3泊4日で¥12069円のコストパフォーマンス良しのホテルです。
イスタンブールは星3以上のホテルに泊まるのが吉です。
窃盗被害に遭わないためにも!
IMG_2319 2.JPG

IMG_2320 2.JPG

IMG_2321 2.JPG

IMG_2322 2.JPG

ホテル周辺の街並み
IMG_2323 2.JPG


ホテルから歩いて観光へ。
こちらは「Muzaffer Onder Park」です。
IMG_4107.JPG

まるでオランダのキューケンホフ公園!
チューリップがきれいに咲いています♪♪
IMG_2325 2.JPG

実はトルコ、チューリップの原産国なのです。
オスマン帝国(トルコ系民族からはじまっている王朝)で人気だったチューリップが、
ヨーロッパに伝わったそうですよ!
オランダよりも先駆けていたんですね。
IMG_2327 2.JPG

チューリップになぜそんなにスポットが当てられていたのか。
その1つに、イスラム教の唯一神「アッラー」との関係があるようです。

トルコ語でチューリップは「ラーレ」。
この綴りの順番を並び替えると「アッラー」になるそうです。
宗教との関連性があったのです。

余談ですが、「ラーレ」を逆から呼ぶと
三日月を意味する「ヒラール」になるそうです。

三日月といえば、トルコの国旗にもなっていますね。
IMG_2328 2.JPG

Muzaffer Onder Park 周辺には、屋台も出ていたりします。
とうもろこしを買いました。
IMG_4112.JPG


とうもろこしではおさまらない腹のムシ!
観光スポット「トプカプ宮殿(Topkapi )」内のレストランへ行きました!
※入場料かかります!
※チケット売り場に詐欺師と思われる人がふらついているので注意
※チケット売り場、結構並んでました。
 事前にチケットをどう買うかは要確認
IMG_2345 2.JPG

ご満悦の表情です。
トプカプ宮殿内ある「Konyali 1897」です。
現地では高級なお店で、眺めが素晴らしくいいところ。
料理もおいしいです。
IMG_2338 2.JPG

タジン鍋登場!?
IMG_2340 2.JPG

ただの蓋でしたね。
甘だれのかかった鶏肉ステーキです
IMG_2342 2.JPG

耳の生えたパフェです
IMG_2343 2.JPG


まずは、そのままトプカプ宮殿を観光。
トプカプ宮殿は、オスマン帝国の皇帝(スルタンさん)が住んでいた場所です。
とっても広いですので、見終わったあとはちょっと歩き疲れてます◎笑

どこがなんの部屋なのか説明がうまくできませんので、
どんな部屋があるのかさらっと解説しますね笑!

〇ハレム
 女性の居室。奴隷として売られていた
 様々な国・民族の女性たちがこの宮殿には入ってきたようです。
 「スルタンの息子を生んで地位と権力獲得してやるー!」と
 熱き戦いが繰り広げられていたそうです。
 多いときには、千人超え。こわいー。
〇皇帝の母の部屋
〇スルタンの部屋
〇黒人宦官の住居(去勢されてます)
〇皇子の部屋(鳥かご)
 皇帝の息子たちの幽閉場所。
 次の皇帝が決まるとほかの兄弟が殺された時代あり。
〇財宝庫
〇図書館
〇お庭

といった感じです。
以下に写真をどんどん載せていきます!

青がきれいなんです!
なんで青くしたのか、調べたんですがででこないですね。
単純に好きだったんですかね。
IMG_2351 2.JPG

人物や動物の絵は一切ありません。
偶像崇拝が禁じられているからです。
人物や動物の創造ができるのは神様だけだ!という話らしいです。
ところで、この天井から吊るされているくす玉はなんなんでしょうか。
ライトが吊るされていることはよくあるのですが・・・
IMG_2359 2.JPG

IMG_2361 2.JPG
IMG_2363 2.JPG
IMG_2364 2.JPG
IMG_2367 2.JPG

「ハロー」と警備員さんに挨拶をして部屋に入ると、
にこっと笑って、床を見てごらんと目配せ。
足跡がありました。
IMG_2372 2.JPG

IMG_2378 2.JPG
IMG_2381 2.JPG
IMG_2384 2.JPG
IMG_2392 2.JPG
IMG_2395 2.JPG

幾何学的な美しさを感じます。
イスラムでは数学が高度に発展していたそうです。

お次はブルーモスクとアヤソフィアです◎

2020年04月12日

トルコ旅行5泊6日B後編

トルコ旅行3日目の後編です。

が!

ひじょーに短いブログになりました。
この日に行った場所は洞窟内の写真撮影NGで、
外からの景色しか残っていなかったからです!

行ったのは、Goreme Open Air Museum (ギョレメ野外博物館)です。
宿泊していた「スルタン ケーブ スイーツ」から徒歩で30分程度です。
IMG_2299 2.JPG

IMG_2298 2.JPG

岩に掘られた洞窟教会がいくつかあります。
そこにはフレスコ画が描かれています。
フレスコ画というのは、漆喰をぬって、それが乾ききらないうちに
水に溶かした顔料を塗っているとのこと。
イタリア語で「新鮮」という意味があるそうです。
IMG_2301 2.JPG

IMG_4069.JPG


この日の写真は以上です!涙

カッパドキアは、観光地化がよくされていて、
観光用の大型バスやタクシーが走っているのはほとんど見なかったものの、
ほど良いのんびりとした田舎といった感じのところでした。

この日はカッパドキアに宿泊し、翌日イスタンブールへ移動しました。

2020年04月11日

トルコ旅行5泊6日B前編

3日目の午前はカッパドキアのローカルレシピを学べるツアーに参加しました◎
通訳つき(英語の)のツアーです♪
まるでウルルン滞在記のようでした。

実際にカッパドキアに住んでいる方のご自宅に行って学べる料理教室ツアーで、
料理の仕方はもちろん、どんな暮らしをしているかも見ることができました◎
IMG_4044.JPG
※気づけばガイドさんも一緒にトルコ料理づくり笑

まずは、買い出しから!
こちらの車に乗って出かけます♪
人里離れたのぼりくだりの厳しい渓谷を走っていくので、
道中もスリリングで楽しかったです笑
IMG_3894.JPG

市場到着。
野菜の種がたくさん売られています。
IMG_3896.JPG

果物も野菜もたくさん売っています☆
IMG_3898.JPG

唐辛子が山積みになって売られています!
唐辛子といっても、
この類の唐辛子は野菜のようにして食べるのが主流みたいです。
IMG_3900.JPG

ご自宅に行くまでの道中にて
IMG_3912.JPG

岩に穴発見!これはきっと自然にできた穴ですね。
IMG_3911.JPG

ご自宅到着!
庭の広いご自宅でした。
鶏が自宅周辺を自由に歩いていましたよ。
IMG_3936.JPG

到着すると、料理を教えてくれるお母さんが紅茶をいれてくれました。
IMG_3914.JPG

朝ごはんを食べながらお出迎え。
「あなたたちも食べていいのよ!」と言ってくれました。
チーズとバター、パンがメインですね。
食べながら料理開始です!
ガイドさんとご家族は長い付き合いですので、リラックスした雰囲気です。
IMG_3918.JPG


作る料理はこちら
パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ(なす料理)
レンティルスープ(豆のスープ)
ドルマ(米とピーマンの詰め物)
サルマ(クスクス?とブドウの葉を使用)
ヘルワ(デザート)

これはドルマづくりです。米と玉ねぎがボールに入っています。
IMG_3950.JPG

ディルやパセリなどの香草をたっぷり入れて、
IMG_3953.JPG

赤玉ねぎ、チリパウダー、トマトペースト、スパイスや塩などを入れていきます。
IMG_3959.JPG

ピーマン、ズッキーニをドルマの型にします。
IMG_3980.JPG

残った生地に、おそらくクスクス的なものを混ぜまして、
ブドウの葉でくるんでサルマに。
IMG_3984.JPG

パプリカでズッキーニやピーマンに蓋をして、
お湯を入れて煮詰めていきます。
IMG_3989.JPG

パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ用の具材づくり。
IMG_3995.JPG

なんとガスバーナーが登場!お野菜を炒めます。
IMG_4002.JPG

レンティルスープづくりです。
豆をゆでた後に、ざるで漉しています。
IMG_4014.JPG

デザートのヘルワづくりです。
真っ白な小麦粉と砂糖&油。
IMG_4035.JPG

茶色くしたら出来上がり。
IMG_4045.JPG

おいしそうでヘルシーな食卓になりました!
IMG_4053.JPG

パトゥルジャン・イマム・バユルドゥ
IMG_2292 2.JPG

レンティルスープ(豆のスープ)
ドルマ(米とピーマンの詰め物)
サルマ(クスクス?とブドウの葉を使用)
IMG_2293 2.JPG

トルコ珈琲も入れてくれました。
IMG_4062.JPG

デザートのヘルワと一緒に。
IMG_2296 2.JPG

カップを逆さにしてます。
占いをしています◎
トルコ珈琲はカップに粉が残るのですが、
その残った粉の形で運勢を占うそうです。結果はヒミツ笑
IMG_4063.JPG

お部屋にあった暖炉。
IMG_2284 2.JPG

とっても美味しくヘルシーなごはんでした♪
ご家族みんなフレンドリーで優しく、なごやかな時間を過ごせました。
カテゴリーアーカイブ
検索
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。