写真ギャラリー
最新記事
<< 2020年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
ファン

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年03月29日

ジュネーブ近郊観光 フランスArbois(アルボワ)へ


先週の日曜日、フランスのArbois(アルボワ)という
小さな街に行ってきました。

朝おにぎりを作って、12時に出発。

ジュネーブから車で2時間で行けるところです。
アルボワに着くまでは、くねくねの山道ばかりで観光スポットはほぼなく、
長い移動時間となりました顔3(かなしいカオ)


IMG_1507.JPG
水の流れる音が聞こえる街。LE BISTRONOME という
レストランの近くで見ることができる景色です。この近くに駐車場があります。


IMG_1505.JPG
高い塔は教会です。

まずは教会へ向かいました。
写真を撮ってなかったので、googleのピンを参考にしてください笑

https://www.google.ch/maps/place/Eglise+Saint+Just+12th+century/@46.9017229,5.7705873,17.94z/data=!4m5!3m4!1s0x0:0x5b15849698bcf6a8!8m2!3d46.9022658!4d5.7712897

残念ながら教会の中を見ることはできませんでした。
そもそも小さな街の教会なので、観光客が入れるのかどうかよくわからないんですけど←

教会をあとにして、街を歩きます。


IMG_1521.JPG
面白い作りの家です。教会のすぐ近くにあります。


ここで、教会からちょっと車に忘れ物を取りに行った私。

ついでに気になった橋を渡って、そのまま気ままに歩くことにしました。
(ジュネラル・ピシュグリュ通り)



IMG_1512.JPG
この街の家々には排水溝のような穴があります。
川が氾濫したときに水を流すためかな〜何かな〜。
(ブルゴーニュ通り)


IMG_1518.JPG
開けた景色。アヒルが泳いでます。(トゥール通り)



IMG_1519.JPG
細い橋を渡ります。(ファラマン通り)



お店が立ち並んでいそうなクールセル通りに向かいます。

レストランやバー、薬屋さんなどがちらほらあります。
途中ワインショップを見かけて、入ることに。


IMG_1554.JPG
ワイナリー Domaine jacques tissot  にて購入したワイン。
白ワインが好きだと行ったら、これをオススメされました。


ここのショップのオーナーさんは、どうやらワイン生産者本人のようです。
オーナーさんがぶどう畑でにっこり笑う写真や、オーナーさんの顔写真付きの
パンフレットがありました。

この近辺のガイドブックもくれて、親切オーナーさんでした。


その後、街の中心部と思われるロータリーがあるところへ。

IMG_1532.JPG
チーズ屋さんと、ワイナリー、レストランやカフェ、パティスリーがやっていました。


私たちは、サラミ、ケーキを購入。
この街をあとにしました。

1時間か2時間もあれば十分満足できる小さな街でした。



お次はアルボワから20分ほど車で走ったところにある
アル=ケ=スナンの王立製塩所へ。

世界遺産です。


残念ながら17時閉館で、間に合わなかったですね〜。
そもそもここが、時間制限のある観光スポットだということを知りませんでした涙

先にこっちから行けばよかった〜!

でも、全体の景色は見ることができました。


IMG_1534.JPG
これが入り口の門です。


IMG_1540.JPG
外から見た製塩所。

IMG_1537.JPG
写真には入りきらなかったんですけど、
ここの製塩所は半円の綺麗な形をしています。


私の写真では伝えきれませんね〜。


詳しくはこちらを参考にしてください〜。
http://jp.france.fr/ja/discover/101739


周りを見渡すと、牧草地だったり、ワイン畑だったりで、他は何もない!

って感じだったんですけど、鉱脈がこのあたりにあったそうで
ポツンっと建てられたそうですよ〜。





以上、ジュネーブからの小旅行でした。

時間がある方は、オルナンや、ブサンソン という街と
セットで行くと良いかもしれません。

次回私たちも行ってみたいと思ってる街です〜。




駐車場情報

★アルボワについて
LE BISTRONOME という名前のレストランの横。
またはEglise Saint Just 12th century Église Saint-Just d'Arbois(教会)
にも駐車場がありました〜。無料です。

★製塩所について
製塩所の真ん前にあります。これも無料です〜。



2016年08月12日

フランスの最も美しい村 イヴォワールへ


どうも(^^)
今日もまたフランスの小さな街のご紹介です。

レマン湖の真珠  花の街 とも言われている

イヴォワール(Yvoire)

IMG_0519.JPG
石造りの家々が建ち並んでいます

IMG_0566.JPG
どの家にも可愛い花壇が♪




イヴォワールはフランスの農村部の活性化のためにつくられた協会
(Les plus beaux villages de France)に

最も美しい村154選


に選ばれた村です。

1968年には305人だった人口が
いまでは800を超える人口になり
観光地としても有名になっているようです。


コルナバン(Cornavin)駅〜ニヨン(Nyon )駅まで鉄道を乗り
ニヨン駅から歩いてニヨンCGN駅に行き、フェリーに乗れば1時間ほどで到着。

IMG_0493.JPG
(船の2階はレストランになってます。それにしても結構観光客がいます。)


ジュネーブからとてもアクセスのいい村です。


村の中は、どこも観光客向けのお店で
お菓子屋、雑貨屋、画廊、レストラン、インテリア、人形屋、食器屋、帽子屋など・・・。


私が何より気に入ったお店は、インテリア屋さんでした(●・ω・●)

今までに見たことのないような照明が売ってます。
まるでここの空間一体が宇宙かのような・・・

IMG_0533 (2).JPG
Gainage Cuir というお店。中で写真を撮るには少し気が引けて・・・窓からパシャリ。



ランチには坂道を登ったところにあるle pre de la cureへ。

IMG_0542.JPG
奥のほうにレマン湖の青い色が見えます(^^)

こちらのお店では
レマン湖でとれた淡泊な白身魚”ペルシェ”があります。

IMG_0537.JPG
Perches poêle es beurre olives 26.50€
(3011円 2016年8月12日現在)

淡水魚らしい癖をわずかに残した鮎って感じです。

個人の感想ですよ!


下のは地元産の肉を使った生ハムだそうです。

IMG_0540.JPG
Ardoise de jambon de pays   10,50€

これは絶品。旨味があります♪


デザートも(*^^*)

IMG_0544.JPG
macaron fruits rouges9.20€

これまたフルーツの酸味、甘味がよく活かされてました♪
眺めもいいし、これは入って正解〜!!


食後は五感の庭 へ


IMG_0586.JPG


IMG_0573.JPG

写真のような雰囲気にひかれてやってきたんですが、

入ってみると、思いのほか
マニアック。 笑

入ってすぐのところには高山植物や、薬に使われている植物が展示。
ちょっと難しい・・・。

しかも時季外れなのが、そういうものなのか、
庭にしては物寂しい・・・。

んー微妙なところに入ったか・・・。

でも、それはまだ入り口です。

味覚の庭(食用の植物の庭)
嗅覚の庭(香りのある植物の庭)
触角の庭(触って楽しむ庭)
視覚の庭(植物の色を楽しむ庭)
聴覚の庭(噴水の水の音や鳥のさえずりが聞こえる庭)

をテーマにした庭があり、それぞれの場所で
知らない植物のにおいをかいだり、触ったりして楽しみました。



というわけで。
お花好き、ガーデン好きにはたまらないイヴォワールでした

IMG_0563.JPG


次回はジュネーブの日常のお話をしたいと思いま〜す。

2016年08月11日

人魚も住んでた美しさ!?? フランス アヌシーの魅力☆日曜朝市


先月のフランス旅行のお話です(*^^*)

イタリアの水の都市「ベネチア」はご存知の方が多いと思いますが、

フランスのベネチア「アヌシー(Annecy)」 

はご存知でしょうか??

可愛い街並みと花、川の流れる景観が美しく
フランス人もあこがれる都市です。

旧市街近辺は1日で十分観光できるところですよ〜。

IMG_0822.JPG


今回私たちは日曜日に行われている朝市に出かけました。
なぜなら スイスは物価が高い!

というわけで、バスや車で中心地から1時間30分ほどでいける
隣国フランスに買い出しに行く方も結構いるわけです。


アヌシーの駅から朝市のやっている旧市街地までは徒歩で
5〜10分もあれば着きます。

IMG_0779.JPG

写真だけでは伝わらないかもしれませんが、かなりの人!!
バックを盗まれないよう前で握りしめながら歩きました笑


サラミや野菜、果物、パン、チーズなどの食べ物だけではなく
服やサングラス、装飾品などもありました。

写真は食べ物だけですが・・・

IMG_0789.JPG
前にある紐がついたサラミは試食用で、ナイフで切って自由に試食できます。
かむと肉汁がにじみ出てきて、噛めば噛むほど旨味もでるサラミですー

IMG_0801.JPG
色とりどりの野菜。


IMG_0818.JPG
手前のカゴにもあるように、手のりサイズのチーズも100〜200円くらいで買えます!




私たちは、生活用食品とブランチにパン、ハム、チーズを買って
アヌシー湖沿いの公園へ。

こっちの生活らしく、食事は公園で食べました(*^^*)

IMG_0864.JPG
アヌシー湖。遠くに山も見えます。

IMG_0879.JPG
アヌシー湖にある「愛の橋」から撮影

アヌシーの水は世界的にみてもとても透明度が高いそうですが、
見て納得でした。

よし!それなら泳いでみますか〜〜〜!!!


と飛び込みたいところですが
水中に入れるのは  だけでした。(わざわざ看板に人は×、犬は〇と書いてあったのです笑)

残念っ・・・。

愛の橋をあとにして、
旧市街ちに戻ります。


暑い日なので、アイスも食べます!

IMG_0909.JPG


3歩 歩けばジェラート屋!ってくらい
ジェラート屋さんがたくさん!!

それぞれのフルーツが持っている
みずみずしさ、食感や酸味、甘味がちゃんと引き立っていてスバラシかったですーー(>_<)



次に向かうはアヌシー城。

IMG_0923.JPG

坂を上ったところにありまして
アヌシー旧市街の街並みを見下ろすことができます。

ここ、アヌシー城は現在博物館のようになってます。

アヌシー湖について(魚・漁・つくり等)
アヌシー城の歴史・家具や壁画などの城の備品
アーティストによる芸術作品(芸術空間?)

など、知ることがっ・・・・って・・・・

何が書いてあるかほとんどさっぱりでした!!!笑

でも1つ、
これはスゴそうだぞ!ってものを発見しました。

IMG_0932.JPG


え。なにこれ?ですよね。

説明を見てみると・・・・

人魚の骨ーーー!!??

しかも2体

人魚、アヌシー湖から引き上げましたー!
と言いたげな写真もあります。

フィクションなのか、なんなのか・・・。
ああ、でもこれだけきれいな場所だと

人魚も住みたいですよねきっと・・・。


真相は謎です。

また次もフランスのお話をしたいと思います♪








25分129円〜のマンツーマン英会話


ワールドビジネスサテライトや産経新聞でも紹介された英会話







カテゴリーアーカイブ
検索
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。