広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

2016年12月07日

トライセクター 〜2つの企業で働くという生き方〜

あなたは「複数」の企業で働くことになる
〜すべてのビジネスパーソンにオススメしたい「複業」について

近い将来、サラリーマンは1社だけに帰属するのではなく、
2社以上と仕事をするようになる。


ひらめき.jpg

複数の企業で働くのが当たり前になる

というのも、そういった働き方をする人が身近に増えてきたんです。ヘッジファンドに所属しながら、外部顧問として週1で他の企業を手伝ったりしています。また、ある人は、スタートアップ企業に週3勤務でPRを担当しながら、フリーライターとしても活動しています。

稼ぐ2.jpg

複業でスキルや人脈や稼ぐ力が手に入る

「複業」はおカネを稼ぐのみならず、半端ないスキルや人脈を獲得する上でも役に立つということ。「副業」っていう言い方をしてしまうと、どうしても「カネ稼ぎ」みたいなニュアンスになりがちなんで、「複業」って言い方をしたい。とりあえず、色々と情報発信すると、おカネ以外の部分でもスキルや人脈が手に入ったり、人生にとって大きくプラスです。

ロート製薬の副業容認

2015年4月時点では、副業をしている人も周りにあまりおらず、世間的にも副業に肯定的な意見は少なかったように思います。そこから、ロート製薬の副業OKのニュースがあったり、産業競争力会議で副業容認の動きがあったりで、かなり世間の動きが変わってきました。このあたりで、「これはもう大丈夫やな」と思い、所属している会社の上司や同僚にも「複業」をしていることを隠さずに言うようになりました。

サイボウズの青野社長「副業禁止を禁止しよう」

さらに、最近では、サイボウズの代表取締役を務める青野慶久さんが、「副業禁止の禁止」を提唱されていて、たぶんこの感じでいけば、5年後にはほとんどのビジネスパーソンが「複業」を行っているんじゃないかと予想します。青野さんが著書「チームのことだけ、考えた」の中で、副業について語っている部分があるので、一部抜粋してご紹介します。

インターネットが普及した現代においては、アフィリエイトやネットオークションなど個人が収入を得られる手段はさまざまに存在する。そのすべてを禁止することは実態にそぐわなくなってきている。
執筆や講演等は、会社の認知度向上につながる。会社の資産を毀損するどころか高めてくれることの方が多い。
社外での自発的な活動は、サイボウズ社内では得られない人脈や情報につながり、本人のスキル向上を促進することもできる。その結果、社内の業務に革新をもたらす可能性が高まる。
メンバーが副業している話を聞くのはとても楽しい。通常の業務の範囲では、まず得られない情報や人脈の宝庫だ。今後は副業がもたらすイノベーションに期待している。

米国で進むトライセクターリーダー

米国のエリート層の中でも、本業以外の分野で活躍するトライセクター・リーダーが増えているようです。トライセクター・リーダーとは、民間・公共・社会の3つの垣根を越えて活躍する人材のことを指します。必ずしもすべての組織に属する必要はなく、1つか2つのセクターに属していながら、プロジェクトベースで、その他のセクターにも関わるような働き方が多いようです。 

異分野をつなぐ人材の市場価値が上がる

また、青野社長も仰っていることですが、社外での自発的な活動は、社内では得られない人脈や情報につながり、社内の業務に革新をもたらす可能性をも秘めています。今後は、こうした社外で培ったネットワークを武器に、組織の垣根を越え、異分野をつなぐ「ハブ型人材」の市場価値があがると思っています。経営学でいうところの「バウンダリースパナー(※ 境界を越えて動き回る人)」。

MITメディアラボ所長、伊藤穣一氏は世界最強の「ハブ型人材」

「ハブ型人材」は、分野横断的な視点をもっていて、様々なコミュニティに足を突っ込んでおり、相互の人と人どうしをつなげています。なかでも、MITメディアラボ所長を務める伊藤譲一氏は、異分野をつなぐ「天才」であり、不遜な言い方をさせてもらえば、世界最強の「ハブ型人材」といって良いと思います。

最後に

「絶対的な経済的安定を求めるなら問答無用で『複業』すべき」って話をしたいと思います。言うまでもなく、企業がセグメント別に分散的に「売上」や「利益」をあげているように、個人もポートフォリオをつくって、分散的に「収益」をあげるのがもっとも安定的で望ましい形です。不確実な時代だと言われていますが、これからも同様、世の中は不確実性に満ちていて、「この会社にいれば大丈夫!」って会社は存在しないと思います。漠然と未来を迎えれば、孤独で貧困な人生が待ち受けているかもしれませんが、主体的に未来を築けば、自由で創造的で素晴らしい人生が手に入る時代だとも思います。よく言われることですが、これからは誰しもが「自分株式会社」みたいなものを経営する意識をもって、「会社に依存しない自分」みたいなものを築いていくべきなのかもしれません。

sidewalk-657906_1280.jpg

社員をやる気にさせる方法

旅1.jpg
旅2.jpg


夏休みなどの長期休暇の後。

社員がリフレッシュして帰ってきてくれればいいのだけれど、
休暇中の開放感に心を奪われて何となく気持ちがだれがちです・・・。


一人の社員にやる気がないと、他の社員にもうつってしまうし、
そうなると仕事の効率が下がってしまいますよね!?
どうしたら社員はやる気を出してくれるのでしょうか?


人がやる気を出すときというのは、

自分が好きなもの、大切なもの、重要なもの

に対してだそうです。

確かに自分の子供のころを思い出してみても、
TVゲームなどにはまって、次から次へと
与えられるクエストを使命感に燃えてこなしていました。笑


目の前の事が自分の価値観に合致している時は、
自然とやる気が起こるものなのですね!


稼ぐ6.jpg


ここでは、「社員にやる気を出させる方法」を紹介します。


1.自分の存在意義を明確にしてあげる

会社にとって、社員の存在にはどんな意義があるのか?

「会社の未来を担う人」
「会社を引っ張るの人」
「いろいろな業務を担当する人」
「全体を見る人」

言葉にして伝えてあげましょう。


営業、開発、管理、マネジャーなどに
置き換えることができます。


自分はどうせ重要ではない、蚊帳の外、
なんて思っている社員のこともきちんと呼んで、
「君のことも必要なんだ!」と伝えてあげましょう。


2.社長と同じ目的を共有させる

社長の目的は社員に明確に伝えましょう。

王様が困っていることは、
みんなに聞いてもらっていろんなことが始まります。


目的がわかれば、みんな一生懸命、自分の役割をはたしてくれます。
自ら目的に合った自分の武器やテクニックを選んで、目的を達成しようとします。

王様の悩みが難問であれば
自分のレベルを上げるところからコツコツ努力するものです。


3.成長をほめる

ひとつの業務が終わってレベルが上がると、
レベルアップの合図があり、
様々な方法で、評価もしていきます。

社員のレベルアップを評価するのは社長や上司です。


「良く頑張ったね!」

「出来るようになったね!」


など、社員の成長を一緒に喜び、褒めてあげましょう。

4. 仕事と家庭の両立をサポートする

いくら仕事が順調でも、
プライベートも充実していないとやる気になれません。


業務をひたすら邁進するだけよりも
様々な場面で楽しんだり、寄り道する方が、
達成した後も充実感が味わえるものです。


結婚したから家事の時間が欲しい、
子供が出来て育児が忙しい、
などの社員には出来る範囲で
フレックスや時短、定時退勤 など対応してあげましょう。


5. 会社の事業・経営理念などで誇りを持たせる。


社長のわがままに付き合うのは気が進みませんが、
市民に貢献する、住んでいる人を元気するとか、
緊急で困っている人を助けるとか、
社会的に役に立つことであれば、
人は頑張れる ものです。


事業や経営理念は社員が誇りの持てるものですか?
再度見直してみましょう。


6. 時に大きな目標と対処させる

高い目標を達成するには、まず個々のスキルを上げます。
できることや準備を揃え、様々用意してから戦いの準備をします。
目標を達成するまでに何か月もかかることもあります。


それでも、高い目標を達成した後は、
たくさんの経験値を手に入れ、
達成感を得られるのです。


時に大きな目標や課題を与える ことも、
やる気アップに繋がるでしょう。


7. 期待に応えた社員には給与アップや賞与支給など。

目標を達成したときは、しっかりと答えることです。

頑張っている社員には昇給や賞与などで評価してあげましょう。


それが難しい場合でも、
「いつも頑張ってくれてありがとう!」
という社長からの一言は何よりも嬉しいものです。

また、ケーキ等のお菓子を買ってきたり、
ランチや飲みに連れていき感謝を伝えても良いでしょう。


稼ぐ2.jpg

まとめると…

会社が社員のやる気アップのために出来ることは、
環境を整備してあげることです。
環境を整備して仕事の効率を上げることも
社員のやる気につながります。
その一つとして、ワークフローの導入も効果的です。


ぜひ社員のやる気を出しやすくしてあげてくださいね。

water-654764_1280.jpg

マーケティング = 売れるしくみ 商品が売れる原則

稼ぐ8.jpg

稼ぐ2.jpg

かなり共感できる記事をご紹介します。

人は、体験イメージでものを買う と私は考えています。
これはセールスも店舗も通販もノーハウもすべて同じです。
そこを伝えれば、買ってほしいと言わなくても、ほしいと言われます。


商品が売れていく原則を学ぶ:お客様は商品を欲しくない

なぜ商品が売れるのかを考えた事はあるでしょうか?

ビジネスを行う側として売上を出すためには
何とかして商品を売っていかないといけません。
そのために、製品を全面的にアピールします。

この時、なぜお客様はその商品を買わないといけないのかを考えないといけません。
重要なのは、「お客様は自分の商品を全く欲しくない」という思考ができるかどうかになります。

多くの人は「自分が作った商品は最高!!」と思います。
ここに売れない原因があります。


お客様は商品を買っている訳ではない
人が商品を購入する時、その商品を買っている訳ではありません。
意味が分かるでしょうか。これはあなたの行動を考えれば分かります。

例えば、気の知れた友達と食事に行く場合はどのような店を選ぶでしょうか。
面倒なので近くの店にするとおもいます。
これが男同士なら焼肉にでも行くことがあるでしょう。

それでは、これがデートであればどうでしょうか?
少なくとも焼肉や定食屋には行かないと思います。
自分の住んでいる場所から多少離れていたとしても、おしゃれな店を選ぶでしょう。

これを踏まえた上で、何であなたはこのような行動を取るのでしょうか?
デートで焼肉を食べに行ってはいけないというルールはないはずです。
しかし、実際にデートで焼肉を食べに行く人は稀です。

今回の場合、デートで食事に行くのは「ただ単に食べに行く」ということではありません。
お客様は食事を食べたいのではなく、デートを目的としてその店に行っているわけです。
別にデートとは限りません。中には不倫をしたいために店を訪れているのかもしれません。

このように、飲食店では食事を出せば良いわけではありません。
お客様は料理を食べたいのではなく、
その店で何をしたいかという価値に対してお金を払っているのです。

これを考えた時に、「良い料理を出せばお客様が勝手に来てくれる」という
根性論がいかに意味がないか分かると思います。

焼肉でも同じことが言えます。
焼肉や定食屋に来る人は友達と気軽に笑いながら話すために行きます。
焼肉という手段を使って、楽しく話すという目的を達成するために店を訪れているだけです。

このように、お客様はその商品が欲しいのではありません。
その商品が提供する価値に魅力があるためにお金を支払うのです。

ダイエットサプリでは?

別にお客様はダイエットサプリを飲みたいとは一つも思っていません。
痩せることができるのであれば、別にスポーツジムでもりんごダイエットでも良いはずです。

このように、マーケティングの基礎では
最初に「お客様は自分の商品を欲しくない」
と思うことから始まります。
これを理解せずに「自分の商品最高!!」と思うから売れないです。


お客様の未来を達成させるように付加価値を付けたり、
商品の見せ方を変えたりすることで売上を伸ばしていくのです。
これが、商品が売れていく原理原則となります。


お客様は商品が欲しいのではなく、
その価値に対してお金を払っているのです。

2016年11月06日

フランチャイズ事業 売上計画 投資回収 など 試算書を信用するな!!

稼ぐ2.jpg

フランチャイズ事業の本当にたくさんあります。
また、普通に独立起業するより、
成功率が高いと一般的には言われています。



稼ぐ8.jpg


ただ、様々な経費や売上計画は、
一番いいケースと一番悪いケースの間で作られています。
もし一番悪いケースになったら、、、

最悪の最悪でも問題ない計画にて、すべてのチェックが必要です。
でないと、資金繰りや販売促進などすべてが厳しくなります。

場所がよく、人通りが勝負のビジネス(コンビニ)などは、それほど差がないですが、
固定客を狙うビジネス(塾、美容系など店舗を構えて、毎日来店のビジネス)は、
場所により本当に時間を要するので時間とお金ががかかります。

ある程度はいけば、安定はしますが、そこまでが本当に大変です。



社会保険率.jpg

チェックのポイントは、以下になります。

1. 投資額の増加

初期投資は、場所や施設などさまざまな条件で異なります。
つまり増えるということです。20%-30%の増加見込みは必須かもしれません。


2. 売上計画の最小化

売上げが0はないかもしれませんが、0でも耐えられる財務力を
準備する必要があります。

3. 人の管理

信頼して任せらえる人間が見つかったら、始めるくらい重要かもしれません。

4. リスクの検証

ありとあらゆるリスクを考えてそれを納得できるまで
調べてから、始めるという決断をしてください。

ここは本当に大事です。


売上ヒント.jpg


最後に、夢を追うということは普通の道ではありません。

簡単にできるならみんな成功します。

どんなに厳しくても、耐えるタフさが必要です。

そこを乗り越えた人だけが、富を得るのだと思います。

富はたくさんある。

つかむまでは頑張り続けないといけません。

フランチャイズ 独立起業 成功する人たち

ひらめき.jpg

フランチャイズでの成功者の共通点

記事紹介ですが、結構納得するポイントでした。
シリーズで紹介していますが、どれにも該当するものがでてきています。
前向き、楽観的、順応性、意志が強いなど、だからO型の人なんですね。
これをすべてもっている、意識することが大事だと考えます。


フランチャイズで成功する人といっても、いろいろなタイプの人がいると思うんです。私の経験からフランチャイズで成功している人の共通点を3つお話しすることにします。

1)経営者としての資質があること

要は、フランチャイズをしっかり事業として管理して運営していく能力ということになるでしょうか。
本部は店を営業するノウハウは教えてくれます。ですが、店を営業することと経営することは全くの別物。経営は加盟者自身の責任なんですね。

優れた経営者であるためには、経営に関する知識は必要ですし、店のスタッフをまとめていくリーダーシップも大切です。会計知識もなくてはなりません。

脱サラで独立開業する方でも、店がオープンした時から経営者です。経営者としての素養を身につけていれば成功の確率は高まるでしょう。
ただ、これからフランチャイズ加盟を考えている方は、今から心配することはありません。
店を開いてから勉強すればいいことです。

2) 明るい未来を信じて頑張れる「前向き」な性格であること

フランチャイズは決して甘いビジネスではありません。店がオープンして、初めから業績好調なんてことは滅多にあることではありません。
つまづき、壁にぶつかりながら、一つ一つ課題を解決して目標に近づけていく努力が必要です。
そんな時にいちいち落ち込んでいたのでは、成功はおぼつきません。
フランチャイズの成功者の中には、過去に事業で失敗したという経験を持つ方が結構います。そうした方々は、過去の挫折を糧にして今の成功を掴んでいるんだと思います。
事業にリスクはつきもの、明るく前向きであることは絶対に必要です。

3) 順応性とか適応性、つまり物事を柔軟に受け入れる素直さがある

このことは、フランチャイズ特有のことかもしれませんね。
フランチャイズというのは、わかりやすく言うと、本部がビジネスモデルを開発し、加盟者がお金を払ってそのノウハウを教えてもらうということです。
ですから、本部の指導に従って店を運営することが大前提で、店を繁盛させる近道は本部の指導を守っていくことなんです。
店を営業していると、マニュアルに書かれていることより、「オレはこうしたほうがいいと思う」というようなことは度々あるはず。そんな時でも、マニュアルに素直に従う姿勢が大切です。
自分のやり方でやりたいのならフランチャイズに加盟しないほうがいい。
フランチャイズでは、「オレ流」は通用しないのです。



にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ
にほんブログ村 転職
RSS取得
検索
プロフィール
独立起業を学ぼうさんの画像
独立起業を学ぼう
40代にて、慎重に独立起業をすすめているマナビー。 フランチャイズの説明会50回以上参加、本部の考えへの疑問 60代の安定収入やフロー所得を目指す、元外資系営業マン 様々な情報から、良い悪いをはっきりこれからの方へ お伝えし、失敗も成功も理解してもらいたい! 人生一度は独立したい!男のロマンを追い求めるブログ! 現実は厳しいが、苦労の先に夢がある!!
ブログ
プロフィール
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
写真ギャラリー
リンク集