広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

2017年02月05日

転職 適職診断 天職を探そう!!!

2e75fb9e.jpg

自分は何にむいているのか?

自分は何でいきているのか?

自分はどんな仕事をしたらいいのか?

自分の天職は何なんだろう?


やなことがあったり、仕事がしんどかったり、

いろんな話や人とあったときに、

自分は何が一番あうのだろう?


そんな瞬間や時間がありませんか?

アメリカで使われている

自己診断のサイトがありましたので、

紹介します。

これもすべてがあてはまるわけではないので、

あくまで参考です。


http://seikaku7.com/tekisyoku/

結構細かくでるので、試してみてください。


天職とは、もっとも楽しく

仕事をしている感覚がなくなる

遊んでいるより楽しい

いきていく意味のような時間

そんな幸せな時間になる仕事

これを天職として

皆さんも探し続けてください。


以下はキャリアアップならというおすすめサイト。登録審査のあるサイトもあります。

BIZREACH

ビズリーチ・ウーマン

パソナキャリア

リクルートエージェント

リクナビNEXT

転職 アルバイト生活からの脱出

電話するOL 画像.jpg

20代アルバイトで月収15万円のケースで考えてみます。
できれば、安定した生活を送りたい!!

以下All aboutの記事になりますが、
少ない給料で大変切り詰めて、貯蓄をされている方だとおもいます。
会社が社会保険等を整備している会社は必須かもしれません。
個人からももちろんひかれますが、会社が折半してくれるので、負担が軽減されるのです。

ただし、別記載でも入れていますが、それなりな武器をもって転職に臨む、自己投資やステップ
アップを考えてください。そのエリアの求人倍率等にて、地方や東京がどちらがよいのかを
考えてください。場所によっては、求人が増えているエリアもあります。

今がチャンスです。 動きましょう!!!!

数年後に転職を余儀なくされる20代後半のアルバイト女性の方です。
<参考 all about 深野康彦さん記事>

アルバイト生活を卒業するにはどうステップアップすべき?

安定した仕事に就くためには!

■ケース
Aさん
女性/アルバイト/20代後半
北海道

■家族構成
独身、一人暮らし

■相談内容
現在勤めている会社も2〜3年後にはなくなる予定です。個人経営のため社会保険に加入できず、15万円の手取りの中から健康保険料や国民年金などを払っています。もういい年齢ですし、転職するにも「今が最後のチャンスでは?」と思い、アルバイト生活を卒業して正社員を目指したいと考えていますが、今後、どのようにステップアップをしていったら良いでしょうか?

■家計収支データ
収入 15万円
支出
食費 1.9万円 通信費0.1万円 趣味2.0万円 交際費 0.7万円 雑費0.2万円
国民年金 1.5万円 国民健康保険 1.8万円 住民税 0.8万円
普通預金 269万円 定期預金 270万円

■家計収支データ補足
(1)家賃などについて
家賃、水道光熱費、インターネット費用は会社持ち。また、「通信費1000円」は
携帯電話の通話のみの代金。

(2)結婚について
今のところ予定も希望もなし。それより安定した生活を優先させたい。

(3)貯蓄について
普通預金にそのまま預け、一部を定期にしている状態。投資はよくわからないのでしていない。

(4)転職について
事務職を希望。地元では高くて月16万円くらい。平均12〜14万円。現在の職場は水道光熱費も無料のため、実質20万円近い収入を得ていることになり、転職すれば生活できるのか不安もある。

■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 まずは「仕事選び」から見詰め直そう
アドバイス2 社会保険に加入できる職場を
アドバイス3 投資はせず、ネット定期などで堅実に


アドバイス1 まずは「仕事選び」から見詰め直そう

勤務先が2〜3年後になくなってしまうのですから、Aさんの場合、転職を余儀なくされるということになります。そのタイミングですが、なるべく早く、行動すべきだと考えます。

ただそれは、すぐにでも応募して面接を受けるという意味ではなく、時間をかけて、ずっと続けられる本当に自分がしたい仕事は何か、そこから始めてほしいということです。

相談には「事務職希望」と書かれています。もちろん、いろいろ考えて、結果的には事務職に就きたいと思うのであれば構いません。そうではなく、「事務職しか経験がないから」という理由で安易に選んだのであれば、仕事選びそのものを時間をかけて見詰め直してみる。まりこさんが言われる「ステップアップ」を目指すなら、まずそこがスタートだと思います。

また、ここ1、2年は景気が上向き、新しいことにトライするにはいい時期とも言えます。北海道であれば外国人による観光収入、いわゆるインバウンド消費の効果が、確実に出ているはず。その結果、それに直接、あるいは間接的に関わる幅広い業態で求人も活発化しています。

新しい職種にトライするということは、そう簡単なことではありません。ただ、30歳を目前にして、転職せざるを得なくなったことを逆にプラスととらえ、その機会を活かしてみる。それは将来にとって決して無駄なことではないはずです。

アドバイス2 社会保険に加入できる職場を

同時に、Aさんの求職にあたっては、収入面も十分に考慮すべきでしょう。現在の勤務先は社宅があり、家賃の他、水道光熱費やインターネット費用も会社持ちとなれば、まりこさんも言われるように、実質の給与は20万円かそれ以上と考えるべき。対して、希望する事務職は「地元では高くても16万円。平均は12万〜14万円」とのことですから、家計を切り詰めても、貯蓄はきびしいと言わざるを得ません。収入にはある程度こだわる必要があります。

その意味で、あえて地元で生活する必要がないのなら、たとえば東京で仕事を探すという選択肢もあっていいと思います。より高い収入を得られる可能性は少なからずあるでしょう。

また、福利厚生として、社会保険加入は外せない条件でしょう。厚生年金加入は、結果的に自分が手にする年金を上積みすることになります。雇用保険は、また転職する事態に陥っても、求職中に一定額の失業手当を受給できます。これは家計にとって実に大きなメリットなのです。

アドバイス3 投資はせず、ネット定期などで堅実に

まとまった額の貯蓄があります。節約を心掛けた家計管理と、現在の職場でのメリットを活かした結果ですが、今後を考える上で、とても心強い、重要な蓄えです。したがって、この貯蓄に関して、少なくとも現時点ではリスクは取れません。「投資はよくわからない」とのことですが、それで問題はありません。あえて投資をする必要はないということです。

Aさん自身、人生の節目に差し掛かっています。そういう時期に、投資というリスクは「御法度」と考えてください。世間は投資に沸いていますが、新しい勤務先が決まり、しっかりと収入が安定するまでは、元本保証の商品に預けておくべき。ボーナス時期のキャンペーン金利が上乗せされた定期預金や、比較的金利の有利なネット定期などに預け替えをする程度で十分でしょう。

以下はキャリアアップならというおすすめサイト。登録審査のあるサイトもあります。





パソナキャリア

リクルートエージェント

リクナビNEXT

転職 お金になる資格 ランキング

images (1).jpg

第1位 フィナンシャルプランナー ・・・保険の外交、銀行の保険窓口など
第2位 社会保険労務士 ・・・・人事労務の担当や管理職
第3位 中小企業診断士 ・・・・中小企業のコンサルティング等
第4位 宅地建物取引主任者 ・・・・不動産会社、仲介等 貸せる資格
第5位 日商簿記 ・・・経理財務ではあったほうがいい
第6位 公認会計士 ・・・一生稼げる仕事のようです。
第7位 税理士 ・・・・上記同様かと、、、
第8位 行政書士 ・・・法律系の資格 いずれ弁護士
第9位 ケアマネージャー ・・・高齢社会にて急浮上の資格


残念ながら、どれも持っていません。宅地建物は頑張っておけばよかったかな、、、
フィナンシャルプランナーは、とっておくと様々つかえそうです。
2.3.6.7.8 は、やはり若い時にとらないと厳しいですね。

ひとつでもあるとお金に換算できますので、我こそはという方は取得を目指してみてください。





以下はキャリアアップならというおすすめサイト。登録審査のあるサイトもあります。

BIZREACH

ビズリーチ・ウーマン

パソナキャリア

リクルートエージェント

リクナビNEXT

転職 今が絶好調 転職に適した3つの業界

sidewalk-657906_1280.jpg

今が最高のタイミング! 転職に適した3つの業界

今の仕事を辞めたいけれど、どのタイミングで転職すれば良いかわからない、そんな悩みを抱えている方もいると思います。実は、2015年現在、転職市場が好調となっており、転職するには絶好のチャンスだといわれているのです。


転職に絶好な業界3つ

今の仕事を辞めたいけれど、どのタイミングで転職すれば良いかわからない、そんな悩みを抱えている方もいると思います。実は、2015年現在、転職市場が好調となっており、転職するには絶好のチャンスだといわれているのです。どんな業界が好調なのかも併せて紹介しますので、参考にしてみてください。


転職市場は好調

景気回復にともない、2014年以降、企業業績も上向きつつあり、併せて雇用も改善しつつあります。総務省の2015年2月の速報によると、2015年1月の就業者数は前年度から比較して約39万人増加し、雇用者数も51万人の増加が見られました。転職市場も活性化しつつあります。

leather-691609_1280.jpg


今伸びている業界はここだ!

転職に絶好のタイミングである2015年から2016年にかけて、おすすめの業界を紹介しましょう。

・金融
金融業界の求人数は、2014年の秋の時点で相当数に上っており、2015年も求人数は伸び続けるだろうといわれています。その背景として注目すべきは、「バーゼル3」と「M&A」です。

バーゼル3とは、世界的な金融危機に見舞われたり、業績悪化により経営危機に追い込まれたりした際のリスク管理をするために設けられた、自己資本規制です。2012年に導入され、2019年までに全面的な適用が予定されているため、現在では金融業界において、バーゼル3に関するスキルを持った人材の確保が急がれています。

M&Aは企業の合併や買収のことで、中小企業の後継者問題を解消する際などに用いられます。M&A取引を行う際には、経営戦略を打ち立てるところから相手企業との契約締結まで幅広い知識が必要となるため、M&Aアドバイザーとして専門的なアドバイスを行える方を求める企業もあります。

・メディカル
メディカル業界においては、MR・CRA・医療機器営業の3つが、とくに需要が高いといわれています。経験者を求める傾向が強く見られるために、これまでに医療関係の仕事に従事していた方にとって有利となるでしょう。

・クリエイティブ
近年、クリエイティブ職の就職先が拡大する傾向があり、WEB制作会社やデザイン会社などにとどまらず、小売店や流通業、広告代理店などでも募集を出す企業が増えつつあります。とくに、スマートフォンやタブレットの普及によってWEBプロモーションに注力する企業が増えたことも、求人が増加した要因の1つでしょう。


ロボットができない仕事をしよう!

ICT(情報通信技術)の発達によって産業のロボット化が進みつつあり、単純な労働から機械が人に取って代わりつつあります。将来、人間が担う仕事は、研究職のように頭を使う仕事、デザイナーや芸術家のようにセンスが問われる仕事、低賃金なサービス業の3領域に限定されていくのではないかと考えられています。

そうした中で大切なのは、ロボットができないような仕事ができるよう、知識や技術を身につけていくことでしょう。求人数の増加が期待できる現在の波に乗って転職する方も、自身のスキルをさらに磨くことは、将来に役立つはずです。時代の波に乗り遅れることのないように転職のタイミングを見極めつつ、自分にしかできない仕事が何かを探し出していきましょう。

Typeの記事紹介になります。

以下はキャリアアップならというおすすめサイト。登録審査のあるサイトもあります。

BIZREACH

ビズリーチ・ウーマン

パソナキャリア

リクルートエージェント

リクナビNEXT

独立起業 40歳 平均年収比較 あなたの年収は多い、少ない? いくらほしい?

稼ぐ2.jpg

独立起業、転職 するにあたり、自分の年収が高いのか?低いのか?

どこの企業へ転職するのか? 何で独立するのか?

年収をいくらほしいのか?なんて、、、

転職や独立にあたって、考えると思います。

もし今の年収が満足で、大きな別の理由がないなら、

転職や独立は必要ないですよね。

でも皆さんは、このページをみているということは、何かに悩んでいて、

独立や転職を考えているはずです。

私は、独立もひとつの転職ととらえています。

転職も自らの意思で行っていたので、

それの最も大きなやり方が独立なのかもしれません。

ただ転職と独立の大きな違いは、リスクがあるか?ないか?

この違いにつきます。 転職はリスクはありませんが、

独立は最小限度におさえても、リスクはでてきます。

誰のことばかわかりませんが、

「リスクのないところに、利益はない」

本当にそう思います。

以下はあくまで、

各業界の平均年収のデータ 2011年なんで

あくまで参考です。

自分はどのあたりに位置したいのか?

参考になればとおもいます。

こちらも記事の紹介です。

以下記事になります。


給与格差は社内だけではない。会社間でも当然差がある。
また、業種ごとの給与相場というものがある。それでは、主要企業の給与はどうなっているのか?
上場企業を対象に、公開データから40歳の年収を推計した
(推計方法は下の「ランキングについて」を参照)。
それを比較することで、企業間の「給与格差」を読み取る。

会社の規模や業績で給与が決まるケースは多々あるが、
あえて社員に給与を振り向けている会社もある。
全上場企業の中から、主要企業や年収が特に多い(少ない)会社を選び出し、
ランキングとしてまとめた。

40歳比較で給与の差も鮮明

40歳の年収を採用したのは、平均賃金だと各社で平均年齢が大きく異なり比較しにくいからだ。
40歳の推計年収金額にそろえることで横比較を可能とした。
各社の従業員の平均年齢がおおむね40歳前後であることや、
この年代あたりから給与の差が出やすいことも理由としてある。

グループ企業については、全体で連結ベースの年収を算出するのがベストだが、
基データとして使用している有価証券報告書のデータが単独会社のものであるため、
単独の年収数字となっている。
そのため純粋持ち株会社の数字を使用していることをあらかじめお断りしておきたい
(社名に「(純)」とあるのが、該当企業)。
純粋持ち株会社は本社の中枢機能を担う社員しかいないケースが多く、
年収が製造現場などの実態より上振れる傾向にある。なお、データはすべて2011年度のものだ。

参考までに各業種の推計平均年収を業種名の右に記載。全上場企業の平均は589.2万円だ。

40歳平均年収のほかに、初任給の数字も掲載。
初任給は景気や会社の業況を示す指標として使われてきた歴史もあり、
企業の給与に対する考え方を見るうえでは参考になる。

業界ごとの傾向もある。たとえばIT企業は、即戦力を求めるため、
高い初任給を設定している。一方で年齢給の制度がないため、
入社後の給与の上がり方は人それぞれだ。

平均年収.jpg

平均年収4.jpg

平均年収5.jpg

平均年収6.jpg

平均年収8.jpg

平均年収9.jpg

平均年収10.jpg

平均年収11.jpg

平均年収12.jpg

平均年収13.jpg

平均年収14.jpg

平均年収16.jpg

平均年収17.jpg

平均年収18.jpg

平均年収20.jpg

平均年収21.jpg

平均年収24.jpg

平均年収25.jpg

平均年収26.jpg

平均年収27.jpg


以下はキャリアアップならというおすすめサイト。登録審査のあるサイトもあります。

BIZREACH

ビズリーチ・ウーマン

パソナキャリア

リクルートエージェント

リクナビNEXT
にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立(サービス業)へ
にほんブログ村 転職
RSS取得
検索
プロフィール
独立起業を学ぼうさんの画像
独立起業を学ぼう
40代にて、慎重に独立起業をすすめているマナビー。 フランチャイズの説明会50回以上参加、本部の考えへの疑問 60代の安定収入やフロー所得を目指す、元外資系営業マン 様々な情報から、良い悪いをはっきりこれからの方へ お伝えし、失敗も成功も理解してもらいたい! 人生一度は独立したい!男のロマンを追い求めるブログ! 現実は厳しいが、苦労の先に夢がある!!
ブログ
プロフィール
<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事
写真ギャラリー
リンク集