記事検索
プロフィール
マロ・マロット(Maro Mallot)さんの画像
マロ・マロット(Maro Mallot)
仕事よりもゲームが生きがい。 ゲーム中の名前は英名の方のラストネーム「Mallot」。 MMORPG等のアイコンは男の娘キャラにこだわってます。
プロフィール
ファン
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリーアーカイブ

2020年08月11日

「新しい○○」なんてもううんざりだ!!!!

昨今の新型コロナウイルス感染拡大防止対策として日本の権力者共が掲げる「新しい○○」。
私はこの全てに反発したい。「新しい○○」なんてもううんざりだ!!!!
私は全ての変化に命を懸けて抗う!!!!

私は、新型コロナウイルス発生以前の生活しか望まない!!!!
世界中の権力者共は、新型コロナウイルスが完全に消滅したら、
あらゆる物事を新型コロナウイルス発生以前に完全に戻せ!!!!
(もちろん、倒産した所は除く!)
さもなくば、どんな手を使ってでも私はこの世界を滅ぼす!!!!
こんな世界に何の存在価値があるものか!

私をこの世から消したければ消してみろ!!!! どんな手を使っても構わん!

アドルフ・ヒトラーの掲げた優生思想は極めて非人道的ではあるが……

アドルフ・ヒトラーが掲げてナチスドイツで展開された優生思想は、
言わずともがな極めて非人道的であり、間違いである。

ただし、仮にも法で与えられる基本的人権と天賦的な人権を撤廃し、
社会の発展に全面的に重きを置くのであれば、極めて合理的な手段であり、正しい。
しかもそれは、現代の中国や北朝鮮の政治思想に見事に完全に合致している。

現代のドイツで罰則付きで法的に全否定しているこれらの思想は、
共産主義によって皮肉にもこのように正当化できてしまう。

まあそれは当然なことだ。アドルフ・ヒトラー自身は
ナチスドイツに蔓延している共産主義を排除していたそうだが、
彼自身の思想こそ共産主義の一種であり、かつ彼自身も共産主義者であったからだ。

残念ながら、愚かな人類が優生思想から逃れることは、
人類が存続している限り絶対に不可能だ。
それは日本で相模原障害者施設殺傷事件が発生したことが物語っている。
さらに、リアル・ネットを問わず、宗教・人種・思想・LGBTQ・
果ては新型コロナウイルス感染者に対するヘイトクライムが世界中で相次いでいることも、
そして我々人類が健康かつ非の打ち所がないような有能な子孫を望むことも、
何もかも人類の誰もが持つ内なる優生思想が原因である。

遅くとも今年中に、この世界は間もなく滅びる!
それは決して誰も止めることはできない……。当然、神に祈っても無意味だ。

どうせ今年中に絶対、世界は滅びるんだから……

どうせ今年中に絶対、世界は滅びるんだから、今年中に軽く100億人くらい○したい。

もちろん、この世に人間は100億人も存在しない。

ならばどうするか。どうにかして一人の人間を複数回○すれば、
100億人ならば簡単に達成できる。そして生き残る人も出てくる。

ただ、一人の人間を複数回○することは、愚かな人間には絶対に不可能だろう。
そして、愚かな人間の知能ではアイデアの一つも全く出てこないだろう。

俺は、俺の人間に対する猛烈な憎しみの全てを、
100億人の人間を○することで、全人類に全力でぶつけたい。
たとえ人間以外のあらゆる生物が巻き添えになっても構わない。
神も悪魔も、この地球も、全宇宙も、この次元も、死後の世界も、俺の肉体も魂も、
そして最後に残される虚無までも、何もかも滅びてしまっても構わない……。
これら全て、最初から存在そのものが罪だったのだから。

自殺は絶対したくないけど、生きるのが辛いから、
できる限り多くの人間や生物を道連れにして、
一切苦痛を感じることもなく早く死にたい。俺は絶対に間違っていない!
こういう気持ち、理解できるかな?


さて、○にどんな漢字1字が入るのか、分かるよな……?
タグ:破滅願望