広告

posted by fanblog
プロフィール

たか
歴史と80年代ハードロック、80年代歌謡曲、競馬をこよなく愛する39歳(独身)です。 色々と好き勝手に述べます。
リンク集

広告

posted by fanblog
2010年10月01日
龍馬暗殺についてネットで見たんですが…。
私のブログにどんなキーワードで訪問頂いているのかを見ていると、やはり時節柄「龍馬暗殺」というキーワードをよく見ます。

そこでそのページに飛ぶと、大体検索エンジンで「龍馬暗殺」を調べた結果のページに飛びます。

その一覧を眺めていて、興味のある記事は閲覧してという事を繰り返して見ていたんですが…。

ちょっと意外な気持ちだったんですが、圧倒的に見廻り組説が強いんですね。

これにはかなりびっくりです。

龍馬暗殺については、このブログでいっぱい記載してきましたけど…。

龍馬暗殺1

龍馬暗殺2

龍馬の特集本買いました

龍馬を斬った男、新説?

龍馬暗殺の謎

龍馬暗殺 西郷黒幕説

ただ、見廻り組説って私は全く支持していないのでちょっと違和感を感じます。

というか、本当にびっくりです。

今井信郎がずっと筋の通っている話をしているのであれば…。

また、あんなに早く釈放されなければ…。

私も見廻り組説で問題は無いのですが、彼の証言ってすごい怪しいんですよね。

しかも、見張り役という証言から実行犯に後日変わっている…。

怪しさ満載ですよね。
(その辺の下りは今まで色々と記載してきましたが…)

それってどうなんだろう…。

仮に実行犯は見廻り組、ひいては今井信郎としても、絶対に黒幕がいたはずなんですよ。

それがだれかというと、やっぱり西郷があやしいんですよね。

以前も記載しましたが、幕末の暗殺ってだいたいすっきりと犯人が判明しているんですが、龍馬暗殺についてのみかなり怪しく、一応の実行犯はいるんですが、すっきりと信じるに足る証拠や証言ではないんですよね。

これが龍馬暗殺の一番のポイントと考えています。

今まで下手人はすっきりしているのに、何故龍馬だけすっきりしないのか…。

それは龍馬暗殺が完全に公表されては困る人がいるという事だと考えてます。

しかも、そこに手を回す事ができる人は…。

と考えると、明治政府の要人ですよね。

また、多くの人も言ってますが、龍馬が死んで一番得をした人があやしい訳です。

となると、見廻り組説ってどんどん弱くなっていきますよね。

龍馬を殺した所で見廻り組が得をする訳でもなく…。

もしかしたら、何の手柄もなかった見廻り組が大きな花を咲かせる為の虚言では?と感じてしまいます。

何にせよ、龍馬を斬った人云々は置いておいても、その指示者か、絵を描いた人(黒幕)は絶対薩長土肥の中にいると私は考えています。

ちなみに…。

多くの人の龍馬に関するブログや記事を見ますが…。

勝手な私の判断ですが、龍馬を「竜馬」と書く人のブログは話半分でみるようにしています。

だって、あまり詳しくない事がそこからわかりますから…。

竜馬は龍馬が正しいんですよ。
(一部、龍馬が残した記載に竜馬というのもあると聞いた事がありますが…)

でも正式には龍馬です。

竜馬はあくまで、司馬遼太郎氏が龍馬を英雄に書く為にあえて字を変えたのが始まりです。

龍馬で記載すると本当の事を書かないといけないですが、英雄にする為に多くのフィクションをプラスする必要があるのでどうしても龍馬を使う事が出来ず「竜馬」にしたというのが本当の所です。

まあ、別にいいですけど…。

でも私は竜馬と書く人を信じない。






私のネットショップです!

イチローモデル専門店 レーザービーム

歴史グッズの販売 「時代屋本舗」

激安ムートンブーツとUGGブーツの店


さらに、ブログ形式のショップも始めました!

美と健康を考える素敵生活館

よければ1度お立ち寄りください!!



以下龍馬、新撰組関連商品PR


『龍馬の如く 自分らしく幸せに生きる82の法則』



龍馬の謎 サザエさん家の不思議



新登場!!新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリスペシャルソフト 検索機能&写真付 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細プログラムソフト



新登場!!冊子版 新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリスペシャル全119ページ写真 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細冊子版スペシャル



新登場!!新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリSPソフト+冊子版119ページ 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細プログラムソフト







Posted by たか at 02:05 | 幕末 | この記事のURL
この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。