広告

posted by fanblog
プロフィール

たか
歴史と80年代ハードロック、80年代歌謡曲、競馬をこよなく愛する39歳(独身)です。 色々と好き勝手に述べます。
リンク集

広告

posted by fanblog
2010年10月11日
龍馬伝41話を見て
龍馬伝、もう41話ですか…。

なんと早い事か…。

今日はいよいよ海援隊の発足でしたが、見せ場はやはり高杉晋作でしたね。

なかなか、見せてくれる死にざまでした。

でも、この龍馬伝を見てつくづくドラマって恐いなと感じています。

私は幕末に置きましてはバリバリの佐幕派で、倒幕派の面々には正直それほど興味もなく、高杉晋作にしてもそれほど興味をそそられる人物ではなかったのですが…。

この龍馬伝の高杉晋作を見て、かなり好きになってしまいましたね。
(と言っても、結局龍馬伝の高杉晋作が好きになったという程度ですが…)

「僕の出番は、もう終わりです。後は酒を飲んで、三味線を弾いて、面白おかしく暮らしたい。あの世でね。高杉晋作は、そういう男ですけ。」

というセリフがありましたが…。

何か、この言葉が自分にすごく響きました。

どこか通じる所があるように思います。
(でも別に、奇兵隊作ったりしませんよ、私は。)

これで龍馬伝の高杉晋作は見おさめですね。

正直、寂しい所です。

「おもしろき こともなき世を おもしろく」

この辞世の句、かなりファンキーな感じがします。

また、後半は中岡慎太郎が出てきましたね。

久々の登場です。

やはり武力討幕を叫ぶ志士として出てきましたね。

どうなんだろう…。

中岡は龍馬の暗殺に絡めて演出されるんだろうか…。

もしくは、一般的なドラマや小説と同じように「方策は違えど、見ている所は同じ尊敬できる同志」として描かれるんでしょうか。

また、この龍馬伝、龍馬の死で終わるんでしょうか。

天満屋事件とかいったあたりまで描くんでしょうか…。

次週はいよいよ「いろは丸事件」ですね。

今回の放送を見ていると、ちゃんと積荷がありますね。

その損害賠償を求めるという形で描くようですね。

ただ…いろは丸は完全に調査されつくした船で、結局積み荷は見つからなかったはずですが…。

そのあたり、どうなんでしょう。

やっぱり、積み荷が無かったら結局ただの当たり屋になってしまうんで、積み荷があった形に描こうとしているんでしょうか…。






私のネットショップです!

イチローモデル専門店 レーザービーム

歴史グッズの販売 「時代屋本舗」

激安ムートンブーツとUGGブーツの店

さらに、ブログ形式のショップも始めました!

美と健康を考える素敵生活館

よければ1度お立ち寄りください!!



以下龍馬、新撰組関連商品PR


『龍馬の如く 自分らしく幸せに生きる82の法則』



龍馬の謎 サザエさん家の不思議



新登場!!新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリスペシャルソフト 検索機能&写真付 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細プログラムソフト



新登場!!冊子版 新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリスペシャル全119ページ写真 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細冊子版スペシャル



新登場!!新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリSPソフト+冊子版119ページ 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細プログラムソフト







Posted by たか at 02:24 | 幕末 | この記事のURL
この記事のURL

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。