safari8.0.4にアップデート後、テキスト入力がとても遅くなってしまいました、safariの所為?

最近2つのアップデートを適用しました。
・safari 8.0.4 3/18
・セキュリティアップデート 2015-003 3/20

ここのところ、Webサイトのテキスト入力が異様に遅くなっています。

例えばTab移動だと
テキストエリア→タブ押下→2、3秒経過→次のテキストエリアへ
というような感じで非常にストレスを感じています。

キー入力しても、aと入力し、反映されるまで同様に待たされます・・・
遅いのはキー入力の反応で、Webページを見るだけなら遅いと感じることはありません。

ちょっと不思議な現象です。

同じような症状の人が現れて、appleフォーラムで解決策が提示されるのでは?
と思い待っていましたが、一向にそのような兆しがありません。

この現象は、Mac野郎なのかの環境のみで発生しているようです。 Orz

safariが悪い?


safariのキャッシュが多すぎて悪さをしている?


safariのキャッシュをクリアしましたが、改善の兆しはありません。

キャッシュのクリアは以下のように操作しています。
 safariの履歴メニュー → 履歴と Web サイトのデータを消去・・・
 消去対象「すべての履歴」に選択して、「履歴を消去」ボタンをクリック
safari-history-all-clear.png
 safariを再起動

サーバーが遅い? 同じページをsafariとfirefoxで比べてみる


テキストエリアを複数持つWebページを選定して、safariとfirefoxで同じページを表示して、Tab移動してみます。
safari→劇遅
firefox→普通に移動できる

この段階ではsafariが悪さをしているように思えて仕方ありません。

いったいなにが原因なのか・・

safariタブ移動時の/var/log/system.logを確認する


ターミナルでsystem.logを見ながらTab移動してみます。
$ tail -f /var/log/system.log

以下のようなAppleSpell tried to hijack endpoint "xxx (Apple)_OpenStep" ・・・というログがわんさか出力されています。

mymac com.apple.xpc.launchd[1] (com.apple.xpc.launchd.domain.user.501):
 Service "com.apple.xpc.launchd.oneshot.0x1000010f.AppleSpell"
  tried to hijack endpoint
  "en_JP (Apple)_OpenStep" from
 owner: com.apple.xpc.launchd.oneshot.0x1000001b.AppleSpell


さらに以下のようなログがセットで出力されているようです。

mymac.local Dock[270]: void CGSShmemReleaseMappedMemory(CGSShmemID): failed to find shmem ID
mymac.local System Information[10192]: Couldn't contact spell checker for Multilingual






Microsoft Remote Desktop Version 8.0.14リリース JISキーほぼそのままで行けます!


macからWindows10Proへリモートデスクトップ接続する最新記事があります
  1. JISキーボードの誤認識を解決!
  2. 英数キー、かなキーのIME切り替え対応
  3. backslash問題の解決案もあります

興味のある方は、こちらのリンクからご覧ください。


Microsoft Remote Desktop Version 8.0.x(9)を使ってWindows8.1 Pro(64bit)を利用しています。

mac野郎なのかの所有するmacは、MacBook Pro Retina, 13-inch, Late 2012、JIS配列のキーボードです。
OSは、OS X 10.10.2を利用しています。


Microsoft Remote Desktop Version 8.0.14がリリースされました。

Version 8.0.13までは、macのJISキーでRemote Desktopを利用すると一部記号が刻印のまま入力できない問題がありました。

その際、Microsoft Remote Desktop v8.0.9 日本語キーボードへの処方箋(まとめ)などで、キーボードの刻印通り打てるように苦労いましたが、

Micorsoft Remote Desktop Version 8.0.14でJISキー刻印通り打ち込めるようになりました^^

Basic support of input types (IME) for Asian languagesの修正で対応したものと思われます。
Advanceサポートの登場が待ち望まれますね^^

Microsoft Remote Desktop Version 8.0.14+Mac JISキー配列で遭遇した問題点


半角/全角キーに該当するキーアクションは、英数キー、かなキーだとおものですが、
過去に設定した内容をすべて元に戻して実験すると、英数キー、かなキー挙動不審です・・

英数キー、かなキーを押下するとスペースが必ず打ち込まれています。
かなキー押下後、全角入力モードになるのですが、入力した文字、候補がインラインで表示されずに、リターンキーで確定後、全角文字列が表示されました
(これはMac野郎なのかの環境に起因する問題の可能性もあります)
Mac側の入力状態が「A」(英数)ではなく、「あ」(ひらがな)になっている場合、上記問題が発生する模様です。

Karabinaで「Microsoft Remote Desktop App 無理矢理JISキー対応」を有効にすると、かなキーで全角入力がいままで通りに行えます。

Microsoft Remote Desktop Version 8.0.14+Mac JISキー配列で必要な設定


以下、英数キー、かなキーで半角、全角を切り替えるためのKarabina(旧KeyRemap4Macbook)用の設定です。
Microsoft Remote Desktopへのキー入力に対してのみ有効となります。
private.xml(Karabina用)

<?xml version="1.0"?>
<root>
<appdef>
<appname>MicrosoftRDC</appname>
<equal>com.microsoft.rdc.mac</equal>
</appdef>
<symbol_map type="KeyCode" name="RDC_VK_HOME" value="0x73"/>
<symbol_map type="KeyCode" name="RDC_VK_END" value="0x77"/>
<item>
<name>Microsoft Remote Desktop App v8.0.14以降 英数/かな 課題:バックスラッシュ打ち込めない</name>
<identifier>private.Microsoft_rdc_Custom</identifier>
<!-- Microsoft Remote Desktopのみを対象にする -->
<only>MicrosoftRDC</only>
<!-- 英数キーをENDキーに置き換え -->
<autogen>__KeyToKey__ KeyCode::JIS_EISUU, KeyCode::RDC_VK_END</autogen>
<!-- カナキーをHOMEキーに置き換え -->
<autogen>__KeyToKey__ KeyCode::JIS_KANA, KeyCode::RDC_VK_HOME</autogen>
</item>
</root>


Karabina以外にWindow8.1側で「Microsoft Remote Desktop v8.0.9 日本語キーボードへの処方箋(まとめ)の4.英数キー、かなキーをIME切り替えに利用する方法」が必要です。


バックスラッシュは現時点では入力できませんでした。


買い?ステイ?MacBook Pro Retina 13インチ 2015 Earlyモデル発表

mac野郎なのかは、MacBook Pro Retina 13インチ 2012 Lateを使用しています。

今時点で、大きな不満はありません


MacBook Pro Retina 13インチ 2015 Earlyモデルが今朝方(というか深夜)に発表されました。

2012 Lateから買い換えるべきか検討してみます。

MacBook Pro Retina 13インチの2012 Late/2013 Late(2014Early/Mid)/2015 Early各モデルの最安モデルを比較しています。


モデル2012 Late2013 Late2015 Early
CPU2.5GHzデュアルコア
Intel Core i5
2.4GHzデュアルコア
Intel Core i5
2.7GHzデュアルコア
Intel Core i5
CPU型I5-3210MI5-4258UI5-5257U?
Memory1,600MHz DDR3L同左1,866MHz LPDDR3
チップセットIvy BridgeHaswellBroadwell
グラッフィックスIntel HD Graphics 4000Intel Iris Graphics 5100Intel Iris Graphics 6100
ストレージフラッシュストレージPCIeフラッシュストレージ同左
無線IEEE 802.11a/b/g/n左+IEEE 802.11ac同左
外部I/FUSB 3.0*2、HDMI*1、Thunderbolt*2USB 3.0*2、HDMI*1、Thunderbolt2*2同左
Bluetooth4.04.04.0
重さ1.62kg1.57kg1.58 kg
外部ディスプレイ出力2K2K4K
電源なし稼働時間最大7時間最大9時間最大10時間
発表時点の価格
128GBモデル14万4,800円13万4,800円14万8,800円
256GBモデル16万8,800円15万4,800円17万2,800円
512GBモデル18万4,800円20万8,800円


2015 EarlyとMacBook Pro Retina 13 2012 Late比較した検討結果


  • Good!ひらめきBroadwellに変わり、メモリスピードが1,600MHzから1,866MHzに向上しています。
  • Good!ひらめきIntel Iris Graphics 6100 vs Intel Iris Graphics 5100は約2割ほどグラフィックス性能向上が見込まれます。HD4000からはさらなる性能向上が見込まれますね^^

    (参考:14ナノ“Broadwell”世代にTDP 28/15ワット登場:
    「第5世代Core」正式発表――“Iris”統合で3D性能2割増
    http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1501/06/news026.html)


  • Good!ひらめきPCIeフラッシュストレージはPCIe以前に比べて50%性能向上が見込まれます。

    (参考:Apple、高速CPU、802.11ac、PCIe Flashストレージを用意してiMacラインをリニューアル
    http://jp.techcrunch.com/2013/09/25/20130924apple-new-imacs/


  • Good!ひらめきIEEE802.11acに対応しています

  • Good!ひらめき外部ディスプレイ4K出力に対応しています
  • Badバッド(下向き矢印)購入後3年間使うと考えた場合、USB 3.1に対応していないところ




2015 Earlyモデルは、「カーソルを正確にコントロールできる、圧力感知機能を搭載した感圧タッチトラックパッド(強めのクリック、加速操作、感圧スケッチ、マルチタッチジェスチャーが利用可能)」が搭載されています。

まとめると、2012 Lateからの買い替えは
感圧タッチトラックパッドを使いたい!
速いストレージが必要
いま使っているMacBookが不調
4Kディスプレイを活用したい
とおもった時が買い時ですね^^

感圧タッチトラックパッドの使い心地を試してみて心が動く可能性がありますが、
Mac野郎なのかは4Kディスプレイなし、11acほしいけどルータ未導入、2012 Lateに不満はなしという状況なので、ステイする予定かなぁ



  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ