【Parallels所有者必見!?】macでNTFS書き込みするもう一つの方法

外付けUSB3.0 1TB HDDの容量の空きが少ない状況になりつつあるMac野郎なのかです。
mac-ntfs-write-01.png
1TBのHDDは、以下のような状況になっています。
  • Share (Mac OS拡張) 主にバックアップでほぼフル
  • Windows(NTFS) 外付けDiskからBootcampを使わずにWIndowsを起動した過去の遺産
  • work(Mac OS拡張)いろんな雑多な用途に利用中 利用率90%を超えた・・・
  • Macintosh HD1(Mac OS拡張) MarvericksからEl Capitanへ移行する際のバックアップ(もういらないね・・・)
  • Install OS X El Capitan(Mac OS拡張) El Capitanをクリーンインストールするために用意(もういらないね・・・)


Macで読み書きできるMac OS拡張フォーマットのパーティション、Shareもworkもフルに近い状況です。

一方、268.44GB割り当てたWindows(NTFSフォーマット)パーティションは、
NTFSのためMacから書き込みできない=ほぼ使っていない死蔵状態です。



250GBを超えるパーティションを使わないのはもったいないですよね。
MacでNTFS書き込みできる方法を模索していたところ、
Parallelsの機能を使うことでNTFSパーティションへの読み書きができちゃいました^^


MacでNTFS書き込み


MacOS Sierraになっても、OS標準の機能では、NTFSフォーマットはリードオンリー。
書き込みができません。
標準でそのまま書き込みできるのが、本当の望みです。


MacでNTFS書き込みする一般的な方法は、3つあります。

1 無料 NTFS-3G(オープンソース)を使った方法


メリット:無料
デメリット:インストールが面倒。
オープンソースで評価もいまいち。つかって大丈夫?っていう不安がある
入手先:https://sourceforge.net/projects/ntfs-3g/
インストール手順:Qiita:Mac OS X El Capitan で NTFSフォーマットのディスクに書き込み可能にする。

2 有料のNTFS書き込みドライバーを使う方法


メリット:有償ドライバーなので性能、品質に期待できる
デメリット:有償(3000円〜)なので新たな出費がある
OS X/macOSのバージョンアップでそのまま使えるか不安がある


有料のNTFS書き込みドライバーは、「Paragon NTFS for Mac」と「Tuxera NTFS for Mac」が有名です。
価格は2,160 円、2,830円なので、どちらも3000円未満で購入可能です。
最新版は両方ともHigh Sierraに対応しています。
どちらもmacOS Sierra対応!とは書いていませんでした(2016/9/23時点)。



Paragon NTFS for Mac 15はBootCamp、VMwareFusion/Paralllelsと互換性があります
購入はAmazon=>Paragon NTFS for Mac 15
10日間の体験版は=>Paragon公式からダウンロードできます。

またこちらはWindows、Mac両方お使いの方が外付けストレージのフォーマットに悩まなくてよくなる2つ(WindowsでHFS+にアクセス、MacでNTFSにアクセス)パッケージががまとめてお得に買えます。
(Paragon製品はAmazonで2018/3/25までの限定セール中でしたよ)

3 macでNTFS書き込みできる外付けHDDを購入する


NTS書き込みするツールが付属した外付けHDDが購入可能です。
新たに外付けドライブを購入する方は一考の価値はあるかと思います。



I-O DataのUSB 3.0/2.0対応ポータブルハードディスク「超高速カクうす」HDPC-UTEシリーズは、NTFS-3G for I-O Dataが付属しています。
2018/01/16にリリースされたバージョン1.2.3.0は、MacOS 10.6から10.13に対応していました。


HDPC-UTEシリーズの他、SDPX-USCシリーズHDPX-UTCシリーズEX-HDCZシリーズHDPH-UTシリーズなどでも「NTFS-3G for Mac I-O DATA」が無料でダウンロードできます。もっと詳しく知りたい方は、I-O DATAの公式サイトで検索することができます。

ここまで、MacでNTFS書き込みする一般的な方法をメリット・デメリットを踏まえながら3つご紹介しました。

今回ご紹介する方法は、従来の方法と違う「Parallelsの機能を使うことでNTFSパーティションへの読み書きする方法」です。

いま、所有している仮想OSアプリは、Parallels Desktop 11です。
ひょっとすると同じようなVMware Fusionでもできるかもしれません。

【Parallels所有者必見!?】macでNTFS書き込みするもう一つの方法

macOS SierraでParallels11 ウィンドウズ10動いたよ!(ちょっとハマった)

macOS Sierra(10.12)でParallels Desktop 11 バージョン 11.2.1(32626)は動くのか?
検証してみました。

Windows10 Proは普通に動いています。
起動、サスペンド、コヒーレンスモード、フルスクリーンモード、全部問題なしです。

結論としては、
macOS Sierra(10.12)でParallels Desktop 11 バージョン 11.2.1(32626)は動く!
です。


さて、実はこっそり、はまりました・・・
macOS-Sierra-Parallels11.png

macOS Sierraで初回ログイン後、そのままパラレルズ11を起動したところ、この警告がでて、ウィンドウズ10が起動できない状態に陥りました。

起動できない要因は、一体なんなんでしょうか・・・

なぜだ?ちゃんと起動していたはずだ!と疑問に思いつつ、
ひょっとしてシエラじゃ動かないの?とドキドキしてきます。



どうやらMacに十分な空きディスク領域がないと判断しているようです。
「空きディスク領域が不足しています。

 Macに十分な空きディスク領域がありません。
 Macのディスクの空き領域を増やしてから、やり直してください。」

でも、十分な空きディスク領域とはどれくらいなのか?
内蔵SSD、Windows10.app(Parallels)の保存先外付けUSB3.0ドライブ共に
10GB以上の空きが存在します。

マックには十分な空きディスクがあると判断しました。


パラレルズのコミュニティで調べてみても、macOS Sierraはでたばかりなので、情報が見当たりません。



macOS Sierra+Parallels11 Macに十分な空きディスク領域がありません。でドキドキした時に確認したことと対策法














Parallelsディスク容量増やしたら回復パーティションになった場合の対処法

Parallelsで動かしているWindows10に「Windows10 Anniversary Update」を手動適用しようとしたところ空容量不足で失敗しているMac野郎なのかです。
windows10-anniversary-update-03.png


今回、Windows10Proのディスク容量をサクッと増やしてAnniversary Updateを適用します!


Parallels Windows10のディスクは容量可変ディスク(128GB)で設定していました。
容量を簡単に増やす事ができるから「容量可変ディスク」を選んでおいて正解でした!
ナイス選択>Mac野郎なのかって自画自賛です。


でも、結果的に、Windows10は手強かったです。全然さくっ感がありませんでした・・・orz

【目次】


Parallels Windows10の容量を増やす方法


もっとも手っ取り早いのは、クリーンナップです。
cleanで検索するとみつかります。
parallels-windows10-recovery-partition-00.png

Mac野郎なのかのWindows10Proの環境では、クリーンナップで3.99TB増加するってでてきました。
きっとなにかの間違いですね、128GBしかないですから・・・
parallels-windows10-recovery-partition-00-01.png



Parallels Windows10の容量を増やす方法として一般的なのは、Parallelsのハードウェア設定からハードディスクを編集して容量を増やす方法です。

仮想マシンを動かしている場合は、シャットダウンします。

Parallels Desktopコントロールセンターから、対象のOS(Windows10Pro)の歯車マークをクリックすると
Windows10Proの設定表示されます。タブでハードウェアを選んだ画面はこんな感じになります。
parallels-windows10-recovery-partition-01.png
ソース:Windows 7-0.hdd もともとWindows7ProをアプグレードしているのでWindows7になっています。

容量可変ディスクで128GBになっています。これに16GBほど追加して144GBにします。

「編集・・・」ボタンをクリックすると変更できます。
parallels-windows10-recovery-partition-02.png
サイズのテキスト入力エリアに直接144GB(トータルの容量)を打ち込んで、
「適用」ボタンをクリックすると完了です。

「ファイルシステムのサイズ変更」がチェックされていると、通常は既存のパーティションに追加されるので手間がないはずです。
(=>でも手間がかかりました・・・)


ちゃんとCドライブが増えている事をWindows10Proを起動して確認しましょう!
Windowsメニューを右クリックして、「ディスクの管理(K)」を選ぶのが簡単です。

トラックパッドで作業されている方は、Ctrlキー+Shiftキー+タップで右クリック操作になります。

parallels-windows10-recovery-partition-03.png

「ファイルシステムのサイズ変更」チェックありで増やしたはずですが、増やした分が正常 回復パーティーションになってしまいました。

回復パーティーションは、このディスク管理ツールで削除することができません。
削除して、拡張する方法を説明します。
  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ