macOS Mojave 10.14.6アップデート中にインストールが止まった、無事復旧できた方法

macOSのメジャーバージョンのアップグレードの際は、失敗に備えて最新バックアップを作成し、準備万端で挑むmac野郎なのかです。今回、macOS Mojave 10.14.5から10.14.6へのマイナーアップデートでまさかのインストールプログレスが進まない状況になりました。

インストール開始ボタンを押してから、1時間30分ほど経過しても、インストール中に表示されるアップルマークとプログレスバーに変化がありません。キーボードを叩いても、Touchパッドをタップしても、進捗に一切変化ありませんでした。

MacBook Pro Retina Late2012では今まで長くても50分前後でインストールが完了していました。1時間30分でも終わらないなんてことはあっていいわけないですよね。

こんな場合に取れる唯一の手段は、強制終了です。(だと思っていたんですが、こちらが先ですね)

macを強制終了する方法は、電源ボタンの長押しです。
電源ボタンを押し続けて Mac の電源を切るのは、Mac が反応していない場合だけにしてください。開いてあった書類の変更内容が未保存の場合、その変更点は失われます。
Mac の電源を入れる/切る方法

わかっています。でもこれしか方法ありません。macOSインストール中の段階で強制終了しても、次回電源ONで継続するのか?不安ですよね。

次回電源ONでmacOS Mojave 10.14.6のインストールは継続しました。
インストール状況を記憶し、途中で電源が落ちても、また始めてくれます。


ただ、なんか、止まった状況の再現のような・・・

無事復旧できた方法


接続済みのUSBデバイス(USBハブ、USB LAN)を抜き差ししました
インストール中の画面が一瞬ちらついて、そこからプログレスバーが進み始めました。

その後、macOSのログイン画面が表示され、macOS 10.14.6 Mojaveがインストールできたことを確認できました。

もし、同じような状況で困っている方は、まず接続しているデバイスの抜き差し(インストールに関係するデバイスは除く)を試してみると解決できるかも。原因は全くわかりませんが、デバイスの抜き差しで喝を入れる感じでしょうかね。それでも改善しない場合、強制終了です。




MacのSafariで自動入力が機能しない場合に見直すべき設定

MacのSafariで自動入力が機能しない、「Safari」アプリケーション で、「Safari」>「環境設定」と選択して、「パスワード」をクリックし、「ユーザ名とパスワードを自動入力」にチェックが入っている、Safariを再起動してもダメ、macOS Mojaveを再起動しても自動入力が動かない、昨日まで自動入力できていたはずなのに・・・そんな時に見直すべき設定がありました。

Safari ユーザガイド:Mac の Safari で自動入力が機能しない場合

Safari ユーザガイドを確認しても、該当するものがないって場合、何か設定いじっている可能性が高いです。

Javascriptを無効にする設定していませんか?
Javascriptが無効の場合でもユーザー名、パスワードの候補が表示されます。
Javascriptが無効の場合は、いずれを選んでも、何も入力されない状況になります

Javascriptの有効・無効の確認方法は、以下にあるスクリーンショットの「JavaScriptを無効にする」に注目してください。
macOS Safariの開発メニューでJavascriptを無効にする・有効にする設定を確認できる

「JavaScriptを無効にする」=>有効になっています。
「レ JavaScriptを無効にする」=>この場合無効になっています。
トグル設定になっているので、選択することで無効・有効を切り替えることができます。

この設定は、開いているSafari全てのタブ、ウィンドウ、プラベートウィンドウに影響を与えます。

Javascriptを無効にすることで、クロスサイトスクリプティングの脅威を限りなく減らせますし、Javascriptベースの動作を全てOFFにできるので軽快なブラウジングができるようになるメリットがありますね。

Mac版Safariの場合、Javascriptを無効にしてしまうと自動入力が機能しないってことに注意したいです。

この記事を書いた時点のSafariバージョンは12.1.1(14607.2.6.1.1)です。
P.S.
最近のSafariは自動入力することで「ログイン」や「サインイン」などのボタンを省略する動作になっています。自動入力はやりたいですが、自動ログインはやめてほしいところですね。

Safari バージョン 13、13.0.1確認したところ、自動ログイン機能がOFFになっていました。
自分でボタンをクリックする動作に戻っています。

Minecraftが起動しない:Unable to start Minecraft, if you are running from a dmgってなぜ?

macOSは時間制限や危ないサイトにアクセスさせない仕組みのペアレンタルコントロールがあるので安心です。MacBook Pro Retina Late2012はMinecraftをインストールしています。(Java版)

息子は気分転換にMinecraftやっています。Minecraftはたまにアップデートがあります。権限がないのでアップデートできません。そんな時は、「立ち上がらないから直して!」とお願いしてきます。

普段は、macyarounanoka(管理者権限)のアカウントでログインして、Minecraftを立ち上げるとアップデートが正常し、その後息子のアカウントでログインすると普段通りにMinecraftが立ち上がります。

今回、管理者権限で正常アップデートしてもMinecraftが起動できない問題が発生しました。深いところまで調べて原因を究明し、修正方法をご紹介しています。
Minecraftをペアレンタルコントロール下のユーザーで起動。Minecraft Launcher自体は起動するが、Unable to start Minecraft, if you are running from a dmg, please drag to Applications and try againエラーで失敗していることがわかる




  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ