macOS Catalinaの最新記事

macOS CatalinaでOffice 2011[Excel/Word/Outlook/PowerPoint]が使えない、Mojaveに戻すのがベストな解決法、2番手はWindowsです。

macOS Catalinaへアップグレードし、Excelファイルを開こうとしても、Excel 2011は起動しません。
"Microsoft Excel"はアップデートの必要があります。最新バージョン"Microsoft Office 365"はMac App Storeで入手できますという警告ダイアログが表示され、その後Excelを開くためのボタンがありません。
アップデートの必要があります。ダイアログが表示されたイメージ


詳しい情報...をクリックするとapple:32 ビット App と macOS High Sierra 10.13.4 以降の互換性ページが表示されます。Office 2011のExcel/Word/Outlook/PowerPointは32ビットアプリです。macOS Mojaveでは32ビットアプリである警告の表示だけで使えていましたが、macOS Catalinaで32ビットアプリは非サポートとなり、起動することができません。

Office 2011はmacOS Catalinaでは使えないってことですね。

「アップデートの必要がある」、「最新バージョン"Microsoft Office 365"はMac App Storeで入手できます」、なるほどと「App Storeへ移動...」をクリックするとOffice 2011のアップグレードではなく、1ヶ月間の無料試用版 Office 365の入手ページが表示されます。
入手することで1ヶ月後自動的にサブスクリプション課金が始まります。購入意志のない方は自動更新を無効できます。(App Storeアプリ内のアカウントからサブスクリプションを管理することができます。)

1ヶ月以上利用する場合は、年間約1.2万円のコストが発生します。

購入したOffice 2011は動かせない、アップデートは課金が必要ということが分かりました。

LaunchPadで確認すると禁止アイコンが重なって表示されます。
32ビットアプリは禁止アイコンで起動できないことがわかる


Office 2011が使えるMojaveに戻すのがベストな解決方法のわけ


TimeMachineでバックアップを取っている方は、Mojaveに戻すがベストです。
発生するコストは、バックアップ復元にかかる時間だけです。実質的な費用は発生ないメリットがあります。

Macを以前のバージョンに戻す方法:https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/mh15216/mac

Catalinaの新機能は使えませんが、通常のライフサイクル通りであればmacOS Mojaveは2021年9月までセキュリティアップデートを通じて適切な環境を保つことが可能です。

その他、Office 2011が使えるMojaveに戻すのがベストな解決方法のわけは以下2点あります。

Office 2019 for Macはサポート期間が短いです


永続ライセンス版の方が長く使えて安心という心理が働きますね。ただOffice 2019 for Macは2020.1時点で延長サポート予定がないため、メインストリームサポートの終了を迎えた後は積極的なサポートの期待ができません。

Office Home and Business 2019 for Mac、Office Home and Student 2019 for Mac、Office Mac Academic 2019、Office Standard 2019 for Macいずれも、2023年10月でMicrosoftのサポートが終了します。

WIndows版は、延長サポートがあるので、2025年10月まで安心して利用することができます。

→Office for Macの永続ライセンス版は安心して利用できる期間が短い


Office 365は割高に感じます


Office 365はサブスク契約タイプで、家庭向けのOffice 365 Soloは、年間12,984円でWord/Excel/PowerPoint/Outlook・Publisher(Win)、Access(Win)を同時に5台までサインイン可能です。
  • メリット1)サブスク中は常に最新版を利用できる
  • メリット2)Windowsでも、Macでも、タブレットでもスマホでも5台まで利用することができる
  • メリット3)1TBのクラウドストレージが利用できる

といったメリットがありますが、macOSで1台しか使わない、1日数時間程度の利用だったり、サブスク契約だと目一杯使い込まないと損した気になってしまいますね。

サブスクの年間ライセンスはAmazon等のキャンペーンで割引で購入できることもあります。ただ大きく値下がることはないです。

macやWindowsPCなどのハードウェアは5年、8年といった長い期間利用するものだと思っています。
発生するサブスク費用は5年間の契約で64,920円、10年間の契約で103,872円と無視できない金額になります。

2023年前後にはきっと新しいOffice 2024とかが登場するかもしれません。サブスク契約だと新しいOfficeをそのまま利用できることができます。

でも、
→1台のみでの長期利用は割高
ですね。

macでOffice 2019の永続ライセンス版はサポート期間が短い、Office 365は割高だからOffice2011をMojaveで利用した方が良いのでは?とご紹介してきました。

macでOfficeの最新版は割高なのでWindowsがお勧めです


MacでOffice最新版を安心して5年以上使い続ける方法は、Offie 365 Solo サブスクリプション契約だけです(2020年1月時点)。そのうちOffice2019の次の新しいOfficeが登場すると思います。登場直後は新しいOfficeがお勧めになると思います。

5年間契約で6.5万円程度の費用がかかります。この金額でOffice 2019込みのWindowsノートPCが購入することができます。例えば楽天市場ではこういったWindowsノートPCが選べます。少し金額を足すとCore i5/SSDやRyzen 5/SSDなども視野に入ります。


ワードやエクセルファイルをやり取りする取引先はWindows使っているパターンが多いと思います。
ページ区切りや見栄えのズレを気にしなくても良い、フルVBAが利用できるのがWindowsを利用する最大のメリットだと思います。

mac野郎なのかも、上記のような理由からOfficeはMacではなく、Office 2019プレインストール済みのDELL使っています。


まとめ


正規品のOfficeやWord/Excel単体など3万円、1万円するソフトです。それなのに使えなくなるのはやっぱり痛いですよね。Mojaveに戻すとOffice2011を延命利用することができます。

Office 2019 for Macは延長サポート対象外で、2023年10月ごろ終了します。その後も利用し続けることが可能です。ただmacOSアップグレード後、利用し続けていけるかは未知数です。


通販でOffice for Macを探すと数千円で購入できるものが見つかりました。正規品とは思えないので手を出さないのが得策ですよね・・・

正規品の確実な購入先は→microsoft store
icon

 

 

macOS CatalinaでOffice 2011[Excel/Word/Outlook/PowerPoint]が使えない、Mojaveに戻すのがベストな解決法、2番手はWindowsです。
サブコンテンツ

コメント

comments powered by Disqus

2018.12.15 macyarounanoka(管理者)のメールアドレスを失って、disqusにログインできなくなっていました。 そのためmacyarounanoka-2で返信するように変わっています。 エキサイトのフリーメールアドレス使っていたことに気がつけませんでした。 ちょっとやってしまいました感がありますOrz。 記事へのコメントはいままで通りdisqusでお願いします。 個別のお問い合わせはお問い合わせからお願いします。
2013.8.19 DISQUS(外部コメントサービス)の利用を開始しました。
Facebook, google, Twitter等のアカウントで投稿可能です。


↓↓Office365 Soloは年間契約がお得です↓↓
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ