mac快適化の最新記事

dマガジンとkindle unlimited雑誌を読むならどっち?5つのポイントでチェック

ドコモの雑誌読み放題サービス「dマガジン」は月額432円(税込)で雑誌200誌以上を楽しめるサービスです。有名どころはほとんどあるような気がします。週刊誌なども読み放題で、このサービスを使い始めて雑誌の立ち読みしなくなりました。2018/7/17までプライムデー(amazon)開催を記念?してkindle unlimited(月額780円〜)が2ヶ月で99円、30日無料体験ができない代わりに60日で99円、安さにつられてkindle unlimited始めてみたので雑誌を読むならdマガジンとkindle unlimitedどっちが良い?って視点で比較してみました。


dマガジンと雑誌が被るkindle unlimitedは不要だと思っていました


dマガジンは雑誌読み放題に特化したサービスです。kindle unlimitedは雑誌の他、マンガや書籍も読み放題の対象のサービスです。対象とする本の種類が違うので雑誌を読むならdマガジンがいいに決まっていると思っていました。
kindle unlimitedを使い始めてみて、いいところ、悪いところが見えてきました。この辺りのことを「dマガジンとkindle unlimited雑誌を読むならどっち?」としてまとめています。

簡単にサービスを比較するとこんな感じになります。
dマガジンkindle unlimited
雑誌数200誌以上120誌以上
月額(税込)432円780円〜
特徴雑誌に特化した読み放題サービス約17万タイトルの雑誌・マンガ・書籍が読み放題
利用デバイス数最大5台最大6台

dマガジンはこちらです=>https://magazine.dmkt-sp.jp
kindle unlimitedはこちらです=>https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/signup

dマガジンとkindle unlimited雑誌を読むならどっち?5つのポイントでチェック




ポイント1 バックナンバー


Mac Fanや週刊アスキー、dマガジンでよく読みます。kindle unlimitedは週刊アスキーが読み放題対象ではありません。Mac Fanはどちらも読み放題でした。ここで気が付いたポイントがありました。

dマガジンで読めるMac Fanは、1年間読むことができます。バックナンバー1年分読めるます。
kindle unlimitedのバックナンバーは、2013年12月号までありました。IT系の雑誌は過去の記事を読むと意外な発見があったりしますよね。

全ての雑誌ではなく、例えばTarzanはdマガジンも、kindle unlimitedもどちらも1つ前の号までで同じだったので雑誌によるみたいです。

↓kindle unlimted対象タイトルでここ30日以内に出版されている本はこちらからチェックできます↓
Kindleストア : Kindle本 : 読み放題対象タイトル : 過去30日(Amazon)

契約してなくても、このような表示があるkindle本は読み放題の対象がわかります。
対象の読み放題kindle本には、¥0 kindle unlimitedと表示されています


先ほどのリンク先から普段読む雑誌は読み放題対象なの?バックナンバーはいつまで対象なの?など疑問に思うポイントを調べることができます。

ポイント2 探して読むまでの操作性


dマガジンはカテゴリから絞り込んで目的の雑誌を探せます。kindle unlimitedは検索機能で絞り込むことができます。探すに関してはどちらも大差はなしと思っています。

探してから読むまでの流れはdマガジンの方がいいです。
dマガジンは「今すぐ読む」ボタンで、そのままPDFライクな表示ですぐに読み始めることができます。
kindle unlimitedは、「Kindle unlimitedで読む」ボタンを押した後、下のようなページで「Kindle Cloud Readerで今すぐ読む」ボタンをもう一度クリックする必要があります。
kindle unlimitedは読むボタンのあとこのようなページが表示されます。「Kindle Cloud Readerで今すぐ読む」ボタンを初めから押したいですね。


ちょっとした違いです。dマガジンの方がダイレクトで使いやすいと感じますね。

ポイント3 読む快適性


操作性はdマガジン、kindle unlimitedどちらも似たり寄ったりで★★☆☆☆(星2)ぐらいだと思っています。どちらも拡大がSafariの拡大機能でいまいちです。dマガジンは見開きをOFFにすることで拡大できますがページ全体が把握しにくくなります。PDFの拡大機能のようなものはどちらもないので星2です。

雑誌の中の記事を探す機能はdマガジンの方が良いです。
dマガジンは雑誌の目次機能(インデックス)が優れています。 そのためdマガジンの方が読みやすいって感じます。
kindle unlimited(Kindle Cloud Reader)の目次機能は目次ページを表示してそこから選んで移動するスタイルでした。少し不親切かなぁと感じていますよ。


ポイント4 特別編集号なども読み放題でした


マガジンハウスの「女性のための 肩甲骨&骨盤エクササイズ」、Tarzanの特別編集版です。これはdマガジン(2018/8/12まで)、kindle unlimitedどちらも読むことができます。

kindle unlimitedはこれ以外にもTarzan特別編集版が読み放題の対象でした。
本当?って疑問の方はこちらで確認できます。

ポイント5 雑誌の違い


普段購入、または気になっている雑誌が読み放題対象になっているの?ってところがポイントですよね。
=>雑誌の種類はdマガジンが豊富です!

200誌以上あるのでここでは列挙していませんが、以下リンクから調べることができます。
dマガジンは200誌以上、こちらから対象雑誌を確認できます。=>https://magazine.dmkt-sp.jp/list/30_000000

kindle unlimitedの読み放題対象の雑誌はこちらから確認できます。=>https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=4553492051

いつも読んでいる雑誌があるサービスを選びたいですね!

まとめ


ここまでdマガジンとkindle unlimited雑誌を読むならどっち?5つのポイントでチェックとしてポイント1 バックナンバーポイント2 探して読む(操作性)ポイント3 読む(快適性)ポイント4 特別編集号ポイント5 雑誌数の5つのポイントで比較してきました。

雑誌だけに特化したdマガジンは優れているところが多かったです。豊富なバックナンバーのkindle unlimitedも捨てがたいです。読みたい雑誌があるdマガジン、ずっとバックナンバーをいつでも読めるkindle unlimitedか悩ましいですね。

dマガジン、kindle unlimitedどちらも月額制のサービスです。年額制のサービスと比較するといつでも手軽に入会、退会できるメリットがあります。

今の所macyarounanokaは、雑誌読むならdマガジンでいいという結論です。読みたくなった技術本、書籍がkindle unlimited読み放題対象だったら契約するようにしようと思っていますよ。

2018/7/9追記
MacBook仕事術!2018 Kindle版、iPad仕事術! 2018 (iOS11 最新版) Kindle版、iPad 便利すぎる! 260のテクニック iOS11 改訂版 Kindle版、DOS/V POWERレポートなどもkindle unlimited対象でした。
ランキングで見ると探しやすい気がします=>Kindle本 売れ筋ランキング



 

 

dマガジンとkindle unlimited雑誌を読むならどっち?5つのポイントでチェック
サブコンテンツ

コメント

comments powered by Disqus

2018.12.15 macyarounanoka(管理者)のメールアドレスを失って、disqusにログインできなくなっていました。 そのためmacyarounanoka-2で返信するように変わっています。 エキサイトのフリーメールアドレス使っていたことに気がつけませんでした。 ちょっとやってしまいました感がありますOrz。 記事へのコメントはいままで通りdisqusでお願いします。 個別のお問い合わせはお問い合わせからお願いします。
2013.8.19 DISQUS(外部コメントサービス)の利用を開始しました。
Facebook, google, Twitter等のアカウントで投稿可能です。


↓↓Office365 Soloは年間契約がお得です↓↓
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ