macOS High Sierraの最新記事

macでもファイル比較アプリWinMerge2.14.0-jpが動きます

Windowsでファイル比較ツールのド定番は、WinMergeじゃないでしょうか?WinMergeが登場する以前は、WinDiff(Visual Studio同梱)が定番でしたね。Macでファイル比較アプリの定番といえば何でしょうか?FileMerge(open /Applications/Xcode.app/Contents/Applications/FileMerge.app)?CompareMerge?単純なファイル比較はVisual Studio Codeが結構使えます。ただフォルダを2つ指定して一気に違いを見るようなことができませんよね。macでもWinMerge使えたら・・・使えました。

macでWinMergeを動かすデメリットとメリット



WinMergeはmacOS High Sierra 10.13.3でも動作します。バイナリの形式が違います。そのためそのままでは動かないのでWineというWindows環境でなくてもWindowsソフトが使えるツールを使います。これがデメリットでもあります。WinMerge日本語版(2.14.0-jp-145のZIP版は24MBぐらいです。これをMacで動作させるために必要なソフトは以下2つです。
  1. XQuartz(macのXサーバー関連)が必要。無料でダウンロードできます。179MBぐらいストレージ使います。
  2. Wine(今回はWine Development版の3.2を使っています)が必要です。無料でダウンロードできます。409MBぐらいストレージ使います。


=>588MB余計にストレージを占有してしまうのがデメリットです。

メリットもありますよね。慣れ親しんだWinMergeがmacOS High Sierraで動きます。Visualでファイル、フォルダの違いが見てわかります。

macでファイル比較やフォルダ内の違いを知りたい場合、ターミナルからdiffコマンドを使うとサクッと違いがわかります。左右分けて違いを見たい場合は、-yオプションを使います。(diff -y)1行が短いテキストの比較ならこれで満足できると思います。ただ1行が長かったり、視覚的(色など)に違いを把握したい場合には不向きですよね。

macでもファイル比較アプリWinMerge2.14.0-jpが動きます


macでもファイル比較アプリWinMergeが動作するところまでやって見ます。動画はmacOS High Sierra 10.13.3のmacで撮影しています。

【環境を整える】ファイルの入手とインストール


必要な環境をダウンロード、インストールするまでの手順は、以前WinSCPを動かした際の方法が使えます。こちらを参照してください:macでWinSCPを動かすための環境を整える(macyarounanoka)
今回は、最新の開発版Wine 3.2をダウンロード&インストールしています。インストールしているバージョンは違います。Wineのインストール手順で64bitをチェック入れてくださいね。

続いて、WinMerge日本語サイトからZip版をダウンロードします。ここでは~/Download/フォルダに自動展開されたものを使っています。WinMerge 2.14.0-jp-145(64bit)をダウンロードしました。
WinMerge日本語版の入手先:WinMerge 日本語版


【初回起動はいくつか注意点があります】


実際にWineとWinMergeを初回起動している動画がこちらです。注意するポイントがわかります。

説明が足りないかもしれませんので、ここで補足します。
1)macOS High Sierraの次のバージョンから32bitアプリが動かなくなるようです。
Wineを64ビットで動かすためには、wine64 プログラムで起動する必要があります。

2)Wineインストール後、初回起動で初めてWindowsアプリを動かすと環境設定が始まります。
Wine用monoとWine用Geckoのインストールを促されます。これは初回だけ促されます。

3)macのストレージは、Zドライブに割り当てられています

【macでWinMerge】フォルダを比較して見ました。


CSS、JS、PHPファイルなど計1508ファイルあるwordpressのソースコード4.9.4と4.8.5の異なるバージョンでフォルダを比較しています。こちらの動画でどういった感じかがわかります。

この動画を見ると以下のことがわかります。
・WinMergeがmacOS High Sierra上でちゃんと動いている!
・WinMergeからmacのストレージのフォルダ、ファイルにアクセスできている。
・1508ファイルの比較もあっという間に終わっている(内蔵ストレージなので当然ですね!)
・フォルダ比較後、異なるファイルの比較もサクサク動いている。


また動画では省略していますが、Wine3.2で動かしたWinMergeは、Finderからフォルダをドラック&ドロップするとドロップできました。エクスプローラーで使う感じと同じように使えましたよ。

まとめ


いかがでしたでしょうか、ここまでWineをインストールするデメリット、macOS High SierraでWinMergeが動くってことがわかったかと思います。今回Wineはインストール後一切設定しないで使って見ました。インストールしたらそのままWinMergeが動きますよ。


 

 

macでもファイル比較アプリWinMerge2.14.0-jpが動きます
サブコンテンツ

コメント

comments powered by Disqus

2018.12.15 macyarounanoka(管理者)のメールアドレスを失って、disqusにログインできなくなっていました。 そのためmacyarounanoka-2で返信するように変わっています。 エキサイトのフリーメールアドレス使っていたことに気がつけませんでした。 ちょっとやってしまいました感がありますOrz。 記事へのコメントはいままで通りdisqusでお願いします。 個別のお問い合わせはお問い合わせからお願いします。
2013.8.19 DISQUS(外部コメントサービス)の利用を開始しました。
Facebook, google, Twitter等のアカウントで投稿可能です。


↓↓Office365 Soloは年間契約がお得です↓↓
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。