macとiPhoneの最新記事

iPadをセカンドディスプレイ化するならYam Displayが割安でいい感じです

iPadのイメージとキーボードとコヒー

13インチモデルを使っているともう少しディスプレイを広げたいって思う瞬間があります。今回は無料で試せるYam Displayを使ってiPad2をMacBook Proのサブディスプレイとしてどこまで使えるのか体験してみました。iPadをセカンドディスプレイ化したい場合、古くからあるDuet Display、iDisplayなどが候補に上がりやすいです。どちらも1,000円以上するアプリです、Yam Displayは無料版(7分の制限版)と有償版(960円)があり、有償版でも格安です。

無料版は、macのサブディスプレイとして使い始めて7分経過すると一旦接続が切れます。再度接続するとまた7分使うことができます。使い勝手は悪くなりますが、無料のままでも使い続けることが可能な感じでした。

それでは早速、iPad2にYam Displayアプリ、MacBook ProにYam Display for Mac(https://www.yamdisplay.com/)を入れてMacBook Proのサブモニタとしてどの程度使えるものかチェックしてみました。

こちらがその動きをまとめた動画になります。



通常のセカンドディスプレイ同等以上に使える感じです。(画面は小さいですが)

反応に遅延がありません。だから小さい普通のディスプレイとして活用できると感じました。
・iPadを縦にしてセカンドディスプレイとして利用する、横にしてセカンドディスプレイとして利用する、このどちらも可能です。
iPad側はタッチで操作することもできます。メインディスプレイにマウスカーソルを戻すのは、トラックパッドを使います。macのタッチ操作は新鮮でした。でもボタン小さくて押しにくいと感じました。


iPad2は古いですが、iOS9が入っています。Yam DisplayはiOS7以降に対応しているので全てのiPadに対応しているようです。

Yam Display for Macをインストールして、しばらくの間、VTDecorderXPCServiceというプロセスが一生懸命働いていました。少しディスプレイの反応が悪かったです。

使えない?って思いましたが、しばらくすると落ち着きました。先ほどの動画は、落ち着いた後の動きです。


iPadのセカンドディスプレイ化のメリット


余っているiPadをなんとなく有効活用している気になれる!
・セカンドディスプレイとして機能する
・iOSシミュレータを動かすのにいい感じ

iPadのセカンドディスプレイ化のデメリット


・iPadの傾きを調整可能なスタンドが欲しくなる
・1時間程度使用後、iPad2がそれなりに発熱していた
・MacBookの少ないUSBポートを占有する


すでに別のサブディスプレイ使ってます。わざわざiPad使う必要ありますか?


ありません。
職場、オフィス、作業場ですでにサブディスプレイを使っている方はわざわざ試す必要はありません。
ただ、iPadには通常のディスプレイより軽いメリットがあります。ちょっと場所を変えてみようと会議室やいつもと違う席、カフェなどでセカンドディスプレイが欲しくなった場合にiPadをセカンドディスプレイ化するとメリットがあるかもしれません。

まとめ


iPad持っているけど、使ってないって方は、ぜひ一度試してみてください。USB有線なので意外と使えます。

 

 

iPadをセカンドディスプレイ化するならYam Displayが割安でいい感じです
サブコンテンツ

コメント

comments powered by Disqus

2018.12.15 macyarounanoka(管理者)のメールアドレスを失って、disqusにログインできなくなっていました。 そのためmacyarounanoka-2で返信するように変わっています。 エキサイトのフリーメールアドレス使っていたことに気がつけませんでした。 ちょっとやってしまいました感がありますOrz。 記事へのコメントはいままで通りdisqusでお願いします。 個別のお問い合わせはお問い合わせからお願いします。
2013.8.19 DISQUS(外部コメントサービス)の利用を開始しました。
Facebook, google, Twitter等のアカウントで投稿可能です。


↓↓Office365 Soloは年間契約がお得です↓↓
Microsoft Public Affiliate Program (JP)

  • 祝!初マック(mac book retina 13インチ)!retina美しいです^^マックに関係するTips、情報、はまったことの解決策等
  • Mac野郎なのか
  • プロフィール

このページの先頭へ