←いいねボタンでFacebookのウォールにこのページを紹介できます。

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

魅力的な人はサイコパス!?

魅力的な人物はサイコパス!?


サイコパスは周囲から魅力的な人だと思われることがあります。

共感性が乏しいはずのサイコパスがなぜ魅力的に映るのでしょうか?

第一印象を服装だけで好印象にする


サイコパスは平然と嘘をつき、言葉巧みに人を操ることが上手な場合があります。
・どうすれば良い印象を相手に持たせられるか
・どのような言葉をかければ良いか
・このタイミングでは悲しんだ方が良い
・相手に響くキャッチフレーズは何か
を知っていたりします。



話術の優れたサイコパス


例えば、有名人の中でもサイコパス度が高いと言われるヒトラーは、党演説をするとき、
聴衆が静まり返るまでじっと無言で何も話さない、というテクニックを使っていました。

そうすることによって、民衆が話に耳を傾けてくれることを知っていたのです。
また、短いキャッチーな耳に残る言葉を使ったり、何度も同じ話をすることによって国民を納得させるテクニックも使っていたとされています。
こうしたテクニックを持ち、国民に支持されていたことからも魅力的な人物であったことがうかがわれます。



スティーブジョブズもサイコパス度が高い有名人として知られています。
スティーブジョブズは、社員には冷淡でとても厳しい一面がありました。
一方で、天才的な話術を使って、Apple製品をプレゼンしたと言います。
人を魅了することが得意だったのです。




サイコパスの使っている印象操作


言葉巧みに人を魅了するというのは、悪く言えば印象操作になります。
自分をアピールすることがとても上手く、周囲を魅了することが得意です。

どういう言葉を使えば相手に良い印象を与えられるか、
どうすれば商品を高い値段で買ってもらえるのか、
どうすれば思い通りに人を操ることができるのか、

こうした印象操作は良い方向にも働きます。


とても魅力的な人物として、上司に気に入られて出世したり、
スティーブジョブズのように、売りたい商品を上手に魅力的に見せて、
営業成績が上がったりすることもあるでしょう。



しかし、印象操作をしていることがわかってしまうことでむしろ印象が悪くなってしまうこともあります。
好印象に見せようとしていることが裏目に出てしまいます。

行動を暴く心理学: 自分の印象操作をして良く見せる人間編によると、すごい人と知り合いであることをアピールして、「すごい人と知り合いの自分もすごいんだ」という印象操作をする人がいます。

しかし、有名人や芸能人と知り合いであることを聞いて、すごいなと思う人ばかりではありません。
「この人は自慢ばっかりだな」とむしろ印象が悪くなってしまいます。



以上、サイコパスは、口が達者で魅力的な人物と思われることがあります。
しかしそれは単なる印象操作によるものかもしれません。







身近にも絶対いるサイコパスってどんな人?

身近にもいるサイコパスの正体


身近にも絶対いるサイコパスとはどんな人?


サイコパスという言葉はテレビで良く耳にするようになりました。

サイコパスというと映画「羊たちの沈黙」に出ててくるハンニバル・レクターのようなイメージがある人も多いではないでしょうか?ハンニバル・レクターは精神科医でありながら人を食べる知的な殺人鬼です。

しかし、サイコパスは犯罪者とは限りません。
社会的に成功している人もいます。例えば、会社の社長弁護士にもサイコパスの特徴を持った人がいると言われています。
もしかすると、サイコパスの特徴があるからこそ成功しているのかもしれません。


サイコパスの特徴


サイコパスの特徴は、冷淡で、冷静で、恐怖心が欠けている、平気で嘘をつく、自己中心的で、合理的で、他者を踏み台にのし上がる、相手の心をコントロールしようとする、といったものがあります。
これらの特徴が悪い方向に向かえば冷酷な殺人鬼となり、良い方向に向かえば社会で成功するということでしょう。




サイコパスぷち診断


以下の項目がサイコパスの特徴の一部です。
あなたは当てはまりますか?


・ばれなければ浮気しても良い
・欲しいものを手に入れるために相手を踏み台にしてもよい
・動物が痛がったり傷ついたりしても何とも思わない
・決断を下すのが早い
・財布が落ちていた時、人が見ていなければいただく


サイコパスを診断するものではありませんが、よく当てはまっていれば、
あなたにはサイコパスの特徴があると考えられます。







サイコパスの原因


サイコパスになる原因は何でしょうか?

遺伝なのか環境なのか、両方なのか・・・
親の育て方なのか、親の遺伝子なのか、栄養の偏りなのか・・・

サイコパスになる原因はまだはっきりとはかわっていないのが現状です。



ただし、サイコパスは、脳の構造が異なっていることがわかっています。

脳の構造が違うということは、もしかすると遺伝的な影響があるのではないか?ということになります。
もちろん環境によって、脳が変化していくこともあるでしょう。
そのため絶対に遺伝の影響とは言えませんが、いくらか遺伝の影響もあると考えられます。



詳しくは、サイコパスの原因「脳の構造が人と違う」で書いています。

偉い人をダメ出ししたい病

偉い人をダメ出しばかりする人の深層心理は?



口を開けば政治家に対する文句を言ったり、偉い学者に対する批判をしたり、お金持ちの性格にダメ出しをしたり・・・・・・・

といったことを繰り返す人がいます。



あなたに少しでも権威があれば批判・ダメ出しの対象になることもあるかもしれません。

大卒の人は、高卒の人から批判されるかもしれません。

お医者さんもそれだけで批判の対象になるかもしれません。



このような権力者や有識者に対する批判ですが、
批判・ダメ出しをすることにはどのような目的があるのでしょうか?




偉い人をダメ出しすることのメリット


こうした人の深層層心理ですが、
ダメ出しを聞いた人がどう思うかを考えれば答えはでます。



「○○の政策は全然なってない」
「あの人はお金持ちだけど性格は悪い」

と批判・ダメ出しする人に対してどのような印象を持つでしょうか?






まわりからジワジワ攻める関係性攻撃

まわりからジワジワ攻める関係性攻撃

関係性攻撃



関係性攻撃とは何か??
あまり聞いたことはないかもしれません。

関係性攻撃とは、直接、言葉で罵倒したり、身体的に攻撃したり、悪態をついたりする攻撃とは異なり、
「ワザと仲間関係を操作してダメージを与えたりする」攻撃のことです。

あなたも知らない間にそんな攻撃の対象になったことがあるかもしれません。
周囲からじわじわと攻められるため、あなたの知らない間に孤立してしまっている、ということもあるでしょう。


ただし、関係性攻撃をしてくる人を見極めることができれば、
そんな人から振り回されずに済むでしょう。

職場での人間関係ストレス「些細なことでイライラする上司」

イライラして怒る上司の深層心理

職場にいる性格の悪い上司


職場での人間関係の悩みので多いものの一つが上司についての悩みです。

中には職場の性格が悪い上司のせいで人間関係に悩んでいる人もいるでしょう。
ストレスがたまりすぎてうつっぽくなる人もいるかもしれません。


性格が悪い上司


性格が悪いと一言で言ってもいろんなタイプがあります。
・嫌味っぽい
・無責任で人任せ
些細なことでイライラする
・責任を部下に押し付ける

あなたの上司はどんなタイプでしょうか?

ここでは「些細なことでイライラする上司」を取り上げて、上司の深層心理と対処法を考えていきたいと思います。




専門家が選ぶ「人間関係の心理学本ランキング」

専門家が選ぶ心理学本ランキング


人間関係に関する心理学の本は今や無数に存在します。
全くでたらめな本からあまり役に立たない本までさまざまです。

1000円する本をタイトル買いしてみたけど、結局何ページか読んだだけで眠らしておくことになる、
のはもったいないです。




そこで専門家が選ぶ「人間関係の心理学本ランキング」をまとめました。
特に上位ランクの本は人間関係で悩んでいる人に読んでほしい心理学本です。


第1位


自分でできる対人関係療法
第一位は対人関係療法に関する本です。
対人関係療法では「自分が期待していたこと」と「相手の行動・発言にズレ」が生じたときに怒ったり悩んだりすると考えます。
対人関係療法に出会うことで自分のイライラやイライラによる対人関係の問題もかなり改善される部分があるのではないかと思います。

※対人関係療法というのは心理療法の一種でワイスマンによって創始されました。




専門家やより詳しい対人関係療法を学ぶ場合は対人関係療法総合ガイド
対人関係療法の創始者であるワイスマンの本です。やや専門的な本なので対人関係療法2冊目におススメです。




第2位


ゲーム分析 (Transactional analysis series (4))
第2位はゲーム分析に関する本です。
ゲーム分析というのは交流分析という心理学の一分野で、「嫌われることを自分で引き出していたり」「怒られるようなことを自分から引き出していたり」「相手に嫌な気分をもたらす」といった望ましくないコミュニケーションのパターンを分析します。

良いコミュニケーションを心がけている人の中にも意外とゲームと呼ばれる望ましくないコミュニケーションをしている人もかなりいるのではないかと思います。






ゲーム分析を詳しく学びたい人はヒューマンの通信講座 『ケアカウンセラー』
の通信講座で学べます。
ケアカウンセラーとありますが、嫌な気持ちになるコミュニケーションをやめたい人や人間関係でぎくしゃくしている人も勉強になるかと思われます。


ゲーム分析がどのような内容かは少しだけ過去記事で書いています。
「仲間割れ」をさせるコミュニケーション
「粗探し」のコミュニケーション



第3位


改訂版 アサーション・トレーニング ―さわやかな〈自己表現〉のために
第3位はアサーショントレーニングに関する本です。
アサーションは主張といった意味で、自分を抑えて苦しいコミュニケーションでもなく、相手を気にせずに傷つけるようなコミュニケーションでもなく、相手も自分もスッキリするコミュニケーションを身につけていきます。



職場の人間関係ストレス「仲間割れをさせる人達」


「仲間割れ」のコミュニケーション


他人同士の仲が悪くなるような情報を与えたり、

複数の他者に矛盾した情報を与えて仲違いさせたり、

悪口を言うことによって喧嘩させたり



こうしたコミュニケーションのパターンがあります。



こうした癖はいつの間にか身に付き、なぜか繰り返してしまいます。
職場に仲間割れのコミュニケーションをする人がいれば、その人に振り回されることになります。
そして、あなたの職場でのストレスの原因になるでしょう。




仲間割れさせるコミュニケーション

例えば、
「AさんはBさんのことを悪く言ってたよ」とC君に伝え、
「C君はAさんのことが苦手みたいだよ」とBさんに伝える。

※ただし、こんなにあからさまではない場合がほとんだと思われます。




このような「仲間割れ」をさせるコミュニケーションのパターンがやめられない人もいます。



職場の人間関係ストレス「粗探しばかりする人達」

「粗探し」のコミュニケーションパターン


人にはそれぞれ特有のコミュニケーションのパターンがあります。

そのパターンが自分にとっても他人にとっても不快な結果になるとしても、
そのパターンが定着してしまうことがあります。

その一つが「粗探し」のコミュニケーションパターンです。



こうした「粗探し」のコミュニケーションパターンを持っている人が職場にいると厄介です。
あなたは少しのミスをしただけでも指摘され、ストレスの原因となってしまします。



上司が「粗探し」ばかりする人であれば、あなたのちょっとしたミスでも大げさに会議で取り上げられ、
恥をかかされることもあるでしょう。

同僚が「粗探し」ばかりする人であれば、あなたの小さな間違いを細かく指摘され、「こんなことどうでもいいじゃないか」とムカッとすることもあるでしょう。


こうした出来事が知らない間に重なり、大きなストレスとなってあなたを襲うかもしれません。




参考にした心理学本です。
ゲームと呼ばれる「不快なコミュニケーションのパターン」について詳しく紹介されています。




どうでもいいミスを拾う人


他人のどうでもいいようなミスを大げさにピックアップしたり、

失礼な人の心理part1

失礼な人の心理


「この人は失礼なことばかり言うな」
....そう思うことは多々あることでしょう。


少し太ってきたかなと思っていたとき職場で
「LLサイズの制服ないよ」と冗談まじりに言われたり

毎月の給料を教えたら
「え、可愛そう!」と言われたり

ほうれいせんが気になっているとき
「ほうれいせんクッキリしてますね」と平気で言ってきたり



このように失礼なことを平気で言う人達がいます。
なぜ失礼なことを言ってしまうのでしょうか?




2つのパターン


失礼なことを言う人の1つめのパターンは、失礼なことを言っていることに自覚がない場合です。
言い換えれば悪気がないということです。

もう一つは、悪気がある場合です。

ではこの2つのパターンについて考察していきましょう。

悪口を言われていませんか?

悪口を言われている・・・・・
この記事を見ている人は、多かれ少なかれそう思うことがあるのではないでしょうか?

なぜ悪口を言われるのか、その理由を検証してみたいと思います。


その理由は、「自尊心が低くなると高めようとする」
という人間の傾向にヒントがあるかもしれません。
    >>次へ
カテゴリアーカイブ
最新記事
タグクラウド
リンク集

ストレスで老けないためのイライラ脱出術  

優越感を追求する人間編 行動を暴く心理学シリーズ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。