←いいねボタンでFacebookのウォールにこのページを紹介できます。

広告

posted by fanblog

一人っ子の性格part2

一人っ子の性格

一人っ子の性格part1の続きです。
一人っ子の対人関係について分析していきましょう。


一人っ子の育ち方


一人っ子の育ち方は、常に親(大人)との関係です。

生まれてからしばらくは親(大人)とコミュニケーションが主となります。
きょうだいがいないため、もっぱら同年代よりも大人と会話するんですね。


大人っぽい性格


そうなると大人とのコミュニケーションの取り方が上手になります。
そして大人っぽい安定した性格になりやすくなります。

しかし良い側面だけではなく悪い側面もあります。


同年代との会話が苦手


きょうだいが多い場合は、集団でのコミュニケーションが得意です。
そのため社交的な印象を受けます。


しかし一人っ子は、きょうだいがいないために、同年代の子供とのコミュニケーションや
集団でのコミュニケーションの取り方は下手になりやすくなります。



一人っ子の孤独感は強いのか?


一人っ子はきょうがいません。
では一人っ子は孤独を感じやすいのでしょうか?


一人っ子は小さい頃から常に一人でいる機会が多くなります。
親がいてないときは家に遊び相手もいませんし、
親が共働きだと「鍵っ子」と呼ばれるように家に帰っても一人です。



つまり、一人っ子は小さい頃から「孤独が当たり前」になっているので孤独感は感じにくいと言えるでしょう。

しかし長男長女は急に親からの関わりが二男二女にも移るため
そのギャップに孤独感を覚える可能性があります。







コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのコメント

   
カテゴリアーカイブ
最新記事
タグクラウド
リンク集

ストレスで老けないためのイライラ脱出術  

優越感を追求する人間編 行動を暴く心理学シリーズ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。