Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

熱しやすく冷めやすい人【チャレンジャータイプ】

熱しやすく冷めやすい人のチャレンジ精神



熱しやすく冷めやすい人はチャレンジ精神が旺盛です。
すぐに冷めてしまいがちですが、新しいことにチャレンジします。
allan-filipe-santos-dias-NpR5YX7un4M-unsplash.jpg

でも、チャレンジ精神というのはいったい何なんでしょうか?


人間の持つ気質の一つに新奇性探究と呼ばれるものがあります。
新奇性探究は、チャレンジ精神が旺盛で、新しい刺激を求める特徴です。
似た考え方に、刺激希求という考えがあります。
スリルを求め、冒険家で、新しい経験を求めます。


チャレンジ精神は20歳がピーク


新奇性探究は20歳をピークにして、
だんだんと弱くなっていく特徴です。
若いときは新しいことにチャレンジしていたのに、
年齢を重ねると慣れ親しんだものを好むようになります。

高齢者が大学に入学したり、スカイダイビングにチャレンジしたりすると、
ニュースになることがあります。
それだけ高齢でチャレンジすることが珍しいとも考えることができます。

20代はいろんなアルバイトにチャレンジしたり、
いろんなオシャレにチャレンジしたり、
何かとチャレンジャーな年代というのは納得します。
熱しやすく冷めやすいのもこの年代に多いかもしれません。
brent-storm-fmce9rKf2-g-unsplash.jpg


熱しやすく冷めやすい年代があるという話でしたが、
みんながみんな同じではありませんよね?

熱しやすく冷めやすい人もいれば、
熱しにくく冷めにくい人もいます。


それは遺伝なのでしょうか?育ち方なのでしょうか?



チャレンジ精神は遺伝的?育ち方?


熱しやすく冷めやすい人は、チャレンジ精神が旺盛ということですが、
チャレンジ精神との関係がある新奇性探究は、遺伝なのか環境なのか
という研究がされています。

チャレンジ精神は元々あるものでしょうか?
それとも育ち方によってチャレンジ精神が強くなるのでしょうか?
アメリカの精神科医であり生物学者のクロニンジャー博士は、
人間には遺伝の影響を受ける4つの気質因子と、
育ち方に影響される3つの性格因子があると言います。

チャレンジ精神と関係している新奇性探究は、
遺伝の影響を受ける4つの気質のうちの1つです。


遺伝か育ち方かを調べるのに使われる研究方法が双子を使ったものです。
別々の場所で育った双子に、同じようなチャレンジ精神が見られたら、
遺伝的だということです。
結果的には、別の場所で育った双子に同じようにチャレンジ精神が旺盛だということが
わかっています。

ということは熱しやすく冷めやすいのは、遺伝的だという可能性が高いのです。


また、新奇性探究はドーパミンと関係があると報告されています。
ドーパミンは快楽や報酬と関係している物質です。
楽しい事があるとドーパミンが放出されて、快楽を得るために行動を繰り返します。
新奇性探究とドーパミンがどう関係しているかはまだ研究が必要でしょう。



-------------------------------------------------------
熱しやすく冷めやすい人
熱しやすく冷めやすい人【刺激を求めるタイプ】
-------------------------------------------------------

熱しやすく冷めやすい人【刺激を求めるタイプ】

熱しやすく冷めやすい人【刺激を求めるタイプ】


熱しやすく冷めやすい人には、
新しい刺激を求めるタイプがいます。

熱しやすく冷めやすい人にはナルシストのタイプもいます。
詳しくは→熱しやすく冷めやすい人で解説しています。

今回は刺激を求めるために、熱しやすく冷めやすい人についてです。

paulo-henrique-_f4VhRUCPmM-unsplash.jpg


刺激を恋愛に求める場合は、
新しい刺激を求めて、新しい恋人を作り、すぐに別れて新しい恋人をつくるかもしれません。
同じ恋人に対して新しい刺激を感じるのであれば同じ人と長く付き合うかもしれません。
反対に、刺激よりも安心や安全を求めるタイプならば、
長く恋人と付き合い、関係が冷めていても惰性で付き合い続けるかもしれません。


刺激を旅行に求める場合は、
見たことのない新しい土地に行って、新しい体験をしようと思うでしょう。
同じ旅行好きでも、刺激を求めないタイプがいます。
刺激を求めないタイプは、以前に行った場所を好んだり、ツアー旅行を好むでしょう。
海外よりも日本国内の旅行を好むでしょう。

刺激を仕事に求める場合は、
安定した公務員のような仕事よりも、
刺激の多い会社、変化の多い仕事を好むかもしれません。
ずっと同じ職場では満足できず、転職を選ぶ人もいるでしょう。

刺激をスポーツに求める場合は、
ジェットスキー、スカイダイビング、バナナボートなどにチャレンジするかもしれません。
野球をずっと続ける、サッカーを何年も続ける、
そうしたコツコツとスポーツを続けるタイプとは対照的です。

matthieu-petiard-Pf6e3o0GL4M-unsplash.jpg


このように刺激を求めるタイプの人は熱しやすく冷めやすい可能性があります。
刺激を求める人ですが、心理学でも研究が行われています。



人は刺激がないと変になる


人は刺激が全くないと「変になる」ということが心理学の実験でわかっています。

心理学実験では、参加者が耳栓をして、目隠しをして、手を拘束して物を触れないようにして、
音や視覚などの刺激を極力感じないようにします。
参加者はトイレや食事のとき以外はベッドで寝るくらいしかできません。
ある意味、何もしなくても良い快適な状態です。



そのままですが、この実験は感覚遮断実験と呼ばれます。

人は刺激がなくなるとどうなってしまうのでしょうか?

実験では、感覚を遮断すると参加者にだんだんと変化が起きます。


・ステージ1
最初は何かを見たい、何かを聞きたいと思うようになります。
刺激を求めようとするのです。

・ステージ2
2、3日すると、考えがまとまらなくなります。
物事をきちんと考えられなくなります。

・ステージ3
その後、独り言をいうようになったり、
口笛を吹いたりして刺激を自分で作ろうとします。

・ステージ4
さらに実験を続けると、
妄想的な考えに取りつかれたり、幻覚が生じたりします。


この心理学実験でわかるように、刺激がないというのは苦痛なのです。
刺激のない状況が続くと、精神的な異常が生じてきます。


でも、感覚遮断実験でも、個人差があり、
感覚が遮断された時の反応は人によって違います。


そこで刺激を求める傾向=刺激希求の研究がすすんだわけです。
では、刺激を求める人にはどんな特徴があるのか、
いくつか心理学の研究を紹介します。


刺激を求めるタイプ


人間には刺激を求めるという特徴があります。
刺激を求める特徴のことを刺激希求と言います。
そして、刺激を求める程度は人によって違います。


刺激希求の高い人は、以下のような特徴があります。
・スリルを求める
・冒険を求める
・新しい経験を求める
・退屈を感じやすい
・社会の締め付けが苦痛
・自由になりたいと考える



旅行の好み


刺激希求に関する研究では、旅行に関する好みにも違いが見られました。

旅行の好みは人によって分かれますよね?

キッチリと計画をしてやることを決めてから旅行したい人
無計画で行き当たりばったりな旅行をしたい人
無人島でサバイバル生活を体験してみたい人
安全な国で安全な旅行がしたい人
daniel-j-schwarz-DWZ7fIIw150-unsplash.jpg

刺激希求が高い人は、どんな旅行が好きなのでしょうか?

研究によると、
刺激希求が高い人は、まだ見ていない新しい土地に旅行をすることを好みます。
同じ場所に行きたいというよりは、まだ行っていない国、まだ行っていない都道府県に
行きたいタイプです。

刺激希求が低い人は、パッケージ旅行に参加したり、快適な環境を好むことがわかっています。
安全で予定の決まっている旅行が好きなタイプですね。
また、文化遺産や自然のある土地を好むことがわかっています。



音楽の好み


刺激を求める人は、音楽の趣味にも違いがあることがわかっています。
音楽にはポップス、ロック、ヒップホップ、ジャズ、クラシックなどがありますが、
刺激を求める人はあるジャンルの曲を好みます。

さて、どんな音楽を好むのでしょう?


結果はあなたの予想通りかもしれません。

海外の研究ですが、
刺激を求める人には、ロックを聴く人が多いことがわかっています。
ロックは歌詞も刺激的なものが多く、社会に対する反抗心の強い歌詞だったりするので、
刺激を求める人がロックを聴くのは納得することでしょう。

また、当たり障りのない無難な音楽は聞かないこともわかっています。



刺激を求める男と求めない女


未就学児を対象にした研究では、
刺激を求める程度が男の子と女の子で異なることがわかっています。


女の子よりも男の子の方が刺激を求める傾向がありました。
この結果は、大人の女性と男性でもみられました。

この研究で示されたのは、刺激を求める傾向が、
子どもの時から決まっているのではないか?
ということでした。

熱しやすく冷めやすい人は、
子どもの時から熱しやすく冷めやすい可能性があるということです。



刺激を求める人はタバコが好き?


韓国の高校生を対象にした研究があります。

刺激を求める傾向が強い生徒は、タバコを吸う傾向も強いことがわかっています。
特に社会からの締め付けから抜け出したいと思っているかどうかが、タバコを吸うことに影響を与えていることがわかりました。


そのほかにも、薬物依存との関係や、
ギャンブル依存との関係が指摘されています。



まとめ


熱しやすく冷めやすい人には、刺激を求めるタイプがいます。

刺激は誰でも求めていることが感覚遮断の実験でわかりましたが、
人によって、刺激を求める程度が違っています。
ある人は、たくさん刺激を求め、ある人はあまり求めません。
刺激を求める人は、子どものときからこのような特徴があります。

刺激を求める先も人によって違ってきます。
刺激を恋愛に求めるのであれば、同じ恋人では刺激を感じられずに新しい恋人を作るかもしれません。
刺激を旅行に求めるのであれば、それほど計画もせずに見知らぬ海外に旅行に行くかもしれません。

あなたの近くにいる熱しやすく冷めやすい人は、
刺激を求めるタイプだったでしょうか?



----------------------------------------------------------------

オシャレじゃない人の性格分析
熱しやすく冷めやすい人
職場の人間関係に疲れる人は「逃げるが勝ち」

----------------------------------------------------------------

ストレスは体のあちこちに出る

ストレス反応は体のどこにでも出る


ストレスを感じるとき、ストレス反応は体のあちこにでます。

あなたは体のどこに反応が出ているでしょうか?

・頭
・耳
・目
・口、のど
・呼吸器
・心臓
・胃、食道、腸
・手足
・全身
・皮膚

ストレスが大きいと自律神経失調症となり体のあちこちに症状がでます。
見てわかる通りストレスは体の至る場所に出てきます。
体に出るストレス反応

人によって弱い部分があります。
そしてストレスを感じるとその弱い部分に反応がでやすくなります。

・頭に出れば、頭痛がする、抜け毛
・耳に出れば、耳が痛い、耳の中が痛い、耳の奥が痛い、耳鳴り
・目に出れば、光がまぶしい、目が疲れる、目が痛い、
・のどに出れば、咳が出る、のどがイガイガする、のどの異物感、圧迫感
・口に出れば、口が渇く、口が臭くなる
・呼吸器に出れば、息苦しくなる、空咳、咳が出る、
・心臓に出れば、胸が締め付けられる、いきなりドキドキする、息苦しい、動悸
・胃、腸、食道に出れば、食欲が無くなる、痩せる、お腹が痛くなる、下痢が続く、吐き気
・手足に出れば、手が震える、足が震える、手足がだるい、夏でも手足が冷える、
・全身に出れば、体がだるくなる、全身が震える
・皮膚に出れば、皮膚がかゆくなる、肌が荒れる、じんましん


これらの症状はストレスから来る自律神経失調症の症状です。
自律神経失調症かどうかを知るには、
自律神経失調症の身体症状なのか、他の体の病気なのかの区別が必要です。

自律神経失調症だと思っていたら、頭痛が脳血管性の病気からきていたり、
ドキドキするのが心臓疾患だったりするかもしれません。

それでも体の異常が見つからなければ自律神経失調症の可能性があります。



アクセルとブレーキが壊れる自律神経失調症


自律神経失調症は大きなストレスを感じたり、生活リズムが狂うことで、
自律神経のバランスが崩れて心身のあちこちに症状が出る状態です。

自律神経って言葉は聞いたことあるけど何となくしか知らないな、
という方のために簡単に説明すると、
アクセルとブレーキです。
緊張しているときはアクセル全開で心臓もドキドキしています。
家でごろごろと寝ているときはブレーキ全開でやる気も起きません。

このアクセルとブレーキの2つが自律神経です。


自律神経にはアクセルとブレーキの役割があるということでした。
ストレスを感じると、自律神経は体にアクセルをかけます。
リラックスしているときは自律神経は体にブレーキをかけている状態です。
アクセルは交感神経、ブレーキは副交感神経でした。

「さぁ働くぞ!」というときは交感神経が働き、
「そろそろ寝ようかな!」というときは副交感神経が働きます。
通常の場合は、です。

一方が働いているときは一方は休んでいます。
アクセルばかりでもブレーキばかりでも不調になるため、
2つのバランスが大切です。
寝る時間にアクセル全開だとドキドキして眠れません。


ストレスをたくさん感じると、
ずっとアクセルを全開にした状態になります。
そうなると全身に症状となってあらわれます。



もしかして自律神経失調症と思ったら?


自律神経失調症じゃないかな?と思った人は、
病院で他の病気がないかどうかを調べてもらう必要があります。
最初は不調が出ている「科」を受診すると良いでしょう。

ストレスと思っていたら違う病気だったという可能性は十分にあります。
検査をしてもらった結果、体の異常が見つからない、
自律神経失調症だ、とわかった場合には、「心療内科」を受診します。
心療内科では、体と心を治療していきます。

まずは体に起きている症状を取り除く薬物療法になるでしょう。
しかし、それだけでは再びストレスを感じて症状がでるかもしれません。
そんなときはカウンセリングや心理療法が行われます。




オシャレじゃない人の性格分析



オシャレの心理学



オシャレには心理的な意味があります。

新しい服を買うとテンションが上がる
コーディネートがオシャレだと褒められるとうれしい
オシャレをすると気分が良くなる

という経験は誰にでもあるでしょう。

publicdomainq-0007927qxc.jpg

ではなぜオシャレをするだけで、
気分が上がるのか考えたことはありますか?
自己分析力のある人はわかっているかもしれません。

オシャレをすることには、
自分の肯定的なイメージをアップさせる
という効果があるといわれています。


髪型をオシャレにするのと出かけたくなるのと同様に

筋トレをして自信がつくのと同様に

ダイエットで自信がつくのと同様に


服装がオシャレだと自分の価値が上がるように感じるのです。
そのことを意識している人もいれば無意識的な人もいるでしょう。
オシャレと自分の価値の結びつきが強い人もいれば弱い人もいます。
「自分の価値は服装で決まらない!」という考え人もいるでしょう。
そんな人はオシャレと自分の価値の結びつきが弱い人です。

自分の価値を上げるためにオシャレするのと同様に、
自分の価値が下がらないように服装を選んでいることも考えられます。



服装でわかる性格


どんなオシャレをするかには意味があります。

外国の女子大生を対象にした研究では、
流行しているファッションを好む人は、
「人から見られているという意識」が高いことがわかっています。
いわゆる自意識です。心理学では公的自己意識と呼ばれます。
人から見た自分です。

日本の研究では少し矛盾しているような結果もあります。
他者からの評価を気にする人は、
保守的(コンサバ)な服装になるということです。

また、人とかかわるときに、不安になりやすい人はオシャレをしない傾向がある
という研究結果もあります。
images (1).jpg

簡単にまとめると以下の3つの研究結果です。
1流行ファッションの人は公的自意識が強い
2コンサバファッションの人は評価を気にする
3オシャレをしない人は人とかかわるのが不安


この3つの研究結果は矛盾しているような気がしませんか?


2のコンサバ(保守的)と3のオシャレをしないというのは似ている気がします。
1の流行ファッションはどうでしょうか?

流行のファッションというと、言い換えれば、
みんなが着ている服装ということになります。
木を隠すなら林ですね。
そう考えると、1も2も3も、目立たない、浮かないという共通点が見えてきます。

このようなファッションを好む人の性格ですが、
公的自意識が強い、評価を気にする、人とかかわるのが不安

これらは同じような性格ですね。


公的自己意識が強い

↓↓↓

人からの評価を気にするので、

↓↓↓

人と関わるのが不安になる



という流れが考えられます。



目立たない服装をする人は人目が気になる


地味な服装を好む人も、流行のファッションを好む人も、
共通して、
「周囲から浮きたくない」「目立ちたくない」
という気持ちがあると考えられます。


一人だけ浮いた服装をしていると、悪く評価される可能性があり、
そのことを気にする人なのでしょう。
社会人かどうかも重要です。
学生であれば好きなファッションを選びやすいですが、
社会人であればオシャレな服を選ぶことは難しくなることもあります。


確かに、みんながスーツの中、一人だけ私服というのは勇気がいります。
常識のない人だと悪く評価されてしまうかもしれません。

オシャレをすることで、自分の価値があがるということでしたが、
一人だけ違う服装をすることには抵抗があるのでしょう。

流行のファッションを好む人は、
自分の価値を上げたいけれど、浮いてしまうファッションは嫌だ、
という葛藤があり、妥協した結果、流行のファッションになるのかもしれませんね。


まとめ


これまでの話をまとめると、
・オシャレは自分の価値を高める効果がある。
・自分の価値とオシャレの結びつきは人によって強弱がある。
・同様に自分の価値が下がらないように服装を選ぶ場合もある。

・コンサバな服装の人、オシャレじゃない人、流行のファッションが好きな人は、
人からの目線が気になり、どう評価されるかを気にして、人とかかわるのが不安になる性格。

・そうした性格から周囲から浮かない服装を好む

ということでした。



「オシャレに関心がないのかな?」と思っている人が近くにいれば、
もしかすると人の目が気になる人なのかもしれませんね。



--------------------------------------------------------------------------
おすすめの関連記事を載せておきます。

ブランドで着飾る人の深層心理

オシャレじゃない人の性格分析
オシャレな人の性格

--------------------------------------------------------------------------


職場の人間関係に疲れる人コミュ症は「逃げるが勝ち」

職場の人間関係に疲れた人




「職場での人間関係が上手くいかず疲れる人は手を上げてください」


と言えば、無数の手が挙がることでしょう。


・常にマウントをとろうとする男の同僚
・責任を押し付けてくる上司
・嫌な仕事だけを回してくる上司
・あなたがいなくなったら悪口を言って評判を落とす女の同僚
・立場の弱い人だけに説教をする上司
・自分は仕事ができるアピールをする人
・ライバルは仕事ができないと批判する人
・孤立させようと影でウワサを流す部下

こんなタイプの人が一人でもいると、
人間関係に疲れて人生を浪費してしまいます。

次第に人間関係がめんどくさいと思い、人付き合いが怖いと思うようになるかもしれません。
職場での人間関係のストレスで、耐えて耐えても限界がきます。
身体的な病気や精神的な障害につながることもあります。
偉そうな人はストレスに弱い



逃げるが勝ち


ストレスに立ち向かい自分が成長する糧にするのもひとつの生き方です。

しかしどうしても職場のストレスに疲れ果ててしまうのであれば、
いくら給料が良くても幸せには近づかないでしょう。


対人関係が苦手な方や気を遣いすぎて疲れる方は、
いくら職場でがんばっても成果がでにくいものです。
コミュニケーションが得意で上司と仲良くできる人は出世していきます。

また、職場の人間関係でストレスがかかってしまうと、
集中力がなくなり記憶力も低下します。

そうなるといくら実力があっても仕事の結果も出なくなります。

あなたが元々持っていた才能が人間関係のストレスで消えてしまうのは
非常にもったいないことです。


ストレスに立ち向かうことも必要ですが、
仕事はずっと続けていかなければならないことを考えると、
「逃げるが勝ち」ということもあるのです。


ストレスから逃げる3つの方法


ストレスが溜まる職場からは早く逃げることをおすすめします。

逃げるといっても仕事をしないと生活ができません。
絶対にフリーランスが向いている、ということも言えません。


なので、あなたの特徴に合わせた3つの方法をお伝えします。

1,2,3の当てはまるものを読んでみてください。



1.転職タイプ
コミュニケーション能力が高く、その仕事が好きで、
かつ職場の人間関係で辛い場合であれば、
職場を変えるだけでも暖かい人間関係に恵まれて幸せに近づくことができるかもしれません。
コミュニケーション能力が高いのであれば職場を変えるだけで上手くいく可能性が高いです。

2.独立フリーランスタイプ
コミュニケーションが苦手だけど経験がある場合、かつ仕事が好きな人であれば、
独立してフリーランスになる方法があります。
経験があればフリーランスの道もあります。
ただし、フリラーンスには問題点があります。
どうやって開業したら良いのか、確定申告はどうしたら良いのか、ホームページはどう作れば良いのか、
わからないことだらけだと思います。
結局、わからないことだらけで不安が強くなって現状維持になってしまうことの方がリスクが高いでしょう。

独立してフリーランスになる場合は、
フリーランスの経験がある友達に相談するか、
フリーランスになるための専門のサービスを利用すると良いでしょう。

経験3年以上の女性であればリモートワークの就職サポートもあります。マーケティングやWEBデザイナー、経理、ITエンジニアなどのスキルがある人のための、リモートワーク専用の仕事紹介サイトを1つ貼っておきます。
在宅ワーク・リモートワークのお仕事紹介【#リモワ女子】経験のないある方が条件となります。経験が全くない方にはおすすめできません。



3.パソコンタイプ
仕事にそれほど未練がなく、コミュニケーションが苦手な人、かつパソコンがある程度できる人であれば、
一人でパソコンを使ってできる仕事がおすすめです。
glenn-carstens-peters-npxXWgQ33ZQ-unsplash.jpg

コミュニケーションが苦手な人は、苦手を克服するのも良いですが、自分に合った働き方をする方が良いでしょう。
今までの経験を捨てる勇気も必要になるかもしれません。
また、急に仕事を辞めるのは不安があると思います。
その場合には、仕事を続けながら、もしくは減らしながら副業としてスタートするのが
良いのではないでしょうか。

上の1タイプと2タイプはある程度、仕事内容は決まってきます。
しかし3のタイプの場合、選択肢がいくつかありますのでピックアップします。




コミュニケーションが苦手なだけで損をしている人向けの仕事


コミュニケーションが苦手な人は、それだけで損をしてしまいます。
せっかく才能があっても、人間関係が重要な職場ならば才能が発揮されることがありません。
3のタイプであれば、次のような仕事の選択肢があります。

・動画編集
・広告作成、広告運用
・プログラミング
・WEBサイトの作成代行
・コピーライティング
・株式投資、FX

これから需要が高まると予想される仕事に動画編集があります。
最近はTVが衰退してYoutube動画を見る人が増えており、これからも動画の勢いは増すでしょう。
それに伴って、動画編集を委託するケースが増えています。
動画編集はスキルがあればインターネットで仕事をもらって一人でもできます。

独学で動画編集も学ぶのも良いですが、どうしてもわからないこともあります。
勉強は一人でするとお金がかからないようですが、むしろ遠回りになってしまうことがあります。
スクールに行けば、本格的な動画編集のやり方、仕事の内容、仕事のもらい方などを聞くこともできます。

転職や独立で役立つと思ったサービスは無数にありましたが、
調べた中でも管理人が良いと思ったものをリストアップしました。


最短1ヶ月の動画編集スクールで、動画で学びながらチャットで質問ができます。
個人で稼ぐスキルを身につけて仕事をしたい人、空き時間で副業をしたい人を対象にしています。
動画編集スクール【クリエイターズジャパン】



150日のかなりガッツリ動画編集専門家になるためのスクールです。
付け焼刃の編集スキルでは仕事はないと思われるのでこのくらいが良いかもしれません。
大阪校と東京校があり少人数制です。授業は1日2時間を週2回行います。
【MOOCRES(ムークリ)】



動画編集のほかにも、WEBデザインやコピーライティングもスキルがあれば一人でもできます。
リンクを下に載せているSHEはパソコン1台で仕事をしたい女性未経験者向けのWEBスクールです。
WEBデザインやライターのノウハウをオンラインで学ぶことできます。
海外に旅行しながらパソコン1台で働きたい女性、子育てしながら在宅で働きたい女性が対象となります。
未経験者向けWEBスクール【SHElikes】





まとめ


職場の人間関係に疲れた人は、「逃げるが勝ち」です。
コミュニケーションが得意な人は、職場を変えるだけで上手くいく可能性が高いです。

コミュニケーションが苦手な人は、自分の才能を活かしきることが難しくなります。
上司と仲良くなれる人は出世して、人間関係がうまくいかない人は評判も悪くなります。
コミュニケーションが苦手な人はいくらがんばっても結果につながりにくいのです。


努力してコミュニケーション能力を高めるのもひとつの方法です。
しかし、苦手なものは克服するのはたくさんの労力が必要になり、元々得意な人が努力をすれば追いつけません。
コミュニケーションが苦手な人は、人間関係で上手くやろうとするのはあきらめて、
経験を生かしてフリーランスになるか、パソコン1台で稼げる仕事をおすすめします。


辛い人間関係からは逃げましょう。



---------------------------------------------

職場での人間関係ストレス【孤立させる女】2
職場での人間関係ストレス【孤立させる女】
職場での人間関係ストレス「些細なことでイライラする上司」
職場の人間関係ストレス「仲間割れをさせる人達」
職場の人間関係ストレス「粗探しばかりする人達」
まわりからジワジワ攻める関係性攻撃
職場での人間関係ストレス「些細なことでイライラする上司」
---------------------------------------------

職場での人間関係ストレス【孤立させる女2】

職場での人間関係ストレス【孤立させる女2】



前回のおさらいです。

同調性の高い女性は、小さいころから気に入らない人の人間関係を壊すことで孤立させます。
男性は身体的な暴力が多い一方で、女性は孤立させる攻撃をしがちなのです。
これは関係性攻撃といいます。
職場であなたを孤立させようとする女は関係性攻撃をしているのだと思われます。

集団で生き延びてきた人類は、集団を維持する必要があります。
その集団に異質な人が入ってきたら、集団の調和が崩れてしまう可能性があります。
1人だけ知能が高い
1人だけ肌が黒い
1人だけ空気が読めない
1人だけ高卒
1人だけイスラム教徒
このような異質な人は集団の調和を保つために排除される可能性があります。
女性は男性よりも同調性が高いことが知られています。
そのため、同調しない異質なものを排除しようとする力が、男性よりも強いと考えられます。
このような心理現象を黒い羊効果と呼びます。

jan-huber-8GFKBSh8CW4-unsplash.jpg

仲良しグループの恐ろしさ


ある職場に4人の仲良しグループがいました。
その後1人の新入社員が入ってきました。
新しいメンバーが入ることは集団の調和が崩れてしまう可能性があります。

さて女性が集団を保つためにはどうすれば良いでしょうか?
はじめは異色な新入社員を変えようとするかもしれません。

自分たちと同じ趣味に。
自分たちと同じ価値観に。
自分たちと同じように気配りができるように。

そうなれば集団の調和は保たれるかもしれません。
同調の圧力がかかるのです。

新入社員も浮いてしまうのは嫌でしょう。
はじめは4人グループに同調しようとして同じ意見を言ったり気を配ったりするかもしれませんが、
しかしそれでも人間は簡単に変えられるものではありません。
新入社員が自分たちと同じようにならないと4人グループはどうすると集団を保てるでしょうか?

1人についてあれこれと裏で悪口を言うことによって孤立させるのです。
そうすれば少なくとも仲良し4人グループの調和は保たれます。
melissa-askew-tSlvoSZK77c-unsplash.jpg

女子集団と男子集団の違い


日本では男子学生と女子学生を比べた研究があります。
男子の集団と女子の集団は特徴が違っています。

みなさんはどんな風な違いがあると思いますか?

研究によると、
男子集団と女子集団の特徴は明らかな違いがありました。
男子の仲間集団の特徴は、人数が多いということです。
また男子集団はピラミッドのようになっていて
一部のリーダー的存在が決定権を握っていることがわかりました。
男性は競争心が強く上に立ちたいという欲求があるといわれています。
そのためピラミッドのように階層ができると考えられます。

一方で女子の集団は、少人数の集団を作ることがわかっています。
また女子の集団はそれぞれ独立していることもわかっています。
確かに女子集団は一緒にトイレに行ったり同じメンバーで固まっていたりしますよね。
このような集団は凝集性が高いと言います。

集団を作る理由は男女で違う


男子と女子の集団になる理由も異なります。

女子は感情的なつながりや親密さを求めて集団をつくるといわれています。
それだけではなく一人だけ浮きたくないから集団をつくるという生徒も多くいます。

男子は遊びや活動を中心に集団になる傾向があります。
男子は女子と比べると、仲良くなりたいとか、一人浮きたくないという理由で集団を作るわけではないようです。
dane-deaner-wnkE42AFNZg-unsplash.jpg

女子は、仲良くなりたいという理由で集団をつくったり、
一人だけ浮きたくないという理由で集団をつくったりするということでした。


不思議に思いませんか?

なぜか「仲良くなりたい」「浮きたくない」という女子の方が、
仲間はずれにして孤立させるという攻撃(関係性攻撃)をする傾向があるのです。

もしかすると腹が立ったときに相手に一番ダメージを与えられるのが、
女にとっては孤立させることだとわかっているからなのでしょうか?
仲良くなりたい欲求が強いほど仲間はずれを嫌がることは想像できることでしょう。



------------------------------------------
職場の人間関係に疲れる人は「逃げるが勝ち」
職場での人間関係ストレス「些細なことでイライラする上司」
職場の人間関係ストレス「仲間割れをさせる人達」
職場の人間関係ストレス「粗探しばかりする人達」
まわりからジワジワ攻める関係性攻撃
偉い人をダメだししたい病
いじめをするのは社交的な人?
------------------------------------------

ストレスは感染する!?

中学生のストレス


ストレス社会と呼ばれる現代ですが、
コロナ渦でさらにストレスがたまっている方も多いのではないでしょうか。
関係なさそうな中学生でも実は知らない間にストレスに巻き込まれている可能性があります。

stefano-pollio-ZC0EbdLC8G0-unsplash.jpg


あなたが影響を受けていなくても、あなたの周囲の人も影響を受けているはずです。
周囲の人たちがストレスがたまっていると、無性にイライラしてあなたに八つ当たりすることも
考えられます。
友達の親の収入が減り、イライラして子供に八つ当たりし、
八つ当たりされた子供があなたに当たる・・


気が付かないだけで、このようなストレスの連鎖が起きているかもしれません。


ストレスが感染する


親も人間ですから、親のストレスが溜まると、親は子供に当たる可能性があります。
子供に八つ当たりしてはいけない、と思っている親でも知らない間にストレスを解消するために
子供に知らず知らず当たっている可能性もあります。

八つ当たりといっても暴力のように理不尽なものばかりではないでしょう。
例えば、いつもより頻繁に勉強するように言う、いつもより片付けをしていないと怒る、
親の監視の目が厳しくなる

といったように正当な理由があったります。
しかしいつもよりも厳しくなっているのであればストレスが溜まっているのかもしれません。


学校の先生も、いつもと違う授業をしなければいけなくなってストレスに感じているかもしれません。
学校が休みになった分、早く授業を進めたいと思っているかもしれません。
早く授業を進めたい先生は、授業中に関係のない話をしている生徒には強く当たるでしょう。
何回言っても授業を理解できない生徒に、ついイライラした態度をとってしまうかもしれません。


親や先生、クラスメイトのストレスが溜まっていると、
あなたへの当たりも強くなる可能性があります。

そうするとあなた自身もストレスを感じ、
体や心に反応が出始めます。


ストレス反応ってどんなもの?


ストレスを受けたとき、人はいろいろな反応を起こします。
わかりやすいのは身体的な反応です。

・体のだるさが続く
・疲れが取れない
・肌荒れが続く
・無性にイライラする
・手が震える
・胃が痛くなる、お腹が痛いのが続く
・不眠
・じんましん、ぜんそく、アレルギーがひどくなる
・皮膚のかゆみ 目のかゆみ
・息がしずらくなる
・食欲が無くなる、体重が減る、気持ち悪くなる
・歯ぎしりが増える
・口が渇く、口臭がひどい

このような身体的な反応がストレスによって起きます。
体に出る反応は自分でも気づきやすいストレスのサインです。

ストレスと聞くと、このような身体の反応を思い浮かべることが多いのではないでしょうか?
しかし、ストレスによる影響は、思考や感情、行動にもあらわれます。



ストレスで思考がおかしくなる


ストレス反応は体のだるさや不眠、肌荒れなど身体面だけに出るわけではありません。

思考にも影響をします。

・集中できない
・考えがまとまらない
・決断ができない
・記憶力が下がる
・悪夢を見る
・過去のフラッシュバックが起きる
・イライラして他人を責める

最近集中できない、記憶力が落ちた、と感じる人はいますか?


もし中学生で感じるのであれば、高い自己分析能力のある人でしょう。

不眠や肌荒れ、胃が痛い、といったストレス反応は非常にわかりやすい変化です。
しかし集中力や記憶力が落ちたかどうかは、自分ではなかなかわかりずらいものです。

それがわかるのであれば自己分析能力が優れていて、ストレスを和らげる力のある人かもしれません。
自己分析能力とストレスを和らげる方法については別の記事で紹介します。


思考というのはなかなか自分では気がつきにくいものです。
集中できない、考えがまとまらない、記憶力が下がる、というのは勉強の成績に
あらわれる可能性があります。

もし成績が下がっているようであれば、
何かストレスの元になるものがあるのかもしれません。


ストレスで感情に変化が起きる


ストレスが溜まると、感情にも変化が出ます。
例えば以下のような変化です。

・不安、気持ちがそわそわする
・気分の落ち込み、憂うつ
・悲しみ、罪悪感、自責
・自分は何もできないと感じる、無力感
・無性にイライラする
・恐怖、パニック

災害や事故、身内が亡くなったという出来事が起きると、
人を助けられなかった罪悪感、自責、無力感を感じることがあります。

日常的なストレスで起きる変化で、よくあるものはイライラです。
不安や気分の落ち込みが続く場合もあります。
何ヶ月もずっと気分が落ち込んでいるようであればうつ病の症状が出ている可能性もあります。



ストレスで行動に変化が起きる


ストレスを感じると行動面にも変化が起きます。

・引きこもる
・叫ぶ、怒鳴る
・リラックスできずに落ち着かない
・非行
・うろうろと歩き回る
・ゆっくり話す、早口になる
・声が小さくなる、声が大きくなる

引きこもるというのはストレスを感じたとき起きる行動の1つです。
引きこもることでストレスを感じないように自分を守っているのです。
ある種の自己防衛です。

学校に行くとクラスメイトにいじめられるかもしれません
先生から注意を受けるかもしれません
部屋から出ると親から怒られるかもしれません

しかし自分の部屋にいると安全です。
ストレスを感じにくくなります。

一方で、引きこもることが習慣になると、
「自分はすべきこともできていない」「こんな自分はダメな人間だ」
と考えるようになり、それが大きいストレスになることもあります。
そろそろ部屋から出ないといけないと思い始めても、
生活リズムが狂っていて朝に起きれなかったり、
学校を休んでいて友達と再び打ち解ける自信がなかったり
勉強についていけるか自信がなかったりして、結局学校に行けないということに
なるかもしれません。

親からすると家に引きこもってダラダラしているように見られるかもしれませんが、
長い間引きこもっていることに苦しんで葛藤している場合もあるのです。


ストレスの悪循環


ストレスを感じると、身体、思考、感情、行動に影響するという話でした。
この4つはバラバラというわけではなく悪循環になることもあります。

例えば、
勉強に集中できなくなり、成績が下がったことで、イライラするようになる。
不眠になったことで、記憶力が下がり、成績が下がって、非行に走る
不安が強くなり、クラスメイトと話をするのが嫌になり、引きこもる
のように悪循環にはまってしまいます。

※カウンセリングでは、悪循環になっているどこかを変えることで
悪循環を止めるという方法を使います。


これは個人の中の悪循環ですが、
人と人の間でもストレスの悪循環が起きます。


例えば、コロナの影響で親の仕事がなくなる、親から子供への風当たりが強くなる、
子供はクラスメイトに八つ当たり、クラスメイトはオンラインゲームで他人に当たる、
八つ当たりされた他人は親に当たる・・・
のような人から人へのストレスの悪循環です。


あなたに当てはまってるものはあったでしょうか?
当てはまっているものが多ければストレスを感じているかもしれません。
また、ストレス解消のために誰かに当たっていませんか?
それは自分に巡り巡って自分に返ってくるかもしれません。



ストレスの対処法について別の記事で取り上げたいと思います。

職場での人間関係ストレス【孤立させる女】

職場での人間関係ストレス【孤立させる女】


職場で誰かを孤立させようとする女性はあなたの周りにいないでしょうか?

孤立させられるターゲットになってしまうとどんどん味方がいなくなり、
あなたの周りは敵だらけになってしまいます。
職場の中で孤立させられるというのは非常にストレスを感じるでしょう。

こういった孤立させるような攻撃を「関係性攻撃」と心理学では言います。
あなたに関係のある人にウワサを流したり悪口を言ったりすることで
孤立させることも、関係性攻撃に含まれます。

そして関係性攻撃をするのは男性よりも女性に多いことがわかっています。
なぜワザワザそんなことをするのでしょうか?

男の攻撃方法、女の攻撃方法


女性は男性と比べて攻撃性が低いということがさまざまな心理学研究でわかっています。
男性のほうが攻撃性は高いのです。
特に男性は身体的な攻撃をすることが未就学児童の研究でわかっています。

確かに殴り合いの喧嘩といえば男性が多いですよね。

一方で女の子は「あの子とは遊んじゃダメだよ」と周りに言う
といった関係性攻撃をしやすいことがわかっています。
間接的に人間関係を壊すことであなたを攻撃するのです。
幼少期はわかりやすく現れるのです。
職場の孤立させる女がいるのであれば、幼少期とは違い、
もっとわかりにくく狡猾な攻撃になるでしょう。
女性だけでの職場であれば、いつの間にか職場に居場所がなくなっていることも稀ではないでしょう。

女性は集団を求める


女性は男性と比べて集団で行動する傾向があります。
人間はコミュニケーション能力が発達したことで
集団で情報交換をしたり交流したりすることで生き残ってきました。
いくら体格の良い人間でも集団には勝てません。

女性は男性よりも筋肉がつきにくく体格も小柄ですよね。
そのため、男性よりもさらに集団の重要性が大きいのでしょう。
集団の中にいることは肉体的な力の弱い女性が生き残る上で必要だったのかもしれません。
「気配り」のようなコミュニケーション能力は女性の方が一般的に高いですね。
こうしたコミュニケーション能力は集団を維持するのには必要でしょう。

しかし進化上、女性グループがみんな仲良しでいることは難しいことです。


黒い羊効果


女性が集団を保つためにはどうしたらよいでしょうか?
こんな状況を想像してみてください。

もし女10人のうち1人だけが黒人だったら
もし女100人のうち10人だけがイスラム教徒だったら
もし女1000人のうち100人だけが高卒だったら
もし女10000人のうち1000人だけが障害者だったら

女性に限ったことではありませんが、このような状況では集団の輪が乱れてしまう可能性があります。
特に昔は集団で生活できるかどうかは生死に直接かかわります。
そのため、集団の調和を乱す人を排除する必要が出てきます。
現代では誰かを排除してまで集団を保つ必要はそれほどありませんが、
昔の名残で集団の調和を乱す人は排除されるようになっているのでしょう。

このような現象を黒い羊効果と呼びます。

集団の輪が乱れるのは、「違い」があるからです。
1人だけ知能が高くてねたまれる
1人だけ美人だと意地悪される
といったことは日常で見られます。
良い特徴を持っていても少数派であれば排除される可能性があります。
同調性を求める傾向のある女性は、なおさら異質なものは排除しようとします。

空気が読めない


空気が読めないと言われるコミュニケーションが苦手な人たちがいます。
そうした人は発達障害と言われ、特にアスペルガーの人は空気が読むのは苦手です。

「違い」があって集団の調和を乱しそうな人は排除されるということでした。
その中でも空気が読めないというのも排除の対象になります。
宗教差別や人種差別は日本人にとっては馴染みがないかもしれません。
しかし、空気が読めないというのは想像しやすいのではないでしょうか?

進学校でみんなが勉強を熱心にする生徒ばかり。そんな中で一人話を盛り上げようとして騒ぐ人は周囲から白い目で見られるかもしれません。「空気が読めない」と言われてしまいます。
反対に話の盛り上がりを期待しているクラスに、勉強を熱心にする生徒がいます。勉強熱心な生徒は、
冗談を振られてそっけなく返事をしたことで、ガリ勉だと思われ、
「空気が読めない」と言われてしまいます。

「空気が読めない」というのは排除されてしまう要因となります。
一人盛り上げようとする生徒は、勉強をしたい集団の輪を乱すでしょう。
一人勉強をしたい生徒は、盛り上げたい集団の輪を乱すでしょう。

このように、空気が読めないと排除されてしまうため、
内心違ったことを思っていても同調してしまうのでしょう。
特に日本人は同調する傾向が強いと言われています。
それは日本が海に囲まれていて集団の重要性が高かったからかもしれません。



関連記事を載せておきます。
職場の人間関係に疲れる人は「逃げるが勝ち」

性格って変わらないの?

性格って変わらないの?


性格は小さい時からずっと変わらないものなのでしょうか?
それとも年齢と共に変わっていくものでしょうか?

性格は年齢とともに変わっていくものなのかを研究した心理学の論文はたくさんありますが、
一部を紹介したいと思います。

Big Fiveの研究


Big Fiveという性格特性は5つに集約されるという考えがあります。
心理学では有名な性格特性に関する理論です。
心理学部生やカウンセラーであれば誰もが習ったことがある非常にメジャーなものです。

「性格特性って5つしかないの?」
「もっとあるんじゃないの?」
と思う方もいるかもしれませんね。

BigFiveでは性格特性はたくさんいらないと考え、5つの性格特性だけなのです。
というよりもたくさんある性格特性をまとめていくと5つに集約されるという話です。
確かに10個も20個も性格特性があればわかりにくいですよね。

BigFiveでは、以下の5つの性格特性があります。

・神経症傾向
 気にする、過敏、クヨクヨする
・外向性
 遊びに出かけたい、誰かとコミュニケーションをとりたい、関わっていたい
・同調性(協調性)
 人に合わせる、誰かと一緒が良い、反対意見は言えない
・開放性
 好奇心旺盛、新しいことを経験したい
・誠実性
 コツコツやる、責任感がある、真面目

この5つの性格特性を測定するものとしてNEO-FFI、NEO-PIRがあります。
※誠実性が勤勉性だったり、同調性が協調性だったりと若干言い方は変わります。
BigFiveを使って年齢とともに性格が変わるのかを調べた研究を紹介します。

英語圏での性格の変化は?


英語圏の人たちを対象にした研究では次のことがわかっています。
・神経症傾向は年齢と共に下がってくること
・協調性は年齢と共に上がっていくこと
・外向性や開放性は青年期にやや低下してその後一定であること
などなど。

簡単に言い換えれば年齢と共に図太くなっていって、
人と協力するようになって、外向性や開放性はあまり変わらないよという話ですね。

日本の研究でも、神経症傾向は年齢とともに低下すること、
協調性は年齢が上がると高くなること
誠実性が年齢が上がると高くなること
がわかっています。
開放性と外向性はあまり変わらないようです。年齢の影響、というよりも性別や他の要因が大きいのかもしれません。
日本のBigFiveを用いた研究でも、それほど外国の研究とは変わらないようですね。

しかし心理学研究全般に言えますが、これらの結果は「証明された!」というものではありません。
BigFiveを用いた性格の変化を調べた研究はいくつもあります。
そして研究結果は被験者によって異なっていることがあります。
一概には何とも言えないのです。

BigFiveの研究まとめ


BigFiveの理論を使った研究では、
神経症傾向は年齢が上がるにつれて低下すること
協調性は年齢が上がるにつれて高くなること
がわかっています。

そのほかの外向性、開放性、誠実性は研究結果によってマチマチな印象を受けます。


性格が似ている人に魅力を感じるのか?

性格が似ている相手に魅力を感じるの?


それを心理学的に研究したものがあります。

大学生を対象にした研究では、性格を測定するためにBig Fiveを用いています。
Big Fiveは性格特性を5つに分けてどの性格特性が強いかを見ます。

5つの性格特性


Big Fiveでは、神経症傾向、外向性、同調性、開放性、誠実性の5つを測定します。
神経症傾向は何かと気になり不安になりやすい性格、外向性が低い人は内向的な性格で、同調性が高い人は他人と合わせる人となります。開放性というのは好奇心のようなもので、想像力と関係しています。誠実性は自分を厳しくコントロールしたり責任感が強かったりする性格を示します。
1つだけが高い人もいますが、人によっては、神経症傾向が高くて同調性も高く、あとの3つは低い、といった結果が出ます。

どのような性格の人がどのような性格の人を魅力的に感じるでしょうか?
一緒に考えてみてください。
神経症傾向の高い人は同じく神経症傾向の高い人を好きなるでしょうか?
外向的な人は同じく外向的な人を魅力的に感じるでしょうか?

どんな人がどんな人に魅力を感じる?


さて研究の結果です。
BigFiveを使った研究では、外向性が高い人、同調性が高い人は、同じ特徴を持つ人のことを魅力的に感じることがわかりました。
外向的な人は外向的な人を魅力的に感じ、同調性が強い人は同調性が強い人を魅力的に感じるのですね。

また別の研究では、女性は男性よりも外向性が高いことがわかっています。
女性に魅力的に思ってほしい男性ならば、自分が外向的だとアピールすれば良いことになります。
一般的な話ですので、誰にでもあてはまるわけではありません。
kate-kozyrka-4PX9de3qVRM-unsplash.jpg

第一印象を良くする


あの人は外向的かもと思う人がいるとしましょう。あなたはその人に良い印象を持ってもらいたいと思っています。その場合には、あなたは外向的な人であることをアピールすれば、相手から好印象を持ってもらうことができるかもしれません。
あの人は同調性が高そうだなと思った場合も、自分が同調的であることをアピールすれば相手から好印象を持ってもらうことができるでしょう。

自分と違う人は好きになれない


この心理学研究では、似た人に魅力を感じるというものでした。
反対に自分と違った価値観を持っている人、自分と肌の色が違う人、自分と性格が違う人を嫌いになる傾向もあると思われます。こうした差別や偏見に関する人間の心理は、社会心理学で特によく研究されています。
2020年ではコロナにかかった人が差別されたり、他府県ナンバーをつけた車がイタズラされたりとありましたね。いわゆるコロナ差別です。「差別はいけないことだ」とわかっていてもいつの間にか差別してしまうという心理が人には働くものです。

この電子書籍では、自分と違う人をなぜ差別するのか、なぜ嫌いになるのかという理由について心理学的に分析していますので気になる方は参考まで。kindleアプリをダウンロードできる方であれば99円で読むことができます。

電子書籍はおすすめします


kindleの電子書籍は通常の本と比べると安価なものが多いので、リーズナブルに心理学の知識を得ることができると思います。たいていは0円〜1500円程度のものが多いです。
ワタシもkindleのアプリをipadとスマホにダウンロードしていますが、気になる心理学本はほとんど電子書籍でダウンロードしました。紙の本も良いのですが、買っても読まずに本棚にしまわれることも多々あります。

    >>次へ
カテゴリアーカイブ
最新記事
タグクラウド
リンク集

ストレスで老けないためのイライラ脱出術  

優越感を追求する人間編 行動を暴く心理学シリーズ