広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

日本時間1時

1時(イギリスがサマータイムの時は0時)は

ロンドンフィックス、ロンドンでの仲値の設定が行われます。

投資信託の設定の基準レートとして使用されます。

それほど大きく動くことはありませんが、

たまにドル円やクロス円が大きな動きを

することもあるので注意が必要です。

日本時間0時

0時(アメリカがサマータイムの時は23時)は

ニューヨーク市場の行使期限オプションが消滅します。

ほとんどのオプション取引はこの時間が期限になります。

東京カット以上にオプションの

取引量が多くなるためにより注意が必要。

日本時間22時30分

22時30分(アメリカがサマータイムの時は21時30分)は、

アメリカの経済指標が発表されます。

特にGDPや雇用統計、貿易収支の発表は

その数字によっては市場の動きを大きく変えることも・・・

日本時間15時

東京市場の行使期限のオプションが消滅する時間です。

いわゆる『東京カット』と呼ばれる行使期限です。

この時間を境に売り注文が一気になくなってしまったり、

買い戻しで一気に上昇したりします。

日本時間9時55分

1日の中にはポイントとなる時間があります。
その時間が来たら要注意。

日本の銀行の「仲値」が発表されます。

仲値というのは銀行の窓口などで両替をする際の基準レートで、

その日一日はその仲値が適用されます。

個人の海外旅行外貨預金など、

または物品を購入した企業の決済など、

仲値はドル買いになります。

企業の決済日になる5、10がつく日は

大量のドル買い注文が出ることもあり、注意が必要です。

取引量の多い時間と少ない時間

外国為替市場で、最も取引量が増える時間帯は

東京の夕方から深夜にかけた、いわゆるロンドン時間です。

この時間帯はヨーロッパのディーラーが中心ですが、

東京や香港などのディーラーも途中まで残っており、

途中からニューヨークのディーラーも参加してきます。

つまり、アジア・ヨーロッパ・アメリカのディーラー全てが取引を行うのです。

ヨーロッパやアメリカの経済指標などの材料もこの時間帯に発表されることが多く、

最も動きが出やすくなっています。

逆に、取引が少ないのが日本の早朝です。

ニューヨークのディーラーが取引を終了し、

東京のディーラーが取引を開始する前です。

この時間帯は取引量が少ないために

大口の取引があると相場が一気に動くこともあり、不安定です。

欧州先行き不透明感強まる

メガバンクさえない。

スペインの中央銀行が経営危機の地方銀行

カハスールを管理下に置いたことを受け、

欧州の信用不安が一段と高まる。

ギリシャ問題が足元では

スペインまで飛び火したことで、

金融システム不安が

拡大することへの懸念が広がる状況へ。

なお、NY市場ではバンク・オブ・アメリカが3.7%安、

JPモルガン・チェースが3.6%安となるなど、

金融株の下落も目立つ。

ギリシャ危機の行方は?

やっぱり今はこの話題でしょうね。

昨日今日とすごい暴落、

株も為替も激しい動き。

おっとすごいわずか5分で

通常の1日の高値と安値ぐらい差がある。

今日は早めに取引終了。

高見の見物といきましょう。

注文の入力間違いされたら、

あっというまにロスカットも・・・

急激な価格変動への対策として、

ポジション及び資金管理に十分注意しましょう。

ドル円買いが根強い

世界経済の回復を好感した、

円売り活発どこまでいっちゃう。

一時94.67円と昨年9月24日以来の高値を更新。

市場関係者からは

「95.00円にはノックアウトオプションが設定されている」との声が・・・

売り手と買い手の攻防は

どうなることやらチェケラ注意

ギリシャ問題クローズアップ

来週のEU首脳会議ギリシャ問題どうなるでしょう?

ユーロドル、ユーロ円の下値リスクに要警戒?

暑さ寒さも彼岸までと言うけれど

ユーロ円122.00以下の抵抗の厚さは?
   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。