広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

どの国の株が一番儲かる?

中国紙によると、

株式ファンドの成績はフィリピンがトップ、

韓国が最下位だそうです。

クローバーどの国の株が一番儲かる?


*******************************
愛媛の医療介護福祉関係の事業者様を一発で探せる検索サイト、
「治す」と「護る」に特化した事業者様もサクッと検索びっくり
「治療介護検索ドットコム」オープン〓

詳しくはコチラです。
■「治療介護検索ドットコム」
http://www.kensakuinfo.net/tasuraito/

*******************************

タチエス急伸

7239 タチエス 1040 +135

第1四半期営業損益は35.6億円の黒字、

前年同期6.5億円の赤字から大幅黒字へと転換、

従来の上半期計画35億円を超過、

つれて、57億円にまで上方修正。

国内や北米における自動車座席の販売好調が主因。

比較的、自動車部品各社では、

インパクトの強い決算発表が目立っているが、

同社など相対的に中小型銘柄には、

ストレートにポジティブな反応が多くなっている。

大平洋金属反発

5541 大平洋金属 654 +37

ニッケル市況の上昇が手掛り材料とされている。

昨日のニッケル市況は3.8%高で3日続伸、

5月末急落前の水準にまで反発してきている。

資源関連株のなかでも、ニッケル関連株は値動きが軽くなりがちで、

短期資金の物色が集まりやすい。

同社のほか日金工日新製鋼なども強い動きとなっている。

イーグル工業大幅高

6486 イーグル工業 676 +58

先週末に発表した第1四半期決算が

ポジティブサプライズと受け止められる。

営業損益は23.7億円の黒字で、

前年同期1億円の赤字から黒字転換を果たしており、

通期予想も従来の56億円から78億円にまで上方修正。

新興国向けの需要拡大、エコカー減税などの

政策効果による売上増効果が主因となっている模様。

PBR水準の割安感なども強く、好決算を素直に評価する動きへ。

タカラレーベン強い動き

8897 タカラレーベン 372 +37

いちよしが新規に投資判断を「A」、

フェアバリューを700円としたことが買い材料視。

新築マンション販売の利益率上昇などにより、

11年3月期業績は会社計画を上回って着地すると予想。

現在、需要回復局面で競合は緩和状態にあり、

同社は積極的にマンション用地を取得していることで、

中期的に高い利益成長が可能であると・・・。

ダイワボウ切り返し

3107 ダイワボウ 201 +12

後場は出来高を伴って切り返す動き。

神奈川県では、防衛大学において

新型インフルエンザの集団感染が発生と発表。

昨日午後5時までの患者数は計40人と・・・

インフル対策関連の材料株として位置づけられている同社には、

短期資金の関心が集まりやすい情勢に。

サイボウズ買い気配急伸

4776 サイボウズ 40800 +5650

買い気配急伸で一時ストップ高まで。

先週末に発表した第1四半期の決算内容が

ポジティブインパクト。

営業利益は5.1億円で前年同期比3.3倍、

売上高が3割減収となるなか、

収益性が高まる状況。

月次動向から売上の落ち込みは予想されていたなか、

想定以上の収益力の高まりを評価する動き。

なお、上半期営業利益は、

従来予想の2.9億円から6.1億円にまで上方修正。

松田産業買い先行

7456 松田産業 1470 +50

金市況の上昇が手掛り材料、

NY金相場が最高値を更新しており、

数少ない金関連銘柄として関心が向かう状況。

安全資産への逃避の動きから、

世界的な景気動向に左右されやすい他の非鉄と比べても、

金市況の先高期待は強い状況。

なお、同社に関しては、前日にGSが「買い」推奨へ格上げ、

コンビクション・リストに採用ともしている。

牧野フライス反発

前日に発表した自社株買いの実施が買い材料。

発行済み株式数の3.49%に当たる400万株を上限に、

本日から1ヶ月の期間で実施する予定。

海外投資家の資金流入が細るなか、

ファイナンスの発表も増加傾向、

需給面でのポジティブな材料には反応しやすい状況。

ABCマートしっかり

2670 ABCマート 3285 +80

地合い悪化のなか、

一部のディフェンシブ銘柄へと資金シフトの流れ。

また、世界的な景気減速懸念が強まりつつあるなか、

再度、生活防衛関連を見直す動きに。

同社の足もとの月次動向は堅調推移、

5月は伸びが鈍ったものの、

今期に入ってからも既存店売上高は

3ヶ月連続でプラス成長をキープ。
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。