広告

posted by fanblog

為替レート変動の流れ

為替レートは社会の様々な要因によって変動するのですが、
為替レートはどのように変動するのでしょうか。

為替レートは、需要と供給のバランスによって変わります。

通貨取引では、ある国の通貨を売却し、
別の国の通貨を購入することになります。

私たちが通常ドルを買う場合には円を売ってドルを買うことになります。

ドルを必要としている人は、幾らまでの日本円ならドルの代価として出すと言い、
取引をしたいという人の登場を待ちます。

ドルを買いたいという人が多ければ多いほど
高いレートでも買いたいという人が当然増えてきます。

円高でドル安という状況は、円の需用が増えたために、
1円当たりの持つ力が強くなったわけです。

ドルを売りたいという人がたくさんいれば、
安いレートでもたくさんの人が売りたいと思うので
ドルが売られて円が買われます。

現在、為替レートは円高ドル安へと推移しています。

需要と供給のバランスは様々な事情で変化します。

通貨を発行する国の経済成長率は
為替レートが変動する要因のひとつです。

経済成長率の高い国の通貨ほど、為替レートは高くなるのです。

通貨を保有する国が健全な発展を遂げており、
今後もリスクが少ないであろうことも、需要を高める理由になります。

各国の市場金利の変化も為替レートの変動に影響しています。

金利が高い通貨は当然運用益も高くなりますし、
金利が高くなるほど通貨が買われやすくなり為替レートの変動は、
各国の経済や政治によって決まっているものです。

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。