広告

posted by fanblog

為替レート変動に影響するもの

為替レートは基本的に需要と供給のバランスによって変動するものですが、

実際にはどのような理由で変動するのでしょうか。

為替レートは、各国の経済力、通貨に対する需要を表しているものといえます。

円高になるということは、少ない円で外国通貨と交換することができるということです。

円高は円の力が強いということになります。

各国の金利、経済力、政治的な不安要素がないか、

そして今後の経済的な伸び率などが為替レートに影響を及ぼします。

為替レートは株価と同じように、
買いたい人と売りたい人のバランスによって変動するものです。

為替レートの変動は一つの理由でどうこうなることはなく、

多くの場合はその国の経済的な事情や金利に基づいて需要が生じ、
レートが決定します。


輸出業者や輸入業者は決済において当然為替の売買をするのですが、

外貨の売り買いの需要と供給も為替の変動に影響を与えます。

金利の差は、為替レートの変動にも大きな影響を与えます。

基本的に、景気のいい国の通貨は高金利で、
景気が悪い国の金利は低金利です。

要人の発言も為替レートの変動に影響を与えます。

要人とは財務大臣や各国の中央銀行の関係者などです。

今後の経済展望についてのコメントが出ることも少なくないため、

為替レートには意外と大きなインパクトが発生してしまうことがあります。

政府当局の経済情勢を表す重要経済指標も
要人発言とともに当然為替レートの変動に影響します。

為替レートが常に変動し続けるのは、いくつかの事情が組みあわさった結果です。

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。