広告

posted by fanblog

変動為替相場と固定為替相場

変動相場制が現在の世界の通貨取引は多くの場合採用されています。

どうして、為替レートは時々刻々と変化していっているのでしょう。

為替レートはどのようにして決まり、変動しているのでしょうか。

基本的には外国為替は相対取引が基本です。

当事者同士の合意によって、取引価格が決定するというものです。

つまり必ずしも為替レートを守らなければいけないわけではありません。

それでは参考になる価格が多すぎてわからなくなってしまいますので、

通常基準価格としているのは、インターバンク市場という
銀行同士が取引する為替市場での為替レートです。

外貨のやり取りは、銀行やディーラーが主に行っています。

株価と同じように、通貨同士の交換比率は重要と供給により決まるというわけです。

現在では、変動相場制の通貨と、
固定相場制の通貨とがないまぜになっている状態です。

基本的に変動相場を採用しているのが
日本などの先進国の通貨です。

市場の供給によって取引されるレートが変化します。

固定相場では、その通貨を保有している国が為替市場に介入する形で、

為替レートの変動を上下1%に抑えています。

発展途上国の通貨に多いようですが、

中国も固定相場を維持しているそうです。

日本円は変動相場制で取引が行われているため、
いつもレートが変わっています。

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。