広告

posted by fanblog

外国為替証拠金取引とは

外国為替の取引をする人が、最近円高が進んでいることもあり増えています。

低コストで効率的な資産運用が可能な外国為替証拠金取引を、

為替レートの変動を利用して行っているようです。

外国為替証拠金取引とはどのようなものなのでしょうか。

外国為替証拠金取引では、株式投資や商品の先物取引のように、

各国通貨を売買することで差益を得ることが可能です。

外国為替証拠金取引では、通貨ペアのどちらか一方を必ず売り、

もう一方を買いますが実際には一銭も支払はしません。

米ドル円売りでは、円を売ることで米ドルを買います。

そのための金額は借りるという形になります。

反対の場合には損失が出ますが、カバーするために証拠金を預けるのです。

株や商品の信用取引と同様、外貨の売り注文を出すこともできるようになっています。

円高のときでも儲けることができます。

株式や商品と異なるのは、反対売買に期限はなくいつでも決済できることです。

各国はそれぞれ通貨ごとに金利があります。

高金利の通貨を保有することで、金利を取得することも可能です。

金利を含むすべての差益は雑所得になりますので、課税の対象となります。

税金がかかる利益であることは、外国為替証拠金取引では知っておくべきポイントです。

この記事へのコメント

   
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。