広告

posted by fanblog

2017年09月06日

【文章のお仕事をしています】主婦でもできる!在宅ライターってこんな仕事です

今回は、私がしている在宅ライターのお仕事について書いてみたいと思います。

私が初めて『ライター』という言葉を聞いた時は、ネットが今ほど普及しておらず、
『ライター=雑誌などの編集のお仕事』
という印象が強かったものです。
「文章の作り方に精通していて、知識も豊富。」
そんな印象を持ちました。

ところが近年は、
『在宅でもOK!』『主婦でもできる!』『文体はブログの日記風でOK!』
そんなライターのお仕事が増えているようです。
「やってみたい!でも、それってどんなお仕事?」
と興味を持ちつつ、
「書いた文章はどこで使われるの?」
と、不思議に感じる方もいるのではないでしょうか?

【募集の多くは『ネット上のアプリやサイト作り』でした】
『ライター募集』
と書かれたものを見てみると、大抵は
「インターネットのサイトで使う文章です」
と書かれています。
どうやらアフィリエイト(広告収入)に繋がることで、お仕事として成立しているようです。

【私は文章、好きでした】
子どもの頃は絵本が好きで、何百冊も読んだと思います。

学生の頃は、先生に
「作文が上手いから、作家になれば?」
と進められたことがありました。
そのときは随分と軽いノリで言っているように聞こえ、
「おいおい(笑)」
と突っ込みたくなる心境でした。
「まさか、本気で言ってる訳ではないでしょう」
と感じつつ、密かに嬉しかったものです。
そしてその言葉がなんとなく心に残り、10年ほど経った頃。
イラストのお仕事先で
「絵本って作れますか?」
と聞かれたことをきっかけに絵本のお話を書いてみました。
残念ながらそこでの絵本作りはないまま終わってしまいましたが、
「せっかく作ったのにこのまま終わるのはもったいない」
と絵本コンテストに投稿を始め、文章を書いてみたい気持ちが出てきてライターのお仕事も始めました。
その後、ライターのお仕事は定期的にしています。
絵本は三度目の応募で優秀賞を受賞し、晴れて絵本作家になれる道ができました。
「三度目の正直」
は、自分が動いて掴めるものですね。
本来、文章に関係ないイラストのお仕事がきっかけで、ライターへの仕事に繋がったような心境です。

【始めたきっかけの一つは『在宅で』『子どもを見ながら』できる仕事を探したことでした】
近年ではネットでのお仕事募集でライターのお仕事が豊富にあります。
『資格が無くてもOK』『日記風でも可』
というものもあり、気軽に始めやすい印象です。
ただ、他のサイトからリライトする…つまり
『誰かの知識を頂き、真似する』
内容の募集もあるので、その場合は注意した方が良いでしょう。

一記事の金額は、一時間で200円から400円程のお仕事が多いです。
それでも数をこなして、結構な金額を稼いでいる人もいるようです。

専門知識や独自の経験が必要なお仕事は、高単価の募集も多いです。
じっくり探せば、パートに出るのと同じくらいお給料を頂けるお仕事もありますよ。

★学び、資格、知育のオススメ☆


【慣れるまでは、言葉が上手く出てこない】
在宅での文章のお仕事は、一つの記事につき1000文字以上の内容が必要な場合が多いです。
中には、一記事2000文字以上のお仕事も。
最初の700文字はスラスラと出てくるのですが、1000文字は意外と大変な作業になるかもしれません。
というのも、一つの事柄に複数の知識や材料が無ければ、1000文字以上の記事は書けない場合が多いからです。

依頼者側から
「この写真の服装について、説明してください。」
などと材料を用意して頂いている場合はまだ書き進められるのですが、それでも言葉がスルスルと出てくるようになるまでは経験が必要になるでしょう。

自分に知識が無いとわかったときは、新しい知識を入れるために勉強が必要です。
大人になっても、常に勉強が必要だと実感します。

【気付けば何でも『食レポ』に…(笑)】
私の場合、文章を作り出す作業に慣れるまで
「もう、これ以上言葉が出て来ない!」
と行き詰ると、何でも『食レポ』風になってしまって困りました(笑)
どういうことかと言うと、指定の場所や服装を説明するのに
『酸味とコクが相まって…』
と、食べ物に使う言葉が浮かんでしまうのです。
これは『書く』という作業に慣れて無くなりましたが、自分でも驚いた出来事でした。

【『適当な相槌』の意味がわからなくなりました】
普段、当たり前に口にする
「ああ、そうだね。」
「うん、わかるよ。」
「わかったよ。」
会話を円滑に進めるためには欠かせない言葉ですよね。

ところが文章のお仕事では、軽い『相槌』の意識は捨てた方が良いでしょう。
一つの事を、深く、多方面から見なければいけないことが多いのです。

「私は会話上手!」
そう思っている人でも、もし文章のお仕事を始めたら
「普段の会話が『いかに、何も考えていないか』」
を実感してしまう場面があるかもしれません。


『家にいながら』『子どもを見ながら』『不規則な予定で』
できる、ライターのお仕事。
一見とても楽そうに思えるかもしれませんが、どんなお仕事も真剣に取り組まないと続かないことに変わりはありません。
それでも、
「自分の好きな事を文章にできる!」
喜びもあるのです。
自分が書いた文章を褒めてもらえた瞬間の、充実した気分は忘れられません。

検索
ファン
プロフィール
さんの画像

ご覧頂きありがとうございます! 絵本制作をしているtaisetuna egaoです。 ★絵本「カエルがカエル」が絵本コンテスト優秀賞受賞!
プロフィール
カエルがカエルイラスト表紙絵 17年7月19日完成.jpg

電子書籍「ネット文庫 星の砂」絵本コンテストで優秀賞受賞!
私の絵本が、ついに販売されました!

【カエルがカエルは、言葉遊びの絵本です。「帰る」「変える」「蘇る」など…あなたはいくつの『かえる』を思い付きますか?】
最新記事
カテゴリーアーカイブ
【NHKすくコム】『おかあさんといっしょスペシャルステージ ようこそ真夏のパーティーへ』CDモニターに当選!子どもが喜ぶあの名曲が詰め込まれた一枚です。(2)
☆育児絵日記☆ 健やかなる未来を占う【ぐっっったりママの、こども占い】(8)
【一コマ漫画 ママのほろりごと】(2)
【一コマ漫画】忘れたくない たからもの(3)
ママの子育てあるあるイラスト(7)
『松井証券の #とうしんこうぼうってなに大喜利』(1)
【育児飯】子どもと食べる楽しい料理(9)
【育児飯デコ☆】子どもと食べる楽しいデコ料理(7)
【育児飯】ハロウィンに、子どもと食べる楽しいかぼちゃ料理(4)
【育児飯】クリスマスに、子どもと楽しむ可愛い料理(4)
【育児飯】子どもと楽しむバーベキュー☆ありがちな失敗例をまとめました。(3)
【七五三、運動会】育児の行事やお祝いで焦ったこと(2)
大変!思わず「やめてー!」と叫びたくなる、育児中のヒヤリハット(4)
【育児の合間に…手作りを】ママが作った工作・手芸の作り方(6)
【育児の合間に…手作りを】ママが知ってる、手芸のコツ・知恵袋(3)
Age and experience teach wisdom.☆彡災害・緊急時に役立つ豆知識(20)
Age and experience teach wisdom.☆彡部屋が片付かない!そんな時は(17)
【絵本のお仕事】『星の砂 絵本と童話コンテスト』で、優秀賞を受賞しました!(2)
【在宅のお仕事をしています】在宅ワークに役立つ!仕事での注意点(4)
【イラストのお仕事をしています】イラストのお仕事ってどんな感じ?(2)
【似顔絵のお仕事をしています】似顔絵のお仕事ってどんな感じ?(12)
【文章のお仕事をしています】ライターのお仕事ってどんな感じ?(1)
デコ専門誌DECO&DECO掲載作品(21)
主婦として生きていく…こんな買い物してみました。(4)
PR記事…お役立ち情報(4)
写真ギャラリー
最新コメント
【早い者勝ち!】 あなたのお名前、残ってる?
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。