広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2014年12月01日

感情を表す





犬派は感情を表す事の多い恋人であってほしい。自分の注いだ情の分だけ自分に対しても報いてくれるそんな理想のパートナーがほしいと考える時が少なくない。

相手を愛する感情というものはいうなれば義理の鎖だけで維持されているのだ。そこへ多くの人間の性質は悪だから、そんな義理は人間の本性で容易に全てたち切ってしまう。

男が泣くと女の子のハートをキュンとさせられるはずだが、まれに「珍しくも無い弱虫男」に思われる想像もあるだろう。

それは確かに実際のものとして落ち着いて想像してみれば言うとおりきれいごとかもしれない。そうはいうものの、想像通りになったらいいなとか、非現実的な夢だって理解していても真剣に叶うと思うのが恋愛なんでしょうね。

たとえ結ばれようと結ばれまいと、ずっと愛する事ができるのが本当の恋なのだ。いつか別れる日がくるかもしれない、それがわかっていてもその相手を愛するという心の動きが相手への真実の愛情である。

恋をしていて夢中のときはウソをつくのは避けたい。けれども時には感情を込めているための嘘も実在する。悪気のないウソは時によっては嘘をつかれたパートナーを幸せな感情にさせるものである。

例えば結婚前提のお付き合いのような長く女性にモテたいのなら、とてもやさしくて、すごく賢い、さらに忠実、信頼のおける思いやりももっているあたたかいパパのような人になる事を目指せ!そうすればきっと結婚出来るでしょうね。

アパートからちょっとでも出歩いたら、そこは当然出会いのフィールドです。一日中活動的な考え方を維持して、適切な行いと晴れやかな表情で人とふれあうと良いですね。

本当の恋をしていると、わりかし身近に、しかしながらいくら祈っても手に入れられないとても大きな幸福が存在するような気配がする。それだけでなくその幸福は、たった人つの言葉、そして人つの微笑にのみ影響がもたらされる。

小中校だけでなく、大学まで女子専用の学校だったママからは、「恋愛の事を美化しすぎて、10代のころは、同級生の男子をパパッと愛していた…」っていう恋話(コイバナ)も得る事ができました。
posted by lovepeace10 at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
ファン
検索
<< 2014年12月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。