広告

posted by fanblog

2014年09月08日

現実





婚活サイトは、その多くで女性の支払いは無料です。しかし、珍しくも女性にも会費の支払いを求められる婚活サイトも好評で、そこには結婚に向けた真剣な出会いを臨んでいる人が数多く登録している様だ。

小学生の頃から一貫して女の子だけ入学できる学校だった主婦からは、「恋愛への羨望が嵩じて、キャンパスライフをエンジョイしていた頃は、自分の周りにいるboysをあっという間にボーイフレンドのように思い込んでいた…」などという実体験も発表されました。

今や女性誌の巻末にも数多くの無料出会い系のCMが掲載されている様だ。多くの人も知っているような会社の無料出会い系なんだったら…と、心を動かされている若い女性が今、増加傾向にあります。

「出会いがない」などと諦めの境地に至っている人のほとんどは、実を言えば出会いがないはずがなく、出会いを自ら避けているという現実があるのはおわかりでしょうね。

世間的に有名な完全に0円の無料出会い系サイトは概ね、そのサイト自体に他社の広告を載せ、それを収入源として操業しているため、すべてのユーザーが無料になるのだ。

「あばたもえくぼ」というちょっとした皮肉も使用されている様だが、ベタベタの恋愛をしている期間には、どちらも、ちょびっと呆けたような心境だと、多くの人が気付いている様だ。

男のサークル仲間から悩みや恋愛の相談を提案されたら、それは意中の人というにはおこがましいかもしれないけど気になっている印です。好感度を高めてアピールするフックを生み出す事です。

子供時代からの気分を切り替えられず、別に努力などしなくても「もうすぐ出会いの好機はやってくる」などと高をくくっているから、「出会いがない」「カッコイイ異性との出会いなんて無理なんだ」などと嘆き節が入ってしまうのだ。

「全く出会いがないのだ」などと絶望している人は、本当の事を言うと出会いがない事などあるわけがなく、出会いがないと口実を作る事で恋愛に対して逃げ腰になっていると言う事も様になります。

じつは愛情というものは義理という関係の鎖だけで維持されているのだ。そのうえ人間の根性は善ではないので、義理に頼った関係は自分の本性でいつでも全てたち切ってしまう。
posted by lovepeace10 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2752973
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。