広告

posted by fanblog

2015年06月21日

フィクションの恋愛テクでは





異性をいとおしく思う感情というものは義理という関係の鎖だけで保たれているのだ。そのうえ人間の根性は善ではないと言う事なので、義理の鎖なんかは人間の性質であっさりと完全にたち切ってしまう。

どのような手順で“女性っぽさ”を大好きな男性に届ける事ができるのかが必要であり、全てを満たすといってもいい。とても魅力的にあふれた女性にみせたいという女性の感情に魅かれるのが男性である。

「近頃の若者はほしいものは何でも手に入れる事ができるから〜だ」とあちこちで言われる。しかし、望めば何でも手に入れる事ができる」というのは大きな誤解だ。心惹かれる彼氏あるいは夫、彼女あるいは妻といったパートナーは奇跡的にしか手に入れる事ができない。

猫派だという人はドラマチックな恋愛を好む事が多い。猫というのは、ご存じのとおりかわいがるほど主人との距離が近くなり深い関係になるペット。だが現実には冷静な態度で、わがまま。

よくいわれる、空は女性の恋のようなものであり、そして対して海は男性の恋愛のようなものである。男性も女性もよい事の反面のおしまいに決して越える事ができない限界が存在している事に気がつかない事がしばしばある。

女性向けの情報誌では、毎回大量の恋愛のHow Toがアドバイスされている様だが、率直に述べると90%が現実的には使用できない事も様になります。

格上の色気を感じさせる男性は、フィクションの恋愛テクではGETできないし、人間として冗談を抜きにして支持を集める事が、巡り巡って魅惑的な男の人を手中に収める戦術です。

彼女と過ごすと喜ばしい気分になるな、安らぐな、とか、やり取りし始めてから「あの同僚の恋人になりたい」という心の声をキャッチするのだ。恋愛ではいくつかのプロセスが大切なのだ。

おわかりだとは思いる様だが、女の同僚からの恋愛の相談をスムーズにかわす事では、自らの「恋愛」を鑑みても、すごく必要な事だと断言します。

恋愛に懸かる悩みはバラエティに富んでいるが、区分けすると自分とは異なる性に対する本有的な拒否反応、畏敬の念、相手の思う事を理解できない悩み、Hについての悩みではないかと考えます。
posted by lovepeace10 at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3833806
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。