広告

posted by fanblog

2015年05月06日

男の人のくだらない会話でも





飲み会や合コンという古い呼び名は時代遅れで、聞いてられない。彼女にしたい女性を誘いたいなら『おお食事会』や『イベント』という理由を理由に声をかけたほうが、相手の女性も応えやすい。

男性は射止めたい人が自分に対して話しをしているときにしゃべっている人の目を見るのはあたりまえ。二人で話をしているときに男性の瞳をきちんと見つめてくれるかそうではないのかが、お付き合いしたいかどうかの境界です。

実は近頃では、優れたDNAを持つ若い男は減少している。それだけではなく若い男性の精子量がだんだん減っているというのである。おかげで良いDNAを持つ年配の男性を女性は追いかけるのだ。いわゆる年の差婚の原因。

「近頃の若者はほしいものは何でも手に入れる事ができるから〜だ」と多くの人に評される。だがしかし、ほしいものは何でも手に入れる事ができる」というのは相当の間違いだ。完璧な彼氏あるいは夫であったり彼女あるいは妻は奇跡的にしか掴み取る事ができない。

女の人が、男の人のくだらない会話でも誠意をこめて傾聴して下さい。「うわぁ、素晴らしいじゃない、それからどうなるの?」と身を乗り出して瞳を輝かせながら思い描く夢をしっかり傾聴する事。それだけで足りるのだ。

女性向けの情報誌では、常時膨大な恋愛方程式が述べられている様だが、はっきり言って大方凡人の暮らしの中では使えず、所詮は机上の空論だったりもします。

打ち解けている女のサークル仲間から恋愛の相談を始められたら、をうまく受け答えしないと、喜ばれるどころか口をきいてくれなくなってしまう時も少なくないそうなので留意して下さい。

何も大業に「出会いの会場」を定義づけるような事をしなくても差し支えありません。「いくら積極的にいっても相手にされないだろうな」などのオフィシャルな場でも、予想外に真実の愛のきっかけになるかもしれません。

今や市民権を得ている「縄張りをわけまえるテリトリー・シェア」という恋愛テクは、意識している男性の家の近所の事を話始めた時に「私的にマジ行ってみたかったフランス料理屋のある区域だ!」と嬉しがるという仕掛け。

恋愛の相談というものでは、相談を提言した側は相談を依頼する前に解決法がはっきりしていて、単純にジャッジに困っていて、自らの悩みを和らげたくて意見を求めていると様になります。
posted by lovepeace10 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3628731
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。