広告

posted by fanblog

2015年02月25日

デートの誘い





恋人への愛情がなくなるとオキシトシンという呼びづらい名前の物質が体内でわずかに分泌され、不思議な事に体が硬くなる。女性の手を触った時に硬さを感じるようなら恋人をいとおしく思う感情がなくなった表れなのである。

女性が話をしている途中で、枝毛を手入れしている事ありませんか?話をしている相手が同性ではなく異性の時は、どうにかして緊張感から逃れようとしている、つまり実は、憎からずと思っている見込みもあるかもしれない。

デートの誘いの成功率をアップさせるには女性を夢を見ているような感情にさせる事が重要と言う事を忘れないで。『臨時収入があったんだよ!ごちそうさせてよ!』と口説けば、男性の事を“経済的なゆとりがある”と女性は判断するものである。

意中の異性が飲み物を飲むのなら、あなたも飲む。頭を右手でかいたら、自分も右手でかく。足を組みかえたら、あなたも組みかえる。こんな具合に観察して真似をしているだけでお付き合いしたい相手に親近感がわくのだ

通常女性はじっと聞いているよりも話す事が好き。相手の話を聞かずに自分の話ばかりいつまでも話し続ける男性は完全にばか野郎。その場に合わせて四六時中自分が相手に話を聞いてもらっているのが好きな女性に聞いてみる事が欠かせない。

あなたと相手の会話をしていて、いいなと思っている相手が、こちらの事を正面から見つめてまばたきの回数が少ないようであれば、いい感じのかも、という確率がとても高いと言う事。

「予定がたてこんでて」が決まり文句になっている女性はモテない事が多い。「いつ声をかけても時間が取れずに間髪入れずに断られそう」と男の人が口説くのをあきらめている事がしばしばなのでは。

もちろん、愛情が私たちにプレゼントしてくれる活動力が比類なきものだというのが理由ですが、1人の恋人に恋愛感情を覚えさせるホルモンは、最短約2年、最長約5年で漏れてこなくなるという情報を入手しました。

以前からその男子に夢中になっていないと恋愛と称する資格はない!という認識は思い違いで、そこまで意固地にならなくてもその人のセンチメンタリズムを感知していてほしいと思いる様だ。

出会いの受信機を発動させていれば、今からでも、この場所でも出会いは転がっている様だ。必要なのは、自分を認めてあげる事。もしもの状況でも、個性豊かに煌めいている事が肝要です。
posted by lovepeace10 at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3336511
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。