広告

posted by fanblog

2014年07月30日

嘆き





女性の心理学の見地から、人類は初めて面会してから多くても3回目までにその人物との距離が定かになるというセオリーがあります。ものの3度の交際で、その方が所詮顔見知りなのか恋愛の対象として見られるかが分かるのだ。

若い頃からのスイッチを入れ替えられず、その当時と同じように暮らしていれば「もうすぐ出会いがあるはず」などろ軽視しているから、「出会いがない」「夢に見た男性はどこにもいない」などと嘆き節が入ってしまうのだ。

妄想ではない恋愛とは詰まるところ、いい事ばかりではありませんし、恋人の感情が不明で混乱したり、くだらない事で打ちのめされたり嬉しくなったりする事があります。

自分の実体験として言わせてもらうと、さして親しい関係でもない女の人が恋愛の相談に乗ってくれと頼んでくる時、必ずしも自分だけに打ち明けているのではなく、その女の人のぐるりを取り囲んでいる男の人全てに依頼していると推測できる。

女性の心理学の定めによれば、吊り橋効果という事象は恋愛の序盤に適した技術です。想いを寄せている方にある程度、苦悩や悩みといった様々なものが存在するシーンで発動するのが最良の選択です。

世の中に散らばっている、想いを寄せている男性とカップルになるための恋愛テク。往々にして、違和感がありすぎて想いを寄せている人に嗅ぎつけられて、話してくれなくなる恐れのある攻略法も存在します。

恋愛トークが始まると「出会いがない」と後ろ向きになり、さらに言えば「どこを探しても私にふさわしいオトコなんていない」と吐き散らす。そんな暗〜い女子会じゃ、満足できないですよね?

恋愛の相談に応じてもらっていた人と提言された人がくっつく男女は続々と誕生している様だ。万が一、自分の愛している異性が相談をお願いしてきたら男の同僚からカレシに上昇すべく標的を選んでみましょう。

ボーイフレンドのいる女性や恋愛中の男性、奥さんのいる人や彼女と別れたばかりの人が恋愛の相談に乗ってくれと頼むケースでは、提案した人を好いている可能性がとても高いと言えます。

恋愛と共に訪れる悩みや弱みは各人各様です。スムーズに恋愛を突き進めるためには「恋愛のキモ」を理解するための恋愛テクを持っておくべきです。
posted by lovepeace10 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/2634998
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。