広告

posted by fanblog

2014年12月26日

愛する事





特別な人でなければ愛というもののとらえ方を「愛する事」という課題や、「愛する事への力の水準の問題」としてではなく、「相手から愛される」という立場として認識している事ばかり。

なんとペットの話で、その人の自慢は何かを知る事が可能。ペットはよく飼い主に似るもので、人間にしてみても、相当の年数自分が大切にしている動物は飼っているその人の姿そのものと言える不思議な存在である。

口説きたい彼を落としたいのが希望なら、感情を知りたい彼の60cm以内に入る事!「あなたの香り」と「あなたの色っぽいうなじ」最後に「Body touch」これらの三つのテクニックで攻めるのが有効。

キスが短くなったと感じたらあなた以外を好きになっている事の表れと言えます。ウソでごまかそうとしても、ごまかせないのが体。ウソかな?と思ったらそれとなく本当の事を確かめてみるといいでしょうね。

いわゆる恋愛(れんあい)は、人間が異性に対して生じさせるロマンチックな感情で仲睦まじい関係を欲する感情で、それに加えて、相手への特別な感情に基づいた様々な恋心に満ちた表情やアクションを伴う事が多い。

その息吹だけですべてをかけがえのないものにしてしまう、これこそ素晴らしい愛の魔法である。それは、優しい金色の光でどず黒い雨雲であっても美しいものに変えてしまう太陽のような力である。

相手への愛情というものは言ってみれば義理の鎖で何とか保たれているのだ。そして当然ですが人間の感情の基本は悪そのものなので、そんな鎖は自分の性質であっさりとたち切る事ができるわけである。

「恋愛をしたいのにできない!私の努力が足りないって事?」。そうとは言い切れません。極論としては、出会いがない生活を過ごしている人や、出会うのに利用するサイトの選り抜きを取り損なっている人が数多いるというだけなのだ。

口説いてみて成功させるワザは女性を持ち上げる事が秘訣と言う事を忘れないで。『どう?臨時収入が入ったから、俺におごらせてよ!』なんて言うと、男性に“ゆとりがある経済状態だ”と女性は判断すると言う事。

「出会いがない」とうそぶいている社会人たちは、実際は出会いがないなんて大げさな話で、出会い自体を避けようとしているともとれるのは間違いないでしょうね。
posted by lovepeace10 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3108854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。