広告

posted by fanblog

2014年11月28日

結婚しようとしまいと





たとえ結婚しようとしまいと、相手を愛していられるのが偽りのない恋。別れはいつかやってくるのかもしれない、それを知っていてもパートナーを好きという心理が本当の愛情そのもの。

「犬好き」を自負している人は感情表現が豊富な恋人であってほしい。自分の注いだ情の分だけ犬好きな自分にも応えてくれる、そんな特徴のある自分好みの恋人がほしいと求めてしまう時がある。

悪童(悪たれ少年)理論の解説。それは普通のときにはやさしさに欠け、四六時中相手をがさつに扱っているのに、まれに見せる愛に慣れていない女性の恋人は感動してしまうと言う事なのだ。

不思議な事に近頃では、優秀なDNAを持つ若い男性は減少している。それに加えて若者の精子量がだんだん減っている事が確認された。こういう理由で良い遺伝子を持っている年配でもいいから男性を女性は追いかける。年の差婚はこうして生まれる。

ハートを射止めたい人に告白するときは感情の理由づけが重要。「〜だから、付き合いたい」などという好きになった理由を説明する事で、さらに説得力と真実性が高まるわけです。

結婚できようができまいが、同じように愛していられるのが偽りのない恋なのだ。離れ離れになる日がやってくるのかもしれない、わかっていてもその相手を好き、それが本当の愛情なのだ。

SNSや出会い系サイトによって知り合った方が、いわゆる男女の関係になるまでが速い。心同士を見せながら引き寄せられあっているので、ネットの外で対面した際には、感情を寄せやすいのだ。

「愛する人との出会いがないのは、どこかに難点があると言う事?」。そうとも限りません。例えば、出会いがない代わり映えのしない日々に生きている人や、出会いのために重要なサイトの選別を損じている人が大多数なのだというだけです。

恋人への愛情がなくなるとなんとオキシトシンという物質が体の中でわずかに分泌され、不思議な事に体が硬くなる。男性の手を触った時に柔らかさを感じなければ異性への愛情がなくなった表れなのである。

出会いを渇望しているのなら、広角の下がった表情はストップして、いつも頭を上げて元気な顔を心がけると良いですよ!口角を心持ち高くするだけで、相手が抱く感情は意外なほど改善します。
posted by lovepeace10 at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/3023083
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。