2021年09月20日

地球滅亡に備えて、月に「ノアの箱舟」を670万種の生命保管!?

2030年、いよいよ本格化すると言われる、氷河期や地球の磁場が反転するポールシフト。人類以外にも植物や動物も、今危機的状況を迎えている。
増えすぎた人口を抑えるため、人類と機会を融合し、新たな仮想現実の世界に人間を閉じ込めようという、一部の支配層による人類補完計画

地球上の670万種のための現代の【グローバル保険】と命名し、種子や卵子を凍結保存して月の地下トンネルや、洞窟網に隠しておくことで、地球の危機によって引き起こされる地球壊滅が起きた場合でも、遺伝物質を守ることが出来るとしているのだ。
このような、月面移住とか火星移住って事は、もう50年以上前から計画されている。

いずれにせよ、迫る地球の脅威を察知しているのか、一部の支配層が企てる人間の意識をデータ化し、仮想現実の社会に閉じ込め、いらなくなった肉体は自然へ還る世界に向かい、そして「ノアの箱舟」を造り人類再生へ向けて準備を進めているのだ。

人間を含めた生物670万種の種子を、月の「ノアの箱舟」に保管し新たな惑星で地球文明を再生させるのだろうか。しかしそこに保管される人間は、優秀な遺伝子を持った人間だけなことは想像に難くない。

我々が知らない水面下で、本気でこのようなことが話し合われているのだ。














YouTube・動画サイトランキング


仮想現実・拡張現実ランキング


コミュニケーション・会話ランキング

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10981121
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
プロフィール
まあやんさんの画像
まあやん
プロフィール
リンク集
月別アーカイブ