2021年10月15日

地球内部に存在する【原始惑星テイア】!?

未だ謎に包まれたことが多い生命の星地球。その地球の最深部には未知の構造が存在する可能性がわかったのだ。今回は地球内部について触れていきたいと思います。



2021年3月、地球の一番内部にある内核にはこれまで知られていなかった構造が存在する可能性があると発表された。地球はいくつもの層が重なり合った構造をしており、外側から地殻・マントル・外核・内核から成り立っているといわれている。地殻の下の内部構造に関する科学的理解は、地形や海底の観測、地表に露出した岩石の観察、火山活動により地表へ出てきたマグマなどの調査、内部構造を通って伝わる地震波の分析、重力や磁場の測定といった研究に基づくものである。


これらの層が存在することはほぼ確実だと見られているほか、地下5100〜6400qに位置する内核は月と同じくらいの大きさであり、その温度は5000度以上に達することもわかっている。非常に高温の内核が溶けることなく個体の状態を保っているのは、特殊な原子拡散パターンによるものだとの研究結果もある。


地球物理学者であるスティーブンソン氏は、内核のより正確な構造をを調べるために、国際地震センターが数十年に渡り情報を収集してきたのである。地震波が地球内部を通過する時間の観測データに着目し、このデータと数千パターンに及ぶ内核の構造モデルを、探索アルゴリズムを用いて照合したのである。内核を通過する地震波の特性の変化を分析したところ、内核の構造が近い5800q付近で変化している可能性が高いことが判明したのだ。


スティーブンソン氏は、「私たちは内核における鉄の構造の変化を示すかもしれない証拠を見つけた。これは恐らく地球の歴史の中で2回の冷却イベントが別々に起きたことを表している。」と述べているのだ。


今回の研究は、観測された地震の数や受信機の配置によって確実性が制限されていたものの、いくつかの実験的証拠がこれまでの地球構造モデルと矛盾する理由を説明するのかもしれないのだ。そして、内核の中にはかつて地球に衝突して月を作り出したとされる【原始惑星テイア】の名残りかもしれないという新説を、米アリゾナ州立大学グループが発表したのである。


ジャイアント・インパクト説は、地球の衛星である月がどのように形成されたかを説明するものだが、今回発表された説によると、かつて火星ほどの大きさの「テイア」と呼ばれる原始惑星が地球と衝突し、その時に弾き飛ばされた地球と「テイア」の欠片が月になったとされている。アフリカ大陸と太平洋の下に存在する「大規模S波低速度領域(LLSVP)」と呼ばれる得意領域が、「テイア」の名残りと考えられているのだ。


マントルには他とは少し性質が異なる領域が存在することは、世界中に設置されている地震計を分析することでもわかる。地震波がマントル内を伝わるときに、速度が低下する領域が存在するのだが、このことはその部分だけ他よりも密度が高いことを示唆しているのだ。これが(LLSVP)という領域なのである。そして今回の研究によると、仮に「テイア」のマントルが地球のものより高密度だった場合、衝突の後やがて地球の核へ向かって沈み始めただろうと考えるのだそうだ。


我々人類が生活している地球には、未だに解明されていない謎に溢れておりその上で生活をしているのである。知らなければ良かったと思える真実も隠されているのかも知れない。














YouTube・動画サイトランキング


仮想現実・拡張現実ランキング


コミュニケーション・会話ランキング

2021年10月08日

2045年へ向けてシンギュラリティー!?

当たり前の事なのだが男性側に精子が存在しないと人間は存在し続けることは不可能なのだ。しかし人間の精子の数が1973年以来ほぼ60%減少しており、2045年には男性の生殖機能がこの世から消滅するという調査結果が発表されたのだ。

その精子の数に影響を与えているものは、実はプラスチックの容器や食品の包装からクリーニング製品の防水服、香水、石鹸やシャンプー、電子機器やカーペットに至るまで、あらゆるものに含まれている「PFAS」と呼ばれる物質が関係しているというのだ。これは、意図せずに生まれたものじゃなく意図して入れられたものなのだ。

この「PFAS」は環境や人体内で分解することができず、体内に蓄積されていくためそれが多くのダメージを与え、人類はそのダメージの限界まで来ているという。しかしこれだけ人体に影響を与えているにもかかわらず、化学物質への対応が世界中で行われていないことも事実なのである。

アメリカの科学者たちは、テストしたほぼすべての人々の血中にこれらの化学物質を発見しており、今や地球上のどの国や地域も「PFAS」汚染の影響を受けており、これは地球規模の問題と言えるだろう。

「PFAS」は世界中で発見されており、事実上全ての人達の体内に存在し人間だけに留まらず、海底深くにいる魚や鳥たちにも見られている。そして、プラスチックに含まれる物質フタル酸エステルというものがあるのだが、これもまた人体へ大きな影響を与えており、女性の妊娠率を下げまた男性の生殖機能も下げることが動物研究で明らかとなっている。

コロナ禍でマスクの消費量が莫大に増えたことにより、日々環境中の化学物質は増え続けており2020年の廃棄マスクのプラスチック量だけで分解されるには450年かかる為、今それを辞めたとしても数百年は影響が出続ける。そして人間の生殖機能がゼロになるとされる2045年には AIが自ら人間より賢い知能を生み出すことが可能になる シンギュラリティー が起こるというのだ。

こうなるとAIは人間を劣等地と認知し人間は必要ないと思考する可能性があるのだ。一説では、近年のAIの急激な進歩からすると、21世紀後半にはAIの処理能力は人間の10の24乗(1兆×1兆)倍になると主張されている。


闇の支配者が企てる人口削減計画と、それに伴いながら進化し続ける人工知能。まるで2045年までに人間の必要性を無理やり無くそうと、静かな時限爆弾を作動させているように思えて仕方がない。























YouTube・動画サイトランキング


仮想現実・拡張現実ランキング


コミュニケーション・会話ランキング







2021年09月20日

地球滅亡に備えて、月に「ノアの箱舟」を670万種の生命保管!?

2030年、いよいよ本格化すると言われる、氷河期や地球の磁場が反転するポールシフト。人類以外にも植物や動物も、今危機的状況を迎えている。
増えすぎた人口を抑えるため、人類と機会を融合し、新たな仮想現実の世界に人間を閉じ込めようという、一部の支配層による人類補完計画

地球上の670万種のための現代の【グローバル保険】と命名し、種子や卵子を凍結保存して月の地下トンネルや、洞窟網に隠しておくことで、地球の危機によって引き起こされる地球壊滅が起きた場合でも、遺伝物質を守ることが出来るとしているのだ。
このような、月面移住とか火星移住って事は、もう50年以上前から計画されている。

いずれにせよ、迫る地球の脅威を察知しているのか、一部の支配層が企てる人間の意識をデータ化し、仮想現実の社会に閉じ込め、いらなくなった肉体は自然へ還る世界に向かい、そして「ノアの箱舟」を造り人類再生へ向けて準備を進めているのだ。

人間を含めた生物670万種の種子を、月の「ノアの箱舟」に保管し新たな惑星で地球文明を再生させるのだろうか。しかしそこに保管される人間は、優秀な遺伝子を持った人間だけなことは想像に難くない。

我々が知らない水面下で、本気でこのようなことが話し合われているのだ。














YouTube・動画サイトランキング


仮想現実・拡張現実ランキング


コミュニケーション・会話ランキング

2021年09月14日

人体には、98%を占める謎のDNAがある!?

我々の21,000の遺伝子を構成する30億の塩基対は、ゲノム全体の僅か2%だけで、残りは生物的に不活性で不毛の地であるとしている。ゲノム全体の98%を占めるDNA意味不明のガラクタ、ダークマターDNA
この膨大なジャンクDNAと呼ばれる部分は、遺伝子をコントロールする重要な部分で、この部分に起こる変異が数百の病気の原因になっているのである。

世界各国の研究者たちから、人間のゲノムの80%は生物化学的に活性であることが分かった。

数百にものぼる研究から分かったことは、病気は遺伝子変異だけで起こるのではなく、このジャンクDNAに変化が起きて、病気発症につながっていることだった。


ね、何でこんなに意味がわからないことになってるのか、それは人間は、宇宙人が作ったからなのかな。













YouTube・動画サイトランキング


仮想現実・拡張現実ランキング


コミュニケーション・会話ランキング
ファン
検索
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
プロフィール
まあやんさんの画像
まあやん
プロフィール
リンク集
月別アーカイブ