広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年01月02日

【まち雑学vol.1】信号機の形は横型?縦型?

道路を車で走ったり、歩道を歩いていると、よく見かけれるのが交差点に設置されている信号機。
交通量の多い交差点や横断歩道などがあるところではよく見かけます。

一般的な信号機はこんな感じ。
DSC_0089.JPG

ただ、道を歩いていると、こういった縦型の信号機を見ることもありますね。

DSC_0100.JPG

地域によっても信号機の形が違うようです。
皆さんが住んでいる地域の信号機は横型でしょうか。それとも縦型でしょうか。
今回はなぜ信号機の形が違うものがあるのか調べてみました。

道路交通法第2条第14項によると信号機の定義は以下のとおりです。
 電気により操作され、かつ、道路の交通に関し、灯火により交通整理等のための信号を表示する装置

信号機の主な目的は以下のとおりです。
 @交通事故の防止
 A交通の円滑化
 B交通環境の改善

交通量が多い道路だと、出会い頭や交差する際に衝突事故などの発生確率が高くなります。そういった交通事故を防止するため、車などの交通を制御しています。また、道路の交通量が多いと、渋滞が発生し、円滑な交通ができなくなります。信号機により車両の走行、停止のタイミングを知らせ、交通をスムーズにします。その結果、車からの排気ガスや騒音などの交通公害が解消され、車両のみならず沿道などの交通環境が改善されます。信号機の設置は、こういった目的があります。

このように、交通整理等をするため、発信する信号(合図)を表示する装置が信号機であることがわかります。
では信号機はなぜ横型と縦型があるのでしょう?
信号機の形は青、黄、赤の灯具が水平に並んでいる横型のものが一般的です。しかし、中には青、黄、赤の灯具が垂直に並んでいる縦型のものもあります。

元々信号機は、1930年に米国から輸入されました。それまでは警察官が交差点に立ち、「ススメ」や「トマレ」が書かれた板を掲げられていたとのことです。信号機が米国から輸入された当時は、米国の製品に倣い、日本でも縦型の信号機が設置されていました。
しかし、縦型の信号機を設置する場合、ある問題が発生しました。

前述のとおり信号機は交通を整理することを目的としていることから、交通量が多い都心部に設置されることが多いです。輸入当時の縦型信号機は、交差点の四隅に柱をたて、柱に沿ってその信号機が設置されています。都心部の交差点四隅に信号機を設置すると、どうなるでしょう?

都心部だと高いビルや街路樹により、交差点四隅に設置された縦型の信号機は見えにくくなります。また、まちづくりの観点からも景観を阻害することになります。

そこで登場したのが横型の信号機です。横型であれば、ビルや街路樹があっても信号機を識別することもでき、景観にも配慮することができることから、日本では一般的に横型の信号機が使用されています。

こうして日本では、横型の信号機がよく使われるようになりました。

ただし、横型の信号機にも欠点があります。それは、雪が降る地方では信号機のレンズが見えにくくなることです。

信号機には青、黄、赤のレンズの上にフードが設置されています。しかし、横型ではそのフード部分に積雪され、信号機の灯器の色がわかりにくくなることが問題となります。また、灯器のレンズ自体に着雪するときもあり、雪が多く降る地域では好まれません。
今は信号機の厚さを薄くすることで積雪、着雪を防ぎ雪対策をしているものがありますが、まだまだ少数かと思います。

そこで登場するのが縦型の信号機になります。縦型に設置することで積雪、着雪可能な面積が減り、雪の影響を受けづらくなります。
また、縦型の信号機は横幅を取らないことから、狭隘な地区に設置される傾向があります。昔に作った道路や街は、そういった狭隘な場所が多くあることから、縦型の交通信号機を見る機会も多いのではないでしょうか。

よって、一般的には横型が使われている信号機も、雪が降る地域、狭隘な場所では縦型の信号機が多いことがわかりました。

【まとめ】
Q.なぜ信号機は横型、縦型があるの?
A.元々は海外に倣い、縦型が多かったが、安全性、景観を踏まえ、現在は横型の信号機が多い。ただし、着雪対策や狭隘な場所に設置するため、横型の信号機が設置される地域もある。

皆さんもお住まいの地域や旅先の信号機を見て、歴史やまちづくりを感じてみてください。
【このカテゴリーの最新記事】

2020年01月01日

安比高原スキー場で初滑り

岩手県八幡平市にある安比高原スキー場に行ってきました。
12月ということもあり、今年初滑りです。

安比高原スキー場は岩手県八幡平市にあり、盛岡駅から約50分ほど(下道だと1時間)で到着します。市街地から比較的近い位置にあることから、仕事帰りでもいけますね。
当日の安比高原スキー場の様子の写真です。
DSC_0119.JPG

今年初滑りということもあり、一発目はこのコースを滑りました。初心者の方には、このコースがオススメです。
DSC_0124.JPG

横幅も大きく、人がいっぱいいても安心して滑ることができます。

DSC_0125.JPG

このコースはヤマバトコースといって、5,500mの距離をゆっくり滑ることができるのが魅力的。
ただし、12月のこの時期は雪が少ないせいか、ところどころでこぼこがあり、スムーズに滑られないところも多々あり。
それでも5,500mという距離でゆっくり長く滑ることができるし、周りの風景を見ることが楽しかった。



その他、セカンドゲレンデのこのコースもオススメ。

DSC_0128.JPG

このコースは第1から3コースに分かれていて、それぞれのコースに特色があるところ。
どのコースでも初心者には優しいことから、子ども連れも多く、家族でもオススメです。

DSC_0132.JPG

最後は安比高原の正面のコース。左側にある黄色いホテルが目印。昔、ドラマの舞台でも使われているほど、有名なところみたいです。

DSC_0137.JPG

年始にお時間がある方は、是非とも安比高原スキー場でスキー、スノーボードを楽しんでください!


全般ランキング

2019年12月30日

NIPPONロマンスポルノ'19 〜神vs神〜(1日目)ライブ音源の個人的オススメ曲

9月7日、8日に開催されたポルノグラフィティの東京ドームライブ「20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ'19 〜神vs神〜”」のライブ音源が、12月20日にiTunes Store等で配信されました。

私はdヒッツで聴いています!




今回はその1日目のライブ音源のなかで、個人的なオススメ曲を紹介していきたいと思います。
(あくまで私の好みの話なので、オススメしていない曲を批判するものでないことはご理解ください。)

当日のライブの感想は、過去の記事をご覧ください。
【20th Anniversary Special LIVE “NIPPONロマンスポルノ‘19〜神vs神〜(1日目)】
http://fanblogs.jp/liveinlife/archive/16/0

DSC_0201.JPG

【個人的オススメのライブ音源】
M01 プッシュプレイ
ライブ当日の一曲目という思い出補正もあり、ずっと余韻に浸っていた曲。改めて聴いても惚れ直しました。
歌詞の出だしが「狂喜する声が満ちあふれていたっ」って歌っていたけど、おそらく「満ちあふれていた〜」としたかったのかな。原曲よりキーが高いことから、より明るくなった印象。最初のコーラスから終わりまですべてが良かった。

M02 メリッサ
ベース音で「この曲だ!」というのがわかる曲。最近のライブでは原曲サビのコーラスがなくて残念。東京ドームで披露されたメリッサはそれを感じさせないパワフルな歌声で、お客さんを引き込んでいる様子がわかる。

M03 THE DAY
最近のシングルの中では代表的なポルノ曲の1つ。まさに口からCD音源という表現がぴったり。2番サビ入りの瞬間にまたギアが上がる感じがとても良い。

M04 メドレー
メドレー配信で、ミュージック・アワー〜マシンガントーク〜ヴォイス〜狼〜ミュージック・アワーの順で披露。ミュージック・アワーももちろん良いのだけど、この中ではマシンガントークを聴いてほしい。ライブでは久しぶりに披露されたこともあって、イントロの瞬間にかなり沸き立ったし、その様子も聴くことができる。皆さんでモンキーダンスをしましょう(笑)

M05 アポロ
出だしから1番サビまでは落ち着いたバージョン。2番からフルバンドで披露される。2番サビ終わりのギターソロがとてもかっこよく、やはり原曲の強さを感じられた。「ラヴ・e-mail・フロム・東京ドーム!」での会場の一体感が音源からも伝わってくる。

M08 n.t.
昭仁ソロのアコースティックバージョンで披露。原曲のイメージではパワフルな曲なんだけど、このアコースティックバージョンでは歌詞の1つ1つがスッと頭に入ってきてすごく考えさせられる曲。最後の質問責めの歌詞も、歌い方も相まってどんどん沁みてくる。この曲を聴く人はぜひ、歌詞にはなっていない最後の最後の言葉まで聴いてほしい。

M09 Hey Mama
原曲は歌詞がほとんど英語で、最後に少し日本語が出てくる。ライブでは英語歌詞披露のあと日本語訳で披露されていた。改めて聞き直すととてもかわいらしく、ほのぼのとしたものなんだなと認識できました。途中、晴一が耐えられなくなって笑い声が入っているのもレアなところです。

M10 渦
ホーンセクションを迎えての演奏。始まりだけ聴くと何の曲かわからなかったけど、聞き覚えのあるイントロで渦だということがわかる。原曲だと気だるさが出ている歌い方なんだけど、このバージョンはエロくてグロいという言葉がぴったり。最後のフレーズの歌い方にも注目してほしい。

M11 俺たちのセレブレーション
引き続きホーンセクションを迎えての演奏。発売当時は好きではなく、どちらかというと「なんでこんな曲を出すんだ…」というくらい大っ嫌いでした。でもライブで聞けば聞くほどどんどん好きになってきて、今回の東京ドームライブでも楽しかった思い出があります。歌っている本人が楽しい様子が伝わってくる曲です。

M13 愛が呼ぶほうへ
こちらもホーンセクションを迎えての披露。愛が呼ぶほうへは、歌詞自体が壮大なんだけど、ホーンセクションが入ることでさらに壮大な演奏になった。この東京ドームライブの音源は力強さが際立つものが多いけど、この愛が呼ぶほうへは心なしか、昭仁の声も穏やかになっていると思う。

M15 キング&クイーン
最近のポルノグラフィティの曲で一番好きな曲。THEポジティブな曲。ライブになるとみんなで叫んだり、クラップしたりと、ライブ当日の会場の一体感を感じてほしい。

M17 ネオメロドラマティック
今回の配信曲で一番オススメしたい曲。曲ももちろん良いんだけど、終わりに向けて勢いが落ちてくるどころか、どんどん加速していく感じが聴きごたえがある。特に最後サビ前の「僕に助けてと確かに聞こえた。どこから聞こえる…」の入りが抜群にかっこいい。聴いていていつの間にか前のめりになってくる。

M18 ハネウマライダー
おなじみライブ定番曲。ポルノ曲の中では人気の曲だけど、原曲は個人的には好きではないです。なぜかはわからないけど、CDだと迫力不足を感じるのか…。でも、ライブでは間違いなく盛り上がるし、聴きたくなる曲聴いてほしい。ポルノファンの人、そうではない人のどちらもこの、「東京ドームライブで披露されたハネウマライダー」を聴いてほしいです。きっと、これを聞けばライブに行きたくなるはず。

M19 アゲハ蝶
大規模ライブではかなりの頻度で披露される定番曲。この曲は聴くというより参加するという表現があっていると思う。おなじみの「ラララ…」の大合唱はもちろんのこと、なんとこの曲ではウェーブも実施。当然音源なのでわからないんだけど、昭仁、晴一のやりとりを含めて会場の一体感が伝わってくる。最後の大サビはかなり聴きごたえがあって、リピートしても飽きないです。

M20 VS
本ライブのメインの曲。最新シングルということもあって声にも違和感なく、すんなり聴くことができた。キャノンテープの音や歓声がライブの臨場感を伝えているし、最後にプッシュプレイにつながるところがたまらなく好きです。


今回紹介していないグラヴィティ、Twilight,トワイライト、ジレンマ、ラック、Mugen、配信はされていないオー!リバル、Century Lovers、ライラももちろんオススメなので、お時間がある方はぜひ聴いてみてください!


J-POPランキング

2019年12月25日

【まち雑学vol.0】電柱はなぜ白いのだろう?

普段生活をしていると、ふと気になる風景、景色が目に入ってくることがあります。
そんな、「まちの中の気になること」を雑学のように紹介していきたいと思います。

今回のテーマは「電柱はなぜ白いのだろう?」です。
そもそも電柱とは何か調べてみました。

line_1554021868901.jpg

世間一般的な呼び名である電柱。実はその役割で2つの呼び名があります。
1つ目は「電力柱」。電力会社により設置される柱で、建物などへの送電のためのものです。電柱はこの「電力柱」の略した名称なのです。

2つ目は「通信柱」。NTTなどの通信会社によって設置されたもので、電話回線などがつながっているものです。

また、その材質によっても種類が分類されていて、電柱は大きく3つに分類されます。

一つ目は「コンクリート柱」。通称、コン柱(こんちゅう)。
良く街中で見かける電柱のほとんどはこれで、白い色の正体はこのコンクリートであることがわかります。

二つ目は「木柱」。コンクリートが使えない時代、良く使われていたらしいけど、最近はあまり見かけないかな。
今は新設で木柱を使用することはないので、街中にあるのは古いものばかり。腐食が進んで倒れる危険もあるとのこと。

3つ目は「鋼管柱(こうかんちゅう)」。ここはあまりみたことない。

電柱にもその役割や材質で色々な呼び名があるようです。
白い電柱はコンクリート柱ということで、材質によるものだというのもわかりました。

【まとめ】
Q.なぜ電柱は白いの?
A.電柱の材料としてコンクリートが使われているため。

自分が疑問に思ったことを紹介していきたいと思います。
取り上げてほしいものがあれば、お気軽にどうぞ!


まちづくりランキング

2019年12月23日

【脱メタボvol.1】30代でも動ける身体を目指して

ある日、ふとネット記事を読んでいたら、「20才から体重が10キロ増えていたらメタボリック予備軍」というのがありました。
自分はというと…
 20才 66キロ
 現在 75.4キロ

DSC_0073.JPG

…ヤバい。これはヤバい。このままだとメタボリックになる…
そう思い、過去にも通っていたトレーニングジムに通いなおす決意をしました。

ということで脱メタボ、30代でも身体を動かせることを目指して、筋トレ、ダイエットを始めたいと思います。

ちなみに現時点の体重、体脂肪率は以下のとおりです。

【2019/12/22時点】
  体重 75.4キロ
  体脂肪率 24.7%

早速トレーニングジムに行って、筋トレ、有酸素運動をしてきました。

【メニュー】
 レッグプレス 117s×10回
 カーフレイズ 126s×10回
 ラットプルダウン 32s×10回
 チェストプレス 32s×10回
 クランチ 10回
 バックエクステンション 10回
以上のトレーニングを3セット行い、BIG3の筋肉を鍛えました。
筋トレ後はルームランナーで40分有酸素運動を行って終了。

筋肉をつけることと痩せることの両立は、筋トレ→有酸素運動の流れがベストとのこと。
過去にも筋トレはやっていて、にわかな知識はあるので、そういった情報も紹介していきます!

とりあえず当面は年度内に60s台になるようがんばろうかな。


全般ランキング
posted by らっくー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2019年12月09日

ARENA TOUR DEMOCRACY 25th HOTEL GLAY THE SUITE ROOM (12/7セキスイハイムスーパーアリーナ)に参戦!

ARENA TOUR DEMOCRACY 25th HOTEL GLAY THE SUITE ROOMの宮城県仙台 公演(セキスイハイムスーパーアリーナ)に行って来ました!
GLAYのライブに参戦するのは、メットライフドームライブ以来。

http://fanblogs.jp/liveinlife/archive/15/0

最新アルバム「NO DEMOCRACY」を引っ提げてのライブツアー。果たして何か披露されるのか。



DSC_0003.JPG




以下、ネタバレですのでご注意ください。























セットリスト
1.My name is DATURA
2.黒く塗れ!
3.Flowers Gone
4.愁いのPrisoner
5.everKrack
6.あゝ、無常
7.あなたといきてゆく
8.COLORS
9.元号
10.笑顔の多い日ばかりじゃない
11.はじまりのうた
12.氷の翼
13.Into the wild
14.AMERICAN INNOVATION
15.BLACK MONEY
16.LET ME BE
17.逢いたい気持ち
18.誘惑
19.Runaway Runaway
20.Bible
21.REIWADEMOCRACY
22.反省ノ色ナシ
アンコール
23.ALL STANDARD IS YOU
24.月に祈る
25.FATSOUNDS
26.VERB

DSC_0007.JPG

一曲ずつの感想です。

1.My name is DATURA
 今回のアルバム曲。GLAY殺人事件というVTR後に披露されたから、「犯人の名前」って意味合いもあるのかな。HISASHIの曲調っぽくミステリアスな印象。今回のアルバム曲の中では個人的に一番好きな曲です。
  
2.黒く塗れ!
 1曲目に引き続きHISASHIの曲。BLEEZEと一緒のシングルに収録されていた。「GLAY EXPO 2014」前に開催された東北6県ツアーでも披露してて、当時ドはまりしてました。「ステキな闇の世界へ」に全てが詰まっている曲だと思う。

3.Flowers Gone
今回のアルバム曲。何かのページでインディーズの曲の再録って紹介されていた。 ライブではみんなで「DESIRE」って叫ぶところが楽しかった。

4.愁いのPrisoner
 今回のアルバム曲。セブンイレブンのタイアップ曲。前半3曲の激しい曲調に比べ、しっかりじっくり聴けた。同じセブンイレブンタイアップの「JUST FINE」も聴きたかったけど、CMの印象が強いこの曲を聴けて良かった。

5.everKrack
 HISASHIの曲。これも「GLAY EXPO2014」前に開催の東北6県ツアーも披露されてた。GLAYの振り付けあり曲の中でも、TERUが可愛く見える曲だと思う。

6.あゝ、無常
 今回のアルバム曲。仕事をしていると、とても心に歌詞が響くようだった。サビではみんなで「無常!」って叫ぶところがあり、少し面白かった。ただ、全体の歌詞はかなり考えさせられるもので、また聴きたい。
 
7.あなたといきてゆく
 前のアルバム「SUMMER DELICS」の次に発売されたシングルの収録曲。確かスッキリの結婚式ドッキリでGLAYが出演したときに、新郎新婦に披露していた。結婚式で聴かせたいのはもちろんだけど、両親にも聴いてほしい暖かい歌詞が印象的。

8.COLORS
 今回のアルバム曲。メットライフドームライブでも披露されていた。若干TERUの声が調子悪く聞こえたけど、そこはさすがの歌唱力、最後は持ち直しました。

9.元号
 今回のアルバム曲。背景で昭和、平成のトピックのイベントやGLAYの映像が流れていた。たぶん、今年や来年にしか聴けないだろう。

10.笑顔の多い日ばかりじゃない
 久しぶりに聞いた曲。たしか「rare collectives」にも収録されていたはず。歌詞は暗めなんだけど、ライブで聴くと明るさも際立っている印象。

11.はじまりのうた
 今回のアルバム曲。ダイヤのエースの主題歌。TERUっぽい明るい曲調で、聞いていてポジティブになる曲。

12.氷の翼
 今回のアルバム曲。ライブ前は正直あまり好きではない曲の1つだったけど、生で聴くと歌詞がすっと入ってくる印象を受けた。「わたしとじゃないのでしょう」の部分はとても切ないし、サビ終わりのイントロもとても良かった。

13.Into the wild
 スバルのCM曲。あまりテレビを見なかったせいか、ライブで初めて聞きました。聴いたときは「良いな…」とは思ったけど、これから聴きこみます。

14.AMERICAN INNOVATION
 ライブの定番曲。たまたま買ったタオルが「AMERICAN INNOVATIONタオル」で必死に回しました。ステージ横にはメットライフドームライブでも登場したGLAY巨大人形(風船?)が登場。

15.BLACK MONEY
 HISASHIとJIRO二人の曲。「GLAY EXPO 2014」で披露されて、まさか5年越しに同じ宮城で聴けるとは思わなかった。VTRの二人もかっこよかったな。

16.LET ME BE
 「GREAT VACATION」収録の曲。この曲は初めて聴いたので、これから聴きこみます。

17.逢いたい気持ち
 ドラマ「サトラレ」の主題歌。発売当時はこの系統の曲が多かった印象だけど、「逢いたい気持ち」が一番後悔の念が強いと思う。

18.誘惑
 GLAYを代表する曲の1つ。最初はドラムとキーボードのソロ演奏から始まり、誘惑がスタート。定番とは言え、何回聴いてもかっこいい。

19.Runaway Runaway
 「THE FRUSTRATED」収録の曲。ライブでは初めて聴きました。ライブ映えする曲で、みんなで「Runaway!」と叫ぶところが盛り上がっていた。

20.Bible
 東日本大震災直後、色々なところで披露されていた曲。「GLAY EXPO 2014」でも披露されていて、とても元気が出たのを思い出した。サビの曲調がとてもきれいで、いつかバラードでも聴いてみたい。

21.REIWADEMOCRACY
22.反省ノ色ナシ
 今回のアルバム曲。上2つの曲は2つで1つなんだろう。曲調の割にはかなり皮肉や風刺が聴いた歌詞で、なぜか「〇を見る会」の件が思い浮かんできた。

アンコール
 アンコール前のVTRでGLAY4人で「アンコール!」と煽っていたのが面白かった。

23.ALL STANDARD IS YOU
 「ONE LOVE」収録の曲。この歌、TERUが凄く感情を入れていて、会場も静まり返って聞き入っているのが印象的だった。
  
24.月に祈る
 「BEAT out」収録の曲。TAKUROのギターイントロが流れたときに鳥肌が立って、曲を聴き終わったときも鳥肌が立ちました。かなり昔の曲だけど、ずっとかっこいい曲。

25.FATSOUNDS
 あのメットライフドームライブ「悪いGLAY」で3曲連続で披露された曲。HISASHIの「おまえら気に入らねえんだよ!」という恒例?の煽りでスタート。とても盛り上がった。

26.VERB
 来ました「VERB」。学生の時にイントロが好きでよく聴いていたけど、まさかこのライブで聴けるとは…。イントロもかっこいいんだけど、歌詞、曲調がギラギラしていて全てがかっこいい曲です。



この日はベストアルバムの発売も発表されましたね。またライブの開催もするだろうし、とても楽しみ。


DSC_0010.JPG

またライブ行きたいですね。






GLAYランキング
posted by らっくー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | GLAY

2019年11月28日

乃木坂46 birthday live決定!

待ちに待った情報。
乃木坂46のbirthday liveが2月に開催!

名古屋ドームなので、行けるようにがんばります!

2019年11月16日

グランピング施設「GLAMPiC」

山形のグランピング施設「GLAMPiC」に行って来ました。

GLAMPiCは少し流行っているグランピングができる施設。
山形市街地からも20分くらいで着くところにあって、自然の中で生活ができるのが魅力。
DSC_0401.JPG


DSC_0373.JPG

DSC_0407.JPG

DSC_0392.JPG

食器は必要なものは揃ってるし、オプションでドラム缶風呂、コンロも使える。
テントの中はホットカーペットもあって暖かい。

グランピングが気になる方にはおすすめです。
ぜひ行ってみてください。


全般ランキング












2019年11月11日

秋の早池峰山登山

11月初めに、八幡平に引き続き早池峰山に行って来ました。

DSC_0371.JPG

河原の坊駐車場から徒歩で小田越登山口へ約30分。
(ちなみに河原の坊コースは立ち入り禁止です。)

DSC_0358.JPG





…認識が甘かった。霧がすごい上に、強風で頂上まで行けず。

DSC_0359.JPG

DSC_0367.JPG

今年度は登山納め。
また来年に楽しもう。

2019年11月07日

秋の八幡平登山

11月初めに、八幡平登山に行って来ました。
DSC_0334.JPG


標高は約1600メートルほどだけど、頂上付近まで車で行けるのできつくはない。

八幡沼のほうを向いて。
DSC_0336.JPGDSC_0337.JPG

ガマ沼はこちら。
DSC_0344.JPG

八幡平山頂から。
DSC_0349.JPGDSC_0350.JPG

前日までの雨が樹木に残っていて、凍っています。ここから樹氷ができるのかな。

帰りは県民の森経由で温泉に。
しらかば道という感じ。
DSC_0356.JPG

紅葉の時期は終わったけど、これはこれで楽しかった。


全般ランキング







ファン
検索
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
らっくーさんの画像
らっくー
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。