2020年10月24日

NANA−ナナ−[アニメ]

リスト


『NANA−ナナ−』

[アニメ(通常)]



基本情報

動画・画像

音楽・サントラ

ストーリー・あらすじ

登場人物

キャスト

スタッフ

受賞歴・受賞記録

名言集

レビュー

その他

関連

サイト更新・追加情報

【基本情報】

アニメ:NANA-ナナ-
原作:矢沢あい
監督:浅香守生
シリーズ構成:金春智子
脚本:金春智子、浦畑達彦、ふでやすかずゆき
キャラクターデザイン:濱田邦彦
アニメーション制作:マッドハウス
放送局:日本テレビ
放送期間:2006年4月5日 - 2007年3月28日
話数:全47話+総集編3話

↑画面TOPへ↑


【動画・画像】

[音楽・動画(サービス)]

[ 商品(楽天) ]

[ 商品(Amazon) ]

NANA ナナ 1〜16 (全16枚)(全巻セットDVD)|中古DVD [レンタル落ち] [DVD]


『DVD』

第1巻 2006年7月7日発売
第2巻 2006年8月23日発売
第3巻 2006年9月27日発売
第4巻 2006年10月25日発売
第5巻 2006年11月22日発売
第6巻 2006年12月20日発売
第7巻 2007年1月24日発売
SPECIAL DVD 7.8巻 2007年2月14日発売 ※「淳子の部屋」3話収録。
第8巻 2007年2月21日発売
第9巻 2007年3月21日発売
第10巻 2007年4月25日発売※10巻以降から特典にエピソード・ダイジェストが付属。
第11巻 2007年5月23日発売
第12巻 2007年6月27日発売
第13巻 2007年7月25日発売
第14巻 2007年8月22日発売
第15巻 2007年9月27日発売
第16巻 2007年10月24日発売
第17巻 2007年11月21日発売


【参考動画】

》duckduck動画中《

》duckduck画像集《

》Bing動画中《

》Bing画像集《

》youtube動画中《

↑画面TOPへ↑


【音楽・サントラ】

調査中

↑画面TOPへ↑


【ストーリー・あらすじ】

東京にいる彼氏の元にむかう小松奈々は、東京行きの列車の中で、ミュージシャンを目指して上京する大崎ナナと隣り合わせる。

同じ“NANA”という名前を持つことから意気投合した二人は、その後東京での住まい探しの中で偶然再会し、共同生活を送ることに。奈々(通称ハチ)は、恋人の章司や同郷の友人の淳子や京助たちに助けられながら、東京での生活をスタート。一方ナナは、元恋人で、今は超人気バンド“トラネス”のギタリストとなったレンに対する想いを抱えながら、パンクバンド“ブラスト”のヴォーカルとしてメジャーデビューを目指す。無邪気で素直な奈々と、何事にもクールなナナ。一見正反対に見える二人は、時に衝突しつつも、絆を深めていく。2人の“ナナ”と、彼女らを取り巻く人々の恋や友情、夢の行方は? そして、彼女らを待ち受ける運命とは……。



NANA−ナナ− #1
序章・奈々とナナ

地元の女子高を卒業して2年。ごく普通の家庭に育った20歳の小松奈々が、今、新幹線で向かおうとしている先は東京だった。奈々がなぜ東京を目指しているのかというと、それは高校を卒業した後、1年間通った美術系の専門学校で知り合った大好きなカレ・遠藤章司に会うこと。1年前、美大を目指して上京した章司は、一浪してこの春、晴れて合格した。再会を目指してせっせとバイトをしてお金を貯めてきた奈々は、ようやく章司がいる街で暮らせると思ったのだ…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年4月5日



NANA−ナナ− #2
恋?友情?奈々と章司


・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年4月12日



NANA−ナナ− #3
奈々と章司、恋の行方

地元の美術系の専門学校に通いながら楽しく盛り上がる奈々、淳子、章司、京助の4人。夏には揃って海水浴などに行き、若さを爆発させる。だが、淳子と京助がラブラブなのに対し、奈々と章司の表情がさえない。実は、淳子が、すぐに恋に走る奈々に、まず友達関係からスタートするようアドバイス。奈々は、そのアドバイスを守り、一方的に章司に“友達宣言”をしていた。このため、章司は、奈々が好きでありながら、ホテルの同じ部屋に2人だけで泊まることになっても手すら出せなくなったのだ…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年4月19日



NANA−ナナ− #4
奈々の恋、ナナの夢

東京の夜の路上で、捜しにきた章司と涙の仲直りをした奈々。そのままホテルに戻った奈々は、京助と一緒らしい淳子からカバンを渡され、章司と同じ部屋に泊まることになった。だが、愛し合っているにもかかわらず、2人の間にそのムードはまるでない。  そんな中、章司は、自分が浪人中に奈々が東京にいても何もしてやれない、と素直に自分の考えを明かした。その優しい胸の内を知った奈々は、章司が浪人している間に、地元で上京した際の資金を貯めると約束。2人は1年後の愛を誓い合った。やがて、地元に戻った奈々は、遠距離恋愛に耐えながら1年後の章司との再会を目指し、懸命にバイトを始めた――

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年4月26日



NANA−ナナ− #5
レンの夢、ナナの思い

ナナが、レンとヤス、ノブの作ったバンド『ブラスト』のボーカルになったきっかけは、全くの偶然からだった。レンが新しいバンドの女性ボーカルを捜していた時に、たまたまノブの家に借りていたCDを返しにいったナナは、そこにいたレンの目に留まりボーカルに誘われる。ライブハウスでレンを一目見た時からレンに憧れていたナナは、それ以降、レンのため、そして、何より自分のためにマイクを握ってきた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年5月3日



NANA−ナナ− #6
雪の上京!奈々とナナ

「ねえ、ナナ。あたし達の出会いを覚えてる?あたしは運命とか信じちゃうタチだから、これはやっぱり運命だと思う…笑ってもいいよ」 707号室の中で、奈々はナナに初めて会った時の事を思い出していた。奈々が章司から“サクラサク”の合格メールを受け取った場所は、バイト先のビデオ屋のカウンターの中だった。即バイトを辞め、笑顔で家に戻った奈々は、荷物をまとめて東京行きの新幹線に飛び乗る。そして、そこで奈々は、ギターを持って同じく東京に向かうナナと出会った…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年5月10日



NANA−ナナ− #7
ヤス登場!707号室

奈々とナナの2人が気に入ってしまった707号室。2人ともこの部屋を気に入っていると気付いた奈々を案内してきた不動産屋の安藤は、2人が顔見知りだったと知り、部屋をシェアして借りたらどうかと勧めた。幸い707号室内の2部屋は、“振り分け”の設計になっており、風呂もキッチンも広い。そして、なによりシェアをすれば、家賃は半分ずつですむのだ。奈々はこの提案をあっさりOKし、ナナも続いて了承。仲良く握手をした2人のNANAは、雪の新幹線からの不思議な縁で一緒に暮らすことになった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年5月17日



NANA−ナナ− #8
いちごグラスと蓮の花

707号室に落ち着いたナナと奈々。だが、身の回りの品を揃えるために買い物に出た2人は、すぐに互いの性格、好み、感性などがまるで違うことに気付いた。100円ショップで売っているイチゴ柄のコップに感激する奈々に対し、モノには全くこだわらないナナ。奈々が妙に人なつっこく従順で、かつ世話がかかると知ったナナは、犬っぽいという理由で、“ハチ”と命名…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年5月24日



NANA−ナナ− #9
ノブ上京!ナナの歌

『サブリナ』に初出勤の日、奈々は、ナナと家の近所でプチピクニックを楽しんだ後、店に行った。その奈々の前に現れたのは、章司から話を聞いてやって来たという淳子。働いている奈々の姿を見て安心した様子の淳子は、章司の近況を報告する。淳子から、いつも思ってくれている章司をもっと大事にするようアドバイスされた奈々は、ちょっぴり考え込んだ…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年5月31日



NANA−ナナ− #10
美少年シン登場!

ご近所の人たちの話から、家賃の安い707号室が“ワケあり物件”と判明。707号室内で殺人事件があったと思い込む奈々は、ナナやノブに報告し失笑される。そんな中、ノブと二人っきりになった奈々は、ナナが上京した理由を聞いた。ナナたちのグループが故郷でかなり人気のバンドだったこと、ヤスが腕の立つドラマーだったこと、ナナはプロのミュージシャンになりたいと思っていること――。奈々は、ナナの歌を大勢の人に聴いてもらいたい、そのためにはバンドの新メンバーを探してあげたい・・・、とメンバー探しなら手伝えるかもしれないと思った…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年6月7日



NANA−ナナ− #11
幸子、わざとだよ?

上京して1ヶ月。解放感から貯金をほとんど遣い果たしたことに気付いた奈々は、当面の生活費に困りナナに相談した。だが、ナナは、奈々の計画性のなさを責めるばかりでつれなく、助けを求めた淳子や京助の反応も冷たい。実家から届いたという米を淳子に分けてもらった奈々は、嬉しさ半分で給料日までの生活を考えた。まもなく、水越から食事に誘われた奈々は、食事の後、経営難から近々店を畳みたいと告げられた。突然の話にショックを受けた奈々は、章司の部屋にやってきた。そして、章司が留守だと知るや、その携帯に泣きながら電話をした…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年6月14日



NANA−ナナ− #11.5
総集編 淳子の部屋(1)


・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年1月1日



NANA−ナナ− #12
急接近!章司と幸子

駆け落ちしたと勘違いした実家の母・奈津子からの30万円の送金で、ホッと一息つく奈々。しかし、電話で「出戻ってこないで!」という奈津子の声を聞いた奈々は、自分が結婚のために東京に行ったと思われていると知り、ア然。その事もあり、4年後に大学を卒業する章司との結婚を真剣に考えた奈々は、今はしっかりお金を貯めようと思った。奈々が上京した後、「一緒に暮らそう」と言ってくれた章司。奈々は、そんな章司の優しい言葉を胸に、新しい仕事を探そうと決意した…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年6月21日



NANA−ナナ− #13
幸子の涙、章司の決心

章司から、幸子との関係を打ち明けられた京助の反応は厳しかった。過去、何人もの女のコと付き合ってきた京助の現在の相手は、淳子だけ。その理由を聞かれた京助は、「淳子を失うのが怖いから」と答える。京助の真面目な表情を見た章司は、それ以上話を続けることが出来なかった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年6月28日



NANA−ナナ− #14
修羅場のファミレス

章司から大切な話があると告げられた奈々は、自分の部屋でではなく、そのバイト先のファミレスの通用口で待った。章司のバイトが終わるまで1時間。帰ったと思わせて実は待っていたという意外性で章司を感激させようという奈々の作戦だ。付き合いのいいナナは、そんな奈々の可愛い胸の内を聞かされてニガ笑い。寒々とした夜空からいつしか雪が降り始めていた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年7月5日



NANA−ナナ− #15
ブラスト、初ライブ

ナナらのライブ公演を翌日に控えた日、淳子と京助の話の内容は、もっぱら章司に捨てられた奈々のことだった。章司は完全に幸子にのめり込んでいて、奈々とヨリを戻す気配は全くなさそう。淳子らは、ナナのライブが終わったら、傷心の奈々が死ぬかもしれないと本気で心配した…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年7月12日



NANA−ナナ− #16
ナナの恋の行方

奈々の言葉に707号室を飛び出したナナは、美里をホテルに送り届けたものの、その後の行き場所に困った。ヤスの部屋を訪ねるが、理由を明かせぬまますぐに靴を履く。ナナがようやく部屋に戻ったのは、多摩川が朝日に輝く頃であった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年7月19日



NANA−ナナ− #17
トラネス、ライヴ

トラネスのレンがナナの元カレだと知った奈々は、ふとピアスや話し方など様々な点で2人がとても似通っていると気付いた。ファンクラブ会報の記事の中で、いつも首から下げている南京錠の鍵はなくした、と言っているレン。奈々は、ひょっとするとナナがその鍵を持っているのではないか、2人が心の隅でつながっているのではないか、とも思った。そして、レンとのことを聞けないまま、奈々は、ナナと共に、トラネスのライブが行われる故郷に向かった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年7月26日



NANA−ナナ− #18
ハチの祈り、ナナの想い

デビューして3年目のトラネスは、シングル、アルバム共にミリオンセラーの人気バンドだった。ボーカルのレイラの日本人離れした声量と音域の広さは群を抜いていて、その曲のほとんどをレンが書いていた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年8月2日



NANA−ナナ− #19
ナナのごほうび

ナナがレンに会いに行って2時間、奈々は実家のベッドの中で2人のことをいろいろと想像していた。女として幸せになって欲しいと願う奈々は、ナナが帰ってこなかったことから、きっと上手くいっていると考える。そして、奈々の予想通り、ナナはレンとの愛を復活させ、昔一緒に暮らしていた頃の思い出や、将来への夢を話していた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年8月9日



NANA−ナナ− #20
急展開!ハチの運命

707号室で行われた麻雀大会には、ノブ、シン、そして、トラネスのレン、タクミが集まり大いに盛り上がった。奈々は、かっこいいタクミやレンの普段の姿を目の当たりにして夢見心地。キッチンで憧れのタクミと言葉を交わした奈々は、緊張のあまりしどろもどろになり、包丁を持つ手が震えてしまうほどだった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年8月16日



NANA−ナナ− #21
スイートルームの夢

タクミの車に乗った奈々の脳裏に、“タクミはスケコマシらしい”とのナナの声がよぎった。奈々自身も、一回寝て捨てられるのがオチだと考えた。だが、ホテルのスイートルームで奈々は、一生に一度の思い出作りとばかり、あとさき考えず今の幸せに酔いしれた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年8月30日



NANA−ナナ− #21.5
総集編 淳子の部屋(2)


・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年9月6日



NANA−ナナ− #22
七夕の願い、ハチの恋

出版社をクビになって1ヶ月。そして、トラネスのツアーが最終日に近付いた頃、奈々は、デモンストレーターのバイトに励んでいた。七夕の夜、ナナたちの練習スタジオを訪ねた奈々は、みんなに仕事の内容を説明した…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年9月13日



NANA−ナナ− #23
誰にも渡したくない

突然、発覚した奈々とタクミの関係は、ブラストのメンバーに大きな衝撃を与えた。奈々に本気でホレてしまったノブは、目の前の宝物をいきなり強奪された思いで、同じくペットを横取りされたというシンと寂しさを紛らわす。シンから、奈々を奪い返すよう煽られたノブは、ダメモトで自分の思いを伝えようと心に決めた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年9月20日



NANA−ナナ− #24
乱れるハチの心

レコード会社からコンタクトがあった、とのヤスの報告を聞いたナナらブラストのメンバーは、お祭り騒ぎとなった。その会社は、業界大手のガイアミュージック。ガイア側は、次のライブの様子を見て、話を本格的に進めたいというのだ。ライブに絶対の自信を持つナナは、勝ったも同然と大はしゃぎ。当然、ナナらは、月末のライブに向け、気合の入った練習を開始した。ナナから話を聞いた奈々は、もちろん大喜びで、熱狂的なファンの美里にも連絡を入れた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年9月27日



NANA−ナナ− #25
気まぐれで勝手な男

707号室を出て2週間、ナナは、大事なライブを控え、メンバーたちと毎日のようにスタジオ入りして練習を重ねていた。だが、そんなナナたちの心の隅には、いつもスタジオに顔を見せている奈々のことがあった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年10月4日



NANA−ナナ− #26
すれちがうハチとナナ

ブラストのライブは、入口にファンの長蛇の列が出来る盛り上がりとなった。立ち見も出来ないほど混雑した会場の前の席に、美里と共に陣取った奈々は、回を重ねるほどに高まるその人気にめまいすら覚える。チケットはもちろん完売。ステージ上で圧倒的な存在感を発揮するブラスト見たさに、わざわざ飛行機でやってくるファンもいた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年10月11日



NANA−ナナ− #27
ハチの欲しい未来

ナナが、奈々の作った料理を持っていった先は、ノブのアパートだった。デザートのケーキまである料理を誰が作ったのかを悟り、奈々に冷たくしたことを反省するノブ。ナナは、料理を食べた後、シンやヤスにも食べさせるようノブに告げ、部屋を出た…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年10月18日



ANA−ナナ− #28
ハチとノブ、急接近

多摩川の川べりを手をつないで買い物に行き、キスをした奈々とノブ。だが、奈々の性格を知るノブは、自分の信念もあって、それ以上のことはしなかった。今、自分が暴走すれば、奈々は必ずタクミとの板挟みになって苦しむ――そう読んだノブは、グッと心を抑えたのだ…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年10月25日



NANA−ナナ− #29
愛情表現の問題

ノブは奈々に、ナナやメンバーたちとの思い出を話した。メチャクチャ暗かった高校時代のナナに音楽への道案内をしたこと、レンにナナを紹介したこと――。正直に自分の弱さまで打ち明けるノブの話を聞いた奈々は、そばにいて、望む全てのことをしてあげたいと思った…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年11月1日



NANA−ナナ− #30
決壊ギリギリ、ナナの心

デビューの話に全く進展のないまま、ナナは、昼間引越し屋のバイトをやり、夜はバンドの練習をする毎日だった。週の半分くらいをレンの部屋で過したがすれ違いも多く、会えるのはほんの束の間。2人でいると求め合う衝動を抑えきれないナナとレンに、ゆっくりとお互いのことを話し合う時間はなかった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年11月8日



NANA−ナナ− #31
ハチ子、妊娠

美里に体調の悪さを気付かれ、夏バテと答える奈々。だが、デビューを控えているナナに体調の悪さを知られたくない奈々は、美里にそのことを固く口止めした。産婦人科医院で診察を受けた奈々は、予想通り医師から妊娠6週目だと告げられた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年11月15日



NANA−ナナ− #32
繋いだ手を離さないで

シンがレイラと、ヤスがナオキとそれぞれ会っている頃、タクミから衝撃的な連絡を受けたノブは、電話口で呆然となった。この様子を見て何か大変なこと起きたと察したナナは、ノブから携帯を奪い取りタクミと話す。ノブと一緒に707号室に至急戻ってきて欲しいと告げられたナナは、その時、まだ事情が飲み込めていなかった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年11月22日



NANA−ナナ− #33
ハチの選択

タクミに呼び出されたナナが向かった先は、奈々がいる707号室ではなくヤスのマンションだった。遊びに来ていたナオキが気を利かせて退散する中、ナナは、泣きながら奈々が妊娠した事実をヤスに伝えた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年11月29日



NANA−ナナ− #34
割れたいちごのグラス

奈々しかいないと思って帰った707号室にタクミがいると気付いたナナは、急に不機嫌になった。奈々が妊娠したことで我が物顔で部屋の中を歩き回るタクミ。無言でナナと目線を合わさない奈々。タクミはギクシャクした空気の中、ナナに大事な話があると言って、あっさり奈々と結婚することを伝えた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年12月6日



NANA−ナナ− #35
レイラの孤独

ヤスが部屋にやって来たレイラから話を聞いている頃、レコーディングを控えたトラネスのスタジオは大騒ぎになっていた。関係者は、レイラが急に姿を消した原因が分からず右往左往するばかり。タクミは、レイラの世話役のマリに当り散らしていた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年12月13日



NANA−ナナ− #36
ブラスト新曲!!

レンの部屋に泊まり始めて9日目。奈々とのいさかいから707号室に戻れなくなったナナは、これからどうしようかと思いあぐねた。その自己中の性格から考えると、レコーディングが延びて宿舎に缶詰状態のタクミが、奈々にマメに連絡しているとはとても思えない。ナナは、奈々が707号室で何をしているのか気が気ではなかったのだ…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年12月20日



NANA−ナナ− #36.5
総集編 淳子の部屋(3)


・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年1月1日



NANA−ナナ− #37
ハチ、シロガネーゼ

奈々が引っ越した、それもセレブの街・白金の住人になったと伝え聞いた淳子、京助、章司らは、自分の耳を疑った。そして、奈々の相手が、まさかトラネスのタクミとは思いもしなかった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2006年12月27日



NANA−ナナ− #38
運命の引き金

レンの腕の中で眠り、久しぶりに穏やかな気分で目覚めたナナは、その日、奈々に会いに行こうと決めた。奈々との思い出のイチゴ模様のグラスを2つとも割り、電話番号やメルアドが入っている携帯を水没させたにもかかわらず、何も覚えていないナナ。その後の奈々の反応を知ったナナは、「電話より会いに行ってやれ」というレンの言葉に従い、雨の中を白金のタクミのマンションへと向かった。午後は、トラネス全員が何本もの記者取材を受けているため、部屋には奈々しかいないはずなのだ…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2007年1月24日



NANA−ナナ− #39
ハチ公、見てろよ!

ナナとレンの関係がワイドショーなどで大きく取り上げられたことから、トラネスやブラストの周辺は急に慌しくなった。タクミは、仕事が忙しかったこともあり、奈々にまで当り散らしイラ立ちを隠せない様子。まもなく、2人は、互いに相手の言葉尻に難クセをつけ、言い争いになった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2007年1月31日



NANA−ナナ− #40
ブラスト、デビュー!

ナナとレンの仲がマスコミに取り上げられたことから、ガイヤレコードには、ブラストに関する問い合わせが殺到。様々な意見が飛び交う中、ガイヤ内ではブラストを早めにデビューさせようとする空気が強まった。制作部のスタッフと話をしてデビュー間近との感触を得たヤスは、ホテルに缶詰になっているナナたちに状況を説明する…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2007年2月7日



NANA−ナナ− #41
ブラスト合宿

トラネスのメンバーたちをロンドンに残し、一足先に帰国したタクミが向かった先は、奈々の実家がある街のホテルだった。タクミの目的は、奈々の両親に結婚の挨拶をすること。奈津子らがその準備などで気を揉む中、奈々はそのホテルにチェックインするために向かった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2007年2月14日



NANA−ナナ− #42
ナナ、突然の発作

レコーディングを兼ねて強化合宿に入ったヤス、シンたちブラストのメンバーは、バンドの練習と湖での釣りに明け暮れる毎日だった。ロンドンにいるレイラとメール交換をしていたシンは、強化合宿の一番の目的がバンドのメンバーとスタッフの結束の強化だと教えられ、思わず納得する。スタッフに尻を叩かれたナナは、ボイストレーニングに励まざるを得なかった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2007年2月21日



NANA−ナナ− #43
ブラスト、ゲリラライブ

息苦しさを訴えて倒れたナナは、隣室の新人女優・美雨の話などから過呼吸らしいと判明。応急手当をした後、ヤスやノブたちによって医院に担ぎ込まれたナナは、予想通り過換気症候群〈過呼吸〉と診断された。医師の話によると、原因はストレスで、他に悪い所はなし。ナナは少しショックを受けながらも、みんなの優しさに涙が出る思いだった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2007年2月28日



NANA−ナナ− #44
ブラストVSトラネス

歌番組の生放送を前に、スタジオの入口で、リハーサルを終えたトラネスのメンバーと出会ったヤスは、レンの手が震えているのを目ざとく見つけてトイレに連れ込んだ。ポケットの中から大麻を取り上げたヤスは、レンを壁に押し付けて締め上げる。ナナがいないと不安定になるレンの性格を知っているヤスは、ナナも同じように過呼吸になっていることを打ち明けて叱り付ける。そして、ナナを奪う気はないことをレンに告げたヤスは、無理せず自分の思うようにやるようアドバイスした…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2007年3月7日



NANA−ナナ− #45
ブラストTV初出演

本番を直前に控え、ナナは、あの707号室で見守ってくれる奈々の姿を思い浮かべながら歌おうと決めた。余裕の態度で歌えば、奈々は必ず安心してくれる――ナナの心の中には、奈々しかなかった…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2007年3月14日



NANA−ナナ− #46
再会!ハチと章司

ノブと奈々を元のサヤに戻したいナナ。しかし、そう考えたのはシンも同じだった。ノブが花火大会に行くと知ったシンは、何としても奈々を奪い返すよう煽り立てる。ノブ自身も、奈々が寂しそうにしているようなら放ってはおけないと思っていた…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2007年3月21日



NANA−ナナ− #47
花火大会、ハチとナナ

夜空に大輪の花火が咲き始める中、707号室では、ナナ、ヤス、シン、ノブの4人が奈々の到着を待ちわびていた。まもなく、みんなとマンションを出たナナは、シビレを切らして、奈々の携帯に直接電話を入れ、早く来るよう告げる。そんなナナに、泣きながら、ノブに会うのが怖い、と答える奈々。ノブに対する罪悪感がまだ奈々に残っていると察したナナは、「ノブなら来ていない」とウソをつく。そして、ヤスやシンが会いたがっているから、と早く来るよう促した…

・再生時間: 22 分
・初公開日: 2007年3月28日

↑画面TOPへ↑


【登場人物】

調査中

↑画面TOPへ↑


【キャスト】

[登場人物:声優]

大崎 ナナ:朴?美
小松 奈々:KAORI
浅野 崇:田中秀幸
遠藤 章司:高橋広樹
早乙女 淳子:本田貴子
高倉 京助:諏訪部順一
佐藤 公一:藤井啓輔
川村 幸子:小島めぐみ
川野:林一夫
岡崎:中多和宏
本城 蓮:木内秀信
寺島 伸夫:関智一
岡崎 真一:石田彰
一ノ瀬 巧:森川智之
高木 泰士:川原慶久
安藤:緒方賢一
横井:堀川仁
上原 美里:かないみか
中村:宮下栄治
客:梯篤司
アキコ:AKIKO
水越:浜田賢二
ヴァーチャルサチコ:木村亜希子
山田:佐藤ゆうこ
芹澤 レイラ:平野綾
藤枝 直樹:勝杏里
松田:小野坂昌也
小松 奈津子:平松晶子
小松 奈美:ちか
坂上:篠原恵美
銀平:立木文彦
サラリーマン:梯篤司
女子生徒:羽吹梨里
男子生徒:岩ア洋介
ノブの母:森夏姫
おばさん:山口眞弓
店長:ふくまつ進紗
ファミレス店員:前田沙耶香
編集長:ヰズミ
おやじ編集:宮澤正
本田:園部好コ
ノポ:上田陽司
客の男:川田紳司
ボーカル:梯篤司
女1:早水リサ
女2:山崎みちる
店員:大村香奈子

↑画面TOPへ↑


【スタッフ】

原作:矢沢あい
監督:浅香守生
監督助手:いしづかあつこ
シリーズ構成:金春智子
キャラクターデザイン・総作画監督:濱田邦彦
服装デザイン:北尾勝、今野亜希子(第7話から)
小物デザイン:村田睦明、今野亜希子(第6話まで)
美術監督:清水友幸
色彩設計:角本百合子
撮影監督:増元由紀大
音響監督:三間雅文
音楽:長谷川智樹
音楽プロデューサー:千石一成、浅田秀之
アニメーションプロデューサー:吉本聡、中本健二
プロデューサー:中谷敏夫、田村学、丸山正雄
アニメーション制作:マッドハウス
製作著作:NANA製作委員会(日本テレビ、バップ、集英社、マッドハウス)


↑画面TOPへ↑


【受賞歴・受賞記録】

---

↑画面TOPへ↑


【名言集】

調査中

↑画面TOPへ↑


【レビュー】

1)こうも人の心はそれぞれ違うものなのかと考えさせられる作品です。
パンクカルチャー、普通の女の子、スター、芸能界と興味ある舞台で同じ名前といくつかの共感で、友達という関係になったがうまく噛み合わない。
葛藤もあり、人間関係、友人とは?など考えさせられる作品だと思います。

↑画面TOPへ↑


『その他』

調査中

↑画面TOPへ↑


『関連』

調査中

↑画面TOPへ↑


『サイト更新・追加情報』

このページ内を書き換えや更新・追加したときの為のサイト更新履歴情報です。

なし

↑画面TOPへ↑




---以上
ファン
検索

他ジャンル

⇒ 情報!一覧中(集)

⇒ 音楽!一覧中(集)

カテゴリー
最新記事
》サービス一覧《
最新コメント