2020年12月06日

ワクチン不要論(商品・参考レビュー)[健康・社会]





[エンタメ(サービス)]

【商品の説明】

内容(「BOOK」データベースより)
効かないばかりかきわめて有害!多くの人は政治やメディアや芸能人が嘘まみれだとわかっていても、医学にはまったく疑問を抱きません。それがワクチンとなると、ほかのどの分野よりも疑問を抱きません。しかしもし少しでもワクチンに対して疑問を持っているならこの本をお読みください。今、私たちはワクチンについて学ばなければならないのです。 --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
著者について

内海聡
1974年、兵庫県生まれ。筑波大学医学専門学群卒業後、東京女子医科大付属東洋医学研究所研究員、東京警察病院消化器内科、牛久愛知総合病院内科・漢方科勤務を経て、牛久東洋医学クリニックを開業。現場から精神医療の実情を告発した『精神科は今日も、やりたい放題』がベストセラーに。難病治癒と断薬を主軸としたTokyo DD Clinic院長、NPO法人薬害研究センター理事長。わが子が1歳になるまでのあいだ、「普通に効果はあるだろう」とワクチンを打ってしまったことへの罪悪感が、本書執筆の原点になっている。 --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。


【Amazon 参考レビュー】

Tno
5つ星のうち2.0 ワクチン不要論 入口の本
2020年1月6日
Amazonで購入
インフルエンザ予防接種に何の疑いも持たず子どもに接種させた結果、子どもが数日間に渡って痛がり、泣きました。

副作用を目の当たりにした瞬間でした。

それを期に、ワクチンに対して疑問を抱くように。

この本は、入口としては良かったです。
36頁に有害物質が簡潔にまとめられています。

しかし、この本だけではとても足りない。もっと知りたいという欲求をこの本では満たせませんでした。こちらは入門書でしかありません。ネットでもこの程度なら知識を得られます。

ワクチンについて学んでいるとその過程で、必ず
基本となる人間の免疫システム、
「Vero(ヴェーロ)細胞」、
血液脳関門(BBB )の役割、
チメロサール水銀やアルミニウムなど重金属の作用、
アジュバントとは何か、
自己免疫疾患とは、
ウイルスとは何か…
など様々なものへの理解が必用となります。

この本でもっと知りたいと思った人には「ウイルスがわかる」清水文七著 を勧めます。ワクチンのウイルス大量生産に必要なアフリカミドリザルの腎臓の細胞の誕生や性質についてまとめられています。テロメアという不死化細胞についても知ると奥深いです。

また少し難解ですが「新免疫革命」崎谷博征著もおすすめ。「生命場の形態形成維持」という観念からみて、ワクチン抗体が血中に散乱するということはどうなのか、と考えさせられます。

さらに「もうひとつの脳」ダグラス・フィールズは奥深い。血液脳関門を通過するといられるアジュバントは脳内でどう影響するのか、まずは脳の細胞について知らなければなりません。

日本最大の薬害と言われる子宮けいがんワクチンは、脳のミクログリア細胞を侵すといわれています。国は被害者に対して「心因性」で片付けていますが、そんなわけが無い。脳神経とワクチンの作用についてもっと分析するべきです。

信州大学の池田教授は、子宮けいがんワクチン被害者の診断をする中でワクチンに疑念を抱き、マウスの実験で脳神経への有害性を立証しましたが、その論文を公表後に激しいバッシングを受けておられるようです。

バックには巨大な製薬会社や国の団体が、ワクチンの莫大な利益利潤を守る為に働いたのでしょう。いつの世も非力な正義は権力により潰されるものですが、現代にもそれは顕著です。

ワクチン不要論は奥深い。できれば一冊で全てを網羅するような一冊に出会いものです。
review image



ビッチレビュアー
5つ星のうち1.0 絶対読んではいけない!
2019年4月12日
歪んだ独断と偏見により、ただ害悪な内容である。
確かに「予防」はあくまでも予防だが裏付けられた根拠があっての「予防」は有効でありそれを有害に仕立て上げ不安を煽るのは頂けない。
アマゾンのレビューだけで判断したり噂やネットによる根拠もない理由でワクチン接種させない、否定する人が増加している。
麻疹は昔1回のみの接種であったが最近やっと2回接種を推奨され安心したのが記憶にあたらしい。隙間世代の若い人たちに風疹が流行しているが、おりしも娘が懐妊しひどく不安がっていました。妊娠中に風疹にかかると生まれてくる赤ちゃんは一生後遺症で苦しみます。本当に気の毒です。
接種出来たお陰で根絶出来た病も多くある。
それが長寿国日本の土台になったと言っても過言ではない。
内海や近藤は医師としての発言を超え、超個人的私感によるもので犯罪に近い行為である。こんなとんでも本を書き医療を否定するなら潔く医師免許返上すべきだ。

幼児を抱える親御さんは絶対読んではいけない本である。子どもの中には持病を持つ子や兄妹がいたりする。ワクチン接種しないが為に、避けられた病気に罹患し体力免疫力の低下した子どもに被害を与える。自分よがりな考えで子どもに危険を晒すのは親として恥ずべき浅知恵である。

内海の書籍は全て間違いなくすすめない。
アマゾンもいい加減、彼等の書籍販売を見直すべきだ。



アレルギー科のやぶ医者
5つ星のうち5.0 子育てしているご両親にお勧めします。
2019年1月21日
Amazonで購入
この本の内容は良く調べられていて説得性があります。子宮頸がんワクチンを患者さんにお勧めし接種した経緯から多くの医師は自責の念とワクチンに対する疑念を抱いていると思います。私もそれ以後ワクチン賛否両論の本を読み自身でも調べてみました。
ウイルス感染のリスクと7歳までの乳幼児期に任意まで含めると16種39回の接種を行うリスクを比較するとワクチン接種のリスクが高いと判断せざるを得ません。
ワクチン接種後アトピー性皮膚炎を発症したり悪化させるケースが多く、ワクチン接種がアレルギー疾患の急増に影響している可能性が高いように思います。1960年代以前にはほとんどなかったアレルギー疾患は急増して今や全国民の半数がり患しています。
ワクチンは今後メリット、デメリットの議論を深め見直す時に来ているように思いますし一人一人が真剣に考え選択していかねばならない時期に来ていると思います。お子さんの一生に責任を持つのは親であって国や政府ではありませんからね。安全が確認されないことを一律に強制することにも大きな問題があります。
また、筆者が指摘しているように最近のウイルス感染の局所流行はワクチンが完全抗体を作れない証明だと思います。



todo
5つ星のうち1.0 この本が不要論
2019年4月15日
医学に関する書籍にも関わらず、引用もなく根拠も不透明な不安を煽る本です。
ちょっと調べたら、この本に書かれていることが大抵誤っていることが分かります。
水銀の話しかり、ビルゲイツのスピーチのミスリードしかり。
私は医学従事者ではないですが、それでもすぐに明らかな誤りがあることは裏を取ることで分かりました。
この本をきっかけにワクチンを打たない親が増えてきたら怖いですね。一番の被害を被るのは、ワクチンで防げたはずの病気にかかり、苦しんでしまう子供たちです。
正直、この本が不要論、どころか有害ですらあると感じました。



南郷 聡
5つ星のうち1.0 具体的な数字
2019年6月20日
麻疹ワクチンの副作用
発熱:13.5%
発疹:5.9%
熱性痙攣:0.003%
脳炎:0.000001%
血小板減少性紫斑病:0.000001%
亜急性硬化性全脳炎:0%
(国立感染症研究所資料より)

麻疹の合併症
肺炎:15%(死因となりうる)
脳炎:0.1%(致死率15%,30%に後遺症)
亜急性硬化性全脳炎:0.00001%(寝たきりになる)
死亡率:0.1〜0.2%(先進国)
     3〜6%(栄養状態の悪い国)
    1990年代でも数十人の子供が麻疹で死亡していた
(小児科の教科書に書いてある内容)

あとはそれぞれ判断願います。



モリ
5つ星のうち5.0 ワクチン問題は賛否ありますが、読んでおくべきです。
2019年7月4日
Amazonで購入
この本に出会っていれば、娘にワクチンを打たせることはなかった!
二番目の子には、ワクチン
打たない方向で行ってます。



Amazon カスタマー
5つ星のうち5.0 目から鱗なことばかり
2018年12月17日
Amazonで購入
とても広く深く調べて書かれているなぁと感心しますし、多分殆どの人が知らなかった情報ばかりでしょう。
でも、全ての人が知るべき情報だと思えました。
とてもためになる内容です。



knin
5つ星のうち5.0 読んでみるべき本です。
2020年7月16日
Amazonで購入
当然ですが、著者がこれまでなぜワクチン不要と言い続けてきたのかが、よくわかる本です。これが、新型コロナパンデミックの前に書かれたものと考えると、人類のやっていることか同じことの繰り返し、金のために嘘もつけば記事も書く、情報もメディアも金で操作するという繰返しであると確信を持てるようになるし、パンデミック後の世界で誰が金儲けをしようとしているのか見えてくると思います。この著者に対しては多くの情報工作がかかるので、私のも含め他人の、とくに感情に訴えるようなコメントに惑わされずご自身の目で読んで考えてみられてはと思います。



若林 弥生
5つ星のうち5.0 自然体が一番
2019年5月4日
Amazonで購入
分かりやすく、納得のいく一冊でした。
将来子供を守りたいと思いました。



医師A
5つ星のうち1.0 とても勉強になる
2020年2月17日
医師として、とても勉強になる本でした。(著者の思想には同調できなかったので★1としました。)
医師をしているとワクチン不要を訴える患者(およびその御家族)さんがたまにいらっしゃいますが、どうしてそのような考えに至ったのかを直接お聞きしても教えてくださらない方、言葉でうまく表現できない方も多いです。どのような考え方をされているのか、どういった書籍・情報をみて判断されているのか知りたくて拝読いたしました。
内容としては非医療者に向けて書かれているため全体的には読みやすく、具体的な事例や文献、報道の要約なども記載がありました。

残念だったこと
@参考文献・URLの記載が少ない
医学書や医学論文などでは情報を引用した場合に参考文献や参考URLを記載するのが必須で、記載方法も決まっているが、一般向けということもあり、そういった記載がなく、Googleで検索しても同様にワクチン不要を訴える方のHPにしか行き当らなかったり、検索しても出て来なかったりした。新聞社やテレビ局、(外国の)週刊誌などの報道も引用されていたが、そういった情報も史実・真実かどうかがわからないので鵜呑みにはできないなと思った。(朝日新聞社の事件のように)
Aワクチン無効/有害の情報がメイン
ワクチンが無効/有害であることに関する情報(文献の記載が少ないので情報としておきます)はたくさんあるものの、有効であるという文献はなく、情報もなかった。著者が仰るような国や一部上流階級、製薬会社や医師が恣意的に作成したという文献をもう少し提示してほしかった。でないと、片方の意見(著者の言い分)しかみられず有効/無効・有害の判定ができない。
B添付文書副作用欄の記載
「薬の添付文書には副作用が羅列してあり、ワクチン(薬)は怖いものですよ」と言いたいといことはわかったが、どういった臨床試験結果から副作用が記載されるのかを解説して欲しかった。
(例えば、その薬の試験中に風邪をひいたとしても「発熱」とか「咳」とか記載されるのか、など)

良かったこと
@読む目的に適った
ワクチン不要、ナチュラリストの患者さん(およびその御家族)の気持ちが少し理解できた。
A大衆扇動(賛同者の扇動と反論者の刺激)の技術を学べた
読者の不安を煽るような表現技法や事例の提示方法(部分的に医学的根拠がしっかりある情報=ワクチンの製造方法や作用機序などを織り交ぜながら、ワクチンが有害であることを訴える著名人、患者家族の体験談やインタビュー記事を引用することで、ワクチンが無効/有害であることを真実であるかのように表現する、など)で趣向を凝らしてあったので参考になった。
B儲け方の技術を学べた
いわゆる陰謀論が記載されており、上流階級の人たち(本書でいうと国、製薬会社、医師)がどういった思考で民衆をだましたり、利用したりしようとするかという構造と技術が学べた。
また、ワクチンが必要であるとする現代医療に反対することで得られる著者と賛同者の共依存関係の存在を感じた(同じように疑問を感じている非医療者などの方が、著者の書籍を購入する、講演会に参加する、クリニックを受診する、など)



本から
やるやら
5つ星のうち5.0 勉強になった
2020年2月5日
Amazonで購入
今の日本大丈夫かと心配になる



Amazon カスタマー
5つ星のうち5.0 内容が受け入れられない方は、自分で事実を調べれば良いと思います。
2020年7月22日
Amazonで購入
この本の内容は衝撃的なので、受け入れられない人が多いと思います。大切な事は事実を自分で調べること。そして自分で深く考えることです。あらためて調べてみればこの本で嘘ではないことが分かる。発売中止になる前に読まれる事をおすすめします。あなたの大切な人たちのためにも。



wheat
5つ星のうち1.0 ワクチンが絶対に悪とは言えないと思います
2019年7月27日
こういう考えと根拠があるんだなとは思いましたがワクチンは打つべきだと思います。そもそも、読む人の不安を煽るような書き方がいかにも胡散臭い感じなのが良くないです。変な陰謀論をたてる人のよくある書き方って感じがします。内容も一般人向けに分かりやすく伝えようとするためなので仕方ないと思いますが、都合よく書きすぎなのでは、、、
医療において絶対はないのでワクチンが絶対に悪とも善とも断言できませんがこの本については信じすぎない方がいいんじゃないかという気はしました。



海外ドラマ大好き
5つ星のうち5.0 目を覚ますには良いきっかけの本。
2020年9月19日
Amazonで購入
「ワクチンは効かないばかりか、有害」まさにそれが集約された一冊。"免疫の基礎"と"本当は怖いワクチンの正体"という著者の内海先生のYouTube動画を観た後に、もっと詳しく知りたいと思い購入した本。個人的な感想だが、本を読む前に動画で前知識を学んだので、よりスムーズに内容が理解できた。
ワクチンについて、極論は打つか打たないかはそれぞれの自由だと考える。しかし、危険性を知ったからには、色んな情報を得る上でこの本は大いに役立つと思う。自分にとっても誰かに説明するにしても、120%ワクチンは危険だと納得、説得できる根拠やデータなども記載されている。ワクチンを理解する上で最も重要なポイントは、人間の"獲得免疫"の仕組みだと思った。細菌やウィルスが体内に侵入すると通常は口、鼻、腸などの粘膜を通るため、人間の身体は熱、咳、下痢などの免疫反応を示し、闘ってくれる。そして一度侵入してきたウィルスや細菌に対する免疫反応を体内が記憶しているので真の抗体もつくられ、免疫がきちんと働くシステムが構築される、それが獲得免疫。だが、ワクチンは粘膜をすっ飛ばして皮膚・血管に直接入り込むため、そもそも獲得免疫には何も貢献しておらず、本番のウィルスや細菌に対しては対抗できないし、一時的なフェイク抗体は作られたとしてもすぐに消えるし、ワクチンの成分は無駄に体内に残留するため、他の病気の誘発や神経障害の原因にもなり、百害あって一利なしということがわかった。自分も含め一般人がいかに何も知らないかを思い知らされたし、大事な人を守るために立ち上がる勇気をもらうことができた。ワクチンに対する判断に迷いがある人には是非オススメの本である。



ロビン
5つ星のうち5.0 普段から思っていたことが書かれていました
2020年9月12日
Amazonで購入
数年前からワクチンへの不信がつのり、今ではこの世で安全で効果があるワクチンなど存在しないと思っていましたので、この本に書かれていることには共感しました。ワクチンがいかに危ないものなのか、他の人にも知ってほしいと、家族や友達にも贈りました。



Kindleのお客様
5つ星のうち5.0 いい本だと思う
2020年4月7日
賛同している人、批判している人、様々だが ワクチンの恐ろしさや薬の恐ろしさを専門的に知っている人ほど賛同している気がする。私は個人的にいい本だと思う。私の母は言わゆる反ワクチンで私は1本も予防接種をしていないがこうして元気に生きている。



くっきー
5つ星のうち5.0 ワクチンへの疑問…本当にないですか?
2020年10月1日
Amazonで購入
ワクチン接種は子どものために。
上手にスケジュールを立ててワクチンを接種させるお母さんがいいお母さん。
そんな風に思ってた。
でも、毎回書かされる同意書。
何があっても自己責任?
え?ワクチン受けて何かあるの?
から始まったワクチンへの疑問。
読んで良かった。
小さいお子さんのいる方、出産を控えている方にぜひ読んでいただきたい。
ワクチン接種は、親が調べて考えて決めること。
当たり前に受けちゃだめ。



ベイリーまま
5つ星のうち5.0 今こそ見るべき本
2020年8月6日
Amazonで購入
今こそ日本人全員にみてほしい!



もーに
5つ星のうち1.0 この人、自分の子どもにはワクチン打ってます
2018年9月25日
この人、自分の子どもにはワクチン打ってますよ。
御本人のブログを読む限り、現在娘さんがハワイの小学校に通っているそうなので。
ハワイ州は予防接種が任意ではなく義務なので、予防接種記録を提出しないと就学できません。



Amazon カスタマー
5つ星のうち5.0 知らなかった真実
2020年7月28日
Amazonで購入
多くの人に読んでもらいたいと思います。

庚鴛くんMkU
5つ星のうち5.0 『 ワクチン~話への挑戰 』 …
2020年10月26日
Amazonで購入
削除せられたる 故を 以て 今 此處に 改めて 投稿を 爲す 者なり

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本書を 閱讀する 前に 先づ 下記項目の 内容を ネット檢索して 置く事 殊の外 强く

勸勵推奬する

⑴ 【 各種ワクチン 】に 於ける 【 醫藥品添付文書 】

→ 【 劇藥的指定 】 【 限定的効能 】 【 重篤的副作用 】 等を 確認する

⑵ 【 小兒用ワクチン 】 への 【 グリホサート 】 混入問題

→ 【 發癌性 】 【 催奇形性 】 【 不妊流產性 】 等を 確認する

⑶ 【 BCG ワクチン 】 への 【 砒素 】 混入問題

→ 【 ワクチン行政 】 に 於ける 【 厚生勞働省 】 の 【 姿勢方向性 】 等を 確認する

⑷ 【 動物愛護法 】 の 改正問題

→ 【 マイクロチップ ( ナノチップ ) インプラント 】 の 【 對人轉用性 】 等を 確認する

⑸ 【 パンダ先生 ( YouTuber ) 】 に 據る 【 パンダ砲 】 肆聯發

Ⓐ 【 完全保存版 ワ9チーンのすべて ( 1 / 2 ) 】

→ 【 コメント欄 】 に 於ける 【 ワクチン有害無u說 】 の 【 信ョ性 】 等を 確認する

Ⓑ 【 完全保存版 ワ9チーンのすべて ( 2 / 2 ) 】

→ 【 子宮頸癌ワクチン藥害訴訟 】 等に 見る 【 全國原告團代表 酒井七海さん 】 を

   始めと 爲す 【 副作用被害者 】 方方の 【 悲痛的現狀性 】 等を 確認する

Ⓒ 【 報道されない ワ9チーンの 眞實 ( 1 / 2 ) 】

→ 【 ワクチン不接種 】 に 於ける 【 兒童相談所 】 への 【 對策性 】 等を 確認する

Ⓓ 【 報道されない ワ9チーンの 眞實 ( 2 / 2 ) 】

→ 【 米國聯邦政府 ( FGUS ) 】 【 米國疾病豫防管理センター ( CDC ) 】 等に 見る

   【 ワクチン禍對應 】 の 【 類似共通性 】 等を 確認する

上記項目の 確認後 【 はじめに 】 【 おわりに 】

【 解說 : なぜ 私は ワクチンを 追及するのか? 】 ( 野口共成 氏 ) を 閱讀する

而して 【 第壹章 】 から 【 第廿章 】 に 亙る 本論を 閱讀すれば

其の 謂はむと 爲す 事が 得心諒解し 易き 者と 想ふ

本書は 【 ワクチン否定派 】 なれば 【 厚生勞働省 】 【 醫療從事者 】

【 製藥關聯者 】 等に 據る 批判反發は 當然の事 乍ら 言を 俟たない

然し 乍ら 近年に 於ける 【 身體障害者手帳 及び 療育手帳等の 交付數揄チ 】

は 其の 【 異常特異性 】 を 驚愕的に 實感させられる

勿論 其の 壹點に 畱まる 譯では 無く 【 ワクチン起因 】 と 思しき

【 社會的不審事象 】 に 就きても 言及論述して 呉れてゐる

【 ワクチン肯定派 】 の 讀者は 本書に 於ける 【 根據徴證 】 を

【 斷章取義 】 【 虛僞捏造 】 する事 多多なりとして 殊の外 强く 斷罪してゐる

然し 乍ら 綿密丹念に 閱讀し 【 ネット檢索 】 をも 倂用すれば

本書に 於ける 其の 指摘に 必ずや 同意させられる 筈である

【 先入觀 】 【 固定槪念 】 を 【 棄捨投擲 】 し 改めて 【 多角的視野 】 から

【 熟思省察 】 すれば 其の 【 眞實 】 が 見えて 來る 樣に 想へる

參攷 乍ら 【 ワクチン肯定派 】 の 讀者が 【 ワクチン接種必須化 】 を

强辯高唱する 爲の 【 近時事例 】 として 指摘論及する 者と 推測せらるる

【 北九州市結核集團感染事件 】 及び 【 關西國際空港麻疹集團感染事件 】

竝びに 【 武漢ウイルス ( WARS ) 】 に 對する ワクチン接種の 必要性に

就きて 管見卑攷を 付記補足して 置く

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆ 【 北九州市結核集團感染事件 】 ( 2020年07月14日 發表 )

市内の 80代男性が 2019年12月に 肺結核で 逝去し 其の後 男性と 接觸せし

可能性を 有する 32人に 對し 血液檢査等を 實施して 男女 計 6人の

集團感染を 確認したると 【 北九州市 】 は 發表してゐる

『 庚鴛釋解 』 に 云ふ 臣妾 案ずるに 【 消極的ワクチン否定派 】 なる

【 近藤誠 氏 】 の 著作 『 ワクチン副作用の恐怖 』 に 云ふ

「 日本では 結核の 發症率が まだ 高いと 謂ふのが 接種制度を

存續させてゐる 理由です 然し 發症者の 殆どは 高齡者です 戰中戰後に

結核に 感染して 保菌者に 爲りてゐた 人が 高齡化し 身體の 抵抗力が

落ちて 結核菌が 活動を 始めるのです 此れに 對し 乳兒期に 發症する

ケースは 極めて 少ない 結核菌は 天から 降りたり 地から 湧く 者では

無く 結核菌を 排菌する 人が 周圍に 居ないと 感染しないからです

中畧

現在の 日本では 全乳兒に 【 BCG 】 を 接種する 必要性は 無いと 攷へます

重大な 副作用が 多いので 【 BCG 】 を 全乳兒に 壹律に 接種する 制度は

歐米に 倣ひて 廢止すべきです 唯 結核の 保菌者と 同居してゐる 樣な

場合には 【 BCG 】 接種の 意味が 有るかも 知れません 然し 此れとても

副作用の 危險を 攷へると 止めて 措きた 方が 良いでせう 子の 爲には

【 同居 】 を 【 解消 】 する 方が 有用です 」 ( P 182 〜 P 184 )

卽ち 【 BCG ワクチン 】 に 於ける 【 効能性 】 【 有用性 】 の 存在を

【 假定 】 すると 雖も 【 BCG ワクチン 】 接種は 成人後の 當該 本人に

意思決定を 委囑すべきであり 少なくとも 乳幼兒に 對する

【 BCG ワクチン 】 接種は 撥無拒絕すべきなりと 結論斷案する 次第である

又 本朝に 於ける 【 武漢ウイルス ( WARS ) 】 の 感染死亡率が 歐米諸國との

比較上 殊の外 低小傾向を 現出する 壹因として 【 BCG ワクチン 】 接種を

提唱する 【 ワクチン肯定派 】 が 存在する 者も 臣妾の 管見する所

其の 要因とは 【 BCG ワクチン 】 接種に 非ずして ビタミン ミネラル等を

バランス 良く 攝取し 得る 理想的 健康長壽食なる 【 和食 】 に 有りと

推察せらる

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆ 【 關西國際空港麻疹集團感染事件 】 ( 2016年08月17日 發生 )

2016年08月中旬から 09月06日までの 閧ノ 關西國際空港の 職員 33名

醫療從事者 2名 利用客 3名の 少なくとも 計 38名の 發症が 確認せられてゐる

『 庚鴛釋解 』 に 云ふ 臣妾 案ずるに 【 消極的ワクチン否定派 】 なる

【 近藤誠 氏 】 の 著作 『 ワクチン副作用の恐怖 』 に 云ふ

「 【 麻疹ウイルス 】 は 【 日本 】 からは 【 排除 】 されたので 今は

【 旅行者 】 等が 持ち 込む ウイルスが 問題に 爲るだけです 基本的に

死ぬ 病氣では 無く 【 ワクチン接種 】 の 必要性は 肯定し 難い 但し 萬壹

【 旅行者 】 等から 感染すると 高い 熱が 出ます 此の 熱に 對し

【 解熱劑 】 を 使ふと 【 インフルエンザ腦症 】 と 同じ 【 壞死性腦症 】 が

生じる 可能性が 有るので 感染した 場合には 【 解熱劑 】 を 【 使はず 】 に

對處する 樣に しませう

中畧

自然の 【 麻疹 】 では 重い 腦の 後遺症が 10萬人に 1人位 出ると 謂ふのが

ワクチンを 接種する 大きな 理由でした 然し 今や 【 麻疹ウイルス 】 は

【 排除 】 され 其の 心配は 無くなりたるに 【 ワクチン接種 】 に 據り 腦の

後遺症を 生み 出してゐるのは 【 背理 】 です 【 麻疹ウイルス 】 が

【 排除 】 された 【 日本 】 では 止めた 方が 良い ワクチンです 唯 若し

【 麻疹 】 が 【 流行してゐる 國 】 に 行く 事が 有れば 其の 前に 接種するか

如何かを 壹度 檢討されたら 良いでせう 」 ( P 199 〜 P 202 )

曾ち 【 麻疹ワクチン 】 に 於ける 【 効能性 】 【 有用性 】 の 存在を

【 假定 】 すると 雖も 【 麻疹ワクチン 】 接種は 成人後の 當該 本人に

意思決定を 委囑すべきであり 少なくとも 乳幼兒に 對する

【 麻疹ワクチン 】 接種は 撥無拒絕すべきなりと 結論斷案する 次第である

又 本朝の 【 麻疹ワクチン 】 に 使用せし 【 ウイルス株 】 は

【 Schwarz−FF 8株 ( 武田藥品工業 ) 】 及び 【 AIK−C株 ( 北里研究所 ) 】

竝びに 【 CAM−70株 ( 阪大微生物病研究會 ) 】 なるも 其の 【 ゲノタイプ 】 とは

【 A羣 】 【 B羣 1 〜 3 】 【 C羣 1 〜 2 】 【 D羣 1 〜 11 】 【 E羣 】 【 F羣 】

【 G羣 1 〜 3 】 【 H羣 1 〜 2 】 全 24種の 類型中 【 世界共通 】 なる

【 A羣 ( A型 ) 】 由來の 【 Edmon - ston 株 】 に 該當所屬してゐるのであるが

【 關西國際空港麻疹集團感染事件 】 に 於ける 罹患者の 【 ゲノタイプ 】 は

『 麻疹發生狀況 ( 2016年 ) 』 ( 國立感染症研究所 ) の 攷察見解に 據れば

【 空港職員 】 33例中 【 ゲノタイプ 】 の 解析判明したる 29例 其の 總てが

【 中國 】 【 韓國 】 に 【 蔓延猖獗 】 せし 處の 【 H1型 】 と 報告せられてゐる

定說としては 【 A型株ワクチン 】 を 以て 全 24類型の 【 麻疹 】 に 對し

【 効能性 】 【 有用性 】 を 發揮する 者と 廣播せらるるも ワクチン歷の

明確なる 20名中 【 未接種 3名 】 【 接種濟 17名 】 との 結果を 確認したれば

【 接種後抗體価低下 】 を 原因と 爲すのみならず 當該 定說への 信ョ性にも

疑問を 抱くべきでは 在るまいか 輙ち 【 麻疹ワクチン 】 とは

【 インフルエンザワクチン 】 と 同種なりと 判斷し 得る 者であり 是が 非でも

【 本朝 】 に 於ける 【 麻疹 】 の 【 蔓延猖獗 】 を 【 豫防 】 したきと

冀ふのであれば 【 中國人 】 【 韓國人 】 に 據る 【 本朝 】 への 【 渡航 】 には

其れこそ 【 ワクチン肯定派 】 の 【 聖水 】 なる 【 麻疹ワクチン 】 を 【 慇懃 】 に

【 强制接種 】 せしめ 拾貮分的 【 抗體価陽性反應 】 を 確認してから 初めて

【 入國許可 】 を 容認するか 或ひは 始めから 【 入國禁止 】 を 徹底するかの

何れかを 爲すべき 者であり 【 中國人 】 【 韓國人 】 に 【 特惠利u 】 を

【 授與交附 】 せしむるが 爲だけに 本來なれば 【 不要 】 なる 筈の

【 麻疹ワクチン 】 を 【 本朝人 】 へ 【 强制接種 】 せしめ 其の 結果として

元來なれば 【 不患 】 なる 筈の 【 ワクチン副作用リスク 】 を 【 本朝人 】 へ

【 負擔轉嫁 】 せしむるが 如き 【 愚擧惡行 】は 決して 爲すべきに 非ざる 者と

推察せらる

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆ 【 武漢ウイルス ( WARS ) に 於ける ワクチン接種の 必要性 】

【 中國 】 の 【 重慶醫科大學 研究チーム 】 及び 【 西班牙 】 の 【 保健省 】 等は

【 WARS ( Wuhan Acute Respiratory Syndromes ) 】 の 感染後に 於ける

【 獲得免疫 】 の 【 抗體持續期 】 が 纔か 【 2 〜 3箇月程度 】 しか 確認し

得ずと 発表してゐる 而して 此の 報道に 對し 各國の 醫療關係者は

壹齊大擧して ワクチンの 早急なる 開發と 廣範なる 接種を 强辯高唱する

事態に 陷りてゐる 然し 乍ら 本當に 【 ワクチン接種 】 は 必要なのであらうか

【 インフルエンザウイルス 】 の 【 抗體持續期 】 は 【 5 〜 6箇月程度 】 なれば

【 武漢ウイルス 】 は 其の 約半分と 爲る 者の 【 インフルエンザウイルス 】 は

基本的に 【 K死病 ( ペスト ) 】 の 如き 【 死病 】 では 無く 【 風邪 】 と 同じく

【 人類共存型ウイルス 】 であり 【 武漢ウイルス 】 も 又 其の 可能性が 高き

者と 推察せられ 更なる 憶測を 許されるのであれば 若しかすると

人閧フ 【 免疫機能 】 は 【 武漢ウイルス 】 を 【 インフルエンザウイルス 】 よりも

【 脅威的ウイルス 】 と 見做してゐないからこそ 【 抗體持續期 】 が

【 2 〜 3箇月程度 】 しか 存在し 得ないのでは 在るまいか 換言すれば

【 WARS 落命者 】 の 死因は 闊痰ミ 無く 【 武漢ウイルス 】 の 【 强毒性 】 に

據る 者なのかと 謂ふ 事である 其の 件に 關し 當該 記事に 於きては

深く 詮索せずと 爲す 者の 【 WARS ワクチン 】 完成後の 【 接種判斷 】 は

殊の外 【 愼重細心 】 を 期すべき 者と 推察せらる

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後に 【 感染症罹患率減少の要因 】 に 關し 簡潔に 纏括して 置く 事と 爲す

『 ワクチンの罠 』 の 【 船瀬俊介 氏 】 『 ワクチン不要論 』 の 【 内海聰 氏 】 を

始めと 爲す 濟濟たる 多士の 皆樣方が 提唱主張して 已まざる

【 感染症罹患率減少の要因 】 とは 【 ワクチン接種 】 に 非ずして 偏に

【 生活基盤整備に據る衞生環境改善 】 【 榮養狀態向上に據る免疫機能改善 】 の

貮點に 集約収斂せらるる 者と 言へる 何故 其の 貮點に

集約収斂せらるるのかと 言へば 其は 【 中世歐羅巴 】 に 於ける 生活習慣を

知悉理解して 置く 必要性が 存する 典型的なる 【 中世都市生活者 】 の

【 行動樣式 】 を 鑒るに 人閧フ 糞尿排泄は 【 御虎子 ( potty ) 】 方式であり

滿杯に 爲れば 其れを 【 河川 】 【 排水溝 】 等に 棄捨するか 或ひは 窗から

道路へ 投擲し 其の 道路を 【 馬車 】 等が 通行してゐる 事から 動物の

糞尿も 撒散せられてをり 大雨が 降れば 道路は 【 廢棄物 】 【 腐敗物 】 等で

盈溢する 事と 爲り 通常の 履物を 以てしては 歩行困難に 陷る 故に

【 ブーツ 】 【 ハイヒール 】 等を 攷案創作したるとの 【 俗說 】 が 眞しやかに

囁かれる 程迄に 其の 衞生狀態は 劣惡なると 言はざるを 得ず

亦 其れだけでは 無く 【 廢棄物 】 【 腐敗物 】 等で 盈溢する 【 河川 】に

於きて 【 浴水 】 を 樂しみ 其の 【 汚水 】 を 飮みてゐる 譯なのである

當然の事 乍ら 【 湯船 】 に 【 入浴 】 し 【 衣服 】 を 【 洗濯 】 する 事も

【 寡鮮瑣少 】 なれば 其の 【 腐臭 】 を 發散する事 【 激甚 】 に 至り 其の

故を 以て 【 香水 】 も 發達を 餘儀 無くせられし 譯なのである 剩へ

【 食卓 】 に 於ける 【 ナプキン 】 【 エプロン 】 【 テーブルクロス 】

【 フィンガーボール 】 の 必要性も 【 手摑み 】 に 據る 【 飮食 】 が 横行したる

故であり 其の 總てが 【 口手 】 の 【 不潔不淨 】 を 拭き 取る 爲だけの

アイテムに 過ぎず 【 食事 】 の 内容も 【 下級貧民層 】 等に 於きては

『 フランダースの犬 』 の 【 ネロ 】 が 如く 【 パン 】 と 【 スープ 】 のみなる 事も

珍しく 無ければ 【 ビタミン類 】 【 脂質類 】 等を 含む 【 榮養不足 】 が

【 日常的 】 に 【 慢性化 】 してをり 何時 【 パンデミック ( 感染爆發 ) 】 が

發生しても 不思議に 非ざる 環境であり 【 ペスト 】 【 コレラ 】 【 チフス 】 等が

【 蔓延猖獗 】 したる 事は 正しく 理の 當然でありし 譯なのである 其れが

【 @ 上下水道の整備 】 【 A 河川淨化の徹底 】 【 B 舗裝道路の營繕 】

【 C 軌条線路の敷設 】 【 D 生鮮輸送の延伸 】 【 E 保存技術の發達 】 等の

影響に 據り 【 衞生狀態 】 【 榮養狀態 】 が 改善向上し 其の 結果として

【 感染症罹患率減少 】 を 實現し 得たるのであれば 【 ワクチン肯定派 】 の 言ふ

【 ワクチン接種 】 こそが 之を 成就し 得たるのでは 決して 無いのである

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【 Mayer Eisenstein 博士 ( 1946年01月26日 〜 2014年12月22日 ) 】 は 斯く 宣ふ

「 如何なる ワクチンであれ ~經損傷の 原因に 爲る 」

【 Sherri Tenpenny 博士 】 は 斯く 宣ふ

「 ワクチンが 原因で 撲滅された 病氣は ひとつも 無い 」

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

故に 臣妾は レヴュー閱覽者の 皆樣方へ 下記の 書籍に 就きても

勸勵推奬する 次第である

『 ワクチンの罠 』 船瀬俊介 イースト ・ プレス 税込 1540圓

『 ワクチン副作用の恐怖 』 近藤誠 文藝春秋 税込 1320圓

『 それでも受けますか?豫防接種 』 NPO法人 Consumer Net Japan 税込 700圓

『 受ける/受けない 豫防接種 2 』 NPO法人 Consumer Net Japan 税込 900圓

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

追伸

【 HPV ワクチン 藥害訴訟 全國原告團代表 酒井七海さん 】 【 久永奈央さん 】

【 伊藤維さん 】 【 金澤佑華さん 】 【 佐藤奈津美さん 】 【 平原沙奈さん 】

【 山田梨奈さん 】 【 落合リ香さん 】 【 兒玉望美さん 】 【 梅本美有さん 】 を

始めと 爲す 【 當事者 】 皆樣方の 【 御手記 】 を 拝讀させて 頂きました

臣妾庚鴛 唯只 涕泣して 言の葉を 喪失する 事しか 出來ませんでした

本當に 申し譯 無く 想ひますが 皆樣方の 【 御快復 】と 【 御勝訴 】 を

心から 深く 願ふと 共に 此れ 以上の 【 副作用被害 】 が 擴大する事

無きやう 願ひて 已みません

庚鴛 書す

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

追記

【 韓國インフルエンザワクチン死亡事件 】 に 於ける 落命者は 2020年10月27日22:22:22

現在 旣に 59名に 及びてをり 大統領なる 文在寅 ( ムン・ジェイン ) を 始めと 爲す

關係省廳が ワクチンと 落命者との 因果關係を 否定してゐる 故から 其の 被害は

擴大の 壹途を 辿る 樣相を 呈してゐる 斯くの 如き ワクチン禍風潮を 拂拭すべく

國務總理なる 丁世均 ( チョン・ヘギュン ) 自らが セーフティーパフォーマンスとして

ワクチン接種を 披露してゐる 者の 其の 藥劑とは 拾中捌玖 リアルアンプルに 非ずして

プラセボアンプル 卽ち 僞藥 ( 生理食鹽水 ) の 可能性 殊の外 大なる 者と 推察せらる

『 戰國策 』 卷拾玖 「 趙策 」 第貮 【 蘇秦從燕之趙始合從 】 に 云ふ

愚者闇於成事、智者見於未萌。

愚者は 成事に 闇く 智者は 未萌に 見る

又 『 史記 』 卷百拾柒 「 司馬相如列傳 」 第伍拾柒に 云ふ

蓋明者遠見於未萌、而智者避危於無形、禍固多藏於隱微而發於人之所忽者也。

蓋し 明者は 遠く 未萌に 見て 而して 智者は 危きを 無形に 避け、禍ひは 固より

隱微に 藏るること 多く 而して 人の 忽せにする 所に 發する 者なり

今 此處に 閱覽せし 諸兄諸姉の 皆樣方が 愚者昧者に 非ずして 明者智者と 爲らむこと

臣妾庚鴛 唯只 心から 深く 冀ふ 者なり

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



ひかり情報いしき
5つ星のうち5.0 拡散すべきでしょう
2019年4月4日
あとがきを書かれた野口さんのお話が
胸に響きます。
パンデミックを起こすウイルスが人工的に
作られ拡散される。
ワクチンは医原病を作りだし、病気、不妊、人口削減に利用される。
ワクチンに対する認識が100%変わりました。



Amazon カスタマー
5つ星のうち5.0 オススメ
2020年9月5日
Amazonで購入
みなさんに是非読んで欲しいです!
コロナワクチン打つ前に!



山崎小巻
5つ星のうち5.0 ワクチン本の決定版
2020年10月1日
Amazonで購入
著者の体験を踏まえて専門的に掘り下げてあるので、伝わりやすい。
解説も分かりやすいので
難しく考えず
誰もが一度は読んだほうが良い一冊です。



イッチー
5つ星のうち5.0 コロナももしかしてワクチンかも
2020年3月8日
ワクチンの実態が本当によくわかります。
スペイン風邪の原因はワクチンだったのです。
今回のコロナウイルスに関しても同じことが言えると思います。
ワクチン打てばコロナにかかりやすく、重症になる可能性が高いですね。
マスコミは、クルーズ船に乗ってた人がワクチン打っていたとか絶対に報道しませんから。
本当に医療テロにしか過ぎないのです。



幸福・成功・勝利・優雅
ベスト500レビュアー
5つ星のうち5.0 ワクチンの正体。医者は騙すので用心せよ。
2019年2月11日
「所詮、患者は固定資産」作者が指摘するように、近代医療の広まりによって却って病人が多くなったのは、事実です。以前、ある関係者から「嘘やでっち上げで、病人を産み出さないと医療業界は破綻する」と直に聞きました。用心しましょう。



赤彗星
5つ星のうち1.0 新型コロナウイルスで、ワクチン接種が有効と出てるが、この人は悔い改めないだろうね、読む価値は無い。
2020年4月2日
非科学的で、感情論の反ワクチン支持者に向けた書籍です。
ワクチン接種が怖い、不要と思い込みたい人に医師と言う肩書きを利用して、虚偽を刷り込む本ですね。

読んだらダメですw



モロボシダン
5つ星のうち5.0 日本で数少ない本物の医者
2020年10月23日
Amazonで購入
一人でも多くの人に読んでもらいたい。



のりちゃん
5つ星のうち3.0 少し残念です。
2020年1月30日
Amazonで購入
発送予定日より1日遅く届きました。
早く読みたかったので、少し残念です。
本自体は綺麗でよかったです︎



arcadia
5つ星のうち1.0 最終判断は個人の自由意志、しかし子供は…
2020年7月29日
副作用は目に見えるものですが、論理的に、予防された病気は発症しないため、効果があったのかなかったのか判別できません。統計学的な見地を踏まえ、利益>不利益となった場合に治療として成立すると考えられています。
不利益部分を殊更に強調した本は多数ありますが、そのような本の多くは利益部分を過小評価しています。
自分の人生であれば個人の自由意志で決めればよいと思います。しかしながら、子供さんの人生は子供さんのものです。思い込み、価値観の強要は適切とは言えません。ワクチン接種を控えようとお考えの方はご再考下さい。



いろは
5つ星のうち2.0 偏った考え方は危ないですね。
2020年6月25日
この手の本の著者は一方的にワクチンが悪いと言っていますが、マグロを食べると水銀を摂取してしまいますし、食べ物もお薬も100%安全な物はこの世の中にありません。はしかのワクチン未接種で罹患し、命を落とした身近な人もいます。おたふく風邪にかかり、難聴になった知人もいました。
添加物が毒なら現代人は毎日毒ばかり食べています。多少の毒は排出する機能を人間は持っています。毎日大量に予防接種ばかり打つのではありません。偏った考え方により、子供に予防接種を受けさせず、不幸な子供さんが増えないことを祈ります。そして、予防接種を打たなかった為に、感染症になり、未接種の人にうつした場合、その責任は誰が取るのでしょうか。



Amazon Customer
5つ星のうち5.0 ワクチン関連でも秀逸の本
2020年6月20日
類似の他の本を何冊か読んでいたので、本の内容も半分くらいは知っていましたが、残り半分は知らない情報が満載でした。
ここまで詳しく載ってる本は他では見かけません。
ワクチンがいかに不要なのか、科学的、医学的、社会的にも詳しく説明されていて、かつ人間的な部分にまでしっかり触れられています。
お勧めの良書です。



ky
5つ星のうち5.0 本当の事を教えて頂いて感謝です
2020年8月21日
我が子にワクチンを打って良いものかと思いながらも、成分がどのような効果があるものなのかなど素人では調べることは難しい事でした。この本を出された内海先生に感謝します。



りんちゃん
5つ星のうち1.0 全てをうのみにしないように
2020年10月12日
レビューは一般の人と明らか陰謀論者で構成されているので、読むかどうか自由ですがすべての人に読ませて拡散させるようなものではない。
無理やり信じさせたい人側の意図が分かり疑問がわく。それでも読みますか?と私は言いたい。
ワクチン打つだけが病気になるという人がいるが、実際は打たない人も病気になることがある事実は忘れないように。



20代の男
5つ星のうち5.0 実験室よりも今起きている現実を見てほしい。
2018年5月26日
Amazonで購入
タイトルの通りワクチン不要と述べている本です。
載っているデータは医師会が公表している日本のものもありますし、
ワクチン推進派のWHOが絡むもの、ワクチンで利益を得ない人たち
からの支援で成り立つ独立系の研究のものが書いてありました。
有名どころからマイナーまで。

有名な科学雑誌にはワクチン開発する製薬会社がスポンサーなので、
基本的にワクチンに対するマイナスになる論文がのることがありません。
そういう意味で独立系の研究こそ大切にしたい研究と感じています。

自身は獣医ですが、今では減っている感染症もワクチンと
全然関係なさそうな経過を辿っているとも感じていました。
接種が始まったと同時に他の感染症が増えている可能性も
ありそうなものもありました。

大学では ”ワクチン=予防効果がある” という前提で講義があるので、
ワクチンに疑問を持つことさえできないのが今の日本の医師・獣医師の現状です。
そんな状況を変えていく上でとても意義ある視点を与えてくれる本だと思います。

また難病も抱えていて、それはいわゆる科学的根拠がない病気でした。
そして日本中の医師の99%はありえないと反対している病気でした。
その中でたった1人の医師の活動から始まり、数人の医師が賛同し
今では病気として認められて、自身も回復してきております。
医師の常識と科学的根拠と権威ある論文が絶対なら
私は未だに寝たきりで、なまけ病だったと思います。

何が言いたいかというと、科学なんていつも正しくないということです。
権威ある研究じゃないから間違っているなんて決して言えないということです。

今までの常識が覆されてきたのだってざらにあるし、覆す過程で
それを訴える人は徹底的に批判されて攻撃されますし、
結果がでて賛同者が増えてきてからやっと医師・獣医師の大多数が
研究したり認められたりすることになるんです。

そういう背景も考えながら、既存の考え方をリセットするためであったり、
”科学が全て”と決めつけない方にはおすすめできる本です^^



あまぞん
5つ星のうち5.0 ワクチン撲滅運動
2018年7月5日
Amazonで購入
タイムリーな内容です。ワクチンを撲滅する運動をしないと人類の未来はありません。



糖質制限者
5つ星のうち1.0 全くデタラメ
2018年7月29日
でたらめな本が出版された。同書の間違いを指摘していく

P59 「定期接種ワクチンと任意接種ワクチン」の間違いを訂正する
正誤表    (誤)    (正)
ポリオ  生ワク→→不活化4種混合(DPT-IPV)
水痘   不活化→→生ワクチン
HPV    任意 →→定期接種
帯状疱疹 (欠落)→→任意接種(生)

P195
「すでに子宮頸がん、ヒブ、肺炎球菌などは 定期接種になってしまっています」
「不活化ポリオワクチンなどの未認可薬品は、現時点では承認された医療品ではないので、公的な救済制度の対象ではありません」
…すでに2012年にポリオは不活化ワクチンになっている

P220
「頭の固い老人たちなど捨て置いて結構であり」
…これは高齢者に対するハラスメントである
  ◇  ◇
どうせ、他の記事も間違いだらけであろう



PecoreDelDio
5つ星のうち5.0 レビューを書くなら読破してから♬
2018年5月23日
5月21日に販売開始されたこの本を、待ちわびていた人は少なくないのではないでしょうか。手に取ってすぐに三度、読み返しました。高度成長期に子ども時代を過ごし、時の教育システムの中で育った私の世代は、医者は正しく、教師は正しく。それが常識だと思い込んで育ってきた世代と思います。それまで、ただの一度も疑うことなくワクチンを打ち、我が子にも打たせてきた事への後悔は、胸深くに澱となって残ります。

これまでの常識を覆す事実を次々に知るにいたり、最初に胸に浮かぶのは怒り、それが後悔に変わるのは、自分自身が親であるからだと思います。我が子の健康を思って打ってきたワクチンが、わが子の健康を損なう大きな要因の一つであるばかりか、それがいわば陰謀であり、カネの亡者たちによる弱者への虐待であると言い切れる資料やデータには事欠きません。知れば知るほど悔しい思いが湧いてきますが、だからこそ学ばなくてはいけないのだと知る事にもなります。

この一冊はまさに集大成と呼ぶに相応しい一冊だと思います。ですが、この本をきっかけとするなら、必ずその根拠を調べるべきであろうとも思います。妄信は愚か者の代名詞。誰が言っていたから、誰が書いていたからではなくて、いくつかのワクチン推進論者の本やブログも併せて読むべきでしょう。

ワクチンを打てば虐待なのだと言い切る筆者の真実は、この本を開いた最初の一文に読み取れると思います。
自らも毒親なのだと言い切る筆者の伝えたい真実がどこにあるのか。答えは読者に委ねられています。そここそが、この本の評価を最高値に設定した私の最大の理由です。



豆天使ファラフェル
5つ星のうち5.0 効かないばかりか極めて有害なワクチン
2018年6月5日
ワクチンに予防効果があるなら、打った人はもう安心だし
打たなかった人を責める必要もないわけです。
食べ物ですら他人に押し付ける人がいたら迷惑がられるのに
体内に直接入ってくる「劇薬」を他者に押し付けるのは危険で有害な押し付けでしかありません。

予防接種やワクチンという言葉にはおそらく、呪術的な響きが込められていて
打つのが当然という風潮がありますが
別の言葉に言い換えてみると
「ウィルスと水銀と化学物質とわけのわからない動物や人間の細胞が入った、打ったら自閉症になったり死ぬ可能性のある劇薬」です。
しかも病気を予防したり軽減する効果はゼロ。
これは単なる毒ですよ。

そろそろ、集団的なマインドコントロールから目覚めましょう。



しんちゃん
5つ星のうち5.0 お子さんをお持ちの方はぜひ読んでいただきたい。
2018年5月29日
Amazonで購入
ワクチンは有害無益であるにも関わらず、受けないことがさも悪い事のような風潮が蔓延る現代社会。

どれだけ注意を促しても医者を信じインフルエンザワクチンをうってしまう大人たちがいまだに多く存在する。

何より問題なのは、意思決定のできない子供たちが免疫の未熟な段階で毒物を注入されていることで、これを見過ごすわけにはいかない。

メディアも医療業界も恐ろしいくらい無知なのか隠蔽なのか、副作用の実態や効果の真偽を漏らさない。

今や、ネットや書籍では、ワクチンの正体が赤裸々に語られているというのに。

どうか、一度でいいから、本書の内容を知っていただきたい。



浪速男
5つ星のうち1.0 反ワクチン運動って根絶しづらすぎる
2018年5月22日
反ワクチン運動をやめたわけ
 ナカイサヤカ
アメリカのワクチン支持の親たちのサイト、Voices for Vaccines に掲載された若いお母さんの手記
も読んでね。たいがい、こういった陰謀論や非医学的な発言を続けているけど、科学論文にもならないゴミのような根拠のない「嘘」をかためた本ですね。

おたふくかぜで難聴、282人に1人、千葉の小児科調査
 とかさ、現実問題として「防げる」のに防ごうとする努力も放棄するんだぜ。楽しいよね>ワクチン否定派ってさ。要は「子供虐待論」の待望する人たちのためのバイブル。
 
 あと、忘れてはいけないのは、ワクチンを打たないまま子供が、社会人になったら医療・介護業界では、ほとんど仕事はできないってこと覚えておいて欲しい。
 ワクチンで予防ができる病気にかかりやすくて、感染に弱い患者さんに感染させやすいと、医療現場では求められていないという現実。そう、お子さんたちを将来、医療や介護畑では仕事が一切できない(これは人口の1割以上が社会人になると医療・介護系で仕事する現実なのを直視しておいて欲しい)可能性があることを覚悟しておいて欲しい。



MRU
5つ星のうち5.0 もっともなことを書いています
2019年11月20日
Amazonで購入
本当のことを書くと 放送禁止物体 になりますが この内海さんも
禁止物体になりましたかな  たしか山本太郎さんも禁止物体と本人が
言っています この掲示板でも 躍起になってはんろんしていますね
がんばれ 内海さん



ひふみよ
5つ星のうち5.0 無知なので勉強になる
2020年7月25日
Amazonで購入
過去にインフルエンザワクチン接種したシーズンに、百日咳にかかり気管支喘息で半年も通院する結果になった。以来何となく嫌でワクチンは打っていない。これは感覚的なもの。その後「薬は毒」が口癖で一切薬を飲まない薬剤師さんを手伝った時、添付書を見せてもらい「抗がん剤は発がんの副作用がある細胞毒」とか説明してもらう経験をした。567で色んな意見を見るにつけワクチンについて知りたくなった。「絶対読んではいけない!」「全て間違い」との全否定的レビューを読んで、すごく読みたくなった。「この人、自分の子どもにはワクチン打ってますよ。」なるレビューもあったけど、届いた本の表紙見返しに「ワクチンに無関心だったために我が子が一歳になるまで打ってしまった。活動するのは自分の毒親ぶりに対する罪悪感」毒親だったと自らを責めておられる。真面目で責任感のある良いお父さんやん。ワクチン接種どっちを選択するかは各々で。水、食料みたいな基本を見ても、国は国民<企業だと感じる。盲信すること、知らないことは良くない。TVメディア情報のように片方しか知らされない状況は好ましくないと思う。



s Izumo
5つ星のうち5.0 読みやすく理解しやすい本
2020年6月11日
Amazonで購入
必須必携の一冊。大変分かりやすい。


【楽天レビュー】




zztyatyatya
評価 5.00 5.00
投稿日:2020年11月24日

若い世代、特に子育て世代に読んで頂きたいです。何かと忙しいですが、無理くり時間を創って、それだけの価値があります。



hany810
評価 5.00 5.00
投稿日:2020年10月01日

何も勉強せず、子供のことをしたくないので、しっかり勉強します。
色々とわかりやすく書かれていて良いです。



『 ワクチン神話への挑戰 』 …

庚鴛
評価 5.00 5.00
投稿日:2020年06月14日

本書を閲讀する前に、先ず、下記項目の内容を、ネット檢索しておく事、殊の外、
強く、勸勵推奬する。
(1) 各種ワクチンに於ける 【 醫藥品添付文書 】 → 【 劇藥的指定 】 ・
【 限定的効能 】 ・ 【 重篤的副作用 】 等を確認する。
(2) 小児用ワクチンへの 【 グリホサート 】 混入問題 → 【 催奇形性 】 ・ 【 發癌性 】 ・
【 不妊流産性 】 等を確認する。
(3) BCGワクチンへの 【 砒素 】 混入問題 → ワクチン行政に於ける厚生勞働省の
【 姿勢方向性 】 等を確認する。
(4) 【 動物愛護法 】 の改正問題 → 【 マイクロチップ ( ナノチップ ) インプラント 】 の
【 對人轉用性 】 等を確認する。
上記項目の確認後、【 はじめに 】 ・ 【 おわりに 】 ・
【 解説 : なぜ私はワクチンを追及するのか? 】 ( 野口共成 ) を閲讀する。
而して、【 第壹章 】 から 【 第廿章 】 に亙る、本論を閲讀すれば、
其の謂はむと爲す事が、得心諒解し易き者と想ふ。
本書は、【 ワクチン否定派 】 なれば、厚生勞働省 ・ 醫療從事者 ・ 製藥關聯者等に
據る批判反發は、當然の事乍ら、言を俟たない。
然し乍ら、近年に於ける 【 身體障害者手帳 ・ 療育手帳等の交付數増加 】 は、
其の 【 異常特異性 】 を、驚愕的に、實感させられる。
勿論、其の壹點に留まる譯ではなく、ワクチン起因と思しき、
社會的不審事象に就きても、言及してくれてゐる。
【 ワクチン肯定派 】 の讀者は、本書に於ける根據徴證を、斷章取義 ・ 虚僞捏造
する事、多多なりとして、斷罪してゐる。
然し乍ら、綿密丹念に閲讀し、ネット檢索をも併用すれば、
本書に於ける其の指摘に、同意させられる筈である。
先入觀 ・ 固定概念を棄捨投擲し、改めて、多角的視野から熟思省察すれば、
其の眞實が見えてくる樣に想へる。
故に、臣妾は、レヴュー閲覽者の皆樣方へ、下記の書籍に就きても、勸勵推奬する
次第である。
『 ワクチンの罠 』 船瀬俊介 イースト・プレス
『 ワクチン副作用の恐怖 』 近藤誠 文藝春秋
『 それでも受けますか?豫防接種 』 NPO法人 Consumer Net Japan
『 受ける/受けない 豫防接種 2 』 NPO法人 Consumer Net Japan


【関連・参考情報サイト】



【サイト更新・追加情報】

このページ内を書き換えや更新・追加したときの為のサイト更新履歴情報です。


↑画面TOPへ↑


---以上
posted by リスト at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10390172
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最新コメント
検索

他ジャンル
⇒ エンタメ!一覧中(集)

⇒ 音楽・エンタメ!

》サービス一覧《


ジャンル
メニュー(カテゴリー)(44)
アニメ・漫画(17)
ニュース(真相探求)(1)
ニュース(コレクション編)(52)
予言・預言・予測・未来(36)
コミュニティ・メッセージ(23)
ゲーム(172)
サバイバル(4)
人物(4)
ドラマ(12)
映画集(3)
政治・法律(30)
心理・占い・風水・血液(66)
音楽・サウンド・音図鑑(18)
WEBとインターネット(452)
コンピュータ(20)
ショッピング・商業施設(8)
学習(教育・学校・資格・講座)(268)
こよみ・出来事・行事(408)
総合通販(39)
美容・健康(126)
美容(14)
健康(283)
食べ物(17)
グルメ・食品(358)
ファッション・ブランド(381)
旅行・宿泊・レジャー・遊び場(98)
金・貨幣(マネー)関連(12)
金融・投資・保険(211)
不動産・引越・リフォーム(107)
副業・ビジネス(81)
企業・会社・業界(28)
仕事・仕事関連・サポート(242)
CM動画中(147)
学び・資格(15)
インテリア・雑貨(150)
住まい・暮らし(196)
暮らし(50)
エンタメ(119)
ギャンブル・ゲーム(13)
ポイント・懸賞(30)
ギフト・プレゼント(87)
スポーツ・アウトドア(95)
乗り物・移動手段・物流(148)
趣味(8)
結婚・恋愛(157)
物品(1)
生き物(動物、植物)(3)
料理編(1)
生き物(植物)(9)
便利ツール・サイト・用語(8)
生活便利(1)
ペット(96)
祝い・イベント・行事・お祭り(63)
情報発信・受信(連絡・通信・マスメディア)(74)
言葉遊び・雑学(2)
雑学・ネタ(1)
笑い事・笑いネタ集(1)
家電(電化製品)(94)
飲食店・外食産業(4)
時代の流れ、流行(1)
災害・防災・危機(29)
買取・リサイクル・片付け(189)
資料・データ(1)
宇宙、異常現象(4)
ビジネス・経済・経営・社会(14)
社会・文化(7)
自作・自給自足・DIY(2)
写真・美術・絵画(71)
玩具(おもちゃ)・ホビー(3)
パソコン(ソフトウェア)(8)
スマホ(アプリ)(3)
ベビー&キッズ、子育て、玩具(49)
終了(74)
その他(5)
更新・内容書き換えサイト(41)
最新記事
(03/05)議事堂にアンティファはいなかった FBI長官の証言に矛盾(真相探求)[ニュース]
(03/05)みずほ銀行のトラブルは搾取階級の資産凍結?(真相探求)[社会分析]
(03/05)なぜ日本はカバールの標的にされるのか。(真相探求)[社会分析]
(03/05)キャンセルカルチャーの波 これはやばい…天皇陛下が・・・![予言・予知]
(03/05)「歩く」を徹底サポート!【アルークα HMBプレミアム】[健康食品(サプリ)]
(03/05)男の下半身のお悩みなら【ペニ活サプリ】 [健康食品(サプリ)]
(03/05)3月4日にワシントンDCでトランプが共和国大統領に就任という情報はDS側の工作ですね(真相探求)[社会分析]
(03/05)[機械翻訳]ホワイトハウスはビッグテックと協力して、いわゆるワクチンの「誤報」を抑制している(真相探求)[ニュース]
(03/05)みずほ銀行システム障害!2/28に続き3/3も!日銀は4連続ストップ高との関係は!GESARA(量子金融システム)移行に関連は?(真相探求)[社会分析]
(03/05)伊藤博文暗殺玩具、韓国で絶賛発売中←頭おかしいのか?(真相探求)[ニュース]
(03/04)【唖然】伊藤博文銃撃シーンを再現した韓国企業の正体が酷すぎた(真相探求)[ニュース]
(03/04)【悲惨・・】スリーピージョー、記者から完全に子供あつかいされる/記者:「何を学んだの?」、バイデン:「たくさん」(真相探求)[ニュース]
(03/04)「日米韓、協力を」訴えたが……隣国の対応に手を焼く米国 なぜ足並みがそろわない(真相探求)[ニュース]
(03/04)NFLワシントン、チアリーダー廃止 男女混合ダンスチーム結成へ(真相探求)[ニュース]
(03/04)Tチームのテレグラム Qの機密解除(デクラス) 情報選別の仕方 偽旗作戦と3月5日の件(真相探求)[社会分析]
(03/04)新しいタイムライン 金融リセット(真相探求)[メッセージ]
(03/04)元ホワイトハウス「マケナニー報道官」、FOXニュースファミリーに加わる!/美人妹も祝福(真相探求)[ニュース]
(03/04)このままでは尖閣諸島は占領される! 中国に媚びるのは二階幹事長だけではない(真相探求)[ニュース]
(03/04)韓国報道:海上自衛隊がレーダー照射されにくい護衛艦を進水(真相探求)[ニュース]
(03/04)福原愛不倫を報道した日本マスコミのせいで東京五輪中止(真相探求)[ニュース]
ファン