2020年09月20日

巨人原監督「分岐点になった」1死満塁でパーラ併殺

58D5016D-1DBD-436B-9791-9FA648A3CA86.jpeg


<DeNA7−1巨人>◇19日◇横浜

巨人は27イニングぶりの得点を挙げたが、3連敗を喫した。

16日の阪神戦の6回から続いた連続イニング無得点を、6回2死一塁から坂本勇人内野手(31)が適時二塁打を放ち、26で止めた。2点を追う7回には1死満塁の好機をつくるもヘラルド・パーラ外野手(33)が投ゴロ併殺に倒れ、追加点を挙げることができなかった。

投げては先発の今村信貴投手(26)が5回3安打で、毎回の8三振を奪うも2本塁打を浴び3失点。中継ぎ陣も、3番手大江竜聖投手(21)、4番手桜井俊貴投手(26)がそれぞれ被弾するなど踏ん張り切れず。計4被弾7失点と崩れた。 原辰徳監督(62)は「やっぱり、あそこ(7回)の1アウト満塁の場面かな。あそこで1点でも取るとまた違うんでしょうね。粘っこく今村は投げていってたけどね。あそこが分岐点になったのかなという気はするね」と悔やんだ。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/10207595
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール