広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年09月22日

高橋光成が“西武”3000勝目へ「さらに気合が入ります」球場では新演出

E0AD5096-590F-4075-88C5-228E099366FE.jpeg


 西武の高橋光成が22日の日本ハム戦(メットライフドーム)で先発する。21日、球団広報を通じ、「調子はいいです。前回は先制点を与えてしまったので、序盤の入りに注意したいです」などコメント。勝てば西武の球団となってから通算3000勝となる試合へ、気合を入れた。
 カード初戦での登板に「いい流れをチームに持ってこれるように」と、語る高橋光。21日はメットライフドームでキャッチボール、遠投など、普段通りのメニューをこなした。
 日本ハムに対しては「打線のつながりがいいイメージなので、気を抜くことなく斬るところはしっかり切っていくことを意識したいです。皆さんいいバッターですが、しっかり9回くらいまで投げきり、中継ぎ陣を休ませたいです」と長いイニングを投げ抜くことを目標に挙げた。
 このカードはシスコシステムズの協力で、3日間、「Cisco Super Series」と銘打ち球場内外を連動させた演出を行う。また、西武鉄道・池袋駅の巨大サイネージ「池袋マルチビジョン」とも連動した演出を計画している。
 高橋光は「しかも明日勝ったら“西武”ライオンズになってから3000勝ですよね!?さらに気合が入ります」と、自身へのエネルギーにしていた。「僕は昔、西口さんが好きで小さい頃からこの球場によく来ていました。この数年で球場がどんどん進化していますよね。当日は『STRIKE OUT』の表示をたくさん出せるように頑張ります」とコメントした。
今後の活躍に期待がかかる。



早実・清宮福太郎が豪快3ラン含む5打点の大暴れ 日本ハムの兄も担った名門の重責

890F9C4E-1DAF-4FEA-8E49-33421C1FD21D.jpeg

 「高校野球秋季東京大会・1次予選2回戦、早実20−0中大杉並」(20日、早実グラウンド)
 日本ハム・清宮幸太郎の弟である早実・清宮福太郎内野手(2年)が2安打5打点と大暴れし、本戦出場に導いた。初回1死二、三塁から右翼へ2点適時二塁打を放つと、三回無死一、二塁からは左翼へ豪快な3ラン。新チームから主将を任されるスラッガーの活躍で、秋の公式戦初陣を大勝で飾った。
 高々ときれいな放物線を描いた。初回から猛攻を続け、迎えた三回の第3打席。1ボールからの甘い球を見逃さなかった。左翼スタンド後方の室内練習場を直撃する一発。「打った瞬間、入ったと思いました」とダイヤモンドを一周した。
 新チームから主将を任された。兄も担った名門の重責。「これが重みなのかな」とかみしめて戦う。「ファーストがなかなか決まらなかったので。自分がいくことでうまくハマれば」と今夏の外野から一塁に転向。頼もしい男が本戦でもチームを引っ張っていく。
今後の活躍にも目が離せない。



大谷翔平、復活6号を祝福する“乱入者”に大爆笑 「ハロー、ショウヘイ、君の親友だよ」

39E1F554-DFC8-4D32-8FF3-47584DD70EB9.jpeg


同僚のノエ・ラミレスがゲームの誘い…大谷は「No」と即答


■エンゼルス 4-3 レンジャーズ(日本時間20日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が19日(日本時間20日)、本拠地でのレンジャーズ戦で、7試合ぶりにスタメン復帰した。第1打席にいきなり6号ソロを放つなど、3打数2安打1打点の活躍でチームの3連勝に貢献。試合後の米メディア向けの会見では、思わぬ珍客が“乱入”して笑顔を見せる場面もあった。

 オンラインでの会見で記者の質問に一通り答えた大谷が、席を立とうとした瞬間だった。「もう1人」と言われ、質問を始めたのは、同僚のノエ・ラミレス投手だった。「ハロー、ショウヘイ! 君の親友だよ」と呼びかけると、大谷は「See you tomorrow(また明日ね)、ノエ」と苦笑い。立ち去るふりをしたが、素直に“追加質問”に応じた。

「みんな聞こえる? 今ヒットを打って、気分もいいと思う。で、『ウォーゾーン』のグループに入らない?」とラミレスからゲームの誘いを受けた大谷は「No」と即答。それでも「今夜みんなと一緒にプレーしない?」と迫るラミレスに対して「No、No」と笑いながら断った。

 「カモン、カモン、じゃあまた今夜ね」と言われた大谷は「Tomorrow、Tomorrow(明日、明日)」と連呼。なおも「Tonight(今夜ね)」と諦めないラミレスに、「Manana(また明日)」とスペイン語で返してやり取りを終えた。

 この2人の会話を「ジ・アスレチック」のエンゼルス番であるファビアン・アルダヤ記者がツイッターで投稿。「ショウヘイ・オオタニの『親友(ベスト・フレンド)』ノエ・ラミレスがウォーゾーンをプレーさせようと迫った。『Manana』とオオタニは1分間で話した3つの言語のうちの1つで言った」と言及した。

 約1週間ぶりの出場で見事な復活を果たした大谷。チームメートも思わず会見に参加するほど、明るい1日となった。
今後の復活に期待したい。



全400枚!スタジオジブリ作品の場面写真が異例の無料提供。常識の範囲で自由に利用可

61BE388F-C7CD-46E2-96E4-5CC26D447C93.jpeg


4月13日にスタジオジブリが、ウェブ会議やオンラインチャットに使える“壁紙”の無料提供を開始し話題になりましたが(現在も提供中)、
→全20枚!ウェブ会議などで使える無料の「スタジオジブリ壁紙(背景)」に新作が続々登場

スタジオジブリが今度はなんと、ジブリ作品の場面写真の無料提供をスタートしました。



ガンダム:ガンプラの“極限表現” MGEXユニコーンガンダム UCモードボックス再び

75E1B497-00A1-4D3B-A9DD-F5B834637982.jpeg


 アニメ「機動戦士ガンダムUC」に登場するユニコーンガンダムのプラモデル「MGEX 1/100 ユニコーンガンダム Ver.Ka [プレミアム “ユニコーンモード” ボックス]」(バンダイスピリッツ)が、バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で2次受注がスタートした。通常版と異なるユニコーンモードをメインとしたパッケージで、価格は2万5300円。

 「MG」シリーズのハイエンドブランドとなる「MGEX」シリーズの第1弾で、ガンプラの40周年を記念した企画の一環として発売される。「極限表現」に挑む新ブランドとなり、機体ごとにテーマを設定。第1弾のテーマは「極限の発光機構」で、LEDユニットを搭載。ボタン操作で瞳、頭部メインカメラが点灯するほか、本体のサイコフレームが赤、緑に発光したり、強弱を伴う発光演出を実現した。デザイナーのカトキハジメさんが監修した。
注目の作品になっている。

 11月に発送予定。



【岡田彰布氏の眼】一貫性のなさが混乱生む、攻撃の狙いを明確に

EBB0AFBD-6F5D-4898-9124-2406DB2656FF.jpeg


 「中日4−2阪神」(20日、ナゴヤドーム)
 阪神はわずか3安打とチャンス自体があまりつくれなかったゲームで、焦点は六回、七回の攻撃だろう。1点を追う六回は近本が安打で出塁し、無死一塁から陽川が送りバントに失敗。2点を追う七回は無死一、二塁から連続代打で強攻し、いずれの回も無得点に終わった。
 ここでベンチはまず同点と考えたのか、それとも一気に逆転を見据えたのか−。六回、同点のランナーが一塁にいて陽川に送りバントを指示した。アマチュア時代から中軸を打って、ファームでもクリーンアップを打ってきたバッター。実戦でバントを成功させた経験は少ないだろう。
 それでも、まず同点と考えて陽川に犠打を命じたのであれば、七回無死一、二塁でもバントを指示して良かったと思う。二塁走者がボーアということを考えたのかもしれないが、1死二、三塁と一打同点の好機をつくれば、相手ベンチや守備に重圧をかけられた。自軍に対しても、攻撃の狙いを明確にすることで、打線の機運は高まる。しかし一貫性がなければ、逆に混乱を生んでしまう。
 先発の中田にしても9連戦の最中、満を持して2軍から上げたのであれば、もう少し我慢しても良かったのではないだろうか。結果的に代打・長坂の2ランが出たとはいえ、2回で早々に見切ったような交代は疑問が残った。



『カービィ』シリーズ初のSFCソフト『カービィボウル』は「まさかのゴルフゲーム」!?

C7B51FDC-0C0E-468E-8812-4174BF117B09.jpeg


 本日9月21日は、『星のカービィ』等でおなじみ「カービィシリーズ」のスーパーファミコン用ソフト第1弾が発売された日。今からちょうど26年前の1994年に発売された『カービィボウル』(任天堂)は、従来のアクションゲームではなくゴルフをモチーフにした一風変わったテーブルゲームでした。



『八月のシンデレラナイン』がもっと楽しくなる特別番組放送決定!

AB7E2C0A-A7EB-4CEB-AE4C-BAFF06844450.jpeg


テレビアニメ『八月のシンデレラナイン』がもっと楽しくなる特別番組『八月のシンデレラナイン-延長戦-』が、9月27日(日)テレビ東京ほかにて放送される。

テレビアニメ『八月のシンデレラナイン』は、アカツキ(開発・運営)とKADOKAWA(プロモーション協力)によるスマートフォン用ゲームアプリが原作。怪我により野球生命を絶たれた主人公が、野球好きの女子高生・有原翼に出会い、女子野球部の監督となって一度はあきらめた甲子園への道を歩み出す。
テレビアニメは2019年4月より放送され、2020年7月より『八月のシンデレラナイン Re:fine』として再放送中だ。

テレビ東京ほかにて9月27日(日)深夜放送となる特別番組には、西田望見(有原翼役)、近藤玲奈(東雲龍役)、南早紀(野崎夕姫役)、井上ほの花(河北智恵役)、楠木ともり(小鳥遊柚役)、そしてナレーションに中村繪里子(掛橋桃子役)というハチナイ出演声優に加え、MCにハライチの岩井さん、学級委員長役に元甲子園球児のとにかく明るい安村さんが出演。
学校の教室を舞台に、八月のシンデレラナインがもっともっと楽しくなる特別な教室として、TVアニメ放送の振返りを行う。

さらに、現在制作中の第13話の情報も!? ぜひチェックしてほしい。
注目の作品になっている。



声優・小野大輔がパーソナリティをつとめるTOKYO FM新番組「Delightful Days」、10月3日(土)よりスタート!

84EF3ACC-3FCE-4A8B-A627-2FC4CC943A27.jpeg


2020年10月3日(土)より、声優・小野大輔さんがパーソナリティをつとめる新番組「Delightful Days」(土 24::00-24::55)がTOKYO FMにてスタートすることが決定した。
小野大輔さんは、アニメ作品のみならず吹替えやナレーションにて活躍中の人気男性声優。2007年、ランティスよりアーティストデビュー。2016年1月に初のワンマンライブにして日本武道館公演2daysを成功させ、2018年に初の全国ツアーを開催し話題に。そして2020年10月14日、ミニアルバム「STARGAZER」をリリース!
最新シングル「ドラマティック」までの全楽曲は、主要サブスクリプションサービスで好評配信中だ。


新番組スタートに向け小野大輔さんは、「日頃からTOKYO FMのヘビーリスナーだったので、この番組をいただけたことは身に余る光栄です。『Delightful Days』というタイトルのとおり、喜びに溢れた明るくポジティブな番組を目指しますので、何卒よろしくお願いします!」と意気込みを語っている。

番組は2020年10月3日(土)からスタートとなる。
番組の詳しい内容は初回放送で発表されるので、お楽しみに。
今後の活躍にも目が離せない。



横浜、2年ぶり4強 最速147キロ左腕・金井が制球難も打線爆発

82596F87-C4D1-44F4-8324-2DFD8F89F9C7.jpeg


 ◇秋季高校野球 神奈川大会準々決勝 横浜8―1相洋(2020年9月20日 保土ヶ谷)

 横浜が7回コールドで今夏独自大会準優勝の相洋を下し、2年ぶりの4強進出。

 来秋のドラフト候補で最速147キロを誇る左腕・金井慎之介(2年)は、県大会初登板で先発も4回1/3を1失点5四死球と制球に苦しんだ。「気持ちに焦りが出てしまった。荒れても要所でまとめられたのは打線のおかげ」。13安打で8点を奪った味方の援護に感謝した。
今後の活躍にも目が離せない。



ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。