広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2020年09月22日

巨人・直江、プロ1勝へあと2死で無念降板…原監督「4点差はまだ分からない」勝利優先

0156A740-3B22-45FA-B7A2-DD5AE0FC1078.jpeg


 (セ・リーグ、巨人10−3広島、13回戦、巨人7勝5敗1分、21日、東京D)プロ初勝利は、またもお預け。3度目の先発となった長野・松商学園高出身の2年目右腕、巨人・直江大輔投手(20)は、勝利投手の権利まで2死のところで降板した。プロ初勝利を期待した球場がため息に包まれる中で「最後の最後で自分の弱いところが出てしまった。そこが一番悔しいです。悔しい…」と唇をかんだ。
次回の登板に期待したい。



巨人・阿部2軍監督、入団テストを初視察

2075E068-1DBC-46AB-A66C-20EDE0024546.jpeg

 巨人・阿部慎之助2軍監督(41)が21日、川崎市のジャイアンツ球場で行われた入団テストを初視察した。現在は1軍のヘッドコーチ代行を務めており、ナイター前の午前中に約3時間、金の卵発掘へ目を光らせた。

 合格者はドラフト会議での指名候補としてリストアップされる。阿部2軍監督は「1軍に1%でも可能性がありそうな選手を発掘しないといけない。育成がメインになると思うが、3軍が運営できればいいという観点では今年は取らない。1軍の戦力を最終目標にできるような選手集めをするつもり」と話した。

 1軍では堀岡隼人投手(22)がテスト出身で、青森山田高から2017年に育成ドラフト7位で入団。19年に支配下選手登録と1軍デビューを果たしている。



阪神・糸井、若手に負けられないん打 五回執念タイムリー

60B26C43-D232-4BBB-A292-581DC5BB1DE9.jpeg


 (セ・リーグ、阪神5−3DeNA、16回戦、阪神8勝6敗2分け、21日、甲子園)ふらふらと舞い上がった白球は外野の緑の芝生へポトリと落ちた。会心の当たりとはいかなかったが、阪神・糸井がしぶとく左前まで運び、1点差に迫った。久しぶりの3番として、勝利を演出した。

 「1点ずつ返していくことが大事だと思うので、打つことができてよかったです」

 甲子園に帰り、待っていたのは10日のDeNA戦(横浜)以来、10試合ぶりとなる3番だった。

 最大の見せ場は1−3と2点を勝ち越された直後の五回。2死一、二塁で打席に立つと京山の149キロ直球に詰まらされた。それでも打球は左翼手・佐野の前に落ち、二走の木浪が生還。三回無死一、二塁では最悪の遊ゴロ併殺に終わっていただけに汚名返上をした。

 一回には2死から左翼線への二塁打。続くサンズの適時打で先制のホームを踏んだ。13日の広島戦(甲子園)以来となる複数安打&打点を記録。ベテラン健在を示した。

 2016年オフにFAで加入し4年契約最終年。しかし、膝の状態は芳しいものではなく、崖っ縁に立たされている。

 今季ここまで打率・244、1本塁打、15打点。最近では下位での起用や陽川に右翼のスタメンを譲る試合も多くなり、前日20日の中日戦(ナゴヤドーム)までは糸原が3番を務めた。

 出番がない日もトレーニングを重ねる。早出練習からバットを振る。そんな姿を誰よりも評価していたのが矢野監督だった。

 「(糸井は)出るところで全力で、という思いでしっかりやってくれている」

 39歳という年齢を考えてもフル出場は難しい。それでも出番に備えて準備する。折れそうになる心を救ってくれるのが、Hランプ。だから指揮官は「こういうところでヒットが出たりすることで、自分の背中を押すことができる」と願った。

 虎の永年の課題とも言われている世代交代。でも、このまま押され、流され、終わるわけにはいかない。クリーンアップ起用に応えた超人。シーズンの正念場こそ、経験値が生きる。ベテランの意地を見せ続ける。
復活に期待したい。



将来に胸を膨らませる内容!オリックスの期待の若手コンビ・太田椋、宜保翔

17C97A08-B968-452C-AAAF-3580EF7B96A6.jpeg


 20日の試合で西武に逆転負けを喫したオリックス。だが、高卒2年目・太田 椋と宜保 翔の若手コンビの活躍が際立つなど、将来に胸を膨らませる内容でもあった。

 太田は16試合目で4打数1安打1本塁打1打点、宜保は初出場で3打数1安打1打点という結果に終わった20日のオリックス戦。1軍定着へはさらなるレベルアップが必要だろうが、ファームではきっちりと成績を残している。

太田
40試合出場 144打数35安打 3本塁打、14打点
打率.243、長打率.361、出塁率.337、OPS.698

宜保
28試合出場 35打数7安打 0本塁打、4打点
打率.200、長打率.229、出塁率.216、OPS.445

 太田は、規定打席に到達をしていないためランキングには入っていないが、打率や長打率。そして出塁率はウエスタン・リーグではそれぞれトップ10に入るような数字を残している。2軍ではある程度結果を残せるだけの実力を2年間で身につけてきたことを、結果で証明している。

 一方の宜保も試合数は少なく、太田ほどパフォーマンスは発揮できていない結果になっている。しかしルーキーイヤーの昨シーズンは、ファームでチーム2位の出場数となり、多くの経験を積むことが出来た。首脳陣からの期待値が高い起用と言ってもいいのではないだろうか。

 ミレニアム世代の2人が二遊間コンビとしてブレークする時は来るのか。2人の覚醒の瞬間を心待ちにしたい。
今後の活躍に期待したい。



シリーズ第3部『範馬刃牙』制作決定、“史上最強の親子喧嘩”描く 特報映像解禁

87338B1A-6F80-4526-8F60-176C166DB5B6.jpeg


 人気アニメ『バキ』シリーズの第3部『範馬刃牙』が、Netflixオリジナルアニメシリーズとして制作されることが決定した。大擂台賽編の続編で、特報映像も解禁された。



アイマス:NHK・FM「今日は一日“アイマス”三昧」が11月23日放送 中村繪里子がMC

16FF7023-DA71-4D6E-86EA-5B53E81BC045.jpeg

  ゲームやアニメなどが人気の「アイドルマスター(アイマス)」シリーズを特集するラジオ番組「今日は一日“アイマス”三昧」が、NHK・FMで11月23日に放送されることが分かった。天海春香役の中村繪里子さんがMCを務め、如月千早役の今井麻美さん、星井美希役の長谷川明子さん、島村卯月役の大橋彩香さん、渋谷凛役の福原綾香さん、本田未央役の原紗友里さんらが出演する。

 番組ではえりすぐりの楽曲を放送するほか、声優陣が登場し、「アイマス」の魅力を語る。11月23日午後0時15分〜午後6時50分、午後7時20分〜午後9時15分に放送。

 「今日は一日○○三昧」は、さまざまな音楽のジャンルから1種類にスポットを当てるラジオ番組。これまで「ガンダム」「ラブライブ!」「バンドリ!」なども特集してきた。
注目の作品になっている。



世界が注目するアクション表現はこうして生まれた! アニメ『THE GOD OF HIGHSCHOOL』原作者、パク・ヨンジェ(Dragon&dragon)インタビュー

31A490EF-5364-4D3E-B9A1-7E9FA5D41FE5.jpeg


ウェブトゥーン(縦スクロールマンガ)作品や「小説家になろう」から派生した作品など、ウェブ媒体/プラットフォーム発の話題作をご紹介する本連載。



今月は日本のアニメ制作会社MAPPAが制作し、アメリカの配信サービス・クランチロールのオリジナルアニメとして全世界に配信中の『THE GOD OF HIGHSCHOOL』、その原作者である韓国在住のウェブトゥーン作家、パク・ヨンジェ(Dragon&dragon)氏へのインタビューをお送りする。
注目の作品になっている。



「ワンピース」ルフィ、エース、ローらが大迫力で立体化!ゲーム内イラスト再現の一番くじ登場

37BA79F3-C98B-4994-8118-7D24F15FC32A.jpeg


『ワンピース』の一番くじ最新作として、スマホゲームアプリ『ONE PIECE トレジャークルーズ』とコラボした「一番くじ ワンピース with ONE PIECE TREASURE CRUISE」の発売が決定した。
ゲーム内イラストを再現したフィギュアなどの豪華ラインナップで、9月26日よりコンビニエンスストア、書店、麦わらストア、ジャンプショップなどで順次取り扱われる。
注目の作品になっている。



『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』2020スクフェス秋の感謝祭キャンペーン第3弾を開催

595DC59F-A0D4-42CB-AAF0-F06E115AAD5E.jpeg


スマートフォン向けアプリ『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』(スクフェス)にて2020スクフェス秋の感謝祭キャンペーン第3弾を開催中。
注目の作品になっている。



阪神マルテ復帰後初の守備「もう問題ない」2軍監督

64F02749-22F4-4008-BD1E-1B7EE110062D.jpeg


<ウエスタン・リーグ:阪神2−1中日>◇20日◇鳴尾浜

阪神ジェフリー・マルテ内野手が左ふくらはぎの張りから実戦復帰3試合目で初めて守備に就いた。

2軍中日戦に「5番一塁」で先発。藤浪の快投でゴロをさばく場面はなかったが、平田2軍監督は「もう問題ない」と説明した。5回の第2打席には左翼へチーム初安打を放ち、2試合連続安打。22日からのウエスタン・リーグ広島戦(由宇)にも同行する予定だ。

▽阪神板山(7回に吉見から左前適時打)「毎日一生懸命やって、そこに結果がついてくればと思ってやっている。最後まで諦めずにやるだけ」
今後の活躍に期待がかかる。



ファン
検索
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。