写真ギャラリー
Zeiss
Leica
USSR
Germany
Japan
カテゴリーアーカイブ

2018年10月28日

<055> Minolta Auto Rokkor PF 55mm f2 + SONY A7R



最近、Zeissが多かったので、今回は少し地味にMinolta Auto Rokkor PF 55mm f2です。

実はこの日にレンズ、数ヶ月前にオークションで1000円くらいで買った、絞り羽根不調要修理のジャンク品で、絞りを変えるのに時々うまくいかないときがあり、そのときはボディから外してレバーを動かさないとならないので、なかなか出すのがめんどくさく、しかも、以前紹介した、MC W.Rokkor-SG 28mm f3.5が、あまり特徴のないレンズだったので、結局数ヶ月間防湿庫で眠ってました。
しかし、撮ってみると平凡なスペックとは裏腹に、なかなか味のある写りで、しかもシャープネスや階調、ボケの具合とうなかなか悪くないというのが印象です。
逆光ではやや色収差が目立つときがあるものの、1000円という価格からしたら上等な性能と味を持っていると思いました。





作例は世田谷線沿線を散歩しながら撮りました。

Minolta MC、MDレンズーSONY NEX Eマウント用 マウントアダプター

価格:3,700円
(2018/4/22 22:21時点)
感想(6件)




勾配標識とレールをやや逆光で開放(f2)で撮影。よい雰囲気だと思います。破綻は見られませんが、シャドーはあまり粘らない。
01_DSC0773_2.JPG

鉄パイプ材置き場に生える草、葉の生き生きとした感じと、鉄と木材の疲れた感じがよく表現できてると思います。f16で撮影
02_DSC0790_16.JPG

寄り側で、逆光の葉っぱをf2.8とf8の撮り比べ。
こちらはf2.8
03_DSC0807_28.JPG

こちらがf8
04_DSC0814_8.JPG

定番になりました世田谷八幡宮のドラゴンちゃんでも、f2 とf5.6で比較。
こちらがf2
05_DSC0822_2.JPG

こちらがf5.6
06_DSC0818_56.JPG

これも定番になりました、宮の坂駅前の古い車両の中。
こちらが開放(f2)
07_DSC0872_2.JPG

こちらがf11
08_DSC0869_11.JPG

開放(f2 )
09_DSC0832_2.jpg

f5.6
10_DSC0830_56.jpg

山下駅を上から、f11
11_DSC0890_11.JPG

山下〜宮の坂間にある踏切をf16
12_DSC0733_16.JPG

同じく山下〜宮の坂間の柵に絡まる草、電車をバックにぼかして。f4で撮影
13_DSC0747_4.JPG

現代のレンズと比べるとやや基本性能が弱い時もありますが、十分なレベルではあると思います。雰囲気を写し込む力は優秀で、典型的なオールドレンズの優等生の一例と言ってもよいかも。



posted by lenschecker at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年09月10日

<040> RICHO XR RIKENON 50mm f2 L + SONY A7R Vol.3



和製ズミクロンことRICHO XR RIKENON 50mm f2 Lの3回目です。前回の世田谷線沿線ポートレートで、Leitz Hektorとセットで使用しました。
なので引き続き、モデルは夏弥さんです。
https://ameblo.jp/beautiful-summer12

*前回の記事はこちら、http://fanblogs.jp/lenschecker/archive/39/0




K&F Concept マウントアダプター ペンタックス K レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ KF-PKE pentax sony

価格:2,519円
(2018/4/29 22:12時点)
感想(1件)




色の階調もよく出て、シャープネスもそこそこ、色の乗りはドイツレンズ風と、基本的には、和製ズミクロンの名に恥じない描写センスだと思います。
写りで唯一気になるのは、ボケがあまりにもカクカクでちょっとうるさいことでしょうか?
あと、逆光でのフォーカシングで、ピントの山を掴むのが一苦労でした。

今回も物語風にまとめてみました。
細かいことを言うと、本家であるLeitzとくらべ軽い部分もあるかと思いますが、まあほぼほぼLeitzな絵ができるのではないでしょうか?

立体感、しっとり感は、とてもコピー機メーカーとは思えないほどよいセンスだと思います。

01_DSC6824.JPG

02_DSC6950.JPG

03_DSC6974.JPG

04_DSC7167.JPG

05_DSC6989.JPG

06_DSC7105.JPG

07_DSC7165.JPG

08_DSC7257.JPG




K&F Concept マウントアダプター ペンタックス K レンズ - キャノン EOS M EF-M マウント 一眼レフ カメラ KF-PKEM canon

価格:2,519円
(2018/4/29 22:13時点)
感想(4件)






posted by lenschecker at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年08月17日

<033> Yashica ML 28mm F2.8 (for Yashica Contax) + SONY A7R



Yashica ML 28mm F2.8の紹介です。
Yashica ML 200mmの記事で、ML 28mmは緩い印象だと書きましたが、実際はどうなのかを確認したく、祖父の押入れからこのレンズを引っ張り出し、作例を撮ってみました。

確かにフィルムで撮影したときはかなり緩い印象でしたが、今回撮ってみたら、まあ何ということでしょう!!
開放から十分シャープで、Zeiss の Distagon 25mmを思い出させるこってりとした色乗りにびっくり。
開放で周辺光量が落ちるけど、落ちた部分がかなりこってりな色乗りになり、特に青空を撮ったときの青の深さがDistagon 25mmっぽい。
あまり目立たなかったレンズですが、実はこのレンズは惜しくもZeissブランドになれなかったレンズなのかも。

このレンズは、フィルム時代に撮ったものと全く同じ個体なので、当時の私の技術があまりにも低かったか、もしくはフィルムよりデジタルと相性がよいのか・・・

撮影は定番になってしまいましたが今回も世田谷線と井の頭公園。





まずは世田谷線沿線お散歩撮影。

f8で撮影
01_DSC5052.JPG

f8で撮影
02_DSC5080.JPG

f8で撮影
03_DSC5143.JPG

f8で撮影
04_DSC5194.JPG

f2.8で撮影
05_DSC5131_28.JPG

f8で撮影
06_DSC5063.JPG

f2.8で撮影
07_DSC5128_28.JPG

f8で撮影
08_DSC5060.JPG

f8で撮影
09_DSC5095.JPG


K&F Concept マウントアダプター ヤシカ コンタックス CY レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ KF-CYE contax yashica SONY

価格:2,520円
(2018/6/10 22:56時点)
感想(0件)





井の頭公園と園周辺。

f2.8で撮影
10_DSC5227_28.JPG

f8で撮影
11_DSC5215.JPG

f2.8で撮影
12_DSC5245_28.JPG

f5.6で撮影
13_DSC5266_56.JPG


おまけ
世田谷線に乗ると、ついついにゃんにゃんたちに会いたくなってしまう。
f8で撮影
14_DSC5107.JPG

f2.8で撮影
15_DSC5111.JPG





K&F Concept マウントアダプター ヤシカ コンタックス CY レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ KF-CYE contax yashica SONY

価格:2,520円
(2018/6/10 22:56時点)
感想(0件)




電子マウントアダプター コンタックス・ヤシカ C/Yレンズ → キヤノン EFボディ [フォーカスエイド対応]【送料無料】

価格:3,980円
(2018/6/10 22:57時点)
感想(2件)


posted by lenschecker at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

<032> Yashica ML 200mm F4 C + Carl Zeiss Mutar T* T (2×) (for Yashica Contax) + SONY A7R



以前紹介した、Yashica ML 200mm F4 C に Carl Zeiss Mutar T* T (x2テレコン)という非公式な組み合わせでの作例です。
もともとヤシカコンタックスマウント用Carl Zeissレンズ向けのテレコンバーターですが、共通マウントYashicaのレンズでも一応使えました。





望遠なので、飛行機を撮りに行きました。
なお、私はそこまで飛行機が好きですが、そこまでマニアではないので、玄人の方からしたらいろいろ足らない写真が多いかも知れませんが、その辺はこれから練習しますのでごめんなさい。

前半は、朝の羽田空港国際線ターミナルから。
夏の朝の羽田空港は、国際線ターミナルと、国内線第2ターミナルが逆光、国内線第1ターミナルが順光になります。
アンオフィシャルな組み合わせのレンズなので、あえて条件の厳しい逆光側で、400mmだと、離着陸には少し短すぎるため、駐機している飛行機を撮影したくて、国際線ターミナルを選びました。
あと、国内線ターミナルはあんまし行ったことないのでよく知らないっていうのも理由の一つですが・・・。
開放では周辺光量が落ちるものの、それ以外大きな破綻はせず、Yashica 200mm単体のときに目立った色収差もあまりなく、アンオフィシャルコンビにしては上等な出来立ったと思います。

01_DSC4525.JPG

02_DSC4522.JPG

03_DSC4518.JPG

04_DSC4529.JPG

05_DSC4536.JPG

06_DSC4679.JPG

07_DSC4556.JPG

08_DSC4582.JPG

09_DSC4601.JPG


K&F Concept マウントアダプター ヤシカ コンタックス CY レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ KF-CYE contax yashica SONY

価格:2,520円
(2018/6/10 22:56時点)
感想(0件)





その後、城南島海浜公園に移動し、着陸する飛行機の真下から撮影。
ここは、半逆光→真逆光→半逆光という感じで着陸していきます。
真逆光で太陽が隠れるタイミングがあり、そこでは多少破綻します。

10_DSC4884.JPG

11_DSC4976.JPG

12_DSC4798.JPG

13_DSC4744.JPG

14_DSC4747.JPG


おまけ
400mmというそこそこな望遠なので、帰りに東京駅で新幹線を撮影。
もうすぐ運用終了となるMAXをガトゥーン撮り。
15_DSC5019.JPG


K&F Concept マウントアダプター ヤシカ コンタックス CY レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ KF-CYE contax yashica SONY

価格:2,520円
(2018/6/10 22:56時点)
感想(0件)




電子マウントアダプター コンタックス・ヤシカ C/Yレンズ → キヤノン EFボディ [フォーカスエイド対応]【送料無料】

価格:3,980円
(2018/6/10 22:57時点)
感想(2件)





posted by lenschecker at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年07月29日

<030> Yashica ML 200mm F4 C (for Yashica Contax) + SONY A7R



今回は、ヤシカコンタックス用Yashica ML200mm F4です。
友人が貸してくれたので試しに撮ってみました。
Yashica Contaxマウントでこのあたりの画角だと、スーパースターのApo-Sonnar200mm、悪役Sonnar180mm、影の薄いTele-Tessarがf3.5とf4といっぱいあるなか、さらに影の薄かったYashica ML200mmとその後継Yashica ML200mmC。正直これらのYashicaたちの存在は知りませんでした。
また、祖父がML28mmというレンズを持っていたので、まだフィルムを使っていた頃借りてみたことがありましたが、なんかシャキッとしない写りだったため、それ以来Yashicaは使っていませんでした。
なので、あまり期待していなかったというのが正直なところです。
ところが、実際に使ってみると、きっちりと色が乗るし、シャープネスも十分、やや色収差が目立つものの、雰囲気を表現する力は当時の国産レンズのレベルを超えてていると思われます。
Zeissブランドつけてもいいくらいなんでしょうけど、つけられなかったのは色収差が原因でしょうかねぇ?





撮影は世田谷線沿線と、井の頭公園。

まずは世田谷線撮り鉄。
みんな大好きにゃんにゃん電車、今日は試運転でした。f11で撮影
_DSC4188_11.JPG

ひまわりは昨日の台風でちょっとへなへなに。ボケは自然です。f8で撮影
_DSC4195_8.JPG

きれいなお姉さま。ちょうどいいところに現れてくれてありがとうございました。f5.6で撮影
_DSC4198_56.JPG

まっすぐな線路、"旅情を描く”風にアンダーで。f5.6で撮影
_DSC4285_56.JPG


次に世田谷線沿線の写真。
工事現場の柵、ちょっと切ない雰囲気がよく出てると思います。f4で撮影。
_DSC4199_4.JPG

定番になってきました、世田谷八幡宮のドラゴンちゃん。f4で撮影
_DSC4210_4.JPG

鴨ちゃんたち、マニュアルでフォーカスを追っかけながらの撮影。
ピントがわかりやすいのでそこそこいける。
毛や水の質感も悪くないです。f4で撮影。
_DSC4241_4.JPG

K&F Concept マウントアダプター ヤシカ コンタックス CY レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ KF-CYE contax yashica SONY

価格:2,520円
(2018/6/10 22:56時点)
感想(0件)




その後井の頭公園へ移動。
ブランコ。ここもちょっと切ない感じ。f4で撮影。
_DSC4292_4.JPG

またもやきれいなお姉さまたちがちょうどよく現れてくれてありがとうございました。f4で撮影。
_DSC4314_4.JPG

そしてそのお姉さまたちが見てたのがおそらくこんな感じの景色。
きれいな夕日にステキなカップルでした。
ちなみにホワイトバランスでごまかしてますが、水の反射にけっこう壮大な色収差が・・・
この辺は本来、レタッチが必要なのかも。f5.6で撮影
_DSC4295_8.JPG


最後に井の頭線で撮り鉄。
井の頭線+踏切の雰囲気が好きです。f5.6で撮影。
_DSC4319_56.JPG

最後は典型的鉄写真。f5.6で撮影。
_DSC4320_56.JPG

おまけ
世田谷八幡宮の池で亀ちゃんが、脚をピンとのばして甲羅干ししてました。
スーパーマンみたいに空飛んでる気分だったようです。f4で撮影。
_DSC4212_4.JPG

ところどころ色収差が目立ったものの。色の乗りや階調、シャープネスはすばらしく、Zeissの兄弟レンズ(?)だけのことはあるなぁと思いました。味と表現力は、他の国産レンズとはちょっとちがうレベルでした。


K&F Concept マウントアダプター ヤシカ コンタックス CY レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ KF-CYE contax yashica SONY

価格:2,520円
(2018/6/10 22:56時点)
感想(0件)




電子マウントアダプター コンタックス・ヤシカ C/Yレンズ → キヤノン EFボディ [フォーカスエイド対応]【送料無料】

価格:3,980円
(2018/6/10 22:57時点)
感想(2件)





posted by lenschecker at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年07月22日

<028> Canon EF 35mm f2 + SONY A7R



今回は全くもってオールドレンズではありませんが、Canon EF 35mm f2 を使ってみました。Canon のシステムを使っていた頃、安いわりにしっかりとした色のりで好きだったので、半年前に再購入したものの、なかなか使う機会がなく防湿庫で眠っていました。
もう使わないかなぁと思い、メルカリで売ってしまおうと思って、最後に作例でもって思ったら、僕を売らないで!って言っているかのようになかなか良いパフォーマンスを見せてくれたので、売るのやめようかと思っています。

このレンズは、超音波モーター無しのいわゆるジーコレンズ。ただ、このレンズはマニュアルでもフォーカスしやすいため、AFは使えなくてもまったく問題無しです。
ちなみに、今回使ったアダプターは、Sony のカメラで、手振れ補正含むCanon EFレンズのほぼすべての機能が使えるというズルいアダプター。私は楽天かアマゾンで1万円弱くらいのを買いましたが、大手交換レンズメーカーのシグマもなぜか同様なアダプターを出していて、私もこのアダプターのおかげでCanonからSonyに移行できました。


シグマ マウントコンバーター MC-11 キヤノン用 [レンズ側:キヤノンEF ボディ側:ソニーE]

価格:27,710円
(2018/7/22 19:52時点)
感想(4件)




日本語説明書付き!!【NEX二代目】 EF-EOS M使用互換『CANON/キャノン』 EF/EF-Sレンズマウントアダプター AF/IS 電子接点付でボディー絞り対応可能、 Canon Sony NEXのカメラ VILTROX 製 ゆうパック発送のみ

価格:8,980円
(2018/7/22 19:52時点)
感想(12件)




写りは逆光でのハレが、やや典型的国産安レンズのような雰囲気です。シャープネス、ボケ味は、いわゆるSonnar とかの感じですが、色のりはSonnarよりもやや華やかな傾向にあるので、和製ズミクロン(Rikenon 50mm f2)とセットで使えそう。

撮影は、定番となりつつある小金井公園と江戸東京たてもの園。

まずはC57。
機関車も客車も頑張って働いてました。お疲れさんです。
f8で撮影
_DSC3835_8.JPG

f16で撮影
_DSC3842_16.JPG

f8で撮影
_DSC3839_8.JPG
f5.6で撮影、ちょっとだけハレっぽいです。
_DSC3974_56.JPG


江戸東京たてもの園で日本風な建物。
色がしっかりのるので程よく渋くなり、でも地味すぎないので、こういう被写体には向いてると思います。
f5.6で撮影
_DSC3911_56.JPG

f2で撮影
_DSC3864_2.JPG

f5.6で撮影
_DSC3884_56.JPG

f2で撮影
_DSC3861_2.JPG

f5.6で撮影
_DSC3915_56.JPG

f16で撮影
_DSC3940_16.JPG

銭湯です。
なぜかここはあっさりになりました。
f4で撮影
_DSC3925_4.JPG

洋風の建物です。
木材は渋く写り、葉や草の緑は程よく鮮やかなので、すごく使いやすいです。
f8で撮影
_DSC3850_8.JPG

f5.6で撮影
_DSC3852_56.JPG

f5.6で撮影
_DSC3874_56.JPG

f5.6で撮影
_DSC3960_56.JPG

照明機材が使われるようになる前の写真館。
北側からの自然光をデフューズし、さらに白壁で囲った空間での撮影だったそうです。
このように、柔らかくて良い雰囲気です。
f5.6で撮影
_DSC3963_56.JPG


古い都電、こいつもいっぱい走った。お疲れさん。
f2.8で撮影
_DSC3891_28.JPG

_DSC3893_8.JPG

ボケ味も程よく柔らかく。
f2.8で撮影
_DSC3895_28.JPG

古い都バス、いすゞ製です。
f4で撮影
_DSC3857_4.JPG

小金井公園に戻って来ました。
この公園、なんとなく“秘密の花園”感があるところが多く、気に入ってます。
f5.6で撮影
_DSC3972_56.JPG

おまけ
今回もこいつを飲んでほろ酔い撮影でしたが、このアダプター使うとExifデータが残るので、撮影時の絞り値忘れても大丈夫。
f5.6で撮影
_DSC3868_56.JPG


今回は、このレンズの何気ない底力を感じましたが、何より、売られてはたまらんと、さらに力を発揮したことに対し、レンズって生き物なんだとつくづく思いました。

posted by lenschecker at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年07月07日

<025>Tominon 75mm f4.5 (for Polaroid) + SONY A7R



メルカリで¥5000で購入した、ポラロイドのカメラについていた富岡工学製Tominon 75mm f4.5(L39ヘリコイドなしに魔改造仕様)に、L39-M42リングと、M42ヘリコイドの組み合わせで撮影しました。

今回使った、L39-M42変換リング 及びM42ヘリコイドは、レンズ一体型蛇腹カメラ等から取り出した、ヘリコイド機能のないレンズの魔改造にはいろいろ使えて便利です。

で、撮影は、以前紹介した、小金井公園と、江戸東京たてもの園です。
写りはというと、ガチガチなレベルではないほどよいシャープネスで、色はあっさり。レタッチする前提だったらちょうど良い感じだと思います。
しいて言えば、前に撮ったCanonのFD 50mm
f1.4を少し柔らかくした感じでしょうか?

作例はf4.5かf5.6で撮ってます。
今回もビール飲んだ後だったので、あまり覚えてません。ごめんなさい。






_DSC3561.JPG 

_DSC3579.JPG

_DSC3612.JPG

_DSC3665.JPG

_DSC3692.JPG

_DSC3627.JPG

_DSC3635.JPG

_DSC3664.JPG

_DSC3658.JPG

_DSC3624.JPG

_DSC3625.JPG

_DSC3678.JPG

_DSC3669.JPG

_DSC3715.JPG


おまけ1
もふもふでかわいい植物軍団に遭遇しました。
_DSC3713_.jpg

おまけ2
絞り値とかあんまり覚えてないのはこやつのせいです。
_DSC3570.jpg


<PR>

【送料無料】 ボーグ M42ヘリコイドS 7840

価格:12,290円
(2018/7/7 23:07時点)
感想(0件)




マウントアダプター M42マウントレンズ → ソニー Eボディ [マクロヘリコイド機能付き]【送料無料】 再入荷

価格:5,980円
(2018/7/7 23:06時点)
感想(0件)




ライカ L マウント L39 M39 → M42 スクリュー 変換 ステップ リング ボディ アダプター 並行輸入品

価格:421円
(2018/7/7 23:20時点)
感想(0件)




posted by lenschecker at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年04月29日

<012> RICHO XR RIKENON 50mm f2 L + SONY A7R Vol.2



前回の続きで、中国出張編。
個人的に、なぜか中国の古いものを見るとアーカイブとして保存したくなる衝動にかられるのですが、
今、世界で最も早いスピードで進化している都市の一つである上海ですが、
この街の古い部分はものすごいスピードで小さくなっているということが考えられることから、
今回は和製ズミクロンでOld上海を切り取ってきました。

ちなみに、10年以上前に、1度重度のアーカイブ病にかかり、こんな写真を撮っていました。
これらはまだフィルムで撮ってた頃です。
http://www.eurasianexpress.net/china.html
参考までに・・・

出張帰りの1泊のみの滞在だったのと、ホテルが地下鉄南京東路駅付近だったため、
古い街並み(意図的に保存されているものではないもの)が残っている可能性は低いと思いましたが、
かろうじてあったので撮ってきました。
なお、この区画の周りは、かなりの勢いで再開発が進められていて、
既に平地になっているか、建物は残っているけど廃墟のような状態になっているかのどちらかでした。

絞りはおそらくすべてf8。(だったと思います。いい加減でごめんなさい。)

まずは、まだ残っている古い街並みや雰囲気が残っているエリア。
_DSC1159.JPG

_DSC1167.JPG

_DSC1157.JPG

_DSC1150.JPG

_DSC1151.JPG

_DSC1154.JPG

_DSC1129.JPG

_DSC1172.JPG

_DSC1192.JPG

_DSC1194.JPG

そして、このあたりが境目で、これより手前は再開発が進んでいるエリア。
_DSC1120.JPG


そしてここからは再開発が進んでいる区画。


_DSC1103.JPG

_DSC1111.JPG

_DSC1171.JPG

_DSC1115.JPG

_DSC1181.JPG

_DSC1182.JPG

_DSC1179.JPG

_DSC1177.JPG

生き生きした感じも、切ない感じも、このレンズはいい具合に空気を写し込んでくれていると思います。

おまけ
シェアサイクル用の自転車の山。
みんな壊れてるようだけど、修理してもらえるのかなぁ?
_DSC1163.JPG


<PR>

高品質 PENTAX Kマウント ⇒ キャノンEOS EFマウントアダプター 【1回のお買い上げ金額が合計5,000円以上で送料無料】

価格:1,700円
(2018/4/29 22:12時点)
感想(1件)




K&F Concept マウントアダプター ペンタックス K レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ KF-PKE pentax sony

価格:2,519円
(2018/4/29 22:12時点)
感想(1件)




K&F Concept マウントアダプター ペンタックス K レンズ - キャノン EOS M EF-M マウント 一眼レフ カメラ KF-PKEM canon

価格:2,519円
(2018/4/29 22:13時点)
感想(4件)






posted by lenschecker at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

2018年04月22日

<010> RICHO XR RIKENON 50mm f2 L + SONY A7R

こちらもヤフオクでジャンク扱いで買った、RICHO XR RIKENON 50mm f2 Lです。
リコーといえば、ユーザーインターフェイスが良い、オフィスのプリンター(複合機)が有名ですが、一応カメラも作ってました。(今でも作ってる?)
で、このレンズをwebで検索したところ、和製ズミクロンというニックネームであることがわかりました。
外観はかなり安っぽく、しかもコピー機のメーカーのレンズが、ズミクロンなんで名乗ってよいのか?
(名乗ってはいないですね。)
私はズミクロンを持っているわけでもないし使ったこともないのでどんなもんかはわかりませんが、ZeissやLeicaのレンズって、なかなか日本のメーカーが出せない味の濃さがあると思っており、まさかコピー機のメーカーのレンズがそんな味なんて持っていないだろうと、半分バカにしての購入でした。
(リコーファンの方たちごめんなさい。)

しかし、実際撮ってみると、今まで使った日本製レンズとはちょっと違った領域にいるレンズだというのが感想です。このめちゃくちゃ安っぽい外観のレンズから、どうしてこんなにこってりした味が出てくるんだと、良い意味でビックリなレンズです。

ということで、作例の前に、味比べ。
50mmの世界標準の一つでもある、ZeissのPlanar50mm f1.4と比較してみました。

まずはF2対決。

Planar
_DSC2021_p20.JPG

Rikenon
_DSC0725.JPG



Planar
_DSC2027_p20.JPG

Rikenon
_DSC0718.JPG

被写界深度はPlanarが圧倒的に浅いです。
そのせいか、ボケの柔らかさはPlanarが柔らかいと思われます。


さて次は、f11対決。

Planar
_DSC0750_11.JPG

Rikenon
_DSC0745_11.JPG

これはそんなに変わらないです。

被写界深度に関するジャジャ馬っぷりはPlanarが一歩うわて(?)ですが、
Rikenonも明らかに一般的な国産レンズとは違うのが分かると思います。


ここから作例です。

踏切逆光シリーズ。

f4で撮影
_DSC0683_4_s.jpg

f8で撮影
_DSC0691_8_s.jpg

f5.6で撮影
_DSC0787_56_.JPG


条件によっては、少しフレアやゴーストがでますが、大きな破綻はなく、空気感の表現はハイレベルだと思います。

ここから4枚はf2で撮影。
寂しい感じの空気感もなかなかです。
_DSC0706_s.jpg

_DSC0700_s.jpg

_DSC0754_28.JPG


水、金属、竹の質感も悪くない。
_DSC0711.JPG

新しいものも古いものも、
_DSC0695_s.jpg


開放からこの性能と味のバランスは素晴らしい。


f2.8で撮影。
リヤカーとか竹ぼうきの、じいちゃんなんだけどまだまだ現役で働いてる感の表現も好きです。
_DSC0708_28.JPG


おまけ
_DSC0759.JPG
注)画像が逆さなわけではありません。


ちなみにこのレンズはペンタックスのKマウントなので、ペンタックスユーザーは持ってたほうが良いと思います。

<PR>

K&F Concept マウントアダプター ペンタックス K レンズ - ソニー α NEX Eマウント 一眼レフ カメラ 三脚座 KF-PKE-T pentax sony

価格:2,880円
(2018/4/22 23:05時点)
感想(1件)





posted by lenschecker at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan

<009> Minolta MC W.Rokkor-SG 28mm f3.5 + SONY A7R

ヤフオクでジャンク扱い¥1,000で買った、MDマウントのMinolta MC W.Rokkor-SG 28mm f3.5。
あまり明るくないし、60cmまでしか寄れないし、ジャンクじゃなくても¥5,000以内で買えてしまう不人気安レンズです。

感想としては、全体的にちょっと眠く、それが原因か、昭和感満載。
フォトショップのトーンカーブで、上下を締めたい気分になる写りになることが多いです。
まあ、今回のレンズはそのあたりの昭和感を期待してたので、結果としてはOK。

まずはほぼ順光で絞った遠景。
こういうのは昔のレンズでもあんまり問題ないですね。

f8で撮影。
_DSC0617_8.JPG

f11で撮影。
_DSC0668_11.JPG

f4で撮影、昭和っぽいです。
_DSC0624_4.JPG

こちらはf8で撮影、やっぱりちょっと眠いけど、いい昭和感。
_DSC0625_8.JPG

f5.6で撮影、光がたっぷりないところは特に眠たく、昭和っぽくなるようですね。
_DSC0642_56.JPG

f8で撮影、ここまで絞って、光もたっぷりあれば少しだけ現代っぽい。
_DSC0659_8.JPG

ここからf2.8、やはり眠いですが、下町お散歩カメラ用としては良いのではないのでしょうか?
(撮影は銀座でした。いわゆる下町でなくてごめんなさい。)
_DSC0641.JPG

_DSC0653.JPG

_DSC0665.JPG

<PR>

Minolta MC、MDレンズーSONY NEX Eマウント用 マウントアダプター

価格:3,700円
(2018/4/22 22:21時点)
感想(6件)





posted by lenschecker at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Japan